2015/09/07

テレビを観ながら携帯操作、調べものをしたり実況したり…テレビと携帯のながら実情を探る(2015年)

博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所は2015年8月18日、毎年公開している「メディア定点調査」の最新版となる2015年版に関して、先の7月7日付で発表した概要資料とは別の「メディア定点調査・2015最新セミナー プレゼンテーションレポート」を公開した。今回はこの公開資料を元に、従来型携帯電話やスマートフォンから成る携帯電話と、テレビとの「ながら視聴」の現状を確認していくことにする(【発表リリース:「メディア定点調査・2015最新セミナー プレゼンテーションレポート」公開】)。

続きを読む "テレビを観ながら携帯操作、調べものをしたり実況したり…テレビと携帯のながら実情を探る(2015年)"

8時21分博報堂・メディア定点調査

2015/07/26

動画、検索、ショッピングはほぼ同率…スマホとタブレット型端末のサービス別利用状況を確認していく(2015年)(最新)

今や全体普及率が7割に近づくスマートフォンや、急速に浸透を進めているタブレット型端末は、機器そのものが有する機能はもちろんのこと、インターネットと接続してサービスを利用することで、多種多様な便益を得られる道具となる。これまで他の機器で独立していた機能が一つの端末に集約されるのだから、これほど便利なものは無い。今回は2015年7月7日付で博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所が発表した、メディアすう勢を推し量る指針となる定点観測データが豊富に盛り込まれた「メディア定点調査」の最新版「メディア定点調査2015」(抜粋版)から、スマートフォン・タブレット型端末それぞれの所有者における、機能やサービスの利用状況を確認していく(【発表リリース:メディア環境研究所「メディア定点調査2015」時系列分析】)。

続きを読む "動画、検索、ショッピングはほぼ同率…スマホとタブレット型端末のサービス別利用状況を確認していく(2015年)(最新)"

12時32分博報堂・メディア定点調査, 逐次新値反映記事

2015/07/12

スマートフォン所有率は69%、タブレットは28%にまで躍進(2015年)

2015年7月7日付で博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所が発表した、メディアすう勢を推し量る指針となる定点観測データが豊富に盛り込まれた「メディア定点調査」の最新版「メディア定点調査2015」(抜粋版)では、デジタル系、あるいはインターネットアクセス機器として昨今急速な浸透を示しているスマートフォンなどの所有(&利用)状況に関するデータも多数確認できる。今回はそれらの動きを介し、スマートフォンの所有状況推移などを確認していくことにする(【発表リリース:メディア環境研究所「メディア定点調査2015」時系列分析】)。

続きを読む "スマートフォン所有率は69%、タブレットは28%にまで躍進(2015年)"

15時0分博報堂・メディア定点調査, noindex

携帯・スマホで2割超え、PC減るもタブレット型端末が補完…メディア接触時間推移(2015年)

先日博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所が発表した、同所が定点観測的に行っている「メディア定点調査」の最新版「メディア定点調査2015」(抜粋版)では、携帯電話(従来型携帯電話、スマートフォンの双方を含む。以下同)の利用時間の大幅な拡大、パソコン(PC)の利用時間の減退、タブレット型端末の意外な利用時間の長さ、4大従来メディアではいずれもが時間を短縮したことなどが明らかにされた。今回はその経年変化を確認し、人々のメディア接触時間の変化とライフスタイルの変容を推し量ることにする(【発表リリース:メディア環境研究所「メディア定点調査2015」時系列分析】)。

続きを読む "携帯・スマホで2割超え、PC減るもタブレット型端末が補完…メディア接触時間推移(2015年)"

11時0分博報堂・メディア定点調査, noindex

テレビは4割を切り、タブレット型端末と従来型携帯・スマホで1/4を超える……メディア接触時間推移(2015年)

博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所は2014年7月7日付で、毎年初頭に調査を実施している「メディア定点調査」の最新版となる「メディア定点調査2015」の抜粋編を発表した。その内容によれば調査対象母集団においては、主要メディアを累計したメディア全体の接触時間は、若年層と高齢者(シニア層)が長く、中堅層は短めの傾向を示していることが分かった。また各メディアそれぞれに対する接触時間(視聴、購読など)は年齢階層毎に大きな違いがあり、「男性は40代まで、女性は30代までの若年層はパソコンやモバイル機によるインターネット接続の時間の方が長い」「20代女性は全属性中最長のメディア接触時間を有しているが、その過半はパソコンやモバイル機などによるインターネット接続が主要因」「男性は60代以上、女性は50代以上はテレビを3時間以上観ている」など、昨今のメディア事情を顕著に表す傾向が多数見受けられる結果が確認できる(【発表リリース:メディア環境研究所「メディア定点調査2015」時系列分析】)。

続きを読む "テレビは4割を切り、タブレット型端末と従来型携帯・スマホで1/4を超える……メディア接触時間推移(2015年)"

5時0分博報堂・メディア定点調査, noindex

2014/06/19

「携帯やスマホ操作しながらテレビ観る」62.9%(2014年)

機動性が高く多種多様な情報の出し入れが可能なスマートフォン、さらにそのスマホで便宜性がグンと高まるコミュニケーションサービスのソーシャルメディアの普及に伴い、「スマホ」「ソーシャルメディア」と他メディアとの組み合わせによる連動性、相乗効果を狙う動きが活発化している。中でも不特定多数が容易に利用でき、受動的要素が大きいテレビは、一番の連動可能性が高い媒体として注目を集めている。番組を観ながらのいわゆる「実況」は誰もが一度ならずとも経験しているはずだ。今回は2014年6月10日付で博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所が発表した「メディア定点調査」の最新版にあたる「メディア定点調査・2014」(抜粋版)をもとに、ソーシャルメディアの利用現状、そしてソーシャルメディアとテレビメディアとの連動関係などについて確認をしていくことにする(【発表リリース:博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2014」】)。

続きを読む "「携帯やスマホ操作しながらテレビ観る」62.9%(2014年)"

11時30分博報堂・メディア定点調査

2014/06/18

スマートフォン所有率は59%、タブレットは21%にまで躍進(2014年)

2014年6月10日付で博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所が発表した、メディアすう勢を推し量る指針となる定点観測データが豊富に盛り込まれた「メディア定点調査」の最新版「メディア定点調査・2014」(抜粋版)では、デジタル系、あるいはインターネットアクセス機器として昨今急速な浸透を示しているスマートフォンなどの所有(&利用)状況に関するデータも多数確認できる。今回はそれらの動きを介し、スマートフォンの所有状況推移などを確認していくことにする(【発表リリース:博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2014」】)。

続きを読む "スマートフォン所有率は59%、タブレットは21%にまで躍進(2014年)"

11時0分博報堂・メディア定点調査, noindex

2014/06/17

携帯・スマホで2割近く、PC減るもタブレットが補完…メディア視聴時間推移(2014年)

先日博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所が発表した、同所が定点観測的に行っている「メディア定点調査」の最新版「メディア定点調査・2014」(抜粋版)では、携帯電話(従来型携帯電話、スマートフォンの双方を含む。以下同)の利用時間の大幅な拡大、パソコン(PC)の利用時間の減退、タブレット端末の意外な利用時間の長さ、4大従来メディアではテレビが時間的にはやや伸びたものの、他の3メディアが大きくその長さを減らしたことなどが明らかにされた。今回はその経年変化を確認し、人々のメディア接触時間の変化とライフスタイルの変容を推し量ることにする(【発表リリース:博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2014」】)。

続きを読む "携帯・スマホで2割近く、PC減るもタブレットが補完…メディア視聴時間推移(2014年)"

11時0分博報堂・メディア定点調査, noindex

2014/06/16

モバイルは大きく増加、ラジオ・新聞・雑誌は減少中…メディア接触時間推移(2014年)

博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所は2014年6月10日付で、毎年初頭に調査を実施している「メディア定点調査」の最新版となる「メディア定点調査・2014」の抜粋編を発表した。その内容によれば調査対象母集団においては、主要メディアを累計したメディア全体の接触時間は、若年層と高齢者(シニア層)が長く、中堅層は短めの傾向を示していることが分かった。また各メディアそれぞれに対する接触時間(視聴、購読など)は年齢階層毎に大きな違いがあり、「男性は40代まで、女性は20代までの若年層はパソコンやモバイル機によるインターネット接続の時間の方が長い」「20代男性は全属性中最長のメディア接触時間を有しているが、その過半はパソコンやモバイル機などによるインターネット接続が主要因」「男性は60代以上、女性は40代以上はテレビを3時間以上観ている」など、昨今のメディア事情を顕著に表す傾向が多数見受けられる結果が確認できる(【発表リリース:博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2014」】)。

続きを読む "モバイルは大きく増加、ラジオ・新聞・雑誌は減少中…メディア接触時間推移(2014年)"

8時0分博報堂・メディア定点調査, noindex

2013/06/20

「ケータイ操作しながらテレビ観る」48.7%(2013年)

博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所が2013年6月10日に同所公式サイトで公開した、「メディア定点調査」の最新版「2013」(の抜粋編)では、テレビなどの既存メディアと、新メディアの代表格である携帯電話、特にスマートフォンそれぞれ、あるいは双方の関連性の調査の結果が掲載されている。今回はその中から、携帯電話やスマートフォン、そしてテレビとの関係について見ていくことにする(【発表リリース:博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2013」】)。

続きを読む "「ケータイ操作しながらテレビ観る」48.7%(2013年)"

7時55分博報堂・メディア定点調査, noindex

2013/06/16

スマートフォン所有率は45.0%、女性は30代まで過半数(2013年)

先日掲載した【さらに増加のモバイル利用、減るテレビとPC……メディアへの接触時間推移をグラフ化してみる(2013年発表版)】にもある通り、博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所は2013年6月10日、毎年恒例調査・発表をしている「メディア定点調査」の最新版「2013」の抜粋編を発表した。その内容によれば調査対象母集団においては、スマートフォンの所有率は45.0%であることが分かった。前年同調査から10%ポイント以上もの伸びを示している。また若年層は特に所有率が高く、男性は20代まで、女性は30代までが過半数に達している結果が出ている(【発表リリース:博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2013」】)。

続きを読む "スマートフォン所有率は45.0%、女性は30代まで過半数(2013年)"

15時0分博報堂・メディア定点調査, noindex

2013/06/14

携帯だけで14.3%、PC減少続く…メディア視聴時間推移(2013年)

博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所では2013年6月10日に同所公式サイトにおいて、毎年2月に実施している「メディア定点調査」の最新版「メディア定点調査・2013」の抜粋編を公開した。その内容によれば、メディアの接触時間は今年も去年から継続する形で、ほんのわずかではあるが増加したものの、事実上はほぼ頭打ちの状態にあることが確認された。また携帯電話(一般携帯電話以外にスマートフォンを含む、以下同)からのインターネット接続時間が大きく伸びる一方、テレビやパソコンの利用時間が減る動きを示している(【発表リリース:博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2013」】)。

続きを読む "携帯だけで14.3%、PC減少続く…メディア視聴時間推移(2013年)"

14時45分博報堂・メディア定点調査, noindex

2013/06/12

さらに増加のモバイル利用、減るテレビとPC…メディア接触時間推移(2013年)

博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所は2013年6月10日、毎年2月に実施の「メディア定点調査」の最新版「メディア定点調査・2013」の抜粋編を発表した。それによると調査対象母集団においては、主要メディア全体の接触時間は、若年層と高齢者(シニア層)が長く、中堅層は短めの傾向を示していることが分かった。また各メディアそれぞれに対する接触時間(視聴、購読など)は年齢階層毎に大きな違いがあり、「20代男性はテレビの視聴時間以上の時間をパソコンでネットに接続している」「男性は10代から30代・女性は10代から20代で、テレビよりもパソコンと携帯電話を合わせたインターネットへの接続時間が長い」「10代・20代は携帯電話からのインターネット接続時間が長め」「20代男性は全年齢層で最長時間のメディア接触時間を記録しているが、パソコン・携帯電話経由のインターネット利用が主な原因」など、昨今のメディア事情を顕著に表す傾向がいくつも見受けられる結果となっている(【発表リリース:博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2013」】)。

続きを読む "さらに増加のモバイル利用、減るテレビとPC…メディア接触時間推移(2013年)"

7時55分博報堂・メディア定点調査, noindex

2012/07/03

スマートフォン所有率は31.0%、男性20-30代は5割超え(2012年)

メディア環境研究所は2012年6月13日、毎年2月に実施している「メディア定点調査」の最新版「メディア定点調査・2012」の抜粋編を発表した。それによると今調査母体においては、スマートフォンの所有率は全体で31.0%となり、前年調査の16.5%から2倍近い伸びを示していることが分かった。特に若年層では男性の20-30代で5割超え、女性20代では6割超という、高い値を示している(【発表ページ】)。

続きを読む "スマートフォン所有率は31.0%、男性20-30代は5割超え(2012年)"

6時50分博報堂・メディア定点調査, noindex

2012/07/02

携帯だけで初めて1割超、PCネット接続も減少へ…メディア視聴時間推移(2012年)

メディア環境研究所は2012年6月13日、毎年2月に実施している「メディア定点調査」の最新版「メディア定点調査・2012」の抜粋編を発表した。それによるとメディアの接触時間は今年も去年に続き、わずかではあるが増加したものの、ほぼ頭打ちの状態にあることが確認された。また携帯電話(スマートフォン含む、以下同)からのインターネット接続時間が大幅な伸びを示し続けている一方、ラジオや雑誌が減る動きを見せている(【発表ページ】)。

続きを読む "携帯だけで初めて1割超、PCネット接続も減少へ…メディア視聴時間推移(2012年)"

6時45分博報堂・メディア定点調査, noindex

2012/06/27

増えるモバイル利用、目立つ男性若年層のテレビ離れ……メディアへの接触時間推移(2012年)

メディア環境研究所は2012年6月13日、毎年2月に実施している「メディア定点調査」の最新版「メディア定点調査・2012」の抜粋編を発表した。それによるとメディア全体の接触時間は、若年層と高齢者(シニア層)が長く、中堅層は短めの傾向にあることが分かった。一方でメディア毎の接触時間は年齢階層毎に大きな違いを見せており、「20代男性はテレビの視聴時間以上の時間をパソコンでネットに接続している」「男性は10代から40代・女性は10代でテレビよりも、パソコンと携帯電話を合わせたインターネットへの接続時間が長い」「10代・20代は携帯電話からのインターネット接続時間が長め」「60代男性は全年齢層で最長時間のメディア接触時間を記録している」など、昨今のメディア事情を顕著に表す特異な傾向が多数見られる結果となっている(【発表ページ】)。

続きを読む "増えるモバイル利用、目立つ男性若年層のテレビ離れ……メディアへの接触時間推移(2012年)"

12時0分博報堂・メディア定点調査, noindex

2011/06/18

スマートフォン所有率16.5%、男性20-30代は3割超え(2011年)

メディア環境研究所は2011年6月25日、毎年2月に実施している「メディア定点調査」の最新版「メディア定点調査・2011」の抜粋編を発表した。今回発表された抜粋編では公開スタイルにおいて幾つかの変更があり、これまで当サイトで継続掲載していた記事の執筆が不可能となった。今回はそれに代わり「トピックス」の形で紹介されていた、少々気になるデータを取り上げることにする。具体的にはスマートフォンの所有状況と、ツイッターの利用状況についてである(【発表ページ】)。

続きを読む "スマートフォン所有率16.5%、男性20-30代は3割超え(2011年)"

6時51分博報堂・メディア定点調査, noindex

2011/06/17

パソコンと携帯で3割超、テレビは4割強だが漸減続く…メディア視聴時間動向(2011年)

メディア環境研究所は2011年6月25日、毎年2月に実施している「メディア定点調査」の最新版「メディア定点調査・2011」の抜粋編を発表した。それによるとメディアの接触時間は今年も去年に続き、わずかではあるが増加する傾向を見せていることが確認された。パソコン・携帯電話からのインターネット接続時間が大幅な伸びを示し続けている一方、昨年から転じてテレビや新聞の時間は減り、ラジオや雑誌がわずかながら伸びている動きを見せている(【発表ページ】)。

続きを読む "パソコンと携帯で3割超、テレビは4割強だが漸減続く…メディア視聴時間動向(2011年)"

12時0分博報堂・メディア定点調査, noindex

2011/06/16

さらに減る「テレビ」「新聞」、増える「ネット」…メディアへの接触時間推移(2011年)

メディア環境研究所は2011年6月15日、毎年2月に実施している「メディア定点調査」の最新版「メディア定点調査・2011」の抜粋編を発表した。それによるとメディア全体の接触時間は、若年層と高齢者(シニア層)が長く、中堅層は短めの傾向にあることが分かった。一方でメディア毎の接触時間は年齢階層毎に大きな違いを見せており、「20代男性はテレビ以上にパソコンでネットに接続している」「男性は10代から30代・女性は20代でテレビよりも、パソコンと携帯電話を合わせたインターネットへの接続時間が長い」「60代女性はテレビへの接触時間が長いことで、女性では全年齢層で最長時間のメディア接触を果たしている」「10代・20代男性は携帯電話からのインターネット接続時間が大きな伸びを見せ、20代男性は全年齢層で最長時間のメディア接触時間を記録している」など、昨今のメディア事情を顕著に表す特異な傾向が多数見られる結果となっている(【発表ページ】)。

続きを読む "さらに減る「テレビ」「新聞」、増える「ネット」…メディアへの接触時間推移(2011年)"

12時0分博報堂・メディア定点調査, noindex

2010/06/29

SNS利用性向、若者から中堅層に拡大。若年女性はPCから携帯重視へ(2010年)

メディア環境研究所は2010年6月23日、毎年2月に実施している「メディア定点調査」の最新版「メディア定点調査・2010」の抜粋編を発表した。それによるとパソコンを経由したSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス≒ソーシャルメディア)の利用について、ほとんどの年齢階層で利用率が去年よりも上昇する傾向にあることが明らかになった。一方で20・30代の若年女性は減少しているが、これは携帯電話からのアクセスに切り替わったのが原因だと考えられる(【発表ページ】)。

続きを読む "SNS利用性向、若者から中堅層に拡大。若年女性はPCから携帯重視へ(2010年)"

5時17分博報堂・メディア定点調査, noindex



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN