2016/03/30

「ニチアサ」のテレビ視聴動向をグラフ化してみる(2016年)(最新)

テレビ番組界隈の俗語の一つとして「ニチアサ」がある。これはテレビ朝日系列の「日曜日の朝の番組時間帯」あるいはその時間帯で放送されている番組そのものを意味し、具体的には日曜日の朝7時から9時までの4番組による、連続的な編成時間帯(における番組)を指す。元々はテレビ朝日系列の番組構成で用いられていた「ニチアサキッズタイム」(日曜日の朝の子供向け番組の時間帯)を短縮したものだが、短縮時に「キッズ(子供向け)」が省略されたことからも分かる通り、今なお子供向け番組が放映されているものの、今ではより幅広い年齢層に支持されているとの話もある。今回はNHK放送文化研究所が2016年2月17日に発表した2015年国民生活時間調査の報告書、さらに同年3月16日に追加発表した詳細データを用い、この「ニチアサ」におけるテレビ視聴動向を年齢や性別、さらには在学学校種類別に確認していくことにする(【発表リリース:2015年 国民生活時間調査】)。

続きを読む "「ニチアサ」のテレビ視聴動向をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

14時45分国民生活時間調査(NHK), 逐次新値反映記事

小中高校生の趣味や娯楽のインターネット利用状況をグラフ化してみる(2016年)(最新)

先行記事【男性全般・女性中堅層までで大きく増える趣味や娯楽のインターネット利用】【趣味や娯楽のインターネットはいつごろ使われているのだろうか】などで、NHK放送文化研究所が2016年2月17日に発表した2015年国民生活時間調査の報告書を元に、趣味や娯楽、教養目的に限定したインターネットの利用性向を多方面の切り口で確認した。その後同年3月16日に一部ではあるが、さらなる詳細データが公開され、さらに深い状況確認が可能となった。今回はその公開値を用い、小中高校生に限定して趣味や娯楽のインターネットの利用動向をチェックしていくことにする。平日と日曜それぞれにおいて、小中高校生はどれほどインターネットを用いているのだろうか(【発表リリース:2015年 国民生活時間調査】)。

続きを読む "小中高校生の趣味や娯楽のインターネット利用状況をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

10時47分国民生活時間調査(NHK), 逐次新値反映記事

小中高校生はいつごろテレビを観ているのだろうか(2016年)(最新)

先行記事【ラジオはいつ聴かれているのか、性別・年齢別でグラフ化してみる】にある通り、NHK放送文化研究所が2016年2月17日に発表した2015年国民生活時間調査の報告書のさらなる詳細データの一部が同年3月16日付で開示され、いくつかの項目でより詳しいライフスタイルが確認できる環境が整うこととなった。今回はその公開値を元に、小中高校生におけるテレビの視聴動向を平日と日曜に関して見ていくことにする。若者のテレビ離れが叫ばれはじめて久しいが、それでもなお多くの学校修学者にとってテレビはもっとも身近な友達であり、コミュニケーションの素材となる情報を安価に提供してくれる存在に違いない。その視聴動向の確認は、週中学生の日常生活の実態を知ることに、大いに役立つものと考えられる(【発表リリース:2015年 国民生活時間調査】)。

続きを読む "小中高校生はいつごろテレビを観ているのだろうか(2016年)(最新)"

4時58分国民生活時間調査(NHK), 逐次新値反映記事

2016/03/28

ラジオはいつ聴かれているのか、性別・年齢別でグラフ化してみる(2016年)(最新)

先行記事【深夜にラジオはどこまで聴かれているのが…ラジオの聴取動向をグラフ化してみる(2016年)(最新)】でNHK放送文化研究所が2016年2月17日に発表した2015年国民生活時間調査の報告書などを用い、深夜時間帯におけるラジオの聴取状況を確認した。同報告書では第一報【発表リリース:2015年 国民生活時間調査】の公開の後に同年3月16日付で、一部ではあるがさらなる詳細値の開示が行われた。そこで今回はその値をもとに、男女・年齢階層別のラジオ聴取動向の詳細を確認していくことにする。性別、年齢別でラジオへの傾注に違いはどこまで生じているのだろうか。

続きを読む "ラジオはいつ聴かれているのか、性別・年齢別でグラフ化してみる(2016年)(最新)"

5時16分国民生活時間調査(NHK), 逐次新値反映記事

2016/03/27

深夜にラジオはどこまで聴かれているのか…ラジオの聴取動向をグラフ化してみる(2016年)(最新)

【首都圏ラジオ調査】にもある通り当サイトでは定期的に首都圏における調査結果をもとに、ラジオの聴取動向を確認している。この公開値は朝6時から夜ゼロ時までの聴取を対象としたもので、いわゆる深夜帯の動向は対象外となっている。今件に関して勉強や仕事の合間に、あるいは就寝前に布団の中で深夜ラジオ番組を聴いている人も多分にいるのではとの指摘があった。そこで今回はNHK放送文化研究所が2016年2月17日に発表した2015年国民生活時間調査の報告書などを用い、深夜帯も含めたラジオの聴取動向を確認していくことにする(【発表リリース:2015年 国民生活時間調査】)。

続きを読む "深夜にラジオはどこまで聴かれているのか…ラジオの聴取動向をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

11時13分国民生活時間調査(NHK), 逐次新値反映記事

2016/03/26

平日は早寝早起きが進んでる? 10年で睡眠状況はいかなる変化をしたのか(2016年)(最新)

NHK放送文化研究所が2016年2月17日に発表した2015年国民生活時間調査の報告書では、人々の日常生活の有様、そして変化を多種多様な点から知ることができる多彩なデータが収録されている。今回はその中から、人々の平均的な睡眠状況の移り変わりを見ていくことにする(【発表リリース:2015年 国民生活時間調査】)。

続きを読む "平日は早寝早起きが進んでる? 10年で睡眠状況はいかなる変化をしたのか(2016年)(最新)"

10時33分国民生活時間調査(NHK), 逐次新値反映記事

2016/03/17

趣味や娯楽のインターネットはいつごろ使われているのだろうか(2016年)(最新)

先行記事【男性全般・女性中堅層までで大きく増える趣味や娯楽のインターネット利用(2016年)(最新)】において、NHK放送文化研究所が2016年2月17日に発表した2015年国民生活時間調査の報告書をもとに、日々の趣味や娯楽に係わるインターネット利用状況を、行為者率と行為者の利用時間の観点から確認した。今回は切り口を変え、過去から現在における、平日と日曜における時間別の利用状況の推移を見ていくことにする。どの時間帯で趣味や娯楽のネット利用がなされているか、また昔と今とではどのような違いがあるのかを、つかみ取ることができよう(【発表リリース:2015年 国民生活時間調査】)。

続きを読む "趣味や娯楽のインターネットはいつごろ使われているのだろうか(2016年)(最新)"

5時8分国民生活時間調査(NHK), 逐次新値反映記事

2016/03/09

男性全般・女性中堅層までで大きく増える趣味や娯楽のインターネット利用(2016年)(最新)

今世紀、特にこの10年ほどの間に人々の生活を大きく変えた最も大きな要素は、恐らくインターネットであろう。不特定多数への情報発信のハードルをかつてないほどまでに下げ、情報の検索取得を容易とし、さらに画像や映像のやり取りを日常生活に浸透させたことで、日常生活は大きな変容をとげることとなった。今回はNHK放送文化研究所が2016年2月17日に発表した2015年国民生活時間調査の報告書をもとに、インターネットの利用スタイルのうち、趣味や娯楽、教養における利用状況の現状と変化を確認していくことにする(【発表リリース:2015年 国民生活時間調査】)。

続きを読む "男性全般・女性中堅層までで大きく増える趣味や娯楽のインターネット利用(2016年)(最新)"

12時28分国民生活時間調査(NHK), 逐次新値反映記事

ビデオやHDD・DVDの利用動向のいまむかしをグラフ化してみる(2016年)(最新)

先行記事【テレビの視聴時間は平日3時間強・休日4時間近く、お年寄りほど長い傾向(2016年)(最新)】などでNHK放送文化研究所が2016年2月17日に発表した2015年国民生活時間調査の報告書をもとに、テレビ(番組)の視聴状況に関して、高齢者以外は大よそ「テレビ離れ」が進んでいる、高齢者もその気配が感じられる動きを示していることを確認した。一方、昨今のテレビ視聴のスタイルでは、放送をそのまま生で観るだけでなく、ひとまず録画しておき、余暇の時間に再生する「後ほど視聴」様式が増えているとの指摘もある。同調査では「録画したテレビ番組の再生」のみの視聴動向項目は無いが、その動きを間接的に知ることが可能な「マスメディア接触中のビデオ・HDD・DVD」について、その昔と今に係わる状況を確認していくことにする(【発表リリース:2015年 国民生活時間調査】)。

続きを読む "ビデオやHDD・DVDの利用動向のいまむかしをグラフ化してみる(2016年)(最新)"

5時21分国民生活時間調査(NHK), 逐次新値反映記事

2016/03/08

数十年に渡るテレビ視聴の変化をグラフ化してみる(2016年)(最新)

モノクロタイプで多くの人の心をとらえ、カラータイプの普及に伴いその心をぎゅっとつかんでそれ無しには生きていけないほどのとりこにしてしまったのがテレビ(放送)。ところが今世紀に入ると類似の新型エンターテインメントツールが多数登場し、選択肢が多様化したことで人々の心はまどわされ、テレビの絶対王政は終わりを遂げようとしている。その動向の一端を、NHK放送文化研究所が2016年2月17日に発表した2015年国民生活時間調査の報告書をもとに、確認していくことにする(【発表リリース:2015年 国民生活時間調査】)。

続きを読む "数十年に渡るテレビ視聴の変化をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

10時52分国民生活時間調査(NHK), 逐次新値反映記事

テレビ視聴動向今昔物語、10年前と今を比べてみると(2016年)(最新)

テレビ(放送によって提供される番組)は利用ハードルが低く料金もほぼゼロで多数の人が気軽に楽しめる娯楽であり、ながら利用も可能であることから、老若男女を問わず昔から愛されている存在に違いない。しかし昨今では娯楽用に使える新たなツールが多々登場し、選択肢が増え、テレビ利用時間が減退し、人々の日常生活におけるテレビの相対的立ち位置も低下しつつあるとの指摘も多数見受けられる。今回はNHK放送文化研究所が2016年2月17日に発表した2015年国民生活時間調査の報告書などをもとに、日常生活におけるテレビの視聴動向の変化を、平日の夜間の行為者率から確認していくことにする。

続きを読む "テレビ視聴動向今昔物語、10年前と今を比べてみると(2016年)(最新)"

5時17分国民生活時間調査(NHK), 逐次新値反映記事

2016/03/07

テレビ番組を観ている人の視聴時間をグラフ化してみる(2016年)(最新)

先行記事【テレビの視聴時間は平日3時間強・休日4時間近く、お年寄りほど長い傾向(2016年)(最新)】において、NHK放送文化研究所が2016年2月17日に発表した2015年国民生活時間調査の報告書をもとに、テレビ視聴時間の動向を確認した。しかしそこで算出した各視聴時間は「テレビを観ている人」「テレビを観ていない人」を合わせた各属性における平均値であり、個々の属性のテレビ視聴に係わる状況を推し量ることはできるものの、「テレビを観ている人における視聴状況」までは確認ができない。そこで今回は公開値を元に「テレビを観ている人の視聴時間」を求め、現状と過去からの経年動向を見ていくことにする(【発表リリース:2015年 国民生活時間調査】)。

続きを読む "テレビ番組を観ている人の視聴時間をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

11時25分国民生活時間調査(NHK), 逐次新値反映記事

平日の夜の時間の睡眠状態をグラフ化してみる(2016年)(最新)

1日は24時間しかないことから、何かしたいことが増えれば、当然他に充てている時間を減らす必要が生じてくる。例えば仕事や勉強への時間が必要な時、何の時間を削るだろうか。一番容易に思い浮かべるのが睡眠時間。それでは人々は夜何時ごろ床に就いているのか。今回はNHK放送文化研究所が2016年2月17日に発表した2015年国民生活時間調査の報告書をもとに、性別・年齢階層別の睡眠動向を確認していくことにする(【発表リリース:2015年 国民生活時間調査】)。

続きを読む "平日の夜の時間の睡眠状態をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

5時11分国民生活時間調査(NHK), 逐次新値反映記事

2016/03/06

昼過ぎの自宅滞在率は3割…家に居て寝ている時間と起きてる時間の変移をグラフ化してみる(2016年)(最新)

日中は学校や仕事場に足を運び、夜までには帰宅する人、ほぼ一日中自宅に戻らず働いている人、自宅内で仕事を行う自営業の人、定年退職を迎え悠々自適な生活を過ごしている人、多様な事情により、自宅に居る・居ないの度合いは大きく異なる。自由業・自営業の人が日中に自宅周りで顔を見せると、近所から怪しまれることがあるといった、笑うに笑えない話を耳にした人もいるだろう(昨今では在宅時間が多い壮齢・高齢者の比率が増えているため、以前ほどの偏見は持たれなくなっている)。今回はNHK放送文化研究所が2016年2月17日に発表した2015年国民生活時間調査の報告書をもとに、平日と休日それぞれにおいて「どれくらいの人が自宅に居るか」に関して、寝ている・起きているそれぞれの状況への仕切り分けをした上で確認していくことにする(【発表リリース:2015年 国民生活時間調査】)。

続きを読む "昼過ぎの自宅滞在率は3割…家に居て寝ている時間と起きてる時間の変移をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

10時35分国民生活時間調査(NHK), 逐次新値反映記事

平日と休日の食事時間帯をグラフ化してみる(2016年)(最新)

多くの人にとって食事は毎日三食欠かせないものであるが、就業・就学スタイルをはじめとした生活様式、家族構成や習慣により、その摂取時間は大いに違いを見せる。今回はNHK放送文化研究所が2016年2月17日に発表した2015年国民生活時間調査の報告書をもとに、食事の摂取時間帯動向を確認していくことにする(【発表リリース:2015年 国民生活時間調査】)。

続きを読む "平日と休日の食事時間帯をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

5時15分国民生活時間調査(NHK), 逐次新値反映記事

2016/03/05

残業する人2割強、経営者・管理職は4割を超えて(2016年)(最新)

企業や団体に就労する人の場合、法定労働時間は1日に8時間・週40時間が原則。無論業態や企業事情などにより上下する場合もあるが、定められている法定労働時間を超えた場合は時間外労働となり、割増しの賃金を受け取る権利が生じる。他方、自営業などの場合はそれらの割増賃金の発生は無いものの、やはり法定労働時間を超えるような就業は、心身に大きな負担をもたらすことになる。今回はNHK放送文化研究所が2016年2月17日に発表した2015年国民生活時間調査の報告書をもとに、負担の生じる残業の基準を仮設定し、その基準に当てはまる人の動向を確認していくことにする(【発表リリース:2015年 国民生活時間調査】)。

続きを読む "残業する人2割強、経営者・管理職は4割を超えて(2016年)(最新)"

11時41分国民生活時間調査(NHK), 逐次新値反映記事

2016/03/04

平日7時間強、休日8時間、減少傾向に歯止めか…変化する睡眠時間(2016年)(最新)

日々の生活において食事と共に欠かせない生理的欲求行動の一つが睡眠。特異な例をのぞけば、人は毎日一定時間の睡眠を必要とし、その確保ができなければ心身共に病む状態となる事は否めない。仕事や勉強で徹夜をして、体が健康になる、精神的に充実するとの話は聞いたことが無い(一時的にテンションがハイになることはあるかもしれないが)。今回はNHK放送文化研究所が2016年2月17日に発表した2015年国民生活時間調査の報告書をもとに、睡眠時間の実情と、過去からの推移を確認していくことにする(【発表リリース:2015年 国民生活時間調査】)。

続きを読む "平日7時間強、休日8時間、減少傾向に歯止めか…変化する睡眠時間(2016年)(最新)"

10時45分国民生活時間調査(NHK), 逐次新値反映記事

新聞購読率減退中、2015年では高齢者すら減る(2016年)(最新)

従来型の4マスメディアの中でも、文化形成の象徴であると自認し、昨今では消費税に絡んだ軽減税率の話の中で大いにその意義を再認識させることとなったのが、メディアとしての「新聞」。雑誌同様にデジタルツールの普及侵透に伴い、紙媒体の弱点が露呈される形となり、利用者の減退と共に業界規模は縮小し、売上も低迷している。今回はNHK放送文化研究所が2016年2月17日に発表した2015年国民生活時間調査の報告書をもとに、新聞の購読状況の現状と、過去からの推移を確認していくことにする(【発表リリース:2015年 国民生活時間調査】)。

続きを読む "新聞購読率減退中、2015年では高齢者すら減る(2016年)(最新)"

5時13分国民生活時間調査(NHK), 逐次新値反映記事

2016/03/03

学生の平均通学時間は1日往復1時間強・高校生は長めの傾向(2016年)(最新)

大人が就職先に毎日通勤するのと同様に、子供は学校に毎日登校し就学を果たすことになる。小中学時代は義務教育のために大よそ居住地域近辺の公的学校への通学となるが、高校では義務教育課程からは外れるため、自宅から距離のある学校へ通う人も出てくる。中には一人暮らしをはじめて通学する人もいるだろう。今回はNHK放送文化研究所が2016年2月17日に発表した2015年国民生活時間調査の報告書をもとに、学生の通学時間に関する項目にスポットライトを当て、その実情と過去からの推移を確認していくことにする(【発表リリース:2015年 国民生活時間調査】)。

続きを読む "学生の平均通学時間は1日往復1時間強・高校生は長めの傾向(2016年)(最新)"

11時50分国民生活時間調査(NHK), 逐次新値反映記事

通勤時間の平均は往復1時間19分、大都市圏勤めほど長い傾向(2016年)(最新)

多くの人は成人に達すると自らの糧を得るために勤め人となり、自宅から離れた職場へ通う日々を過ごす。これを通勤と呼ぶが、自営業者でも無い限り、通勤にはそれなりの時間が必要となる。今回はNHK放送文化研究所が2016年2月17日に発表した2015年国民生活時間調査の報告書をもとに、勤め人の通勤時間に関する項目にスポットライトを当て、その実情と過去からの推移を確認していくことにする(【発表リリース:2015年 国民生活時間調査】)。

続きを読む "通勤時間の平均は往復1時間19分、大都市圏勤めほど長い傾向(2016年)(最新)"

10時32分国民生活時間調査(NHK), 逐次新値反映記事



(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN