2016/12/17

持家か賃貸か、自分で買ったか遺産相続か…居住住宅の実情をグラフ化してみる(2016年)(最新)

購入あるいは取得する・している人にとって、住宅は個人ベースでは最大級の資産となる存在であり、日常生活の要であると同時に人生設計における大きな要素にもなりうる。メンテナンスや改築に備えた費用計上、場合によっては固定資産税も必要だが、賃貸住宅住まいにおける家賃の支払いと比べれば安上がりで済むことも多く、何より「自前の資産」を取得している強みがある。居住に係わる持家・賃貸状況は複数の調査結果で明らかにされているが、今回は金融広報中央委員会の「知るぽると」が2016年12月13日に詳細統計表を発表した「家計の金融行動に関する世論調査」の最新版となる2016年版をはじめとした各種公開値を元に、居住住宅の状況やその内情を確認していくことにする(【知るぽると:調査・アンケート公開ページ】)。

続きを読む "持家か賃貸か、自分で買ったか遺産相続か…居住住宅の実情をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

10時59分知るぽると(家計), 逐次新値反映記事

若者と高齢層、大きく異なる「老後の生活資金源」構想(2016年)(最新)

企業の役員や相談役など相応の地位に就く、あるいは新たな財を生み出す資産を取得していれば話は別だが、多くの人は歳を取るに連れて就業年齢時と比べて能力が衰えることから、就業収入を得難くなり、生活の糧をこれまでとは違った手法で得ることを考える必要がある。人生設計、ライフプランなどとして良く知られている、自分自身の一生におけるそろばん勘定をする際には、欠かせない考え方である。今回は金融広報中央委員会の「知るぽると」が発表した「家計の金融行動に関する世論調査」の最新版公開値を元に、一人暮らしか世帯持ちか、そして世帯主の年齢階層における老後の生活資金源に関する考え方の相違を見ていくことにする(【知るぽると:調査・アンケート公開ページ】)。

続きを読む "若者と高齢層、大きく異なる「老後の生活資金源」構想(2016年)(最新)"

5時19分知るぽると(家計), 逐次新値反映記事

2016/12/16

足りる? 何とかなる?? 足りない!? 年金に対する考え方をグラフ化してみる(2016年)(最新)

医学の発達、社会的インフラの向上などを受け、平均寿命は年々伸びて行き、その結果として日本では加速度的な高齢化社会に突入しつつある。それと共に社会保障制度の一つである年金問題が大きくクローズアップされている。受給時期にまで歳を重ねた際、果たしてその額で日常生活をまかなうことはできるのか否か、足りないと考えている場合、その理由はどこにあるのか。金融広報中央委員会の「知るぽると」が毎年調査・結果の公開を行っている、家計の金融行動に関する世論調査の公開値をもとに、年金に関する心境の現状と経年推移について見ていくことにする(【知るぽると:調査・アンケート公開ページ】)。

続きを読む "足りる? 何とかなる?? 足りない!? 年金に対する考え方をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

11時4分知るぽると(家計), 逐次新値反映記事

「持ち家無し」の人の間に広まる「マイホームは要らない」傾向(2016年)(最新)

「一国一城の主」との言い回しに代表される通り、世帯持ちにとって住宅保有は一つの夢であり目標でありロマンである。しかしその取得価格は半端なものではなく、駄菓子屋で小銭と引き換えにお菓子を買うがごとく、気軽に購入できる類のものではない。大抵の世帯では一生に一度の買物となる。一方、住宅は保有せずに賃貸で済ますライフスタイルも増えているとの話もよく耳にする。そこで今回は金融広報中央委員会の「知るぽると」が毎年調査・結果の公開をしている、家計の金融行動に関する世論調査の公開データをもとに、「持ち家無しの人が住宅を調達しようとする意志と予定時期」について現状や経年変化を確認する(【知るぽると:調査・アンケート公開ページ】)。

続きを読む "「持ち家無し」の人の間に広まる「マイホームは要らない」傾向(2016年)(最新)"

5時7分知るぽると(家計), 逐次新値反映記事

中学生は平均2400円強…子供のおこづかい額をグラフ化してみる(2016年)(最新)

他世帯の事情がつかみにくい一方で、世間全般の状況、平均度合が非常に気になるお金周りの話の一つが「子供のおこづかい額」。各家計のお財布事情や教育方針、周辺環境によって実情は大きく影響を受け変化をするが、「世間ではこの年頃の子供にはどれぐらいの額のこづかいが与えられているのだろう」と、気になる保護者も多いはず。そこで金融広報中央委員会の「知るぽると」が毎年調査・結果の公開をしている、家計の金融行動に関する世論調査の公開データを介し、「子供のおこづかい額」について現状や経年変化を確認していくことにする(【知るぽると:調査・アンケート公開ページ】)。

続きを読む "中学生は平均2400円強…子供のおこづかい額をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

5時4分知るぽると(家計), 逐次新値反映記事

2016/12/15

「手取りからもっと貯蓄を」単身世帯でじわりと増えつつある貯蓄割合(2016年)(最新)

将来や緊急事態に備え財を蓄積していくことは、人の知恵の一つである。中でも流動性が高く容易に他の物品やサービスに置換できる金融資産は、蓄財(貯蓄)の対象としてもっとも多くの人が活用している。それでは金融資産を貯蓄(今件では金融資産の取得に資金を振り向けることを意味する。金融資産は預貯金以外に貯蓄型の保険や有価証券も含まれる)している人は、一体どの程度の割合で手取りから貯蓄に回しているのだろうか。金融広報中央委員会の「知るぽると」が毎年調査公開している家計の金融行動に関する世論調査の公開データを介し、その現状や経年変化を確認することにしよう(【知るぽると:調査・アンケート公開ページ】)。

続きを読む "「手取りからもっと貯蓄を」単身世帯でじわりと増えつつある貯蓄割合(2016年)(最新)"

11時44分知るぽると(家計), 逐次新値反映記事

少額は現金、そして電子マネー…単身世帯の代金支払い方法の移り変わりをグラフ化してみる(2016年)(最新)

二人以上(夫婦)世帯と単身(一人身)世帯とでは、消費行動や家計の取り扱い方が大いに異なる。前者では家計全体のお金の他、世帯構成員一人一人のプライベートな金銭が別途やり取りされるが、後者では構成員は一人のみであることから、家計そのものが世帯構成員=本人の金銭のやりくりとなる場合が多くなる。今回は金融広報中央委員会の「知るぽると」が2016年12月13日に詳細統計表を発表した「家計の金融行動に関する世論調査」の最新版となる2016年分などのデータを用い、「単身世帯における、お金の決済手段とその移り変わり」について、状況の確認と精査をしていくことにする(【知るぽると:調査・アンケート公開ページ】)。

続きを読む "少額は現金、そして電子マネー…単身世帯の代金支払い方法の移り変わりをグラフ化してみる(2016年)(最新)"

10時32分知るぽると(家計), 逐次新値反映記事

基本は現金・クレカ…二人以上世帯の代金支払い方法の移り変わりをグラフ化してみる(2016年)(最新)

人が日常生活を過ごしていく中で、欠かせないのが金銭消費行動。要はお金を払って物品やサービスを調達する行為だが、その際の対価支払いには現金だけでなくクレジットカードや電子マネーなど、多彩な手段を用いることができる。そして昨今では使い捨て型のプリペイドカード(マネーカードやギフトカードと呼ばれるもの)の普及浸透に合わせ、「支払い」の概念もさらに多様化しつつある。今回は金融広報中央委員会の「知るぽると」が2016年12月13日に詳細統計表を発表した「家計の金融行動に関する世論調査」の最新版となる2016年分などのデータを基に、「二人以上世帯における、お金の決済手段とその移り変わり」について、状況の確認と精査をしていくことにする(【知るぽると:調査・アンケート公開ページ】)。

続きを読む "基本は現金・クレカ…二人以上世帯の代金支払い方法の移り変わりをグラフ化してみる(2016年)(最新)"

5時13分知るぽると(家計), 逐次新値反映記事

独身世帯で減る公的年金への信頼、夫婦世帯で増える老後の再就職希望(2016年)(最新)

若い時分と異なり就業そのものに難儀する高齢世代。昨今では公的後押しも積極的に成されているものの、若者時代のような機敏な、あるいは重労働がおぼつかなくなることに違いは無く、また就職が継続できても手取はかつての額よりも少なく、多分に蓄財の切り崩しや公的・私的年金で日々の生活を営むことになる。しかしその収入源の確保の仕方は人によりさまざま。中には利子配当所得や家賃収入だけで優雅な日々を過ごす人もいるだろう。今回は金融広報中央委員会の「知るぽると」が2016年12月3日に発表した「家計の金融行動に関する世論調査」の最新版である2016年分の詳細統計値などのデータを基に、「老後の生活費の収入源として考えている手立て」に焦点を当てることにする(【知るぽると:調査・アンケート公開ページ】)。

続きを読む "独身世帯で減る公的年金への信頼、夫婦世帯で増える老後の再就職希望(2016年)(最新)"

5時10分知るぽると(家計), 逐次新値反映記事

2016/12/14

「ハイリスク・ハイリターン」な金融資産、欲しい? 要らない? (2016年)(最新)

金融広報中央委員会の「知るぽると」は2016年12月13日、同会が毎年調査を行いその結果を定期的に発表している「家計の金融行動に関する世論調査」の最新版、2016年分の詳細統計表を公開した。今回はその公開値、さらには過去の値をあわせ、「ハイリスク・ハイリターンの金融商品への願望」についてチェックを入れていくことにする。投資と投機の区別はおろか、期待値計算によるリスク勘案ですら浸透しているとは言い難い日本の現状で、高リスク・高リターンの金融商品に対するイメージはどのような実態を有しているのだろうか(【知るぽると:調査・アンケート公開ページ】)。

続きを読む "「ハイリスク・ハイリターン」な金融資産、欲しい? 要らない? (2016年)(最新)"

11時10分知るぽると(家計), 逐次新値反映記事

これは納得、一人暮らしと世帯持ちで大きく異なる「遺産」への考え方(2016年)(最新)

金融広報中央委員会の「知るぽると」は2016年12月13日付で、同会が毎年調査とその結果を発表している「家計の金融行動に関する世論調査」に関して、最新版となる2016年分の詳細統計表を公開した。今回はその公開値を基に、「遺産に対する考え方」の動向を見ていくことにする。遺産となりうる資産に関して、人々はどのような考えを抱いているのだろうか(【知るぽると:調査・アンケート公開ページ】)。

続きを読む "これは納得、一人暮らしと世帯持ちで大きく異なる「遺産」への考え方(2016年)(最新)"

10時37分知るぽると(家計), 逐次新値反映記事

金融資産を持たない世帯、夫婦世帯は4割強・単身は5割近く(2016年)(最新)

金融広報中央委員会の「知るぽると」は2016年12月13日、同会が毎年調査・発表している家計の金融行動に関する世論調査において、最新版となる2016年分の詳細統計表を公開した。発表資料では主にお金のやりくりの視点から、一般世帯の動向を推し量れる数多くのデータが開示されている。今回はそのデータを基に、世帯ベースでの金融資産の保有の有無について、最新分、さらには経年による変化を確認をしていくことにする(【知るぽると:調査・アンケート公開ページ】)。

続きを読む "金融資産を持たない世帯、夫婦世帯は4割強・単身は5割近く(2016年)(最新)"

5時24分知るぽると(家計), 逐次新値反映記事

2015/11/28

若者と高齢層、大きく異なる「老後の生活資金源」構想(2015年)

企業の役員や相談役など相応の地位に就く、あるいは新たな財を生み出す資産を取得していれば話は別だが、多くの人は歳を取るに連れて就業年齢時と比べて能力が衰えることから、就業収入を得難くなり、生活の糧をこれまでとは違った手法で得ることを考える必要がある。人生設計、ライフプランなどとして良く知られている、自分自身の一生におけるそろばん勘定をする際には、欠かせない考え方である。今回は金融広報中央委員会の「知るぽると」が発表した「家計の金融行動に関する世論調査」の最新版公開値を元に、一人暮らしか世帯持ちか、そして世帯主の年齢階層における老後の生活資金源に関する考え方の相違を見ていくことにする(【知るぽると:調査・アンケート公開ページ】)。

続きを読む "若者と高齢層、大きく異なる「老後の生活資金源」構想(2015年)"

11時0分知るぽると(家計), noindex

持家か賃貸か、自分で買ったか遺産相続か…居住住宅の実情をグラフ化してみる(2015年)

購入あるいは取得する・している人にとって、住宅は個人ベースでは最大級の資産となる存在であり、日常生活の要であると同時に人生設計における大きな要素にもなりうる。メンテナンスや改築に備えた費用計上、場合によっては固定資産税も必要だが、賃貸住宅住まいにおける家賃の支払いと比べれば安上がりで済むことも多く、何より「自前の資産」を取得している強みがある。居住に係わる持家・賃貸状況は複数の調査結果で明らかにされているが、今回は金融広報中央委員会の「知るぽると」が2015年11月6日に発表した「家計の金融行動に関する世論調査」の最新版となる2015年版をはじめとした各種公開値を元に、居住住宅の状況やその内情を確認していくことにする(【知るぽると:調査・アンケート公開ページ】)。

続きを読む "持家か賃貸か、自分で買ったか遺産相続か…居住住宅の実情をグラフ化してみる(2015年)"

5時0分知るぽると(家計), noindex

2015/11/18

足りる? 何とかなる?? 足りない!? 年金に対する考え方をグラフ化してみる(2015年)

医学の発達、社会的インフラの向上などを受け、平均寿命は年々伸びて行き、その結果として日本では加速度的な高齢化社会に突入しつつある。それと共に社会保障制度の一つである年金問題が大きくクローズアップされている。受給時期にまで歳を重ねた際、果たしてその額で日常生活をまかなうことはできるのか否か、足りないと考えている場合、その理由はどこにあるのか。金融広報中央委員会の「知るぽると」が毎年調査・結果の公開を行っている、家計の金融行動に関する世論調査の公開データをもとに、年金に関する心境の現状と経年推移について見ていくことにしよう(【知るぽると:調査・アンケート公開ページ】)。

続きを読む "足りる? 何とかなる?? 足りない!? 年金に対する考え方をグラフ化してみる(2015年)"

10時0分知るぽると(家計), noindex

「持ち家無し」の人の間に広まる「マイホームは要らない」傾向(2015年)

「一国一城の主」との言い回しに代表される通り、世帯持ちにとって住宅保有は一つの夢であり目標でありロマンである。しかしその取得価格は半端なものではなく、駄菓子屋で小銭と引き換えにお菓子を買うがごとく、気軽に購入できる類のものではない。大抵の世帯では一生に一度の買物となる。一方、住宅は保有せずに賃貸で済ますライフスタイルも増えているとの話もよく耳にする。そこで今回は金融広報中央委員会の「知るぽると」が毎年調査・結果の公開をしている、家計の金融行動に関する世論調査の公開データをもとに、「持ち家無しの人が住宅を調達しようとする意志と予定時期」について現状や経年変化を確認する(【知るぽると:調査・アンケート公開ページ】)。

続きを読む "「持ち家無し」の人の間に広まる「マイホームは要らない」傾向(2015年)"

5時0分知るぽると(家計), noindex

2015/11/17

中学生は平均2400円強…子供のこづかい額をグラフ化してみる(2015年)

他世帯の事情がつかみにくい一方で、世間全般の状況、平均度合が非常に気になるお金周りの話の一つが「子供のおこづかい額」。各家計のお財布事情や教育方針、周辺環境によって実情は大きく影響を受け変化をするが、「世間ではこの年頃の子供にはどれぐらいの額のこづかいが与えられているのだろう」と、気になる保護者も多いはず。そこで金融広報中央委員会の「知るぽると」が毎年調査・結果の公開をしている、家計の金融行動に関する世論調査の公開データを介し、「子供のこづかい額」について現状や経年変化を確認していくことにする(【知るぽると:調査・アンケート公開ページ】)。

続きを読む "中学生は平均2400円強…子供のこづかい額をグラフ化してみる(2015年)"

14時0分知るぽると(家計), noindex

「手取りからもっと貯蓄を」単身世帯でじわりと増えつつある貯蓄割合(2015年)

将来や緊急事態に備え財を蓄積していくことは、人の知恵の一つである。中でも流動性が高く容易に他の物品やサービスに置換できる金融資産は、蓄財(貯蓄)の対象としてもっとも多くの人が活用している。それでは金融資産を貯蓄(今件では金融資産の取得に資金を振り向けることを意味する。金融資産は預貯金以外に貯蓄型の保険や有価証券も含まれる)している人は、一体どの程度の割合で手取りから貯蓄に回しているのだろうか。金融広報中央委員会の「知るぽると」が毎年調査公開している家計の金融行動に関する世論調査の公開データを介し、その現状や経年変化を確認することにしよう(【知るぽると:調査・アンケート公開ページ】)。

続きを読む "「手取りからもっと貯蓄を」単身世帯でじわりと増えつつある貯蓄割合(2015年)"

11時0分知るぽると(家計), noindex

少額は現金、そして電子マネー…単身世帯の代金支払い方法の移り変わりをグラフ化してみる(2015年)

二人以上(夫婦)世帯と単身(一人身)世帯とでは、消費行動や家計の取り扱い方が大いに異なる。前者では家計全体のお金の他、世帯構成員一人一人のプライベートな金銭が別途やり取りされるが、後者では構成員は一人のみであることから、家計そのものが世帯構成員=本人の金銭のやりくりとなる場合が多くなる。今回は金融広報中央委員会の「知るぽると」が2015年11月6日に発表した「家計の金融行動に関する世論調査」の最新版となる2015年分などのデータを用い、「単身世帯における、お金の決済手段とその移り変わり」について、状況の確認と精査をしていくことにする(【知るぽると:調査・アンケート公開ページ】)。

続きを読む "少額は現金、そして電子マネー…単身世帯の代金支払い方法の移り変わりをグラフ化してみる(2015年)"

10時0分知るぽると(家計), noindex

2015/11/16

独身世帯で減る公的年金への信頼、夫婦世帯で増える老後の再就職希望(2015年)

若い時分と異なり就業そのものに難儀する高齢世代。昨今では公的後押しも積極的に成されているものの、若者時代のような機敏な、あるいは重労働がおぼつかなくなることに違いは無く、また就職が継続できても手取はかつての額よりも少なく、多分に蓄財の切り崩しや公的・私的年金で日々の生活を営むことになる。しかしその収入源の確保の仕方は人によりさまざま。中には利子配当所得や家賃収入だけで優雅な日々を過ごす人もいるだろう。今回は金融広報中央委員会の「知るぽると」が2015年11月6日に発表した「家計の金融行動に関する世論調査」の最新版である2015年分などのデータを基に、「老後の生活費の収入源として考えている手立て」に焦点を当てることにする(【知るぽると:調査・アンケート公開ページ】)。

続きを読む "独身世帯で減る公的年金への信頼、夫婦世帯で増える老後の再就職希望(2015年)"

11時0分知るぽると(家計), noindex



(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN