2016/04/15

ID交換掲示板から複数交流型へのシフトの流れ…警察庁、子供のネットトラブル現状報告発表(2016年)(最新)

警察庁は2016年4月14日付で、2015年通期における「出会い系サイト」などに関連した事件の検挙状況をはじめ、各種インターネットと児童に絡んだ諸犯罪に関する現状の報告書「平成27年における出会い系サイト及びコミュニティサイトに起因する事犯の現状と対策について」を発表した。それによれば2015年通期における「出会い系サイト」の被害児童数は93人で前年同期比マイナス50人と、減少の傾向にあることが分かった。他方「コミュニティサイト」(以前は「出会い系サイト以外のサイト」と呼ばれていたもの。SNS、プロフィールサイト、掲示板など、ウェブサイト内で多人数とコミュニケーションがとれるウェブサイトのうち、出会い系サイトを除いたものの総称)では、被害児童数は1652人で前年同期比で231人のプラスとなった。なお被害児童数において「コミュニティサイト」は「ミニメール型」「チャット型」「ID交換掲示板」「複数交流型」で大別されているが、個々のサービスの上位3サイトの被害者合計を比較すると、2014年ではもっとも数が多かった「ID交換掲示板」が大きく減った代わりに「チャット型」「複数交流型」が大きな増加を示している。警察庁では「ID交換掲示板やミニメール型は継続して減少しているが、複数交流型は増加傾向。チャット型は前半年期比では減少したが以前として多い傾向にある」とし、コミュニティサイトにおける被害数の増加に対し警告を発すると共に、被害児童の多いサイトにおける被害実態把握のための詳細調査の実施、さらにはその調査結果を踏まえた事業者対策の実行を求めている(【警察庁:サイバー犯罪対策リリース・統計一覧ページ】)。

続きを読む "ID交換掲示板から複数交流型へのシフトの流れ…警察庁、子供のネットトラブル現状報告発表(2016年)(最新)"

11時9分警察庁・ネット交流犯罪, 逐次新値反映記事

2015/10/16

ID交換掲示板起因の被害は減少するもコミュニティサイトの被害拡大…警察庁、子供のネットトラブル現状報告発表(2015年)

警察庁は2015年10月15日付で、2015年上半期における「出会い系サイト」などに関連した事件の検挙状況をはじめ、各種インターネットと児童に絡んだ諸犯罪に関する現状の報告書「平成27年上半期の出会い系サイト及びコミュニティサイトに起因する事犯の現状と対策について」を発表した。それによれば2015年上半期における「出会い系サイト」の被害児童数は48人で前年同期比マイナス34人と、減少の傾向にあることが分かった。他方「コミュニティサイト」(以前は「出会い系サイト以外のサイト」と呼ばれていたもの。SNS、プロフィールサイト、掲示板など、ウェブサイト内で多人数とコミュニケーションがとれるウェブサイトのうち、出会い系サイトを除いたものの総称)では、検挙件数は796件で前年同期比で98件のプラスとなった。なお被害児童数において「コミュニティサイト」は「ID交換掲示板」と「その他コミュニティサイト」に分割計測されているが、「その他コミュニティサイト」は677人で前年同期比プラス241人で増加、「ID交換掲示板」は119人で前年同期比マイナス143人と減少している(前回発表分から検挙数は非公開となった)。警察庁では「平成26年に最も被害が多かったいわゆるID交換掲示板においても、一部サイト事業者による年齢確認の導入などにより減少傾向にある。一方、チャットにより面識のない者と交流をするサイトや広く情報発信や友人などとの交流に利用されるサイトでの被害が増加傾向にある」とし、コミュニティサイトにおける被害数の増加に対し警告を発している(【警察庁:サイバー犯罪対策リリース・統計一覧ページ】)。

続きを読む "ID交換掲示板起因の被害は減少するもコミュニティサイトの被害拡大…警察庁、子供のネットトラブル現状報告発表(2015年)"

11時0分警察庁・ネット交流犯罪, noindex

2015/04/18

無料通話アプリのID交換掲示板起因の被害増加続く・スマホ経由の被害児童急増…警察庁、子供のネットトラブル現状報告発表(2014年通期データ反映版)

警察庁は2015年4月16日付で、2014年通期における「出会い系サイト」などに関連した事件の検挙状況をはじめ、各種インターネットと児童に絡んだ諸犯罪に関する現状の報告書「平成26年中の出会い系サイト及びコミュニティサイトに起因する事犯の現状と対策について」を発表した。それによれば2014年通期における「出会い系サイト」の被害児童数は152人で前年比マイナス7人と、減少の傾向にあることが分かった。他方「コミュニティサイト」(以前は「出会い系サイト以外のサイト」と呼ばれていたもの。SNS、プロフィールサイトなど、ウェブサイト内で多人数とコミュニケーションがとれるウェブサイトのうち、出会い系サイトを除いたものの総称)では、検挙件数は1421件で前年比で128件のプラスとなった。なお被害児童数において「コミュニティサイト」は「ID交換掲示板」と「その他コミュニティサイト」に分割計測されているが、「その他コミュニティサイト」は982人で前年比プラス41人で増加、「ID交換掲示板」は439人で前年比プラス87人と大きく増加している(今回発表分から検挙数は非公開となった)。警察庁では「無料通話アプリのIDを交換する掲示板に起因する犯罪被害により」コミュニティサイトが原因の犯罪被害児童数が増加傾向にあるとし、警告を発している(【警察庁:サイバー犯罪対策リリース・統計一覧ページ】)。

続きを読む "無料通話アプリのID交換掲示板起因の被害増加続く・スマホ経由の被害児童急増…警察庁、子供のネットトラブル現状報告発表(2014年通期データ反映版)"

11時0分警察庁・ネット交流犯罪, noindex

2014/09/20

無料通話アプリのID交換掲示板起因の被害急増…警察庁、子供のネットトラブル現状報告発表(2014年上半期データ反映版)

警察庁は2014年9月18日付で、2014年上半期における「出会い系サイト」などに関連した事件の検挙状況をはじめ、各種インターネットと児童に絡んだ諸犯罪に関する現状の報告書「平成26年上半期の出会い系サイト及びコミュニティサイトに起因する事犯の現状と対策について」を発表した。それによれば2014年通上半期における「出会い系サイト」の事件検挙件数は298件となり前年同期比でマイナス70件と減少したが、被害児童数は82人で前年同期比プラス9人と、増加の傾向にあることが分かった。他方「コミュニティサイト」(以前は「出会い系サイト以外のサイト」と呼ばれていたもの。SNS、プロフィールサイトなど、ウェブサイト内で多人数とコミュニケーションがとれるウェブサイトのうち、出会い系サイトを除いたものの総称)では、検挙件数は948件で前年同期比で89件のプラスとなった。また今回発表分から被害児童数において「コミュニティサイト」は「ID交換掲示板」と「その他コミュニティサイト」に分割計測されるようになったが、「その他コミュニティサイト」は436人で前年同期比マイナス45人と減少したものの、「ID交換掲示板」は262人で前年同期比プラス145人と2倍以上に増加している。警察庁では「無料通話アプリのIDを交換する掲示板に起因する犯罪被害により」コミュニティサイトが原因の犯罪被害児童数が増加傾向にあるとし、警告を発している(【警察庁:サイバー犯罪対策リリース・統計一覧ページ】)。

続きを読む "無料通話アプリのID交換掲示板起因の被害急増…警察庁、子供のネットトラブル現状報告発表(2014年上半期データ反映版)"

12時0分警察庁・ネット交流犯罪, noindex

2014/03/05

コミュニティサイトは過去最悪に…警察庁、子供のネットトラブル現状報告発表(2013年通期データ反映版)

警察庁は2014年2月27日付で、2013年通期における「出会い系サイト」などに関連した事件の検挙状況をはじめ、各種インターネットと児童に絡んだ諸犯罪に関する現状の報告書「平成25年中の出会い系サイト及びコミュニティサイトに起因する事犯の現状と対策について」を発表した。それによれば2013年通期における「出会い系サイト」の事件検挙件数は726件となり前年比でマイナス122件、被害児童数はマイナス59人と、減少の傾向にあることが分かった。他方「コミュニティサイト」(以前は「出会い系サイト以外のサイト」と呼ばれていたもの。SNS、プロフィールサイトなど、ウェブサイト内で多人数とコミュニケーションがとれるウェブサイトのうち、出会い系サイトを除いたものの総称)では、検挙件数はプラス493件、被害児童数はプラス217人と、こちらは増加の動きを示している。警察庁ではここしばらく減少していた「コミュニティサイト」関連の値が悪化したことに関して「無料通話アプリのIDを交換する掲示板に起因する犯罪被害により」と特記をし、警告を発している(【警察庁:サイバー犯罪対策リリース・統計一覧ページ】)。

続きを読む "コミュニティサイトは過去最悪に…警察庁、子供のネットトラブル現状報告発表(2013年通期データ反映版)"

15時0分警察庁・ネット交流犯罪, noindex

2013/09/13

子供のネットトラブル、コミュニティサイト周りは悪化へ(2013年上半期データ反映版)

警察庁は2013年9月12日付で、2013年上半期における「出会い系サイト」などに関連した事件の検挙状況をはじめ、各種インターネットと児童に絡んだ諸犯罪に関する現状の報告書「平成25年中上半期の出会い系サイト等に起因する事犯の現状と対策について」を発表した。それによれば2013年上半期における「出会い系サイト」の事件検挙件数は368件となり前年同期比でマイナス80件、被害児童数はマイナス51人と、減少の傾向にあることが分かった。他方「コミュニティサイト」(以前は「出会い系サイト以外のサイト」と呼ばれていたもの。SNS、プロフィールサイトなど、ウェブサイト内で多人数とコミュニケーションがとれるウェブサイトのうち、出会い系サイトを除いたものの総称)では、検挙件数はプラス260件、被害児童数はプラス89人と、こちらは増加の動きを示している。警察庁ではここしばらく減少していた「コミュニティサイト」関連の値が悪化したことについて「無料通話アプリのIDを交換する掲示板に起因する犯罪被害により」と特記をし、警告を発している(【警察庁:サイバー犯罪対策リリース・統計一覧ページ】)。

続きを読む "子供のネットトラブル、コミュニティサイト周りは悪化へ(2013年上半期データ反映版)"

10時29分警察庁・ネット交流犯罪, noindex

2013/03/05

子供のネットトラブル、減少継続中(2012年通期データ反映版)

携帯と子供警察庁は2013年2月28日、2012年通期における出会い系サイトなどに関連した事件の検挙状況をはじめ、各種現状を伝える報告書「平成24年中の出会い系サイト等に起因する事犯の現状と対策について」を発表した。それによると2012年通期における出会い系サイトの事件検挙件数は848件と前年比でマイナス156件、被害にあった児童は218人で前年比マイナス64人と、件数・人数共に減少の傾向を見せている。一方でコミュニティサイト(以前は「出会い系サイト以外のサイト」と呼ばれていたもの。SNS、プロフィールサイトなど、ウェブサイト内で多人数とコミュニケーションがとれるウェブサイトのうち、出会い系サイトを除いたものの総称)では、検挙件数は1311件(マイナス110件)、被害児童数は1076人(マイナス9人)と、こちらも件数・人数共に減少する状況にある。警察庁側では引き続き問題のある出会い系サイト事業者に対する取り締まりを徹底継続すると共に、コミュニティサイト対策としては「サイトの規模、態様及び児童被害など防止に向けた取組状況に応じた、ミニメール内容確認などサイト内監視体制の強化促進」「フィルタリングの普及徹底」「実効性のあるゾーニングの更なる促進」などを求めていくとしている。またEMA(一般社団法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構)への情報提供によるサイトの厳格な認定・監視なども続けるとのこと。さらに「新たなコミニュケーションサービスに対する対応の検討」として、多様化するサービスにも注意をうながすよう求めている(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "子供のネットトラブル、減少継続中(2012年通期データ反映版)"

7時55分警察庁・ネット交流犯罪, noindex

2012/09/16

子供のネットトラブル、「コミュニティサイト」でも減少続く(2012年上半期データ反映版)

携帯と子供警察庁は2012年9月13日、2012年上半期期における出会い系サイトなどに関連した事件の検挙状況をはじめ、各種現状を伝える値を発表した。それによると2012年上半期における出会い系サイトの事件検挙件数は448件と前年同期比で-49件、被害にあった児童は124人で前年同期比-9人と、件数・人数共に減少の傾向を見せている。またコミュニティサイト(以前は「出会い系サイト以外のサイト」と呼ばれていたもの。SNS、プロフィールサイトなど、ウェブサイト内で多人数とコミュニケーションがとれるウェブサイトのうち、出会い系サイトを除いたものの総称)では、検挙件数は599件(-127件)、被害児童数は509人(-37人)と、こちらも件数・人数共に減少する状況にある。警察庁側では引き続き問題のある出会い系サイト事業者に対する取り締まりを継続すると共に、コミュニティサイト対策としては「サイトの規模、態様及び児童被害など防止に向けた取組状況に応じた、ミニメール内容確認などサイト内監視体制の強化促進」「フィルタリングの普及徹底」「実効性のあるゾーニングの更なる促進」などを求めていくとしている。EMA(一般社団法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構)への情報提供によるサイトの厳格な認定・監視なども続けるとのこと。さらに今回のリリースでは「新たなコミニュケーションサービスに対する対応の検討」という文言が加わり、多様化するサービスにも注意をうながすよう求めている(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "子供のネットトラブル、「コミュニティサイト」でも減少続く(2012年上半期データ反映版)"

7時5分警察庁・ネット交流犯罪, noindex

2012/02/24

子供のネットトラブル、「コミュニティサイト」では2008年以来初の減少(2011年データ反映版)

携帯と子供警察庁は2012年2月23日、2011年全期における出会い系サイトなどに関連した事件の検挙状況をはじめ、各種現状を伝える値を発表した。それによると2011年全期における出会い系サイトの事件検挙件数は1004件と前年同期比で-21件、被害にあった児童は282人で前年同期比+28人と、件数減少・人数増加の傾向を見せている。一方でコミュニティサイト(以前は「出会い系サイト以外のサイト」と呼ばれていたもの。SNS、プロフィールサイトなど、ウェブサイト内で多人数とコミュニケーションがとれるウェブサイトのうち、出会い系サイトを除いたものの総称)では、検挙件数は1421件(-120件)、被害児童数は1085人(-154人)と、こちらは件数・人数共に減少する状況にある。警察庁側では引き続き問題のある出会い系サイト事業者に対する取り締まりを継続すると共に、コミュニティサイト対策としては「サイトの規模、態様及び取組状況に応じたサイト内監視体制の強化促進」「ミニメール内容確認等の推進」「フィルタリングの普及徹底」「実効性のあるゾーニングの促進」などを行うとしている。またEMA(一般社団法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構)への情報提供によるサイトの厳格な認定・監視なども続けるとのこと(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "子供のネットトラブル、「コミュニティサイト」では2008年以来初の減少(2011年データ反映版)"

7時5分警察庁・ネット交流犯罪, noindex

2011/09/11

子供のネットトラブル、「コミュニティサイト」への移行続くも初の減少(2011年上半期データ反映版)

携帯と子供警察庁は2011年9月8日、2011年上半期における出会い系サイトなどに関連した事件などの検挙状況について発表した。それによると2011年上半期における出会い系サイトの事件検挙件数は497件と前年同期比で-41件、被害にあった児童は133人で前年同期比-8人と、減少する傾向を見せている。一方でコミュニティサイト(前回までは「出会い系サイト以外のサイト」と呼ばれていたもの。SNS、プロフィールサイトなど、ウェブサイト内で多人数とコミュニケーションがとれるウェブサイトのうち、出会い系サイトを除いたものの総称)では、検挙件数は726件(-4件)、被害児童数は546人(-55人)と、こちらも減少する状況にある。警察庁側では引き続き問題のある出会い系サイト事業者に対する取り締まりを継続すると共に、コミュニティサイト対策としては「サイト内監視体制の強化促進」「フィルタリングの普及徹底」「実効性のあるゾーニングの促進」「新興事業者への自主的対策の促進」などを行うとしている。またEMA(一般社団法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構)への情報提供によるサイトの厳格な認定め監視なども続けるとのこと(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "子供のネットトラブル、「コミュニティサイト」への移行続くも初の減少(2011年上半期データ反映版)"

6時55分警察庁・ネット交流犯罪, noindex

2011/02/23

子供のネットトラブル、「出会い系サイト」から「非出会い系サイト」への移行続く(2010年中データ反映版)

携帯と子供警察庁は2011年2月17日、2010年全期における出会い系サイトに関連した事件などの検挙状況について発表した。それによると2010年における出会い系サイトの事件検挙件数は1025件と前年同期比で-178件、被害にあった児童は254人で前年同期比-199人と、明らかに減少する傾向を見せている。一方で出会い系サイト以外のサイトでは、検挙件数は1541件(+194件)、被害児童数は1239人(+103人)と増加する状況にある。警察庁側では引き続き問題のある出会い系サイト事業者に対する取り締まりを強化すると共に、出会い系サイト以外のサイト事業者に対し各種緊急対策案を発表すると共に、関係団体などと連携して対策推進を行うとしている(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "子供のネットトラブル、「出会い系サイト」から「非出会い系サイト」への移行続く(2010年中データ反映版)"

12時0分警察庁・ネット交流犯罪, noindex

2010/08/21

子供のネットトラブル、場所は出会い系サイトから非出会い系サイトへ

携帯と子供警察庁は2010年8月19日、2010年上半期における出会い系サイトに関連した事件などの検挙状況について発表した。それによると2010年上半期における出会い系サイトの事件検挙件数は538件と前年同期比で-106件、被害にあった児童は141人で前年同期比-124人と、明らかに減少する傾向を見せている。一方で出会い系サイト以外のサイトでは、検挙件数は730件(+99件)、被害児童数は601人(+56人)と増加する状況にある。警察庁側では引き続き問題のある出会い系サイト事業者に対する取り締まりを強化すると共に、出会い系サイト以外のサイト事業者に対する監視体制の拡充など、自主的な取り組み強化を要請している(【発表リリース、PDF】)。

続きを読む "子供のネットトラブル、場所は出会い系サイトから非出会い系サイトへ"

19時30分警察庁・ネット交流犯罪, noindex



(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN