2016/08/03

飲み代から昼食代へ…40年近くに渡るサラリーマンのおこづかい対策推移をグラフ化してみる(2016年)(最新)

いくらでも好きなだけのおこづかいが使える立場にある人はごく少数に過ぎず、特に日本の就業者の大部分を占めるサラリーマンは厳しいお財布事情の中にある。欲しいものは次々沸いてくるが、使えるお金は限られる。それではおこづかい対策として、どのような分野の出費を節約しているのだろうか。その数十年に渡る節約推移を、おこづかい動向を中心にサラリーマンのライフスタイルを定点観測している、新生銀行の「サラリーマンのお小遣い調査」、及び2012年に発表したその調査の中長期的な集約レポート「サラリーマンのお小遣い調査30年白書」から、確認していくことにする(【新生銀行・おこづかい調査一覧】)。

続きを読む "飲み代から昼食代へ…40年近くに渡るサラリーマンのおこづかい対策推移をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

5時20分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

サラリーマンの昼食時間の変化をグラフ化してみる(2016年)(最新)

一日のほとんどを職場で過ごすことになるサラリーマンにとって、数少ない憩いのひとときが、お昼休みの間に取る食事の時間こと昼食時間。それでは昼食時間は、昔も今もその長さに変化は無いのだろうか。それとも昼食スタイルの変化や食事そのものの移り変わりと共に、変わり映えを見せているのだろうか。今回はおこづかい動向を中心にサラリーマンのライフスタイルを長年に渡って定点観測している、新生銀行の「サラリーマンのお小遣い調査」、及び2012年に発表したその調査の中長期的な集約レポート「サラリーマンのお小遣い調査30年白書」を基に、公開されている範囲での動向を探ることにする(【新生銀行・おこづかい調査一覧】)。

続きを読む "サラリーマンの昼食時間の変化をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

5時18分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

2016/08/02

40年近くのサラリーマン昼食代推移をグラフ化してみる(2016年)(最新)

先行する記事【前年比でわずかな上昇なれど4万円には届かず…2016年のサラリーマンこづかい事情(2016年)(最新)】など複数の記事で解説した通り、新生銀行は2016年6月29日付でサラリーマンのこづかい事情などを解説する、年一回のペースによる定点観測調査の報告書「サラリーマンのお小遣い調査」最新版を発表した。一方同社では2012年に同調査の長期間に渡る動向を確認できる白書「サラリーマンのお小遣い調査30年白書」を公開しており、昔からの調査結果を知ることができる。そこで今回はそれらの値を用い、長期的な視野で見たサラリーマンの昼食代の推移を精査していくことにする(【新生銀行・おこづかい調査一覧】)。

続きを読む "40年近くのサラリーマン昼食代推移をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

13時22分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

40年近くのサラリーマンおこづかい推移をグラフ化してみる(2016年)(最新)

【前年比でわずかな上昇なれど4万円には届かず…2016年のサラリーマンこづかい事情(2016年)(最新)】などにある通り、新生銀行は2016年6月29日付でサラリーマンのこづかい事情などを解説する定点観測調査報告書「サラリーマンのお小遣い調査」の最新版を発表した。一方同社では2012年に同調査の長期間に渡る動向を確認可能な白書を公開しており、昔からの調査結果を知ることができる。そこで今回はそれらの値を用い、長期的な視野で見たサラリーマンのおこづかいの推移を精査していくことにする(【新生銀行・おこづかい調査一覧】)。

続きを読む "40年近くのサラリーマンおこづかい推移をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

12時50分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

2016/07/06

パート・アルバイトのこづかいと昼食事情を探る(2016年)(最新)

【2016年のサラリーマンこづかい事情】をはじめ複数の記事で、新生銀行の定点観測的調査報告書「サラリーマンのお小遣い調査」の最新版をもとに、多方面から会社員のおこづかい事情の状況確認を行った。今調査報告書では今年分においては、会社員以外にパート・アルバイトの状況も簡易的ながら公開されている。そこで今回はそれらのデータを元に、現在のパート・アルバイトの人達のこづかいや昼食事情を探ることにする(【発表リリース:男性会社員のお小遣いは過去3番目に低い金額-「2016年サラリーマンのお小遣い調査」結果について】)。

続きを読む "パート・アルバイトのこづかいと昼食事情を探る(2016年)(最新)"

10時7分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

サラリーマンの消費税負担心情とその対応策を探る(2016年)(最新)

2014年4月から消費税率は従来の5%から8%に引き上げられ、また今度は10%に引き上げるとの論議が交わされている。当然消費者の一員でもあるサラリーマンのふところ事情も、税率アップと共に厳しさを増すことになる。この実態感について、サラリーマンの小遣い事情を中心に活動様式を定点観測的に調査している、新生銀行の「サラリーマンのお小遣い調査」の最新版報告書をもとに確認していくことにする(【発表リリース:男性会社員のお小遣いは過去3番目に低い金額-「2016年サラリーマンのお小遣い調査」結果について】)。

続きを読む "サラリーマンの消費税負担心情とその対応策を探る(2016年)(最新)"

5時11分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

外飲み? 家飲み? お酒はダメ!? 会社員の「仕事の後の一杯」事情(2016年)(最新)

就業者にとって昼食時間と共に数少ない憩いの時間が「居酒屋などでの飲み」。ちょっとした料理の味を楽しみながら、日頃の疲れをお酒で晴らす、息抜きとして多くの人が堪能している。一方、最近ではお酒や料理を自宅で用意し、居酒屋的な気分を自宅で味わう「家飲み」も注目されるようになった。今回は新生銀行の定点観測的調査報告書「サラリーマンのお小遣い調査」の最新版をもとに、経験している人は多いものの、全体的な状況は把握しにくい、会社員の飲み事情を確認していくことにする(【発表リリース:男性会社員のお小遣いは過去3番目に低い金額-「2016年サラリーマンのお小遣い調査」結果について】)。

続きを読む "外飲み? 家飲み? お酒はダメ!? 会社員の「仕事の後の一杯」事情(2016年)(最新)"

5時5分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

意外に気になるお昼のお食事時間事情(2016年)(最新)

朝から夕方までの就業時間中、唯一まとまった長さの休みが取れるのが昼食も含めたランチタイムの時間。その名の通り昼食を取るのはもちろんだが、ちょっとした休息を取る、気分転換を図るなど、午前中までの働きの疲れをいやし、午後からの就業に備えて鋭気を養う時間でもある。そのランチタイム時間に、就業者達はどの位の時間を費やして食事をこなしているのだろうか。サラリーマンのこづかい事情を中心に活動様式を探る、新生銀行の定点観測的調査報告書「サラリーマンのお小遣い調査」の最新版をもとに、その謎(!?)に迫ることにする(【発表リリース:男性会社員のお小遣いは過去3番目に低い金額-「2016年サラリーマンのお小遣い調査」結果について】)。

続きを読む "意外に気になるお昼のお食事時間事情(2016年)(最新)"

5時3分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

2016/07/05

ちょっと気になる女性会社員のお小遣い、昼食事情(2016年)(最新)

これまで新生銀行が2016年6月29日に発表した、定点観測的なサラリーマンのおこづかい事情に関する年次報告書の最新版「2016年サラリーマンのお小遣い調査」をもとに、多方面からサラリーマンの日常生活をお小遣いの観点で確認した。今回は同資料に掲載されている女性会社員の動向の中から、おこづかい額と昼食事情について精査を行うことにする。報告書そのものが本来「サラリーマン」を対象としたものであり、女性会社員に関する記述はさほど細かくは無かったのだが、2015年分からは男女並列で語られるようになり、時代の流れを覚えることができる(【発表リリース:男性会社員のお小遣いは過去3番目に低い金額-「2016年サラリーマンのお小遣い調査」結果について】)。

続きを読む "ちょっと気になる女性会社員のお小遣い、昼食事情(2016年)(最新)"

5時10分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

昼食削って飲みを減らしてお弁当持参して…サラリーマンのこづかい防衛作戦(2016年)(最新)

多くのサラリーマンにとってこづかいはもっとも身近で、自分自身に大きな直接的影響を与える金銭問題となる。そのこづかいが自分の望む額でない場合(大抵の場合願望は満たされることは無く、そして人の欲望は天井知らずである)、多種多様な工夫を凝らし、節約をすることになる。今回は新生銀行が毎年発表している、サラリーマンのおこづかい事情を調査した定点観測の報告書の最新版にあたる「2016年サラリーマンのお小遣い調査」などを元に、サラリーマンにおけるこづかいの防衛作戦の実態を見ていくことにする(【発表リリース:男性会社員のお小遣いは過去3番目に低い金額-「2016年サラリーマンのお小遣い調査」結果について】)。

続きを読む "昼食削って飲みを減らしてお弁当持参して…サラリーマンのこづかい防衛作戦(2016年)(最新)"

5時7分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

前年600円台から再び500円台へ…サラリーマンの昼食代事情(2016年)(最新)

多くのサラリーマンにとって「昼食代」は自分のこづかいの出費先として、そして数少ないお楽しみの時間を充足させる重要な要素として、注目に値する金銭的な要素に違いない。ある意味テレビや新聞で見聞きする数々の経済的な指標以上に身近で生活に密着する、ウェイトの大きな金銭面での数字ともいえよう。今回は新生銀行が毎年定点観測的に調査・報告をしている「サラリーマンのお小遣い調査」の最新版(2016年6月29日発表)などを元に、そのサラリーマンの昼食代事情について、少し掘り下げる形で経年変化や属性別の動向を確認していくことにする(【発表リリース:男性会社員のお小遣いは過去3番目に低い金額-「2016年サラリーマンのお小遣い調査」結果について】)。

続きを読む "前年600円台から再び500円台へ…サラリーマンの昼食代事情(2016年)(最新)"

5時5分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

2016/07/04

サラリーマンのゆとり感をおこづかい面から眺めてみる(2016年)(最新)

心理的な状態の一形態を表す「ゆとり」との言葉は、それに付随する文言により多種多様な意味合いを持つ。物事の考え方、他人とのやりとりにおける精神面、そして金銭勘定の上での余裕のあるなし。今回は新生銀行が毎年定点観測的に調査発表している「サラリーマンのお小遣い調査」の最新版(2016年6月29日発表)をもとに、「おこづかい」の観点からサラリーマン諸氏のゆとり感を確認していくことにする(【発表リリース:男性会社員のお小遣いは過去3番目に低い金額-「2016年サラリーマンのお小遣い調査」結果について】)。

続きを読む "サラリーマンのゆとり感をおこづかい面から眺めてみる(2016年)(最新)"

11時12分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

持参弁当率35%…サラリーマンのこづかいと昼食代の微妙な関係(2016年)(最新)

多くのサラリーマンにとって昼食は欠かせないイベント。空腹のままでは就業を続けるのは困難に違いなく、第一不健康に他ならない。また時間の区切り的にもランチタイムは良い息抜きとなるのは言うまでもない。その昼食事情を含め、多方面からサラリーマンのお財布事情を調査した定点観測的調査レポート「サラリーマンのお小遣い調査」の最新版が2016年6月29日付で、新生銀行から発表された。今回はその資料を基に、多方面からサラリーマンのお小遣いと昼食代の関係について精査を試みていくことにする(【発表リリース:男性会社員のお小遣いは過去3番目に低い金額-「2016年サラリーマンのお小遣い調査」結果について】)。

続きを読む "持参弁当率35%…サラリーマンのこづかいと昼食代の微妙な関係(2016年)(最新)"

10時26分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

し好品代が大きくプラス…サラリーマンのおこづかい内部事情(2016年)(最新)

サラリーマンが直接、そして自分自身にもっとも大きな影響を与える金銭のやり取りといえば「おこづかい」に他ならない。そのお小遣いの使い道として一番欠かせないものは「昼食代」であるとの実態が、新生銀行が2016年6月29日に発表した、定点観測的な調査「サラリーマンのお小遣い調査」の最新版で明らかになった。今回はこの調査結果から、最重要視されている昼食代も含め、サラリーマンのお小遣いの消費実態について確認をしていくことにする(【発表リリース:男性会社員のお小遣いは過去3番目に低い金額-「2016年サラリーマンのお小遣い調査」結果について】)。

続きを読む "し好品代が大きくプラス…サラリーマンのおこづかい内部事情(2016年)(最新)"

5時9分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

前年比でわずかな上昇なれど4万円には届かず…2016年のサラリーマンこづかい事情(2016年)(最新)

日本の就労者の就業職種のうち少なからぬ割合を占めるサラリーマンにおける生活様式は、それらの人々自身はもちろん、日本の社会全体の状況を推し量る一つのバロメーターになる。新生銀行では毎年1回、このサラリーマン(など)の日常生活に関する調査「サラリーマンのお小遣い調査」を行い、その結果を報告書として発表している。今回はその最新版にあたる、2016年6月29日に発表した「2016年サラリーマンのお小遣い調査」の結果などを元に、直近、そして近年におけるサラリーマンの小遣い事情を確認していくことにする(【発表リリース:男性会社員のお小遣いは過去3番目に低い金額-「2016年サラリーマンのお小遣い調査」結果について】)。

続きを読む "前年比でわずかな上昇なれど4万円には届かず…2016年のサラリーマンこづかい事情(2016年)(最新)"

5時6分サラリーマン小遣い調査, 逐次新値反映記事

2015/07/18

飲み代から昼食代へ…30年余りに渡るサラリーマンのお小遣い対策推移をグラフ化してみる(2015年)

いくらでも好きなだけのおこづかいが使える立場にある人はごく少数に過ぎず、特に日本の就業者の大部分を占めるサラリーマンは厳しいお財布事情の中にある。欲しいものは次々沸いてくるが、使えるお金は限られる。それではおこづかい対策として、どのような分野の出費を節約しているのだろうか。その数十年に渡る節約推移を、おこづかい動向を中心にサラリーマンのライフスタイルを定点観測している、新生銀行の「サラリーマンのお小遣い調査」、及び2012年に発表したその調査の中長期的な集約レポート「サラリーマンのお小遣い調査30年白書」から、確認していくことにする(【新生銀行・おこづかい調査一覧】)。

続きを読む "飲み代から昼食代へ…30年余りに渡るサラリーマンのお小遣い対策推移をグラフ化してみる(2015年)"

19時0分サラリーマン小遣い調査, noindex

サラリーマンの昼食時間の変化をグラフ化してみる(2015年)

一日のほとんどを職場で過ごすことになるサラリーマンにとって、数少ない憩いのひとときが、お昼休みの間に取る食事の時間こと昼食時間。それでは昼食時間は、昔も今もその長さに変化は無いのだろうか。それとも昼食スタイルの変化や食事そのものの移り変わりと共に、変わり映えを見せているのだろうか。今回はおこづかい動向を中心にサラリーマンのライフスタイルを長年に渡って定点観測している、新生銀行の「サラリーマンのお小遣い調査」、及び2012年に発表したその調査の中長期的な集約レポート「サラリーマンのお小遣い調査30年白書」を基に、公開されている範囲での動向を探ることにする(【新生銀行・おこづかい調査一覧】)。

続きを読む "サラリーマンの昼食時間の変化をグラフ化してみる(2015年)"

14時0分サラリーマン小遣い調査, noindex

40年近くのサラリーマン昼食代推移をグラフ化してみる(2015年)

先行する記事【前年比で2000円近い下げ…2015年のサラリーマンこづかい事情(2015年)(最新)】など複数の記事で解説した通り、新生銀行は2015年6月29日付でサラリーマンのこづかい事情などを解説する、年一回のペースによる定点観測調査の報告書「サラリーマンのお小遣い調査」最新版を発表した。一方同社では2012年に同調査の長期間に渡る動向を確認できる白書「サラリーマンのお小遣い調査30年白書」を公開しており、昔からの調査結果を知ることができる。そこで今回はそれらの値を用い、長期的な視野で見たサラリーマンの昼食代の推移を精査していくことにする(【新生銀行・おこづかい調査一覧】)。

続きを読む "40年近くのサラリーマン昼食代推移をグラフ化してみる(2015年)"

11時0分サラリーマン小遣い調査, noindex

2015/07/16

40年近くのサラリーマンおこづかい推移をグラフ化してみる(2015年)

【前年比で2000円近い下げ…2015年のサラリーマンこづかい事情(2015年)(最新)】などにある通り、新生銀行は2015年6月29日付でサラリーマンのこづかい事情などを解説する定点観測調査報告書「サラリーマンのお小遣い調査」の最新版を発表した。一方同社では2012年に同調査の長期間に渡る動向を確認可能な白書を公開しており、昔からの調査結果を知ることができる。そこで今回はそれらの値を用い、長期的な視野で見たサラリーマンのおこづかいの推移を精査していくことにする(【新生銀行・おこづかい調査一覧】)。

続きを読む "40年近くのサラリーマンおこづかい推移をグラフ化してみる(2015年)"

10時0分サラリーマン小遣い調査, noindex

2015/07/09

パート・アルバイトのこづかいと昼食事情を探る(2015年)

【2015年のサラリーマンこづかい事情】をはじめ複数の記事で、新生銀行の定点観測的調査報告書「サラリーマンのお小遣い調査」の最新版をもとに、多方面から会社員のおこづかい事情の状況確認を行った。今調査報告書では今年分においては、会社員以外にパート・アルバイトの状況も簡易的ながら公開されている。そこで今回は、それらのデータを元に、現在のパート・アルバイトの人達のこづかいや昼食事情を探ることにする(【発表リリース:男性会社員のお小遣いは過去2番目に低い金額-「2015年サラリーマンのお小遣い調査」結果について】)。

続きを読む "パート・アルバイトのこづかいと昼食事情を探る(2015年)"

11時0分サラリーマン小遣い調査, noindex



(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN