2017/09/08

小学生や中学生の数の推移をグラフ化してみる(最新)

2017-0907高齢出産の関係で最近では少しながらも出生率は上昇を示しているものの、【日本の出生率と出生数をグラフ化してみる】などのデータにもある通り、日本では中長期的に見ると少子化が進んでいる。人口そのものの減少はもちろんだが、若年層向けの市場縮小との観点で、多くの関連産業がその現実を直視し、業績変化の理由の一つとして少子化を掲げている。それでは具体的に、子供達の人数はどのような変化を見せているのだろうか。今回は小学生や中学生の数の推移を通し、その移り変わりを見ていくことにした。

続きを読む "小学生や中学生の数の推移をグラフ化してみる(最新)"

4時56分学校基本調査, 逐次新値反映記事

大学生の就職状況をグラフ化してみる(最新)

2017-0907文部科学省の定点観測的調査の一つ【学校基本調査】を基にした大学進学率に関する精査記事【大学進学率をグラフ化してみる】の中で、直近の不況時期において、大学進学率が低下の動きを示していたこと、その低下の原因のひとつに「就職活動で『大学卒業』ブランドの効力が落ちてきた」実情があるとの解説をした。そこで今回は、その大学生における就職状況を確認していくことにする。

続きを読む "大学生の就職状況をグラフ化してみる(最新)"

4時53分学校基本調査, 逐次新値反映記事

大学進学率をグラフ化してみる(最新)

2017-0907義務教育(小中学校)以外の教育機関の教育費の無償化問題や、大学の経営問題など、高等教育のあり方についてさまざまな面で状況の変化が起き、再検討の機会が与えられている。「良い大学、そして良い就職先」との子供の進路に関する言い回しも、必ずしも正しいとは言い切れないとの指摘もされるようになった。さらに大学を「就職に有利になるから」との理由で半ば義務教育的なものとして認識し、それを根源として各種の主張を成す人もいる。今回はそれらも含め、大学関連の話を語る際には欠かせない、そもそも論としての「大学進学率」をまとめておくことにする。

続きを読む "大学進学率をグラフ化してみる(最新)"

4時51分学校基本調査, 逐次新値反映記事

2017/09/07

戦後の学歴別就職状況の推移をグラフ化してみる(最新)

2017-0906昨今においては正規・非正規雇用による雇用環境の違いや離職率の差異もあり、単純に就職状況の良し悪しだけで雇用情勢を推し量ることは難しくなりつつある。とはいえ、雇用されている状況と失業との間には大きな隔たりがあることに違いは無く、就職できているか否かは今なお労働市場、さらには経済情勢に関する重要な指針であることもまた事実。今回はその就職動向について戦後の動向を公的データを基に、最終学歴別に見ていくことにする。

続きを読む "戦後の学歴別就職状況の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時8分学校基本調査, 逐次新値反映記事

幼稚園児数の推移などをグラフ化してみる(最新)

2017-0906経済だけでなく社会文化をはじめ各方面に影響を与える社会現象として、昨今において特に注目されている少子化問題。さらに既婚女性の兼業問題も合わせ、乳幼児の幼稚園・保育所(園)への通園率・数の変移が大いに気になるところ。今回はその疑問を解消すべく、文部科学省のデータを基に、幼稚園児の動向を確認しておくことにした。

続きを読む "幼稚園児数の推移などをグラフ化してみる(最新)"

5時5分学校基本調査, 逐次新値反映記事

2016/12/26

小中学校のクラス人数推移をグラフ化してみる(2016年)(最新)

2016-1226かつて学生だった人達において、自分自身が小中学校に通っていたころを思い出して欲しいのだが、1クラスの人数はどれ位だっただろうか。恐らくは30人から40人、あるいは50人位のクラス人数を経験した人もいるかもしれない。しかし昨今ではクラス構成人数は大いに減少し、20人台から30人台が普通。子供を有する保護者の立場にある人は、その子供から実情を知っているので当たり前の話でしかないが、知る機会が無い人には驚きの内容といえる。今回はその「小学校・中学校の1クラスあたりの平均人数の推移」について、文部科学省など公的機関の公開値を基に、現状を探っていく。

続きを読む "小中学校のクラス人数推移をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

10時15分学校基本調査, 逐次新値反映記事

小中学生の長期欠席者数をグラフ化してみる(2016年)(最新)

2015-1229多くの子供にとって学校は楽しい場所であり、日常生活の多分を占める居場所でもあり、多くの経験を得る機会である。しかしながら病気やケガ、家庭内の事情で休まねばならない場合も生じてくる。また中にはさまざまな理由で通学そのものを望まず、長期に渡り欠席してしまう子供もいる。今回は多種多様な理由で長期に渡り学校(小中学校)を休んでしまう子供の状況、「理由別長期欠席児童生徒数」の推移を精査することにした。

続きを読む "小中学生の長期欠席者数をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

5時26分学校基本調査, 逐次新値反映記事

2016/09/05

小学一年生の児童数推移をグラフ化してみる(2016年)

日本の少子化傾向に伴い小学生や中学生の数が漸減していることは、【小学生や中学生の数の推移をグラフ化してみる】などで確認した通り。義務教育期間となるそれら小中学生の時期において、本人にとって、そして周辺の人達においてももっとも大きな転機となり、多種多様な関連市場がリンクしてくるのは、小学一年生に他ならない。そこで今回は、その小学一年生の数の動向を精査することにした。

続きを読む "小学一年生の児童数推移をグラフ化してみる(2016年)"

5時0分学校基本調査, noindex

2016/09/04

小学生や中学生の数の推移をグラフ化してみる(2016年)

高齢出産の関係で最近では少しながらも上昇を示しているものの、【日本の出生率と出生数をグラフ化してみる】などのデータにもある通り、日本では中長期的に見ると少子化が進んでいる。人口そのものの減少はもちろんだが、若年層向けの市場縮小との観点で、多くの関連産業がその現実を直視し、業績変化の理由の一つとして少子化を掲げている。それでは具体的に、子供達の人数はどのような変化を見せているのだろうか。今回は小学生や中学生の数の推移を通し、その移り変わりを見ていくことにした。

続きを読む "小学生や中学生の数の推移をグラフ化してみる(2016年)"

11時0分学校基本調査, noindex

大学生の就職状況をグラフ化してみる(2016年)

文部科学省の定点観測的調査の一つ【学校基本調査】を基にした大学進学率に関する精査記事【大学進学率をグラフ化してみる】の中で、直近の不況時期において、大学進学率が低下の動きを示していたこと、その低下の原因のひとつに「就職活動で『大学卒業』ブランドの効力が落ちてきた」実情があるとの解説をした。そこで今回は、その大学生における就職状況を確認していくことにする。

続きを読む "大学生の就職状況をグラフ化してみる(2016年)"

5時0分学校基本調査, noindex

2016/09/03

大学進学率をグラフ化してみる(2016年)

義務教育(小中学校)以外の教育機関の教育費の無償化問題や、大学の経営問題など、高等教育のあり方についてさまざまな面で状況の変化が起き、再検討の機会が与えられている。「良い大学、そして良い就職先」との子供の進路に関する言い回しも、必ずしも正しいとは言い切れないとの指摘もなされるようになった。さらに大学を「就職に有利になるから」との理由で半ば義務教育的なものとして認識し、それを根源として各種の主張を成す人もいる。今回はそれらも含め、大学関連の話を語る際には欠かせない、そもそも論としての「大学進学率」をまとめておくことにする。

続きを読む "大学進学率をグラフ化してみる(2016年)"

12時0分学校基本調査, noindex

戦後の学歴別就職状況の推移をグラフ化してみる(2016年)

昨今においては正規・非正規雇用による雇用環境の違いや離職率の差異もあり、単純に就職状況の良し悪しだけで雇用情勢を推し量ることは難しくなりつつある。とはいえ、雇用されている状況と失業との間には大きな隔たりがあることに違いは無く、就職できているか否かは今なお労働市場、さらには経済情勢に関する重要な指針であることもまた事実。今回はその就職動向について戦後の動向を公的データを基に、最終学歴別に見ていくことにする。

続きを読む "戦後の学歴別就職状況の推移をグラフ化してみる(2016年)"

5時0分学校基本調査, noindex

2016/09/02

幼稚園児数の推移などをグラフ化してみる(2016年)

経済だけでなく社会文化をはじめ各方面に影響を与える社会現象として、昨今において特に注目されている少子化問題。さらに既婚女性の兼業問題も合わせ、乳幼児の幼稚園・保育所(園)への通園率・数の変移が大いに気になるところ。今回はその疑問を解消すべく、文部科学省のデータを基に、幼稚園児の動向を確認しておくことにした。

続きを読む "幼稚園児数の推移などをグラフ化してみる(2016年)"

14時0分学校基本調査, noindex

2016/02/16

戦後の学歴別就職状況の推移をグラフ化してみる(2016年)

昨今においては正規・非正規雇用による雇用環境の違いや離職率の差異もあり、単純に就職状況の良し悪しだけで雇用情勢を推し量ることは難しくなりつつある。とはいえ、雇用されている状況と失業との間には大きな隔たりがあることに違いは無く、就職できているか否かは今なお労働市場、さらには経済情勢に関する重要な指針であることもまた事実。今回はその就職動向について戦後の動向を公的データを基に、最終学歴別に見ていくことにする。

続きを読む "戦後の学歴別就職状況の推移をグラフ化してみる(2016年)"

15時0分学校基本調査, noindex

小中学校のクラス人数推移をグラフ化してみる(2016年)

かつて学生だった人達において、自分自身が小中学校に通っていたころを思い出して欲しいのだが、1クラスの人数はどれ位だっただろうか。恐らくは30人から40人、あるいは50人位のクラス人数を経験した人もいるかもしれない。しかし昨今ではクラス構成人数は大いに減少し、20人台から30人台が普通。子供を有する保護者の立場にある人は、その子供から実情を知っているので当たり前の話でしかないが、知る機会が無い人には驚きの内容といえる。今回はその「小学校・中学校の1クラスあたりの平均人数の推移」について、文部科学省など公的機関の公開値を基に、現状を探っていく。

続きを読む "小中学校のクラス人数推移をグラフ化してみる(2016年)"

4時0分学校基本調査, noindex

2015/12/29

小中学校のクラス人数推移をグラフ化してみる(2015年)

かつて学生だった人達において、自分自身が小中学校に通っていたころを思い出して欲しいのだが、1クラスの人数はどれ位だっただろうか。恐らくは30人から40人、あるいは50人位のクラス人数を経験した人もいるかもしれない。しかし昨今ではクラス構成人数は大いに減少し、20人台から30人台が普通。子供を有する保護者の立場にある人は、その子供から実情を知っているので当たり前の話でしかないが、知る機会が無い人には驚きの内容といえる。今回はその「小学校・中学校の1クラスあたりの平均人数の推移」について、文部科学省など公的機関の公開値を基に、現状を探っていく。

続きを読む "小中学校のクラス人数推移をグラフ化してみる(2015年)"

16時0分学校基本調査, noindex

小中学生の長期欠席者数をグラフ化してみる(2015年)

多くの子供にとって学校は楽しい場所であり、日常生活の多分を占める居場所でもあり、多くの経験を得る機会である。しかしながら病気やケガ、家庭内の事情で休まねばならない場合も生じてくる。また中にはさまざまな理由で通学そのものを望まず、長期に渡り欠席してしまう子供もいる。今回は多種多様な理由で長期に渡り学校(小中学校)を休んでしまう子供の状況、「理由別長期欠席児童生徒数」の推移を精査することにした。

続きを読む "小中学生の長期欠席者数をグラフ化してみる(2015年)"

15時0分学校基本調査, noindex

2015/08/23

大学進学率をグラフ化してみる(2015年)

義務教育(小中学校)以外の教育機関の教育費の無償化問題や、大学の経営問題など、高等教育のあり方についてさまざまな面で状況の変化が起き、再検討の機会が与えられている。「良い大学、そして良い就職先」との子供の進路に関する言い回しも、必ずしも正しいとは言い切れないとの指摘もなされるようになった。今回はそれらも含め、大学関連の話を語る際には欠かせない、そもそも論としての「大学進学率」をまとめておくことにする。

続きを読む "大学進学率をグラフ化してみる(2015年)"

11時0分学校基本調査, noindex

2015/08/21

小学一年生の児童数推移をグラフ化してみる(2015年)

日本の少子化傾向に伴い小学生や中学生の数が漸減していることは、【小学生や中学生の数の推移をグラフ化してみる】などで確認した通り。義務教育期間となるそれら小中学生の時期において、本人にとって、そして周辺の人達においてももっとも大きな転機となり、多種多様な関連市場がリンクしてくるのは、小学一年生に他ならない。そこで今回は、その小学一年生の数の動向を精査することにした。

続きを読む "小学一年生の児童数推移をグラフ化してみる(2015年)"

8時0分学校基本調査, noindex

2015/08/20

小学生や中学生の数の推移をグラフ化してみる(2015年)

高齢出産の関係で最近では少しながらも上昇を示しているものの、【日本の出生率と出生数をグラフ化してみる】などのデータにもある通り、日本では中長期的に見ると少子化が進んでいる。人口そのものの減少はもちろんだが、若年層向けの市場縮小との観点で、多くの関連産業がその現実を直視し、業績変化の理由の一つとして少子化を掲げている。それでは具体的に、子供達の人数はどのような変化を見せているのだろうか。今回は小学生や中学生の数の推移を通し、その移り変わりを見ていくことにした。

続きを読む "小学生や中学生の数の推移をグラフ化してみる(2015年)"

14時0分学校基本調査, noindex



(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN