2011/07/10

【更新】新聞や雑誌購読が減り、ネットアクセスが増える…サラリーマンのメディア接触時間の変化

先に【ついに4万円台を大きく割り込む・「減った」11.5%「増えた」は6.4%-2011年のサラリーマンのこづかい事情】などで、新生銀行グループの新生フィナンシャル(旧GE Money)が2011年6月27日に発表した、2011年におけるサラリーマンのおこづかい調査の結果を、内容を多方面の切り口から確認、記事化した。今年の調査では経年発表で対象とされた項目のいくつかが消え、代わりに新規の調査項目などが加わっている。そこで今回も【若年層パート・アルバイトのこづかい事情をグラフ化してみる(2011年版)】同様に、以前の追跡記事では対象にしなかった項目について、掘り下げることにする。具体的にはお金から少々離れる話題となるが、「この一年間でメディア方面においてかける時間(視聴する時間)が減ったもの、増えたもの」についてである(【発表リリース】)。

続きを読む "【更新】新聞や雑誌購読が減り、ネットアクセスが増える…サラリーマンのメディア接触時間の変化"

7時54分サラリーマン小遣い調査

2011/07/09

【更新】サラリーマンが今後増やしたい時間、「趣味」に「睡眠」、「家族との時間」

2011年6月30日に掲載した記事【ついに4万円台を大きく割り込む・「減った」11.5%「増えた」は6.4%-2011年のサラリーマンのこづかい事情】などにおいて、新生銀行グループの新生フィナンシャル(旧GE Money)が同年6月27日に公開した、2011年時点での「サラリーマンのおこづかい」調査の結果を、多方面の切り口から確認、分析した。今回は【若年層パート・アルバイトのこづかい事情をグラフ化してみる(2011年版)】同様に、過去の追跡記事ではスポットライトを当てなかった項目に関して、掘り下げることにする。具体的にはお金から少々離れる話題となるが、「この一年間でかける時間が減ったもの、増えたもの、今後ふやしたいもの」についてである(【発表リリース(PDF)】)。

続きを読む "【更新】サラリーマンが今後増やしたい時間、「趣味」に「睡眠」、「家族との時間」"

7時9分サラリーマン小遣い調査

2011/07/08

【更新】女性に強い年金不安感、男性非正規社員は「あきらめ」感も?

先に掲載した記事【ついに4万円台を大きく割り込む・「減った」11.5%「増えた」は6.4%…2011年のサラリーマンのこづかい事情】などにおいて、新生銀行グループの新生フィナンシャル(旧GE Money)が2011年6月27日に発表した、2011年時点でのサラリーマンのおこづかい調査の結果を基に、複数の視点から確認すると共に、精査を加えて記事にした。今回は今年から新たに加わった項目や以前の記事では取り上げなかった項目のうち、「お金周りの考えで、この一年の間に考えるようになったり、行動をしはじめたもの」について状況の把握をしていくことにする(【発表リリース】)。

続きを読む "【更新】女性に強い年金不安感、男性非正規社員は「あきらめ」感も?"

6時35分サラリーマン小遣い調査

2011/07/06

【更新】昼食スタイルにも現れる、非正規社員のお財布事情

コンビニのパンコーナー先に【ついに4万円台を大きく割り込む・「減った」11.5%「増えた」は6.4%-2011年のサラリーマンのこづかい事情】などで、新生銀行グループの新生フィナンシャル(旧GE Money)が2011年6月27日に発表した、2011年におけるサラリーマンのおこづかい調査の結果を、内容を多方面の切り口から確認、記事化した。今年の調査では経年発表で対象とされた項目のいくつかが消え、代わりに新規の調査項目などが加わっている。今回も【若年層パート・アルバイトのこづかい事情をグラフ化してみる(2011年版)】同様に、以前の追跡記事では対象にしなかった項目について、掘り下げることにする。具体的には「若年層における昼食のスタイル」についてである(【発表リリース】)。

続きを読む "【更新】昼食スタイルにも現れる、非正規社員のお財布事情"

12時0分サラリーマン小遣い調査

【更新】小遣い銭を握った手をじっと見る…生活のゆとり感を小遣い面から眺めてみる(2011年版)

空の財布先に【ついに4万円台を大きく割り込む・「減った」11.5%「増えた」は6.4%-2011年のサラリーマンのこづかい事情】などで、新生銀行グループの新生フィナンシャル(旧GE Money)が2011年6月27日に発表した、2011年におけるサラリーマンのおこづかい調査の結果を、内容を多方面の切り口から確認した。今年の調査では経年発表で対象とされた項目のいくつかが消え、代わりに新規の調査項目などが加わっている。今回も以前の追跡記事では対象にしなかった項目について、掘り下げることにする。具体的には「小遣い面から見た、生活のゆとり感」についてである(【発表リリース】)。

続きを読む "【更新】小遣い銭を握った手をじっと見る…生活のゆとり感を小遣い面から眺めてみる(2011年版)"

5時16分サラリーマン小遣い調査

2011/07/05

【更新】若年層パート・アルバイトのこづかい事情をグラフ化してみる(2011年版)

こづかい先に【ついに4万円台を大きく割り込む・「減った」11.5%「増えた」は6.4%-2011年のサラリーマンのこづかい事情】などで、新生銀行グループの新生フィナンシャル(旧GE Money)が2011年6月27日に発表した、2011年におけるサラリーマンのおこづかい調査の結果を、内容を多方面の切り口から確認した。今年の調査では経年発表で対象とされた項目のいくつかが消え、代わりに新規の調査項目などが加わっている。そこで何回かに分けて、それら新規項目のうち興味をそそられるものを取り上げてみることにしよう。今回は「20-30代のパート・アルバイトにおけるこづかい事情」についてである(【発表リリース(PDF)】)。

続きを読む "【更新】若年層パート・アルバイトのこづかい事情をグラフ化してみる(2011年版)"

6時41分サラリーマン小遣い調査

2010/06/21

【更新】家計の主導権、「全体では」サラリーマンが過半数・夫婦層では「妻が財布」に変わりはないが……

新生銀行グループの新生フィナンシャル(旧GE Money)が2010年6月8日に発表した「サラリーマンの小遣い調査」によると、2010年の男性サラリーマン世帯(独身・既婚合わせて)において、「自分(サラリーマン)が家計の主導権を握っている」と回答した人は全体で6割強に達していることが明らかになった。「妻・パートナー」という回答は約3割強に留まっている。しかし既婚者の多い「高年齢層」や「子どもあり世帯」では「自分」の主導権回答は少数派で、夫婦世帯における家計の主導権は「妻・パートナー」にあることが多いように見える。ただし昨年2009年の結果と比べると、「自分」の回答率が全項目で増加しており、サラリーマンの家計主導権が強くなっているようだ(【該当資料発表ページ】)。

続きを読む "【更新】家計の主導権、「全体では」サラリーマンが過半数・夫婦層では「妻が財布」に変わりはないが……"

6時26分サラリーマン小遣い調査

2009/06/20

【更新】サラリーマン 資産運用 約半数 目的「今」より「老後」の傾向

新生銀行グループの新生フィナンシャル(旧GE Money)が2009年6月4日に発表した「サラリーマンの小遣い調査」によると、2009年の男性サラリーマン世帯において、資産運用をしている人の割合は約半数であることが分かった。運用方法としては株式投資が一番多く、投資信託が続いている。また、資産運用目的としては「今の生活の充実」がもっとも回答率が高いものの、1年前の同様調査と比べると大幅にその数を減らし、逆に「老後」の備えに関する項目への回答率が増加している傾向が顕著なものとなった([該当資料発表ページ])。

続きを読む "【更新】サラリーマン 資産運用 約半数 目的「今」より「老後」の傾向"

10時10分サラリーマン小遣い調査



(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS