2018/01/06

相場はおいくら…? 高校生までの家庭教師や学習塾の年間支払額をグラフ化してみる(最新)

2018-0104独力では学校の授業に追いつくのが難しい場合や、受験をより確実にクリアするための、学力アップを目的とした学校外学習の代表的な手段が学習塾への通塾や、家庭教師の指導による自宅学習。それらはどれほどの割合で利用され、どれほどの費用が発生しているのだろうか。文部科学省が2017年12月22日付で公開した、2016年度版「子供の学習費調査」の概要から、その疑問の答えを見つけていくことにする(【発表リリース:結果の概要−平成28年度子供の学習費調査】)。

続きを読む "相場はおいくら…? 高校生までの家庭教師や学習塾の年間支払額をグラフ化してみる(最新)"

5時5分学習費調査, 逐次新値反映記事

そろばんやスポーツ、外国語会話など…高校生までの学校外活動費動向をグラフ化してみる(最新)

2018-0104中学校、高校になると子供の学校外学習は塾や家庭教師がほとんどになるが、小学校まではスイミングスクールやサッカー、習字やそろばんのような、勉強とは直接結びつきが無い「習い事」にいそしむ場合も多い。これらの費用は平均でどれほどのもの額なのだろうか。今回は文部科学省が2017年12月22日に公開した、最新版となる2016年度版「子供の学習費調査」の概要を基に、これら野外活動やスポーツ系・文化系の習い事がメインの「学校外活動費内・その他の学校外活動費」(要は「学校外活動費」のうち、「補助学習費」=「家庭教師や学習塾」以外)について学年別の詳細をまとめ、状況を確認していくことにする(【発表リリース:結果の概要−平成28年度子供の学習費調査】)。

続きを読む "そろばんやスポーツ、外国語会話など…高校生までの学校外活動費動向をグラフ化してみる(最新)"

5時3分学習費調査, 逐次新値反映記事

2018/01/05

公立中3、私立は小6がピーク…塾費用などの補助学習費をグラフ化してみる(最新)

2018-0104よい学校に進学させるのに欠かせないハードル「受験」をクリアするために、多くの保護者は自分の子供を塾に通わせたり、家庭教師を雇っている。これらの費用は平均でどれほどのものなのだろうか。文部科学省が2017年12月22日に発表した、2016年度(2016年4月1日-2017年3月31日)版の「子供の学習費調査」の概要を基に、これら家庭教師や学習塾の費用がメインとなる「補助学習費」の動向について、学年別の詳細を確認し、その現状を見ていくことにする(【発表リリース:結果の概要−平成28年度子供の学習費調査】)。

続きを読む "公立中3、私立は小6がピーク…塾費用などの補助学習費をグラフ化してみる(最新)"

5時11分学習費調査, 逐次新値反映記事

2018/01/04

中学3年では公立は私立の約1.9倍…公立中学では受験勉強に塾への投資額が急増加(最新)

2018-0103文部科学省は2017年12月22日、最新版にあたる2016年度(2016年4月1日-2017年3月31日)版の「子供の学習費調査」の概要を発表した。その内容によれば、子供の学習費のうち習い事の月謝がメインの「学校外活動費用」において、大よそ公立学校よりも私立学校の方が平均額は高いものの、中学3年生では逆転現象が起きていることが分かった。構成項目のうち主に学習塾費が該当する「補助学習費」で、公立では中学2年と3年で私立を上回る平均額が計上されているのが原因となっている。今回はこの動きもあわせ、高校生までの「学校外活動費用」の動きを確認していくことにする(【発表リリース:結果の概要−平成28年度子供の学習費調査】)。

続きを読む "中学3年では公立は私立の約1.9倍…公立中学では受験勉強に塾への投資額が急増加(最新)"

5時12分学習費調査, 逐次新値反映記事

私立小学1年生は年間184.3万円…幼稚園・小中高校までの年間学習費総額を学年単位でグラフ化してみる(最新)

2018-0103文部科学省は2017年12月22日付で同省公式サイト上に、2016年度(2016年4月1日-2017年3月31日)版となる「子供の学習費調査」の概要を発表した。それによると子供の学習費総額は私立学校では小学1年生がもっとも高額で、年間184.3万円に達していることが分かった。公立では中学3年生が一番の高額、年間で57.1万円を示している(【発表リリース:結果の概要−平成28年度子供の学習費調査】)。

続きを読む "私立小学1年生は年間184.3万円…幼稚園・小中高校までの年間学習費総額を学年単位でグラフ化してみる(最新)"

5時10分学習費調査, 逐次新値反映記事

私立学校の学費は公立の約2倍から5倍近く…幼稚園・小中高校までの年間学習費総額をグラフ化してみる(最新)

2018-0103文部科学省は2017年12月22日、2016年度版「子供の学習費調査」の概要を発表した。それによれば子供の学習費総額は学校の段階種類別で違いがあるものの、私立は公立と比べて大体2倍から5倍近く高額となることが分かった。特に小学校時代は差が大きく、4.74倍もの差が生じている(【発表リリース:結果の概要−平成28年度子供の学習費調査】)。

続きを読む "私立学校の学費は公立の約2倍から5倍近く…幼稚園・小中高校までの年間学習費総額をグラフ化してみる(最新)"

5時8分学習費調査, 逐次新値反映記事

2015/12/27

相場はおいくら…? 高校生までの家庭教師や学習塾の年間支払額をグラフ化してみる(2015年)

独力では学校の授業に追いつくのが難しい場合や、受験をより確実にクリアするための、学力アップを目的とした学校外学習の代表的な手段が学習塾への通塾や、家庭教師の指導による自宅学習。それらはどれほどの割合で利用され、いくら位の費用が発生しているのだろうか。文部科学省が2015年12月24日付で公開した、2014年度版「子供の学習費調査」の概要から、その疑問の答えを見つけていくことにする(【発表リリース:結果の概要−平成26年度子供の学習費調査】)。

続きを読む "相場はおいくら…? 高校生までの家庭教師や学習塾の年間支払額をグラフ化してみる(2015年)"

16時0分学習費調査, noindex

そろばんやスポーツ、外国語会話など…高校生までの学校外活動費動向をグラフ化してみる(2015年)

中学、高校になると子供の学校外学習は塾や家庭教師がほとんどになるが、小学生までではスイミングスクールやサッカー、習字やそろばんのような、勉強とは直接結びつきが無い「習い事」にいそしむ場合も多い。これらの費用は平均でどれほどのもの額なのだろうか。今回は文部科学省が2015年12月24日に公開した、最新版となる2014年度版「子供の学習費調査」の概要を基に、これら野外活動やスポーツ系・文化系の習い事がメインの「学校外活動費内・その他の学校外活動費」(要は「学校外活動費」のうち、「補助学習費」=「家庭教師や学習塾」以外)について学年別の詳細をまとめ、状況を確認していくことにする(【発表リリース:結果の概要−平成26年度子供の学習費調査】)。

続きを読む "そろばんやスポーツ、外国語会話など…高校生までの学校外活動費動向をグラフ化してみる(2015年)"

15時0分学習費調査, noindex

公立中3、私立は小6がピーク…塾費用などの補助学習費をグラフ化してみる(2015年)

良い学校に進学させるのに欠かせないハードル「受験」をクリアするために、多くの保護者は自分の子供を塾に通わせたり、家庭教師を雇っている。これらの費用は平均でどれほどのものなのだろうか。文部科学省が2015年12月24日に発表した、2014年度(2014年4月1日-2015年3月31日)版の「子供の学習費調査」の概要を基に、これら家庭教師や学習塾の費用がメインとなる「補助学習費」の動向について、学年別の詳細を確認し、その現状を見ていくことにする(【発表リリース:結果の概要−平成26年度子供の学習費調査】)。

続きを読む "公立中3、私立は小6がピーク…塾費用などの補助学習費をグラフ化してみる(2015年)"

14時0分学習費調査, noindex

私立の1.8倍…公立中学では受験勉強に塾や家庭教師への投資額が急上昇(2015年)

文部科学省は2015年12月24日、最新版にあたる2014年度(2014年4月1日-2015年3月31日)版の「子供の学習費調査」の概要を発表した。その内容によれば、子供の学習費のうち習い事の月謝がメインの「学校外活動費用」において、概して公立学校よりも私立学校の方が平均額は高いものの、中学3年生では逆転現象が起きていることが分かった。構成項目のうち主に学習塾費が該当する「補助学習費」で、公立では中学2年と3年で市立を上回る平均額が算出されるのが原因となっている。今回はこの動きもあわせ、高校生までの「学校外活動費用」の動きを確認していくことにする(【発表リリース:結果の概要−平成26年度子供の学習費調査】)。

続きを読む "私立の1.8倍…公立中学では受験勉強に塾や家庭教師への投資額が急上昇(2015年)"

12時0分学習費調査, noindex

私立小学1年生は年間186万円…幼稚園・小中高校までの年間学習費総額を学年単位でグラフ化してみる(2015年)

文部科学省は2015年12月24日付で同省公式サイト上に、2014年度(2014年4月1日-2015年3月31日)版となる「子供の学習費調査」の概要を発表した。それによると子供の学習費総額は私立学校では小学1年生がもっとも高額で、年間186万円に達していることが分かった。公立では中学3年生が一番の高額、年間で58万円を示している(【発表リリース:結果の概要−平成26年度子供の学習費調査】)。

続きを読む "私立小学1年生は年間186万円…幼稚園・小中高校までの年間学習費総額を学年単位でグラフ化してみる(2015年)"

10時0分学習費調査, noindex

私立学校の学費は公立の2倍から5倍近く…幼稚園・小中高校までの年間学習費総額をグラフ化してみる(2015年)

文部科学省は2015年12月24日、2014年度版「子供の学習費調査」の概要を発表した。それによれば子供の学習費総額は学校の段階種類別で違いがあるものの、私立は公立と比べて大体2倍から5倍近く高額となることが分かった。特に小学校時代は差が大きく、4.77倍もの差が生じている(【発表リリース:結果の概要−平成26年度子供の学習費調査】)。

続きを読む "私立学校の学費は公立の2倍から5倍近く…幼稚園・小中高校までの年間学習費総額をグラフ化してみる(2015年)"

5時0分学習費調査, noindex

2014/01/30

相場はおいくら…? 高校生までの家庭教師や学習塾の年間支払額をグラフ化してみる(2014年)

学校の授業に追いつくのが難しい場合や、受験をより確実にクリアするための、学力アップを目的とした学校外学習の代表的な手段が学習塾への通塾や、家庭教師の指導による自宅学習。それらはどれほどの割合で利用され、いくら位の費用が発生しているのだろうか。文部科学省が2014年1月10日付で公開した、2012年度版「子供の学習費調査」の概要から、その疑問の答えを見つけていくことにする(【発表リリース:結果の概要-平成24年度子供の学習費調査】)。

続きを読む "相場はおいくら…? 高校生までの家庭教師や学習塾の年間支払額をグラフ化してみる(2014年)"

11時0分学習費調査, noindex

そろばんやスポーツ、外国語会話など…高校生までの学校外活動費動向をグラフ化してみる(2014年)

中学、高校になると子供の学校外学習は塾や家庭教師がほとんどになるが、小学生までにおいてはスイミングスクールやサッカー、習字やそろばんのような、勉強とは直接結びつきが無い「習い事」にいそしむ場合も多い。これらの費用は平均でどれほどのものなのだろうか。今回は文部科学省が2014年1月10日に公開した、最新版となる2012年度版「子供の学習費調査」の概要を基に、これら野外活動やスポーツ系・文化系の習い事がメインの「学校外活動費内・その他の学校外活動費」(要は「学校外活動費」のうち、「塾や家庭教師費」以外)について学年別の詳細をまとめ、状況を確認していくことにする(【発表リリース:結果の概要-平成24年度子供の学習費調査】)。

続きを読む "そろばんやスポーツ、外国語会話など…高校生までの学校外活動費動向をグラフ化してみる(2014年)"

8時0分学習費調査, noindex

2014/01/29

公立中3、私立は小6がピーク…塾費用などの補助学習費をグラフ化してみる(2014年)

良い学校に進学させるのに欠かせないハードル「受験」をクリアするために、多くの保護者は自分の子供を塾に通わせたり、家庭教師を雇っている。これらの費用は平均でどれほどのものなのだろうか。文部科学省が2014年1月10日に発表した、2012年度版の「子供の学習費調査」の概要を基に、これら家庭教師や学習塾の費用がメインとなる「補助学習費」の動向について、学年別の詳細を確認し、その現状を見ていくことにする(【発表リリース:結果の概要-平成24年度子供の学習費調査】)。

続きを読む "公立中3、私立は小6がピーク…塾費用などの補助学習費をグラフ化してみる(2014年)"

15時0分学習費調査, noindex

私立の1.4倍…公立中学では受験勉強に塾や家庭教師への投資額が急上昇(2014年)

文部科学省は2014年1月10日、最新版にあたる2012年度版の「子供の学習費調査」の概要を発表した。その内容によれば、子供の学習費のうち習い事の月謝がメインの「学校外活動費用」において、概して公立学校よりも私立学校の方が平均額は高いものの、中学3年生では逆転現象が起きていることが分かった。構成項目のうち主に学習塾費が該当する「補助学習費」で公立では中学2年と3年で市立を上回る平均額が算出されるのが原因となっている。今回はこの動きもあわせ、高校生までの「学校外活動費用」の動きを確認していくことにする(【発表リリース:結果の概要-平成24年度子供の学習費調査】)。

続きを読む "私立の1.4倍…公立中学では受験勉強に塾や家庭教師への投資額が急上昇(2014年)"

14時0分学習費調査, noindex

私立小学1年生は年間171万円…幼稚園・小中高校までの年間学習費総額を学年単位でグラフ化してみる(2014年)

文部科学省は2014年1月10日付で同省公式サイト上に、2012年度版となる「子供の学習費調査」の概要を発表した。それによると子供の学習費総額は私立学校では小学1年生がもっとも高額で、年間171万円に達していることが分かった。公立では中学3年生が一番の高額、年間で50万円を示している(【発表リリース:結果の概要-平成24年度子供の学習費調査】)。

続きを読む "私立小学1年生は年間171万円…幼稚園・小中高校までの年間学習費総額を学年単位でグラフ化してみる(2014年)"

8時0分学習費調査, noindex

2014/01/28

私立学校の学費は公立の2倍から5倍近く…幼稚園・小中高校までの年間学習費総額をグラフ化してみる(2014年)

文部科学省は2014年1月10日、2012年度版「子供の学習費調査」の概要を発表した。それによれば子供の学習費総額は学校の段階種類別で違いがあるものの、私立は公立と比べて大体2倍から5倍近く高額となることが分かった。特に小学校時代は差が大きく、4.65倍もの差が生じている(【発表リリース:結果の概要-平成24年度子供の学習費調査】)。

続きを読む "私立学校の学費は公立の2倍から5倍近く…幼稚園・小中高校までの年間学習費総額をグラフ化してみる(2014年)"

15時0分学習費調査, noindex



(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN