2021/08/31

貯蓄は男性162万円・女性196万円…一人身で働く若者のお財布事情の詳細(最新)

2021-0824人口構成比や就業構造の変化に伴い、社会的に軽んじられているとの認識が自他ともに大きくなりつつある若年層。特に単身者(=未婚者)は比率そのものは増加していき影響力は増加する一方で、生活の苦しさはむしろ増大しているとの指摘もある。今回は総務省統計局が2021年5月18日までに発表した【2019年全国家計構造調査】の公開値を基に、一人暮らしで働く若者世帯(29歳以下)における、平均的なライフスタイルの現状を、主にお金の面から確認していくことにする。

続きを読む "貯蓄は男性162万円・女性196万円…一人身で働く若者のお財布事情の詳細(最新)"

3時19分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

単身世帯で電子マネーはどこまで使われているのか…単身世帯における年齢階層別電子マネーの利用状態(最新)

2021-0821先に【一人身生活で電子マネーの活用度はどれほどか…単身世帯の電子マネー利用度が高い品目(最新)】において、【2019年全国家計構造調査】の公開値を基に、電子マネー(プリペイド)の利用度が高い品目について精査を行った。今回はその発展版として、「年齢階層別の消費支出における電子マネーの具体的平均利用額」などを確認していく。単身世帯では電子マネーはどの程度利用されているのだろうか。

続きを読む "単身世帯で電子マネーはどこまで使われているのか…単身世帯における年齢階層別電子マネーの利用状態(最新)"

3時14分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

2021/08/30

一人身生活で電子マネーの活用度はどれほどか…単身世帯の電子マネー利用度が高い品目(最新)

2021-0821店舗や交通機関で代金、対価を支払う際に、今なお現金は必要不可欠に違いないが、クレジットカードや電子マネーも多分に利用できる機会が増え、さらに特典が用意されていたり、お金の管理の利便性などから、日常生活において多分に浸透しているのは誰もが体験している通り。それでは実際に、普段の生活の支払いで、どの程度電子マネーが使われているのだろうか。今回は総務省統計局が2021年5月18日までに発表した【2019年全国家計構造調査】の公開値を基に、一人暮らし世帯にスポットライトを当て、電子マネーの利用状況を確認していく。

続きを読む "一人身生活で電子マネーの活用度はどれほどか…単身世帯の電子マネー利用度が高い品目(最新)"

3時15分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

借金と貯蓄の合算は…単身世帯の貯蓄・負債・純貯蓄額の実情(最新)

2021-0813先行記事【若者の貯蓄は男性156.6万・女性186.7万円…単身世帯の年収や貯蓄額(最新)】において、総務省統計局が2021年5月28日までに発表した【2019年全国家計構造調査】の公開値を基に、単身世帯における年収や貯蓄額の現状を確認した。これらはあくまでもお金の入り具合、貯めている現状のみを示しており、同時に抱えているであろう負債に関しては考慮されていない。そこで今回は各種負債、さらにはその負債も考慮した上での純貯蓄額を考察していくことにする。

続きを読む "借金と貯蓄の合算は…単身世帯の貯蓄・負債・純貯蓄額の実情(最新)"

3時12分全国消費実態調査(全国家計構造調査)

2021/08/29

若者の貯蓄は男性156.6万・女性186.7万円…単身世帯の年収や貯蓄額(最新)

2021-0813労働の対価などで得られる収入で人々は日々の生活を充足させ、さらに将来やリスクに備え蓄財をしていく。お金の動向は生活の状況を如実に表す指標の一つとして、多数の調査における対象項目となり、さまざまな状況確認や分析の材料として用いられることになる。今回は総務省統計局が2021年5月18日までに発表した【2019年全国家計構造調査】を基に、単身世帯における年収や貯蓄額の現状を確認していくことにする。

続きを読む "若者の貯蓄は男性156.6万・女性186.7万円…単身世帯の年収や貯蓄額(最新)"

3時16分全国消費実態調査(全国家計構造調査)

一人身生活の友、本やCD、ゲームをネット通販で購入しているか…単身世帯における教養娯楽品のネット通販での購入比率の移り変わり(最新)

2021-0812配偶者や子供との同居生活と比べて一人暮らしでは、何かと自身の趣味への出費に対し、甘い判断をしがちとなる。自分の趣味に理解を示していない(かもしれない)相手の目を気にすることなく、購入の判断ができるからだ。一方でインターネットの普及に伴い急速に利用する人が増え、サービスも充実しつつあるインターネット通信販売(ネット通販)は、特に趣味関連商品において、その利便性を存分に発揮しつつある。自らが欲しいジャンルの商品に関して続々新着情報を伝え検索対象に加えて来るだけでなく、インターネットのさまざまな情報発信元から多様な購入衝動を駆りたてるレポートが配信され、ネット通販サイトで即時にその衝動を体現化できる仕組みが用意されているからだ。今回は総務省統計局が2021年5月18日まで発表した【2019年全国家計構造調査】の公開値を基に、単身世帯の教養娯楽費に関して、ネット通販の利用状況の変化を見ていくことにする。

続きを読む "一人身生活の友、本やCD、ゲームをネット通販で購入しているか…単身世帯における教養娯楽品のネット通販での購入比率の移り変わり(最新)"

3時13分全国消費実態調査(全国家計構造調査)

2021/08/27

スーパーの圧倒感、高齢者も少しずつコンビニを…単身世帯の過去25年間にわたる食料買い入れ先の移り変わり(最新)

2021-0812先行記事【スーパーやコンビニが増え、一般小売店が減る…単身世帯の買い物生活、過去25年間の移り変わり(最新)】において、総務省統計局が2021年5月18日までに発表した【2019年全国家計構造調査】の各種調査結果の値を元に、単身世帯の日常生活における生活用品の数々の購入場所の変化に関する検証を行った。今回はその購入用品のあれこれの中から、食料に係わる部分を注目し、その変遷を見ていくことにする。要は「単身世帯の食生活における頼りどころ、食料の買い入れ先の変移」を精査する次第。

続きを読む "スーパーの圧倒感、高齢者も少しずつコンビニを…単身世帯の過去25年間にわたる食料買い入れ先の移り変わり(最新)"

3時25分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

2021/08/25

スーパーやコンビニが増え、一般小売店が減る…単身世帯の買い物生活、過去25年間の移り変わり(最新)

2021-0812総務省統計局では2021年5月18日までに【2019年全国家計構造調査】の主要調査結果を発表した。今件調査は5年おきに実施されており、現状では直近分も含め6回分の値を取得することができる。そこで今回は【「高齢単身者のコンビニ離れ」…一人暮らしでの買物先の実情(最新)】で精査した「単身世帯の買物先」の変化を、今回発表分も含めて都合6回分、過去25年間にさかのぼり、その推移を確認していく。

続きを読む "スーパーやコンビニが増え、一般小売店が減る…単身世帯の買い物生活、過去25年間の移り変わり(最新)"

3時29分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

2021/08/23

単身生活の食生活は世代を超えてスーパーが頼り…単身世帯の食品・教養娯楽品購入先の実情(最新)

2021-0812結婚前、あるいは定年退職後の高齢者においても、一人身の生活では他の世帯構成員の目を気にしなくてもよいため、食事や趣味の品々への金銭感情が甘いものとなり、ついつい無駄遣いをしてしまう。あるいは一人身だからこそそれらに注力し、寂しさをまぎらわせるとも解釈できる。今回はそのような一人身暮らしの人が日常生活の上で調達する食料や教養娯楽品に関し、どのようなお店から購入しているかについて、総務省統計局が2021年5月18日までに発表した【2019年全国家計構造調査】の公開値を基に、その実態を見ていくことにする。

続きを読む "単身生活の食生活は世代を超えてスーパーが頼り…単身世帯の食品・教養娯楽品購入先の実情(最新)"

3時3分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

2021/08/21

一人暮らしの日常生活、どこで何を買っているのか…単身世帯のコンビニ・デパート・ネット通販でのお金の使われ方内訳(最新)

2021-0810一人暮らしでは通常日常生活に必要なあれこれを本人自身が調達する必要があるため、買い物の場所には大きな興味関心を寄せることになる。どの店が自宅などの生活領域から距離的に近いか、品揃えが豊富か、コスト的に優れているか、自分の需要に合った供給がされているか。今回は生活をサポートする小売店としてコンビニエンスストア(コンビニ)、百貨店(デパート)、インターネット通販に注目し、単身世帯の買い物でどの程度活用されているかに関して、総務省統計局が2021年5月18日までに発表した【2019年全国家計構造調査】の公開値を基に確認していくことにする。

続きを読む "一人暮らしの日常生活、どこで何を買っているのか…単身世帯のコンビニ・デパート・ネット通販でのお金の使われ方内訳(最新)"

3時18分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

2021/08/20

「高齢単身者のコンビニ離れ」…一人暮らしでの買物先の実情(最新)

2021-0808新聞や雑誌、お弁当、乾電池、日用雑貨、衣料品、趣味の品物に至るまで、人々は生活の上で多種多様な商品、サービスを対価を支払うことで調達している。その調達元はどのような場所なのだろうか。今回は総務省統計局が2021年5月18日までに発表した【2019年全国家計構造調査】の公開値を頼りに、単身世帯における消費支出に対する買い物先別支出額の割合から確認していくことにする。

続きを読む "「高齢単身者のコンビニ離れ」…一人暮らしでの買物先の実情(最新)"

3時16分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

2021/08/19

実は以前から減少中の外食費、増える中食…一人暮らしをする若者の食費構成の変化(最新)

2021-0808気分転換、自分での調理が面倒だから、自ら作るのが難しい・珍しい料理を食べたくて、外出先で自前の食事を用意する機会がなく、さらには他人との時間の共有をメインとする形で、人々は食生活の中に外食を組み込んでいく。家庭持ちの世帯と比べて自ら調理した料理、つまり自炊による食事が少ないとのイメージが大きい若年層の一人暮らしの実情は、どのような状況なのだろうか。今回は総務省統計局が2021年5月18日までに発表した、【2019年全国家計構造調査】の公開値から、金額面などの観点で確認をしていくことにする。

続きを読む "実は以前から減少中の外食費、増える中食…一人暮らしをする若者の食費構成の変化(最新)"

3時23分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

2021/08/18

食費の割合が減り、家賃負担が増加…一人暮らしをする若者のお金の使い道の実情(最新)

2021-0807総務省統計局は2021年5月18日までに【2019年全国家計構造調査】の主要調査結果を発表した。一人暮らしの日常生活をお金関連の観点から推し量ることができる、貴重な資料・データが多数盛り込まれているこのデータ群の中から、今回は「一人暮らしの若者が消費するお金の使い道の移り変わり」について、その実情を精査する。

続きを読む "食費の割合が減り、家賃負担が増加…一人暮らしをする若者のお金の使い道の実情(最新)"

3時11分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

2017/12/07

働き人がいる二人以上世帯の貯蓄性向の変化(最新)

2017-1206お金は物品やサービスなどの価値を数量化して保存できる仕組みであり、現金として手元に置く他に、様々な形で専用の機関に預け入れ、財として積み増していくことができる。これを蓄財や貯蓄と呼んでいるが、貯蓄性向はどのような変化を示しているのだろうか。今回は総務省統計局が2015年9月30日に発表した【「2014年全国消費実態調査」】の結果を基に、勤労者がいる二人以上世帯における貯蓄性向の移り変わりを、貯蓄全体と、通貨性預貯金、定期性預貯金の動向から確認していく。


続きを読む "働き人がいる二人以上世帯の貯蓄性向の変化(最新)"

5時13分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

単身勤労者世帯の貯蓄性向の変化(最新)

2017-1205お金は物品やサービスなどの価値を数量化して保存できる仕組みであり、現金として手元に置く他に、様々な形で専用の機関に預け入れ、財として積み増していくことができる。これを蓄財や貯蓄と呼んでいるが、貯蓄性向はどのような変化を示しているのだろうか。今回は総務省統計局が2015年9月30日に発表した【「2014年全国消費実態調査」】の結果を基に、単身勤労者世帯における貯蓄性向の移り変わりを、貯蓄全体と、通貨性預貯金、定期性預貯金の動向から確認していく。


続きを読む "単身勤労者世帯の貯蓄性向の変化(最新)"

5時12分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

2016/01/15

持ち家、民間の借家、それとも…都道府県別・住宅種類の世帯状況(2016年)(最新)

先行記事【都道府県別・賃貸住宅の利用状況や平均家賃】で都道府県別の、賃貸住宅の居住状況を確認した。この賃貸住宅には民間の借家以外に、公営の借家、給与住宅(企業が貸し出す社員向けの社宅)、さらには寮や寄宿舎などが存在する。今回はその細分化も合わせ、総務省統計局が2015年12月16日に同局公式サイトなどで発表した、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上及び総世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果を元に、都道府県別の世帯ベースでの居住住宅種類の状況を確認していくことにする。


続きを読む "持ち家、民間の借家、それとも…都道府県別・住宅種類の世帯状況(2016年)(最新)"

5時19分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

2016/01/14

都道府県別・公的年金などの受給世帯の現状(2016年)(最新)

歳を取り規定年齢に達してから受給できる、就業が難しくなった人のための生活の支えとなる年金には、公的年金と私的年金(企業年金や個人年金など)の2種類がある。年金を受給し始めてからも就業を続ける人も少なくないが、多くは公的年金を受け取る年齢に達した時点で、生活費の少なからずを年金が支える形となる。公的年金を受給している人がいる世帯は、単に歳を経た人がいるだけでなく、家計を何らかの形で公的年金でまかなっていることをも意味する。今回は総務省統計局が2015年12月16日に同局公式サイトなどで発表した、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上及び総世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果を元に、都道府県別の公的年金などを受給し、主な収入源としている世帯に関して、世帯ベースにおける現状を確認していく。


続きを読む "都道府県別・公的年金などの受給世帯の現状(2016年)(最新)"

11時32分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

都道府県別・たばこの世帯別消費金額など(2016年)(最新)

健康志向の高まりや第三者への健康に対する影響、単価の上昇などを受け、喫煙率は年々下落傾向にある。とはいえ愛煙家にとっては欠かせない存在に違いない。またたばこにかかる税金は税収の要の一つであることから、毎年のようにたばこの消費(喫煙)やたばこ価格は注目を集め、論議の対象となる。今回は総務省統計局が2015年12月16日に同局公式サイトなどで発表した、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上及び総世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果を元に、都道府県別のたばこの消費金額などに関して、世帯ベースにおける現状を確認していく。


続きを読む "都道府県別・たばこの世帯別消費金額など(2016年)(最新)"

5時10分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

2016/01/13

都道府県別・携帯電話の世帯別利用料金など(2016年)(最新)

今や生活必需品と化し、一日たりともそれが無くしては生活できないと断言する人も多いであろう携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォンの双方。以下同)。昨今ではその利用料金に関して、家計への負荷が大きいとの指摘も話題に登り、その普及ぶりが改めて認識される。今回は総務省統計局が2015年12月16日に同局公式サイトなどにおいて発表した、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上及び総世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果を元に、都道府県別の携帯電話に関する通信料金の現状や、従来型携帯電話・スマートフォンそれぞれの世帯ベースでの普及率を確認していく。


続きを読む "都道府県別・携帯電話の世帯別利用料金など(2016年)(最新)"

11時20分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事

都道府県別・賃貸住宅の利用状況や平均家賃(2016年)(最新)

住居スタイルは必然性や個人の価値観、経済的な観点など多様な要素により、世帯単位で選択が行われる。狭くても、不便でも良いから一戸建ての住居を構えたい人もいれば、身軽さを好み賃貸住宅を選ぶ人もいる。また建売住宅、分譲マンション、賃貸住宅など各不動産方面の需給バランスが、地域ごとの住宅情勢に大きな影響を及ぼすことになる。今回は総務省統計局が2015年12月16日に同局公式サイトなどにおいて発表した、【「2014年全国消費実態調査」】のうち、二人以上及び総世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果を元に、都道府県別の賃貸住宅利用世帯率や、その平均家賃を見ていくことにする。


続きを読む "都道府県別・賃貸住宅の利用状況や平均家賃(2016年)(最新)"

5時9分全国消費実態調査(全国家計構造調査), 逐次新値反映記事



(C)2005-2023 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS