2019/10/13

政府に対する受動喫煙対策、トップは分煙促進(最新)

2019-1006本人が喫煙をしていなくとも、周りの人のたばこの煙(副流煙)にさらされることを受動喫煙(間接喫煙)と呼んでいる。当然これも健康に悪い影響を与えるため、非喫煙者にとっては好ましいものではない。この受動喫煙について、人々は政府にどのような政策を求めているのだろうか。内閣府大臣官房政府広報室が2019年9月27日に発表したがん対策に関する世論調査から、その実情を確認する(【発表リリース:がん対策・たばこ対策に関する世論調査】)。

続きを読む "政府に対する受動喫煙対策、トップは分煙促進(最新)"

5時0分がん対策(内閣府), 逐次新値反映記事

周りの人のたばこの煙を不快に思った場所、トップは食事提供店舗(最新)

2019-1006たばこが忌避される原因の一つに、喫煙者自身だけでなくその周辺にいる人も、たばこの副流煙によって喫煙しているのと同じような状態に置かれて(間接喫煙)しまいかねないとの実情がある。それではそのような間接喫煙をした(ように感じ)たことで、不快に思ったのはどのような場所だったのだろうか。内閣府大臣官房政府広報室が2019年9月27日に発表したがん対策に関する世論調査から、その実情を確認する(【発表リリース:がん対策・たばこ対策に関する世論調査】)。

続きを読む "周りの人のたばこの煙を不快に思った場所、トップは食事提供店舗(最新)"

4時59分がん対策(内閣府), 逐次新値反映記事

2019/10/12

周りの人のたばこの煙を不快に思う人は78.4%(最新)

2019-1005健康志向の高まりなどを受け、喫煙者・率は漸減の傾向にある。たばこが忌避される原因の一つには、喫煙者自身だけでなくその周辺にいる人も、たばこの副流煙によって喫煙しているのと同じような状態に置かれて(間接喫煙)しまいかねないとの実情がある。それでは世間一般では周囲の人が喫煙しているたばこの煙について、どれほどの人が不快感を覚えているのだろうか。内閣府大臣官房政府広報室が2019年9月27日に発表したがん対策に関する世論調査から、その実情を確認する(【発表リリース:がん対策・たばこ対策に関する世論調査】)。

続きを読む "周りの人のたばこの煙を不快に思う人は78.4%(最新)"

5時25分がん対策(内閣府), 逐次新値反映記事

約6割近くが「今の日本はがん治療などで仕事を続けにくい」と回答する実態(最新)

2019-1005日本における最大の死因のがんだが、その検査や治療には少なからぬ時間が必要となる。一般的ながん検診は1つの部位に付き数十分で済むものの、事前の準備や待ち時間も合わせると、半日から1日丸ごと時間を空ける必要が生じる。検査の後は終日安静を求められることも少なくない。ましてや治療が必要との判断が下り、通院治療となれば、月数回の通院が求められることになる。そのような状況に置かれた場合、今の日本では就業の継続は可能なのだろうか。内閣府大臣官房政府広報室が2019年9月27日に発表したがん対策に関する世論調査によると、調査対象母集団の6割近くは「働き続けることは難しい」と考えていることが明らかになった(【発表リリース:がん対策・たばこ対策に関する世論調査】)。

続きを読む "約6割近くが「今の日本はがん治療などで仕事を続けにくい」と回答する実態(最新)"

5時24分がん対策(内閣府), 逐次新値反映記事

2019/10/11

がん検診、受けない理由は「時間が無い」(最新)

2019-1004今や日本で最大の死因として挙げられる「がん(悪性新生物)」。検診を受けることで発症を自覚し、適切な対処を取ることができ、リスクを確実に減らせるのだが、がん検診の受診率はまだまだ低い水準にある。その理由は何だろうか。内閣府大臣官房政府広報室が2019年9月27日に発表したがん対策・たばこ対策に関する世論調査によれば、最大の理由として挙げられたのは「時間が無い」だった。次いで「健康に自信があるから」「必要ならならいつでも受診できるから」が続いている(【発表リリース:がん対策・たばこ対策に関する世論調査】)。

続きを読む "がん検診、受けない理由は「時間が無い」(最新)"

5時21分がん対策(内閣府), 逐次新値反映記事

がんが怖い人7割強、理由は「死に至る場合があるから」(最新)

2019-1004内閣府大臣官房政府広報室は2019年9月27日、がん対策・たばこ対策に関する世論調査の結果を発表した。それによると調査対象母集団においては、病症の「がん」を怖いと思っている人は7割強であることが分かった。理由としては「死に至る場合があるから」がもっとも多く、「がんの治療や療養には、家族や親しい友人などに負担をかける場合があるから」が続き、「治療費が高額になる場合がある」など費用の面での怖さを覚える人も多数に及んでいる(【発表リリース:がん対策・たばこ対策に関する世論調査】)。

続きを読む "がんが怖い人7割強、理由は「死に至る場合があるから」(最新)"

5時19分がん対策(内閣府), 逐次新値反映記事

2009/11/03

がん検診を受けない理由、がんへの軽視と体への過信

検診イメージ内閣府は2009年11月2日、がん対策に関する世論調査の結果を発表した。それによると、がん検診を未受診の人においてその理由としては、「たまたま受けていない」人がもっとも多く3割近くを占めていた。次いで「必要ならばいつでも受診できるから」「健康に自信があるので必要性を感じない」「面倒だから」「時間が無かったから」などが上位についている。がんに対する認識の甘さや、過度の自信が、がん検診を受けない主要因であるようだ(【発表リリース】)。

続きを読む "がん検診を受けない理由、がんへの軽視と体への過信"

7時35分がん対策(内閣府)

がん対策、普段は何をしています? トップは食事で「アレ」は避けてる

焦げ食事イメージ内閣府は2009年11月2日、がん対策に関する世論調査の結果を発表した。それによると、がんを予防するためにもっとも多くの人が実践している行動は、選択肢の中では「焦げた部分は避ける」であり、4割以上の人が実施していることが分かった。「たばこは吸わないようにする」「偏食せずに栄養面でバランスよく食事をする」も4割に達しており、世間一般的にはこの3つが「がん予防」として広く認知されているようだ(【発表リリース】)。

続きを読む "がん対策、普段は何をしています? トップは食事で「アレ」は避けてる"

7時34分がん対策(内閣府), 逐次新値反映記事



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS