2017/08/31

米国民は日本の外交戦略、平和国家としての営みをどこまで評価しているか(最新)

2017-0830自己防衛能力の体現化としての自衛隊をはじめとした各種行政執行力は別として、日本は太平洋戦争後において国家間侵略戦争を成さないとの宣言を発し、それを遵守している。このような日本の平和国家の営みに関して、アメリカ合衆国国民はいかなる評価をしているのだろうか。今回は外務省が2017年5月2日に同省公式サイト内において発表した、アメリカ合衆国における対日世論調査の結果から、その実情を確認していく(【発表リリース:米国における対日世論調査】)。

続きを読む "米国民は日本の外交戦略、平和国家としての営みをどこまで評価しているか(最新)"

4時59分外務省対日世論調査, 逐次新値反映記事

アメリカ合衆国にとって現在、そして今後重要なパートナー国は? 一般の人に聞いてみました(最新)

2017-0830「パートナー」とは様々な意味合いを持つ言葉。配偶者のように一生を寄り添う深い意味を持つ場合もあれば、仕事の上での共同作業相手や取引先のような特定の視点における親しい関係を意味することもある。今回は外務省が2017年5月2日に同省公式サイト内において発表した、アメリカ合衆国における対日世論調査の結果から、政治や経済、外交方面などを包括した、総合的な国同士の付き合いとしての「パートナー」となる国に関するアメリカ合衆国国民の想いを確認していく(【発表リリース:米国における対日世論調査】)。

続きを読む "アメリカ合衆国にとって現在、そして今後重要なパートナー国は? 一般の人に聞いてみました(最新)"

4時58分外務省対日世論調査, 逐次新値反映記事

「今まで以上」願いは強く…アメリカ合衆国はアジア太平洋地域の平和と安定のため日本にどれだけ期待しているか(最新)

2017-0829中国の経済的発展と軍事的影響力の強化に連れ、アジア太平洋地域では今世紀に入ってから前世紀とは比べ物にならないほどの緊張が高まっている。情勢の変化に伴いアメリカ合衆国も憂慮の念を強めており、同地域の同盟国である日本への期待も並々ならぬものがある。今回は外務省が2017年5月2日に同省公式サイト内において発表した、アメリカ合衆国における対日世論調査の結果から、その期待度を垣間見る結果を確認していくことにする(【発表リリース:米国における対日世論調査】)。

続きを読む "「今まで以上」願いは強く…アメリカ合衆国はアジア太平洋地域の平和と安定のため日本にどれだけ期待しているか(最新)"

4時57分外務省対日世論調査, 逐次新値反映記事

2017/08/30

「日本は安保理の常任理事国入りすべき」米有識者では7割近くが賛同意見(最新)

2017-0829外務省は2017年5月2日に同省公式サイト内において、アメリカ合衆国における対日世論調査の結果を発表した。その内容によれば調査対象母集団のうち有識者において、日本が国連安保理の常任理事国となるべきだと思う人は69%に達したことが分かった。その理由として賛成派の中でもっとも多くの人が挙げた理由は「常任理事国入りした日本が国際平和と安全に果たす今後の役割に期待するから」とするものだった。一方反対派の最大理由は「認めると他の相応しくない国が安保理入りしてしまう可能性がある」だった(【発表リリース:米国における対日世論調査】)。

続きを読む "「日本は安保理の常任理事国入りすべき」米有識者では7割近くが賛同意見(最新)"

5時22分外務省対日世論調査, 逐次新値反映記事

「日本はTPPに参加すべき」2015年時点で米有識者78%が同意(最新)

2017-0829外務省は2017年5月2日付で同省公式サイト内にて、アメリカ合衆国における対日世論調査の結果を発表した。その内容によれば調査対象母集団のうち有識者に対し、日米間の経済関係における一層の深化のために日本が特に進めるべき政策について尋ねたところ、選択肢の中では「クリーンエネルギーや高速鉄道などの技術協力などの促進」を求める意見の回答率が最高値を示し、90%の人が同意を示していた。次いで「TPP(環太平洋パートナーシップ協定)への参加」が続いている(【発表リリース:米国における対日世論調査】)。

続きを読む "「日本はTPPに参加すべき」2015年時点で米有識者78%が同意(最新)"

5時20分外務省対日世論調査, 逐次新値反映記事

米一般人・有識者共に約8割が「在日米軍は米国自身の安全保障にとって重要」(最新)

2017-0829外務省は2017年5月2日付で同省公式サイト内において、アメリカ合衆国での対日世論調査の結果を発表した。その内容によれば調査対象母集団では、一般人・有識者共に約8割人が「在日米軍は、アメリカ自身の安全保障にとっても重要である」と認識していることが分かった。一般人ではこの数年で、重要性を覚えない人が増加する傾向にあったが、直近年では大幅に回復している(【発表リリース:米国における対日世論調査】)。

続きを読む "米一般人・有識者共に約8割が「在日米軍は米国自身の安全保障にとって重要」(最新)"

5時18分外務省対日世論調査, 逐次新値反映記事

米国が抱く日本のイメージ「豊かな伝統と文化」がトップ(最新)

2017-0829外務省は2017年5月2日付で同省公式サイト内において、アメリカ合衆国での対日世論調査の結果を発表した。その内容によれば調査対象母集団のうち一般人においては、日本を「豊かな伝統と文化を持つ国」と認識している人が96%に達しており、各選択肢の中ではもっとも高い値を示していた。次いで「経済力・技術力が高い」「戦後一貫して平和国家の道を歩んできた」「アニメ・ファッション・料理など新しい文化を発信」が上位についている(【発表リリース:米国における対日世論調査】)。

続きを読む "米国が抱く日本のイメージ「豊かな伝統と文化」がトップ(最新)"

5時16分外務省対日世論調査, 逐次新値反映記事

2017/08/29

テレビが最多、ネットではウェブが一番…米国人の「日本情報」取得元(最新)

2017-0828外務省は2017年5月2日付で、アメリカ合衆国国内における対日世論調査の結果を発表した。その内容によれば調査対象母集団では、日本の情報や知識の取得元として、インターネット以外では一般人・有識者共にテレビをもっとも多く活用していることが分かった。インターネットではウェブサイトが一番よく使われているが、一般人では動画配信サイトやソーシャルメディア(SNS)も多分に利用されている(【発表リリース:米国における対日世論調査】)。

続きを読む "テレビが最多、ネットではウェブが一番…米国人の「日本情報」取得元(最新)"

5時14分外務省対日世論調査, 逐次新値反映記事

日米安保の米国側評価は約8割(最新)

2017-0828外務省は2017年5月2日付で、アメリカ合衆国における対日世論調査の結果を発表した。その内容によれば調査対象母集団では日米安全保障条約(日米安保)に対し、約8割の人が維持すべきだと考えていることが分かった。また日米安保が日本・極東の平和・安定へ貢献していると考えている人は8割前後、アメリカ合衆国自身の安全保障にとっても重要と考えている人の割合は8割強の値を示している(【発表リリース:米国における対日世論調査】)。

続きを読む "日米安保の米国側評価は約8割(最新)"

5時12分外務省対日世論調査, 逐次新値反映記事

アメリカ合衆国から見た一般の日米協力・相互理解関係の推移をグラフ化してみる(最新)

2017-0828外務省は2017年5月2日に同省の公式サイトにおいて、アメリカ合衆国における対日世論調査の結果を公開した。その内容によれば調査対象母集団においては、2015年時点で一般的な日米協力関係の状態・現状に対し、「良好」「極めて良好」の評価をした人は一般人で62%・有識者で75%に達していることが分かった。また日米両国民の相互理解度では、1990年代以降は上昇傾向にあるが、2013年以降に限ると下落する動きを示しているが、直近年では上昇の動きに転じている(【発表リリース:米国における対日世論調査】)。

続きを読む "アメリカ合衆国から見た一般の日米協力・相互理解関係の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時10分外務省対日世論調査, 逐次新値反映記事

2017/08/28

日本が一番中国二番…アメリカ合衆国のアジア地域諸国に対するパートナー意識の重要度推移をグラフ化してみる(最新)

2017-0827外務省が2017年5月2日付で発表した、アメリカ合衆国における対日世論調査の結果によると、調査対象母集団のうち一般人では、アジア地域でもっとも重要なパートナーと認識している国は「日本」であるとの意見を持つ人が最多割合を占め、27%に達していることが分かった。次いで「中国」の25%、「オーストラリア」の17%と続いている。有識者では「日本」48%、「中国」19%の順となった。個々の国への選択理由については、「日本」が政治的、貿易・経済的結びつきの点が大きいのに対し、「中国」では圧倒的に貿易・経済関係を挙げる人が多数を占めている(【発表リリース:米国における対日世論調査】)。

続きを読む "日本が一番中国二番…アメリカ合衆国のアジア地域諸国に対するパートナー意識の重要度推移をグラフ化してみる(最新)"

5時4分外務省対日世論調査, 逐次新値反映記事

アメリカ合衆国の日本への一般人信頼度73%・有識者は83%に(最新)

2017-0827外務省は2017年5月2日、アメリカ合衆国における対日世論調査の結果を発表した。それによると調査対象母集団においては、一般人の73%・有識者の83%が「日本を信頼できる友邦国である」と認識していることが分かった(【発表リリース:米国における対日世論調査】)。

続きを読む "アメリカ合衆国の日本への一般人信頼度73%・有識者は83%に(最新)"

5時1分外務省対日世論調査, 逐次新値反映記事

2014/11/15

「今まで以上」願いは強く…アメリカはアジア太平洋地域の平和と安定のため日本にどれだけ期待しているか

中国の経済的発展と軍事的影響力の強化に連れ、アジア太平洋地域では今世紀に入ってから前世紀とは比べ物にならないほどの緊張が高まっている。情勢の変化に伴いアメリカも憂慮の念を強めており、同地域の同盟国である日本への期待も並々ならぬものがある。今回は外務省が2014年11月7日に同省公式サイト内において発表した、アメリカ合衆国における対日世論調査の結果から、その期待度を垣間見る結果を確認していくことにする(【発表リリース:米国における対日世論調査(結果概要)(2014年)】)。

続きを読む " 「今まで以上」願いは強く…アメリカはアジア太平洋地域の平和と安定のため日本にどれだけ期待しているか"

9時0分外務省対日世論調査, noindex

2014/11/13

「日本は安保理の常任理事国入りすべき」米有識者では2/3が賛同意見(2014年)

外務省は2014年11月7日に同省公式サイト内において、アメリカ合衆国における対日世論調査の結果を発表した。その内容によれば調査対象母集団のうち有識者において、日本が国連安保理の常任理事国となるべきだと思う人は66%に達したことが分かった。その理由として賛成派の中でもっとも多くの人が挙げた理由は「常任理事国入りした日本が国際平和と安全に果たす今後の役割に期待するから」とするものだった。一方反対派の最大理由は「そもそも安保理の常任理事国を増加すべきではないと考えているから」だった(【発表リリース:米国における対日世論調査(結果概要)(2014年)】)。

続きを読む "「日本は安保理の常任理事国入りすべき」米有識者では2/3が賛同意見(2014年)"

8時0分外務省対日世論調査, noindex

2014/11/12

「日本はTPPに参加すべき」米有識者88%が同意

外務省は2014年11月7日付で同省公式サイト内にて、アメリカ合衆国における対日世論調査の結果を発表した。その内容によれば調査対象母集団のうち有識者に対し、日米間の経済関係における一層の深化のために日本が特に進めるべき政策について尋ねたところ、選択肢の中では「クリーンエネルギーや高速鉄道などの技術協力などの促進」を求める意見の回答率が最高値を示し、91%の人が同意を示していた。次いで「TPP(環太平洋パートナーシップ協定)への参加」が続いている(【発表リリース:米国における対日世論調査(結果概要)(2014年)】)。

続きを読む "「日本はTPPに参加すべき」米有識者88%が同意"

15時0分外務省対日世論調査, noindex

米一般人・有識者共に約8割が「在日米軍は米国自身の安全保障にとって重要」(2014年)

外務省は2014年11月7日付で同省公式サイト内において、アメリカ合衆国での対日世論調査の結果を発表した。その内容によれば調査対象母集団では、一般人・有識者共に約8割人が「在日米軍は、アメリカ自身の安全保障にとっても重要である」と認識していることが分かった。一般人ではこの数年で、重要性を覚えない人が増加する傾向にある(【発表リリース:米国における対日世論調査(結果概要)(2014年)】)。

続きを読む "米一般人・有識者共に約8割が「在日米軍は米国自身の安全保障にとって重要」(2014年)"

11時0分外務省対日世論調査, noindex

アメリカが抱く日本のイメージ「豊かな伝統と文化」がトップ(2014年)

外務省は2014年11月7日付で同省公式サイト内において、アメリカ合衆国での対日世論調査の結果を発表した。その内容によれば調査対象母集団のうち一般人においては、日本を「豊かな伝統と文化を持つ国」と認識している人が92%に達しており、各選択肢の中ではもっとも高い値を示していた。次いで「経済力・技術力が高い」「戦後一貫して平和国家の道を歩んできた」「自然が美しい」が上位についている(【発表リリース:米国における対日世論調査(結果概要)(2014年)】)。

続きを読む "アメリカが抱く日本のイメージ「豊かな伝統と文化」がトップ(2014年)"

8時0分外務省対日世論調査, noindex

2014/11/11

有識者はインターネット、一般人はテレビが最多…米国人の「日本情報」取得元(2014年)

外務省は2014年11月7日付で、アメリカ合衆国国内における対日世論調査の結果を発表した。その内容によれば調査対象母集団では、日本の情報や知識の取得元として、一般人はテレビやインターネットを、有識者はインターネットやテレビ、新聞を多用していることが分かった。中長期的な動きでは、一般人・有識者共に、インターネットの利用による情報取得者が増加する傾向を示している(【発表リリース:米国における対日世論調査(結果概要)(2014年)】)。

続きを読む "有識者はインターネット、一般人はテレビが最多…米国人の「日本情報」取得元(2014年)"

11時0分外務省対日世論調査, noindex

日米安保のアメリカ側評価は約8割(2014年)

外務省は2014年11月7日付で、アメリカ合衆国での対日世論調査の結果を発表した。その内容によれば調査対象母集団では日米安全保障条約(日米安保)に対し、約8割の人が維持すべきだと考えていることが分かった。また日米安保が日本・極東の平和・安定へ貢献していると考えている人は8割近くから9割近く、アメリカ自身の安全保障にとっても重要と考える人の割合は8割強の値を示している(【発表リリース:米国における対日世論調査(結果概要)(2014年)】)。

続きを読む "日米安保のアメリカ側評価は約8割(2014年)"

8時0分外務省対日世論調査, noindex

2014/11/10

アメリカから見た一般の日米協力・相互理解関係の推移をグラフ化してみる(2014年)

外務省は2014年11月7日に同省の公式サイトにおいて、アメリカ合衆国における対日世論調査の結果を公開した。その内容によれば調査対象母集団においては、2014年時点で一般的な日米協力関係の状態・現状に対し、「良好」「極めて良好」の評価をした人は一般人で67%・有識者で88%に達していることが分かった。また日米両国民の相互理解度では、1990年代以降は上昇傾向にあるが、2013年以降に限ると下落する動きを示している(【発表リリース:米国における対日世論調査(結果概要)(2014年)】)。

続きを読む "アメリカから見た一般の日米協力・相互理解関係の推移をグラフ化してみる(2014年)"

15時0分外務省対日世論調査, noindex



(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN