2016/01/27

漸減していく日数…入院患者の在院日数推移をグラフ化してみる(2016年)(最新)

一度の治療で済むような軽度の、あるいは通院による治療で済む程度の病症ならまだしも、手術などが必要な状態にまで悪化していたり、絶え間ない健康管理、投薬が必要な場合、そして自然治癒力の低下が生じており状況が悪化した場合には医師らによる即時対応が可能な、良好な環境下における回復を待たねばならない時は、入院を余儀なくされる。この入院日数も医療技術の進歩と共に、同じ病症でも昔と比べて今は随分と減っているとの話。今回は厚生労働省が定点観測的に実施している患者調査の最新版公開資料を基に、入院していた人の平均入院日数の動向を確認していくことにする(【発表リリース:患者調査】)。

続きを読む "漸減していく日数…入院患者の在院日数推移をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

5時7分患者調査, 逐次新値反映記事

2016/01/19

全体では100人に1人、歳上ほど入院患者率は増加…年齢階層別の入院・外来率をグラフ化してみる(2016年)(最新)

医療技術の進歩に伴い、多種多様な病症への対処法が具体的な治療法として確立され、医療施設で受療可能となり、多くの人が病院へ足を運び、治療あるいは入院する機会を得られるようになった。また高齢化に伴い老化に伴う病症の増加もあり、入院・通院(外来)患者も歳を召した人が増えている。今回は厚生労働省が定点観測的に実施している患者調査の最新版公開資料を基に、日本の入院・通院患者数の「対人口比」における、入院・外来受療率を確認していく。各年齢階層の人口の大小に左右されることなく、純粋な各層の動向を推し量れる次第である(【発表リリース:患者調査】)。

続きを読む "全体では100人に1人、歳上ほど入院患者率は増加…年齢階層別の入院・外来率をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

5時17分患者調査, 逐次新値反映記事

2016/01/18

入院患者・通院患者の医療機関種類・年齢階層別人数をグラフ化してみる(2016年)(最新)

人口構成の高齢化や医学技術の進歩に伴い、これまで以上に医療機関への注目が集まる昨今。周囲を見渡しても、自分自身も含め多数の人が入院経験を有する、あるいは現状でも何らかの病症を抱えて通院している。今回は厚生労働省が定点観測的に実施している患者調査の最新版公開資料を基に、日本の入院・通院患者数の現状や動向を確認していくことにする(【発表リリース:患者調査】)。

続きを読む "入院患者・通院患者の医療機関種類・年齢階層別人数をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

11時24分患者調査, 逐次新値反映記事



(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN