2018/10/21

意外に多いが確実に減っている…祖父母と一緒に住んでいる子供達の割合(最新)

2018-1015高齢化社会が進み高齢者の人口そのものや対全人口比率は増加しているが、同時に世帯人数の減少や核家族化も進行していることから、祖父母と親子世代が同居する、いわゆる「三世代世帯」は減少の一途をたどっていると伝えられている。その実情について、子供を中心軸に据えた上で国立青少年教育振興機構が2016年5月2日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書の各種公開データから、確認していくことにする(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成26年度調査)報告書】)。

続きを読む "意外に多いが確実に減っている…祖父母と一緒に住んでいる子供達の割合(最新)"

5時13分青少年体験行動実態調査, 逐次新値反映記事

2018/10/20

高校生は約2割が「よくある」…いわゆる「個食」の子供事情(最新)

2018-1015単身世帯の増加もあり、ある作品の人気も後押しする形で、大人の世界では昨今「個食」が一種のトレンド化し、ごく当たり前に受け入れられるような雰囲気がある。他方、情操教育の上で考えると「個食」はメリットよりもデメリットの方が多く、可能ならば避けるべき状況と認識されている。それでは実際、子供達の間の個食状況はどのような状態なのだろうか。周辺環境によって差異が大きく出るであろう夕食にスポットライトを当て、国立青少年教育振興機構が2018年8月22日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書の各種公開データから、その現状を確認していく(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成28年度調査)報告書】)。

続きを読む "高校生は約2割が「よくある」…いわゆる「個食」の子供事情(最新)"

5時10分青少年体験行動実態調査, 逐次新値反映記事

夜更かしや寝坊、さらには遅刻…子供の就寝事情を探る(最新)

2018-1014寝起きのよし悪しは人それぞれで、子供の頃にはつい寝坊して学校に遅刻する経験を持つ人もいるだろう(大人になっても寝坊、そして遅刻の経験を持つ人も多分にいるかもしれない)。それでは現在の子供達は夜更かし、そして寝坊して学校に遅刻する経験をどれほど有しているのか。国立青少年教育振興機構が2018年8月22日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書の各種公開データから、その実態を確認していく(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成28年度調査)報告書】)。

続きを読む "夜更かしや寝坊、さらには遅刻…子供の就寝事情を探る(最新)"

5時7分青少年体験行動実態調査, 逐次新値反映記事

2018/10/19

よその世帯が気になる子供の起きる時間、寝る時間(最新)

2018-1014就学時間は概して一定のため、平日における子供が起きる時間や寝る時間もまた一定のものとなりやすい。そして学年が上がり、年齢を重ねるに連れて、授業や部活動が終わる時間も変わり、習い事をする時間も増え、子供自身の自意識によるプライベートな時間も増えていき、体も成長することから、夜更かしをするようになっていく。ところが子供の就寝・起床時間は他世帯事情を知る機会は滅多に無く、自分の子供の実情が平均的なものなのか否か、気になる保護者も多い。今回は国立青少年教育振興機構が2018年8月22日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書を基に、子供の起床・睡眠事情を確認していくことにする(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成28年度調査)報告書】)。

続きを読む "よその世帯が気になる子供の起きる時間、寝る時間(最新)"

5時13分青少年体験行動実態調査, 逐次新値反映記事

何かと気になる子供達の朝食事情、抜いてる人はどれぐらい?(最新)

2018-1014つまるところ個々の健康に対する考え方の違いやライフスタイル次第ではあるのだが、一般的には食事は朝昼夕の3回、時間を決めてしっかり摂ることが望ましいとされている。特に子供時代は学校生活の時間区分が明確化しているため、朝食や夕食の時間がばらばらであったり、朝食抜きの状態となると、何かとつらい空腹感を子供自身が味わうことになりかねない。今回は国立青少年教育振興機構が2018年8月22日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書を基に、子供の朝食事情を確認していくことにする(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成28年度調査)報告書】)。

続きを読む "何かと気になる子供達の朝食事情、抜いてる人はどれぐらい?(最新)"

5時11分青少年体験行動実態調査, 逐次新値反映記事

2018/10/18

買い物7割強、料理やお風呂掃除は6割強…子供達のお手伝いの実情を確認する(最新)

2018-1013母親の家事全般の負担軽減、そして情操教育の一環として、子供に家事の一部を任せたり、手伝わせることは子育てにおいて欠かせない「しつけ」の一つ。昨今では男性諸氏への家事分担に注目が集まっているが、子供がいる世帯では子供への家事分担・手伝いにも、これまで以上に視線が注がれている。今回は国立青少年教育振興機構が2018年8月22日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書を基に、子供のお手伝いの実情を確認していくことにする(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成28年度調査)報告書】)。

続きを読む "買い物7割強、料理やお風呂掃除は6割強…子供達のお手伝いの実情を確認する(最新)"

5時8分青少年体験行動実態調査, 逐次新値反映記事

「弱い者いじめは止めようよ」注意したことある? 子供達に聞いてみました(最新)

2018-1013大人ですら立場の弱い者に物理的・精神的で理不尽な攻撃を行ったり、果てはケンカをしてしまうこともある。自制心、経験に浅い子供は歯止めが利かず、感情をすぐに体現化し、いじめやケンカをしてしまう機会も少なくあるまい。一方でそのような行為を見て制止する子供もいる。状況に寄りけりだが、概して見過ごさずに制止する行為は、ケンカとは逆に称賛に値する行為ではある。それでは今の子供達は、そのような制止行動をどの程度実際に行っているのだろうか。国立青少年教育振興機構が2018年8月22日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書を基に、確認していくことにする(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成28年度調査)報告書】)。

続きを読む "「弱い者いじめは止めようよ」注意したことある? 子供達に聞いてみました(最新)"

5時6分青少年体験行動実態調査, 逐次新値反映記事

果物の皮を包丁でむいたり、ぞうきんを絞ったり…いまどきの子供事情を探る(最新)

2018-1013料理をする際に包丁や果物ナイフを使ったり、掃除をする時にぞうきんを絞ったり…大人なら誰もが日常茶飯事に行うものだが、子供にとっては未体験、あるいは経験の浅い行動であり、同時に成長過程で経験して習得すべき日常生活上の「わざ」に違いない。一方で昨今の子供事情として、学校の方針や保護者の過保護的な対応を受け、それらの行為を避けさせる向きもあるという。今回は国立青少年教育振興機構が2018年8月22日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書を基に、それらの行為に関する子供達事情を確認していくことにする(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成28年度調査)報告書】)。

続きを読む "果物の皮を包丁でむいたり、ぞうきんを絞ったり…いまどきの子供事情を探る(最新)"

5時3分青少年体験行動実態調査, 逐次新値反映記事

2016/05/19

従来型は小4がピーク、スマホは高2で9割近く…小中高校生の携帯電話所有状況(2016年)(最新)

大人はもちろんだが子供達の間にも急速に浸透が進み、ライフスタイルを大きく変えた存在、携帯電話。中でも高機能で多種のデジタルアイテムとしても併用できるスマートフォンの存在は、多方面でメリット・デメリットを子供達に与えている。今回は少年教育振興機構が2016年5月2日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書の結果をもとに、小中高校生における携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォン)の所有実態を確認していくことにする(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成26年度調査)報告書】)。

続きを読む "従来型は小4がピーク、スマホは高2で9割近く…小中高校生の携帯電話所有状況(2016年)(最新)"

15時11分青少年体験行動実態調査, 逐次新値反映記事

2016/05/18

小中高校生のパソコンやタブレット型端末の所有実態をグラフ化してみる(2016年)

最近ではスマートフォンに主役の座を奪われつつあるが、今でもなおパソコンがインターネットを介した多様なサービスの利用のための主要な、そして便宜性の高い窓口であり、色々なデジタル系ツールを用いることができる基幹ツールであることに変わりはない。子供達はどれほどまでにパソコン、そしてスマートフォンとパソコンの中間的な立場にあるとも表現できるタブレット型端末を所有しているのだろうか。今回は少年教育振興機構が2016年5月2日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書の結果をもとに、小中高校生におけるパソコン(デスクトップ、ノートを問わず)やタブレット型端末の所有実態を確認していくことにする(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成26年度調査)報告書】)。

続きを読む "小中高校生のパソコンやタブレット型端末の所有実態をグラフ化してみる(2016年)"

14時0分青少年体験行動実態調査, noindex

2016/05/16

受けた時と送った後、ソーシャルメディアやメールでのやり取りの義務感の実態(2016年)

昔は電子メール疲れ、そしてmixi疲れからFacebook疲れ、LINE疲れと、主に話題に登る対象となるサービスの名前は変わりゆくものの、インターネットを用いたコミュニケーションにおいて、これまでのツールと同じような対応が成されていると錯覚することによる、気疲れが問題視されている。メッセージを送る側は相手が24時間フル対応するものと思い込み、すぐに返事が来ないと不安になり、あるいは怒りを覚えるようになる。逆に受信を確認すると、すぐに返事をしなければならないといった強迫観念を覚えてしまう。今回は少年教育振興機構が2016年5月2日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書の結果をもとに、小中高校生におけるインターネットを利用したコミュニケーションサービスにおける、やり取り上の義務感について確認していくことにする(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成26年度調査)報告書】)。

続きを読む "受けた時と送った後、ソーシャルメディアやメールでのやり取りの義務感の実態(2016年)"

12時0分青少年体験行動実態調査, noindex

初詣は9割近く、しょうぶ湯は3割足らず…小学生の子供を持つ世帯の年中行事の実施率(2016年)

毎年年末にはクリスマスや大晦日に向けた大掃除、年越しそばを食べ、正月になると初詣に出かけお節料理をいただき、春にはお花見、夏にはお墓まいり…昔から行われてきた節目節目における慣習的な行事は多々あり、世間もそれらに合わせて色々な動きを示していく。一方で社会観の多様化に伴い、あるいは環境の変化により、これまで行われてきたその類の行事が省略されてしまうことも少なくない。今回は少年教育振興機構が2016年5月2日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書の結果をもとに、小学生の子供を持つ保護者世帯限定ではあるものの、これら年中行事の利用実態を確認していくことにする(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成26年度調査)報告書】)。

続きを読む "初詣は9割近く、しょうぶ湯は3割足らず…小学生の子供を持つ世帯の年中行事の実施率(2016年)"

5時0分青少年体験行動実態調査, noindex

暇さえあればいじってる、食事中でも気になる…子供達のスマホ熱中度合を探る(2016年)

携帯電話、特にスマートフォンはリアルタイムによるやり取りの頻度が高いサービスが多く、また高性能で多様な機能が実装され利用できることもあり、熱中度もこれまでの道具、玩具と比べれば桁違いのものとなる。現在子供を持つ、あるいは居た大人の人達は、自分の子供達がスマートフォンなどに夢中になっている様子を見て、もし自分の子供時代にスマホがあったら同じように熱中していただろう、そして生活様式も随分と変わっていたと考えているに違いない。今回は少年教育振興機構が2016年5月2日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書の結果をもとに、小中高校生における携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォンの双方。ただし今件報告書では「携帯電話」=従来型携帯電話として表記されている)に関する、熱中・没頭度合を確認できるいくつかの行動性向について確認していくことにする(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成26年度調査)報告書】)。

続きを読む "暇さえあればいじってる、食事中でも気になる…子供達のスマホ熱中度合を探る(2016年)"

5時0分青少年体験行動実態調査, noindex

2016/05/15

中学生は平均1時間、しかし高校生は…小中高校生のパソコンやタブレット型端末の利用時間をグラフ化してみる(2016年)

スマートフォンの普及浸透と共に、インターネットへの窓口としての認識がパソコンからスマートフォンにシフトし、パソコンの必要性を感じない子供が増えている。最初に手に取り、使い慣れた端末がパソコンでは無くスマートフォンであれば、それも止む無しではあるのだが、成長してから選択肢の狭さに難儀を覚えることが多いのもまた事実。今回は少年教育振興機構が2016年5月2日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書の結果をもとに、小中高校生におけるパソコンやタブレット型端末の利用実態を確認していくことにする(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成26年度調査)報告書】)。

続きを読む "中学生は平均1時間、しかし高校生は…小中高校生のパソコンやタブレット型端末の利用時間をグラフ化してみる(2016年)"

5時0分青少年体験行動実態調査, noindex

2016/05/13

高校2年は平均2時間16分、3時間以上も1/3超…小中学生の携帯・スマホの利用時間を探る(2016年)

携帯電話、中でもスマートフォンの普及は大人だけでなく子供達の間にも多様な面で大きな変化をもたらしている。情報とのかかわり方は劇的な変わり映えを見せ、他人とのコミュニケーションの様式は大きな変容を成し、注力時間の増加はライフスタイルへ多大な影響を及ぼしている。今回は少年教育振興機構が2016年5月2日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書の結果をもとに、小中高校生における携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォンの双方。ただし今件報告書では「携帯電話」=従来型携帯電話として表記されている)の利用実態を確認していくことにする(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成26年度調査)報告書】)。

続きを読む "高校2年は平均2時間16分、3時間以上も1/3超…小中学生の携帯・スマホの利用時間を探る(2016年)"

11時0分青少年体験行動実態調査, noindex

小中高校生のゲーム事情。一日何時間遊んでいるか(2016年)

昨今ではソーシャルメディアやチャットなど他人とのコミュニケーションを楽しむ場面も増えているが、デジタル機器を用いた子供のプライベートな時間の費やし方のメインとなるのがゲーム。機器の種類やゲームの内容は変わりゆくものの、ゲームへの子供の注力は今も昔も変わらない。今回は少年教育振興機構が2016年5月2日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書の結果をもとに、小中高校生におけるパソコンやゲーム機などのデジタル系ゲームの利用実態を確認していくことにする(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成26年度調査)報告書】)。

続きを読む "小中高校生のゲーム事情。一日何時間遊んでいるか(2016年)"

10時0分青少年体験行動実態調査, noindex

2016/05/12

進学か、就職か、それとも…高校生の「将来の進路」を探る(2016年)

完全エスカレーター制の高校なら選択は原則大学への進学となるが、それ以外の場合は高校2年生にもなると、卒業後の進路について色々と考える必要が生じてくる。本人の意向、家庭の事情、社会環境の変化など、多様な影響によりその選択に違いは生じることになる。今回は少年教育振興機構が2016年5月2日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書の結果をもとに、高校2年生時点の「自分の卒業後の進路希望」を確認していく(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成26年度調査)報告書】)。

続きを読む "進学か、就職か、それとも…高校生の「将来の進路」を探る(2016年)"

11時0分青少年体験行動実態調査, noindex

子供の娯楽の主役、テレビやビデオ、DVDの視聴時間動向をグラフ化してみる(2016年)

昨今ではソーシャルメディアや家庭用ゲーム機にその座を奪われつつあるが、今でも生放送のテレビ番組や録画した番組、そしてレンタルなどで取得したDVDソフトを視聴することは、子供にとって欠かせない娯楽に違いない。単純に番組そのものの面白さ、注目内容に加え、ソーシャルメディアでのやり取りや、翌日以降の友人・知人との会話におけるネタの取得元としても重宝されている。また利用ハードルが極めて低いのも子供にとってはありがたい話に違いない。今回は少年教育振興機構が2016年5月2日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書の結果をもとに、子供達のテレビなどの視聴動向の実態を確認していく(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成26年度調査)報告書】)。

続きを読む "子供の娯楽の主役、テレビやビデオ、DVDの視聴時間動向をグラフ化してみる(2016年)"

10時0分青少年体験行動実態調査, noindex

2016/05/11

政治や選挙に対する子供達の関心度合いをグラフ化してみる(2016年)

国政、地方自治体の選挙で投票する資格(選挙権)は20歳を過ぎないと得ることはできなかったが、2015年6月に可決成立した改正公職選挙法により、選挙権は18歳以上に与えられることとなった(2016年6月19日に施行)。この引き下げが適用される国政選挙は2016年夏の参議院議員選挙からで、その時に選挙権を得られる子供達における政治や選挙への関心がどの程度なのかについて、これまで以上に熱い視線が注がれている。そして現在選挙権が無い歳の子供達でも、国や地域の政治、そして選挙に興味を持つことは大いに意義がある。それは自分達の生活に直接係わる物事で、社会の仕組みを知るのに大いに役立つからに他ならない。また歳を経て選挙権を得た後の、政治・選挙に対する姿勢にも大きく影響しうる。今回は少年教育振興機構が2016年5月2日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書の結果をもとに、国や地域の政治や選挙について、子供達がどの程度興味関心を抱いているかを確認していくことにする(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成26年度調査)報告書】)。

続きを読む "政治や選挙に対する子供達の関心度合いをグラフ化してみる(2016年)"

11時0分青少年体験行動実態調査, noindex

ニュースを見聞きしたり分からなかったら調べてみたり…子供達の知的探究心事情(2016年)(最新)

新聞や雑誌、テレビやラジオ、そしてインターネットと、世の中は多種多様な手段で日々の出来事を取得できるツールに満ちあふれている。それらを用いてニュースを見聞きし、社会動向を知るのは、感性を刺激し、知的探究心を充足するのに欠かせない行動となる。今回は少年教育振興機構が2016年5月2日に発表した「青少年の体験活動等に関する実態調査」報告書の結果をもとに、日々のニュースの見聞状況、そして分からないことに出会った際にそのままにせずに調べてその疑問を解決するか否かの点から、子供達の知的探究心の実情を確認していくことにする(【「青少年の体験活動等に関する実態調査」(平成26年度調査)報告書】)。

続きを読む "ニュースを見聞きしたり分からなかったら調べてみたり…子供達の知的探究心事情(2016年)(最新)"

10時0分青少年体験行動実態調査, noindex



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN