2014/08/05

「持ち家」数は増加傾向、ただし住宅全体に占める割合は約6割で変わらず(2014年)(最新)

賃貸住宅の方が気軽で良い、転勤の可能性があるので持家は荷が重すぎるという考えを持つ人も少なくないが、多くの人は自分所有の住宅「持ち家」を欲し、実際に確保する。言葉通り足場を固めることになり生活も安定し、家賃を支払い続けても自分のものにならない状況から脱することができ(固定資産税など新たな出費も発生するが)、心理的な面でも充実感を得られるからに他ならない。それでは現状において住宅のうち、どれほどまでが「持ち家」によるものなのだろうか。総務省統計局が2014年7月29日に発表した、2013年時点における住宅・土地統計調査の速報集計結果から確認をしていくことにする(【発表ページ:平成25年住宅・土地統計調査】)。

続きを読む "「持ち家」数は増加傾向、ただし住宅全体に占める割合は約6割で変わらず(2014年)(最新)"

11時30分住宅・土地統計調査, 逐次新値反映記事

たたみ一畳あたりの家賃、「民間の鉄筋住宅」は借家全体平均に800円上乗せ(2014年)(最新)

人々が居住する住宅は所有状態で区分すると大きく「持家」「借家(賃貸住宅)」に二分される。「一国一城の主」の言葉にある通り、多くの人は「持家」獲得のために努力を続けることになるが、「借家」で満足する人、多種多様な理由で借家住まいを強いられる人も多い。その借家における賃貸料、つまり家賃の平均相場について、総務省統計局が2014年7月29日に発表した、2013年時点における住宅・土地統計調査の速報集計結果から確認をしていくことにする。現在の平均的な家賃相場そのもの、そして住宅の種類における水準の差異、さらには過去からの動向はいかなるものなのだろうか(【発表ページ:平成25年住宅・土地統計調査】)。

続きを読む "たたみ一畳あたりの家賃、「民間の鉄筋住宅」は借家全体平均に800円上乗せ(2014年)(最新)"

8時30分住宅・土地統計調査, 逐次新値反映記事

2014/08/02

即入居可能な物件とそうでないものと……空家数増加の実態をグラフ化してみる(2014年)(最新)

先日【住宅の空き家率は13.5%で過去最高に(2014年)(最新)】などで住宅・土地統計調査の速報集計結果を基に、日本の空家数実態を確認したが、その際に空き家数そのものの状況変化と共に、その内面の動向にも注意が必要であることについて触れた。今回はその内面部分を少しだけ掘り下げていく。一般に「空き家が増加している」「居住可能な物件が山ほど余り、それがますます増えていくのは問題だ」との意見が今回の調査結果を引き合いに出して語られているが、果たしてそのような一面のみの物の見方で正しいのだろうか(【発表ページ:平成25年住宅・土地統計調査】)。

続きを読む "即入居可能な物件とそうでないものと……空家数増加の実態をグラフ化してみる(2014年)(最新)"

10時0分住宅・土地統計調査, 逐次新値反映記事

2014/08/01

時代は一戸建てから共同住宅へ・さらに高層化も進む(2014年)(最新)

総務省統計局は2014年7月29日付で、2013年時点における住宅・土地統計調査の速報集計結果を発表した。その内容によれば、日本における住宅の建て方としては一戸建ての割合が減り、共同住宅の割合が増加する傾向にあることがわかった。また、共同住宅においても一層の高層化が進み、特に6階建以上の「エレベーター設置が義務付けられている」高層住宅の伸びが著しいことが確認されている。今回はこれら住宅における建て方別の動向を確認していく(【発表ページ:平成25年住宅・土地統計調査】)。

続きを読む "時代は一戸建てから共同住宅へ・さらに高層化も進む(2014年)(最新)"

11時30分住宅・土地統計調査, 逐次新値反映記事

2014/07/31

賃貸住宅の空き室率推移をグラフ化してみる(2014年)(最新)

総務省統計局は2014年7月29日、2013年における住宅・土地統計調査の速報集計結果を発表した(【発表ページ:平成25年住宅・土地統計調査】)。今回はこの公開値を基に、先行する記事で解説した「住宅全体の空き家率(13.5%、2013年分)」ではなく、賃貸住宅に限定した上での空き室率、つまり「賃貸住宅の空き室率推移」を算出、確認していくことにする。

続きを読む "賃貸住宅の空き室率推移をグラフ化してみる(2014年)(最新)"

8時30分住宅・土地統計調査, 逐次新値反映記事

2014/07/30

住宅の空き家率は13.5%で過去最高に(2014年)(最新)

総務省統計局は2014年7月29日、2013年時点における住宅・土地統計調査の速報集計結果を発表した。それによると、全国の2013年10月1日時点における全国の住宅数は6063万1000戸で、2008年からの5年間に5.3%・304万5000戸増加したことが明らかになった。一方、空き家は819万6000戸を計上しており、同じく5年間で8.3%・62万8000戸増加している。総住宅数に占める割合(空き家率)は5年前の13.1%から13.5%となり、今調査開始以来最高を記録している。空き家率は3大都市圏(関東・中京・近畿)で12.3%・それ以外で14.9%となっており、地方圏の方が高い傾向も確認されている(【発表ページ:平成25年住宅・土地統計調査】)。

続きを読む "住宅の空き家率は13.5%で過去最高に(2014年)(最新)"

8時30分住宅・土地統計調査, 逐次新値反映記事

2010/11/10

一人暮らしの女性の決断? 男女別単身世帯の分譲マンション比率をグラフ化してみる

先に【一人暮らし、住まいは借家・一戸建て? 単身世帯の居住スタイルをグラフ化してみる】で、総務省統計局が2010年9月10日に発表した【統計からみた我が国の住宅】の資料を元に、一人暮らしの人(単身世帯)における一戸建て・賃貸など住んでいる住宅の種類・本人の年齢階層別構成比推移をグラフ化し、中身を色々とチェックした。その際に、40歳前後において「持ち家・一戸建て」(要は分譲マンションの類)の特異な盛り上がりのことについて触れた。今回はその部分を男女別のグラフを生成することで、もう少し詳しくチェックを入れることにする。

続きを読む "一人暮らしの女性の決断? 男女別単身世帯の分譲マンション比率をグラフ化してみる"

6時0分住宅・土地統計調査, noindex

2010/11/09

一人暮らし、住まいは借家・一戸建て? 単身世帯の居住スタイルをグラフ化してみる

以前、総務省統計局が2010年9月30日に同省公式サイト上で発表した【「2009年全国消費実態調査」】のうち、【「単身世帯の家計収支及び貯蓄・負債に関する結果」】を元に、単身世帯(一人暮らしの人)の生活動向をいくつかの記事に分けて分析した。【年々増える核家族と一人身世帯…種類別世帯数の推移をグラフ化してみる】でも解説しているが、単身世帯数は年々増加の一途をたどり、スポットライトをあてることは有意義である。そこで「他にも何か、単身世帯の周辺を推し量れるものはないか」と探していたところ、同じく統計局が2010年9月10日に発表した【統計からみた我が国の住宅】で、住宅事情をかいま見れるデータを得ることができた。今回はその中から一戸建て・賃貸など、住んでいる住宅の種類・本人の年齢階層別構成比推移をグラフ化してみることにする。

続きを読む "一人暮らし、住まいは借家・一戸建て? 単身世帯の居住スタイルをグラフ化してみる"

6時0分住宅・土地統計調査, noindex

2010/03/14

耐震診断経験のある持家住宅は10.3%……関東周辺は診断率が高く、沖縄や北陸は低め

総務省統計局は2010年2月24日、2008年の「住宅・土地統計調査」の公表を終えたとして、その確報集計結果を元にしたトピックス【統計からみた我が国の住宅(2) ( 「平成20年住宅・土地統計調査(確報集計)」の結果から )】を発表した。今回はその資料の中から、耐震診断の浸透状況について考察してみることにする。

続きを読む "耐震診断経験のある持家住宅は10.3%……関東周辺は診断率が高く、沖縄や北陸は低め"

9時0分住宅・土地統計調査, noindex

2010/03/11

夫婦とも65歳以上のお年寄り世帯で「1キロ以内にお医者さんがいない」のは24.4%

総務省統計局は2010年2月24日、2008年の「住宅・土地統計調査」の公表を終えたとして、その確報集計結果を元にしたトピックス【統計からみた我が国の住宅(2) ( 「平成20年住宅・土地統計調査(確報集計)」の結果から )】を発表した。今回はその資料の中から、高齢者世帯の住宅と医療機関の距離について考察してみることにする。

続きを読む "夫婦とも65歳以上のお年寄り世帯で「1キロ以内にお医者さんがいない」のは24.4%"

7時0分住宅・土地統計調査, noindex

2009/10/05

自動火災感知設備の設置率は45%・この5年で倍増へ

自動火災感知設備イメージ総務省統計局は2009年9月30日、住生活月間にちなみ2008年住宅・土地統計調査(速報集計)の結果から、各種分析データを発表した。それによると、自動火災感知設備を設置している住宅は全体の45%に達し、半数に迫っていることが分かった。5年前の2003年から比べるとほぼ倍増していることが分かる。住宅の建て方別では共同住宅の設置率がもっとも高く、6割を超えている一方で、一戸建てはまだ1/3にも満たない状態にある(【発表リリース】)。

続きを読む "自動火災感知設備の設置率は45%・この5年で倍増へ"

7時52分住宅・土地統計調査



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN