2017/05/22

続・自動車は手が届きにくい存在になっているのか…可処分所得と自動車価格の関係をグラフ化してみる(2017年)(最新)

若年層を中心に自動車が買われにくくなっている、俗にいう「若者の自動車離れ」との言葉をよく見聞きする。実態としては「都心部に顕著だがそれ以外ではあまり起きていない」「低コストの軽自動車への利用のシフト」「実用、趣味趣向面での自動車の必要性の減退」などが挙げられ、事実に合った言い回しでは無い、一側面に過ぎないとの指摘もある。それでは「若者の自動車離れ」の理由の一つに挙げられる、「自動車取得時の初期費用負担」の重さはどのように変化をしているのか、総務省統計局における公開値【小売物価統計調査 調査結果】などから各種計算を施し、可処分所得と自動車の販売価格との関係から確認をしていくことにする。

続きを読む "続・自動車は手が届きにくい存在になっているのか…可処分所得と自動車価格の関係をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時16分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

自動車は手が届きにくい存在になっているのか・初任給と自動車価格の関係をグラフ化してみる(2017年)(最新)

いわゆる「若者の自動車離れ」と呼ばれる言葉・現象の理由の一つとして、自動車価格が上昇する一方で若年層の所得がその上昇に追いついていないから、つまり相対的に価格面で手が届きにくい存在になりつつあるからとする説が挙げられている。今回は【50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる】で用いた手法を流用する形で、総務省統計局における公開値【小売物価統計調査 調査結果】などから各種計算を施し、初任給と自動車の価格の関係について見ていくことにする。

続きを読む "自動車は手が届きにくい存在になっているのか・初任給と自動車価格の関係をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時13分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

下水道の普及率現状をグラフ化してみる(2017年)(最新)

先行記事【上水道の普及率推移をグラフ化してみる】にもある通り、上水道は多くの人にとって日常生活を維持するのに欠かせないインフラの一つに違いない。それと同時に対として語られる場合が多く、家計を取り仕切る立場にある人には定期的な出費に挙げられる項目の一つが下水道。今回は日本における下水道の普及率の現状を確認していくことにする。

続きを読む "下水道の普及率現状をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時11分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

上水道の普及率推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)

多くの人にとって社会生活には欠かせないインフラの一つ、上水道。水道料金の支払いは必要となるが、蛇口をひねればいつ何時でも水道水を得る事ができる。夏の水不足により給水制限が生じたり、先の震災をはじめとした災害によって上水道の利用に支障が生じた時には、改めてその必要性を再確認したはず。一方、上水道は日本全土に完全に整備されているわけではなく、現状でもその必要性を覚えない地域、待ち望んではいるが整備が遅れている地域もある。今回は公的資料を基に、日本の上水道の普及率の現状とその推移を確認していくことにする。

続きを読む "上水道の普及率推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時9分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

30年近くに渡る大学教員の月給推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)

先行記事【約40年に渡る学習塾の月謝推移をグラフ化してみる】において、学校教育で授業を受ける側の授業料では無く、教鞭を取る側の給与動向を推し量ろうとしたが、結局総務省統計局の【小売物価統計調査 調査結果】からは叶わなかった件について触れた。この事案に関して文部科学省の【学校教員統計調査】で、該当するデータが取得可能なことが判明した。そこで今回はそれを用いて大学の本務教員の給料(月給)の動向を確認していくことにする。

続きを読む "30年近くに渡る大学教員の月給推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時7分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

約40年に渡る学習塾の月謝推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)

先の記事【70年近くに渡る大学授業料の推移をグラフ化してみる】で総務省統計局における公開値【小売物価統計調査 調査結果】を元に、大学生の授業料負担に関する検証を行った。その際に「授業を行う側、教鞭を取る側の給与はいかなる推移を示しているのだろうか」と、視点を変えた疑問が生じることとなった。そこで今回は同じく「小売物価統計調査」を元に、教鞭を取る側の給与を推測できる値の一つ、学習塾の月謝についてその推移を確認していくことにする。

続きを読む "約40年に渡る学習塾の月謝推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時5分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

2017/05/19

50年近くに渡る乗用車価格の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)

もはや陳腐化した感すら否めない「若者の自動車離れ」なる言葉。若年層が自動車を乗らなくなった、買い求めなくなったとするものだが、原因は多種多様に及び、また自動車離れが生じているのは都市部在住者のみであるとの話もある。そしてその「自動車離れ」の最大の原因とされるのが「自動車の価格・維持費が高いため、若年層の購買力では維持できない」とするもの。そこで今回は【50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる】で用いた手法を流用する形で、総務省統計局における公開値【小売物価統計調査 調査結果】から各種計算を施し、自動車のお金周りの要素「本体価格」「維持費」のうち前者である価格の推移を確認していくことにする。

続きを読む "50年近くに渡る乗用車価格の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時17分長期価格・数値推移

70年近くに渡る大学授業料の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)

昨今では多くの人が通い卒業することになる大学。その修学費用に関して金額の負担の大きさが問題視される一方、かつて大学へ修学していた人たちによる「大学授業料位は自分の手で稼いだものだ」とする意見を少なからず見聞きするようになった。そこで今回は【50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる】で用いた手法を流用する形で、総務省統計局における公開値【小売物価統計調査 調査結果】から各種計算を施し、大学授業料の推移を確認していくことにする。

続きを読む "70年近くに渡る大学授業料の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時14分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

60年近くに渡るガス料金の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)

日常生活を営む上で電気同様欠かせないインフラの一つが「ガス」。最近ではIHなどを用いてガスを一切使わない(オール電化)世帯もあるが、今なおガスは生活の中で、特に料理や湯沸し用として欠かせない存在に違いない。そこで今回は【50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる】で抽出・算出した、総務省統計局における公開値【小売物価統計調査 調査結果】を用いて各種計算を施し、ガス料金の推移を確認していくことにする。

続きを読む "60年近くに渡るガス料金の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時12分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

60年近くに渡る電気料金の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)

近代的な日常生活を営む上では欠かせないエネルギーの一つが「電気」。家庭用で使われる電気の多くは、各電力会社が供給するものを用い、月次で使用した分だけ料金を支払うことになる。昨今では先の震災を経ての電力事情を受け、これまで以上に電気代(電気料金)への注目・関心が高まりつつある。そこで今回は【50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる】で用いた、総務省統計局による公開データ【小売物価統計調査 調査結果】を基に、電気料金の推移を確認していくことにする。

続きを読む "60年近くに渡る電気料金の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時10分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

70年近くに渡る映画観覧料推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)

【60年余りの間の映画館数の変化をグラフ化してみる】でも解説しているが、家庭用テレビの大型化やスマートフォンの普及、インターネット上の動画配信の高性能化に伴い、映画館の存在意義が大きく問われる時代が到来している。その過程で映画観覧料に関する論議も繰り返され、【高校生の映画料金1000円に値下げ、6月からTOHOシネマズで実施】を例に挙げるように多種多様な実証実験も行われている。それでは過去における映画観覧料はどのような推移を示していたのだろうか。今回は【50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる】を執筆した際に利用した、総務省統計局が公開中の【小売物価統計調査 調査結果】のデータを基に、動向を確認していくことにする。

続きを読む "70年近くに渡る映画観覧料推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時7分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

2017/05/18

60年近くに渡る民間・公営賃貸住宅の家賃推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)

当サイトで毎月更新している「新設住宅戸数動向」は新築住宅の建設動向を記したものだが、個人の買取の住宅(持家)や売り出し用の住宅(分譲住宅)以外に、貸し出し用の賃貸住宅(貸家)の新設の動きも反映されている。住まいの需要として賃貸住宅は未だ民間・公営共に大きな需要を持ち、その需要に応えるべく供給が行われている次第である。今回はその賃貸住宅の家賃について、【50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる】を執筆した際に使った、総務省統計局が公開している【小売物価統計調査 調査結果】の値を基に、その移り変わりを精査していくことにする。

続きを読む "60年近くに渡る民間・公営賃貸住宅の家賃推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時3分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

40年余の高速自動車国道料金の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)

日本全土を網羅する高速自動車道は、鉄道網・空路と共に日本の流通を支える大黒柱的存在の交通機関である。先の震災では東日本の随所で寸断されたものの、日本の動脈・静脈たるこれらを一刻も早く回復させるべく関係各方面が超人的な精力を傾け、魔法のようなスピードと仕上がりで復旧させたことは記憶に新しい。そしてその高速道を利用する料金も他の交通料金や商品価格同様、物価と共に上昇を続けている。今回は【50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる】を執筆した際に用いた、総務省統計局の【小売物価統計調査 調査結果】の公開値などを基に、その移り変わりを確認していくことにする。

続きを読む "40年余の高速自動車国道料金の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時1分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

60年近くに渡るバス・タクシー初乗り料金の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)

鉄道と共に地域を支える公共インフラ・公的交通機関の代表として知られるバス、そして私営ではあるがより汎用性・柔軟性が高いタクシー。両交通機関は日本社会全体の高齢化や地域の過疎化に伴い、これまで以上に注目を集めつつある。特にバスはコストパフォーマンスの面などで地方の鉄道路線が廃止された後の代替機関として運用されることも多く、さらに最近では【愛らしいリスの名前募集…JR東日本、気仙沼線・大船渡線BRTのキャラクター愛称募集中】で詳しく解説しているBRT(Bus Rapid Transit、バス高速輸送システム。バス専用道路を鉄道網のように作り上げ、その上でバスを運行する仕組み)も普及し始めている。今回はこの両交通機関の初乗り運賃(料金)を調べ、その変動を精査することにした。

続きを読む "60年近くに渡るバス・タクシー初乗り料金の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

4時58分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

2017/05/17

40年余りに渡る学校給食費の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)

運動会や文化祭、遠足のような非日常的イベントはもちろんだが、ほぼ毎日行われる学校行事においても、子供達にとって楽しみなことは多い。その一つが「学校給食」。毎日配膳される給食はバラエティ豊かで栄養にも配慮がなされたもの。毎月配られる献立表を見て、その内容を想像し、胸踊る気持ちになった経験を持つ人も多いはず。一方、その学校給食を利用している子供達自身はもちろん、その保護者にも、学校給食の費用(給食費)は気になる出費の一つではある。今回はその給食費について、過去からの価格推移を見ていくことにする。

続きを読む "40年余りに渡る学校給食費の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時21分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

過去70年近くにわたる主要たばこの価格推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)

月日の流れと共に物価も変動し、多種多様な商品の価格も変化を遂げていく。その価格動向をかいまみることで、生活の移り変わりや商品の特性を推し量ることができる。今回は各種商品の価格変移の中から、タスポ導入やたばこ税引上げに伴う価格のアップ、さらには主要販売店だったコンビニにおける立ち位置の変化、消費税率改定に伴う価格改定など、さまざまな動きを見せる「たばこ」の価格推移について見ていくことにする。

続きを読む "過去70年近くにわたる主要たばこの価格推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時19分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる(2017年)(最新)

時の流れと共に商品の流行り廃りは移り変わり、需要は変化していく。また原材料費をはじめとした生産コスト、さらには物流の仕組みも変化を遂げ、それも商品価格に大きな影響を与える。そのような物価の動向を概略的に推し量るのが消費者物価指数であり、先に【過去70年近くにわたる消費者物価の推移をグラフ化してみる】で示した通りの動きを示している。それでは具体的に、生活に身近な物品の価格はどれほどの変動を見せているのだろうか。区切りの良い半世紀、つまり50年前と現在の価格を比較してみることにした。

続きを読む "50年前の商品の価格を今の価格と比較してみる(2017年)(最新)"

5時16分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

2017/05/16

過去70年近くにわたる消費者物価の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)

商品やサービスの価格の上昇や下落は、日常生活では大きな関心事の一つ。継続的に購入する物品の上下を確認し続けることで、ある程度物価の状況は推し量れるが、定価の存在する商品は価格が日夜変動するわけでは無く、また個人ベースでの観察では限度があり、偏りも生じてしまう。そこである一定領域(国や自治体)を対象とし、多種多様な商品・サービス価格の動向を定点観察して、物価の動きを指数化した「消費者物価指数」について、今記事では長期間の動向の確認を行うことにする。

続きを読む "過去70年近くにわたる消費者物価の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時21分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

2017/01/25

60年余りの間の映画館数の変化をグラフ化してみる(2017年)(最新)

庶民の娯楽の代名詞的存在の一つ、映画館における映画観賞。独特の雰囲気の中で巨大なスクリーン上に展開される映像は、老若男女を問わず心を弾ませ、ときめかせてくれるもの。一方、インターネット技術の進歩と家庭用テレビの大型化・高解像度化、さらにはスマートテレビ化に伴い、映画鑑賞の観点における映画館の存在意義は確実に変化を示し、荒波の環境下にある。今回は一般社団法人日本映画製作者連盟が定期的に更新、公開している【日本映画産業統計】を基に、最新のデータに基づいた、日本の映画館数などの動向を確認していくことにする。

続きを読む "60年余りの間の映画館数の変化をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

11時29分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

2016/11/11

コンビニ四天王の売上高などをグラフ化してみる(2016年)(最新)

多種多様な商品だけでなく多彩なサービスを展開し、地域社会を支え、21世紀の「よろずや」的な立ち位置を確かなものとしつつあるコンビニエンスストア。日本では売上高の上でセブン-イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスが上位を占めているが、今サイトではこの4コンビニを「コンビニ四天王」と呼んでいる。今回はローソンが2016年11月10日までに発表した【統合報告書2016】などを基に、この「コンビニ四天王」を中心としたコンビニの売上高動向を精査していくことにする。

続きを読む "コンビニ四天王の売上高などをグラフ化してみる(2016年)(最新)"

5時19分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事



(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN