2016/09/02

諸国で大いに異なるチャット系サービスの利用状況、その実態を探る(2016年)(最新)

先行記事【諸国で大いに異なるソーシャルメディアの利用状況、その実態を探る(2016年)(最新)】において、総務省が2016年8月17日に公式ウェブ上で公開した2016年版の【情報通信白書】の各種グラフなどの詳細値が確認できるHTML版を元に、諸国のソーシャルメディア利用状況を確認した。その記事ではソーシャルメディアとして分類されることも多い、LINEなどのチャット系サービスは別扱いをしたが、同白書の調査項目では同様にソーシャルメディアとして分類され、利用状況が調査されている。今回はこれらにスポットライトを当て、その実情を確認していくことにする。

続きを読む "諸国で大いに異なるチャット系サービスの利用状況、その実態を探る(2016年)(最新)"

5時19分情報通信白書

2016/09/01

日本と諸外国の年齢階層別ツイッターの利用実情をグラフ化してみる(2016年)(最新)

ミニブログとも表現されている、チャット類似型のソーシャルメディアTwitter(ツイッター)。日本にはほぼ同時期に浸透をはじめたFacebookとは異なり、効率的なビジネスモデルの確立に今なお難儀している状態で、財務的には苦労しているとの話が決算関連の発表のたびに伝えられる。他方、その様式のシンプルさや短文での情報配信の心地よさを受け、とりわけ日本では大いに普及浸透が進んでいるようにも見える。今回は総務省が2016年8月17日に公式ウェブ上で公開した、2016年版の【情報通信白書】に関して、各種グラフなどの詳細値が確認できるHTML版を元に、ツイッターの普及の現状を確認していく。

続きを読む "日本と諸外国の年齢階層別ツイッターの利用実情をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

5時12分情報通信白書

2016/08/29

諸国で大いに異なるソーシャルメディアの利用状況、その実態を探る(2016年)(最新)

インターネット技術の進歩とスマートフォンの普及浸透はさまざまなサービスの可能性を切り開き、日常生活にも大きな影響を与えている。その一つが、ソーシャルメディアの普及浸透の加速化。ほんの数年前までは利用している人が少数派でしかなかったソーシャルメディアも、今や利用がごく当たり前の話となり、主要な連絡手段として活用している人も多数に及んでいる。今回は総務省が2016年8月17日に公式ウェブ上で公開した、2016年版の【情報通信白書】に関して、各種グラフなどの詳細値が確認できるHTML版を元に、その実情を確認していく。

続きを読む "諸国で大いに異なるソーシャルメディアの利用状況、その実態を探る(2016年)(最新)"

11時22分情報通信白書

結局は配信元の信頼度の問題…「インターネットの信頼度」の中身を探る(2016年)(最新)

メディアに関する信頼度、利用度の調査では、テレビや新聞のような業界単位である程度まとまりができている従来型のメディアと、電気や水道のようなインフラ的なものをも意味するインターネットが同列に扱われ、概してインターネットは信頼性に欠けるとの結果が出てしまう。それではインターネット(を介して伝えられる情報、コンテンツ)は押し並べて信頼性が無いものなのだろうか。今回は総務省が2016年8月17日に公式ウェブ上で公開した、2016年版の【情報通信白書】に関して、各種グラフなどの詳細値が確認できるHTML版を元に、その実情を確認していく。

続きを読む "結局は配信元の信頼度の問題…「インターネットの信頼度」の中身を探る(2016年)(最新)"

5時23分情報通信白書

2016/08/28

趣味や娯楽の情報取得と、災害時の情報収集。一番よく使われるメディアの違いを探る(2016年)(最新)

趣味趣向を堪能するのにはより多くの情報があった方が良い。インターネットの普及により、その情報収集は容易となり、同じ趣味を持つ人の意見を取得できる機会は蛇口をひねって水を飲むより簡単になった。他方、災害などの突発的な事案が発生した時の情報収集もまた、インターネットによって大きな様変わりを見せつつある。今回は総務省が2016年8月17日に公式ウェブ上で公開した、2016年版の【情報通信白書】に関して、各種グラフなどの詳細値が確認できるHTML版を元に、ある意味正反対な二局面における、メディアの頼られ方の違いを確認していく。

続きを読む "趣味や娯楽の情報取得と、災害時の情報収集。一番よく使われるメディアの違いを探る(2016年)(最新)"

11時49分情報通信白書

「信頼できる情報の取得」「素早く情報取得」のためどのメディアを利用するか、その国際比較をグラフ化してみる(2016年)(最新)

情報技術の進歩発展に伴い、特にインターネット技術の普及浸透で、メディアの姿形は大きな変容を遂げ、その機能、相対的立ち位置も日々変化を続けている。発信した情報が瞬時に地球の裏側に達し、またそれを個人が成し遂げられる事は、まさに人類史上初めての状況に違いない。それでは人々は各種メディアに対し、どのようなウェイトを置いて利用しているのだろうか。今回は総務省が2016年8月17日に公式ウェブ上で公開した、2016年版の【情報通信白書】に関して、各種グラフなどの詳細値が確認できるHTML版を元に、「信頼できる情報の取得」「素早く情報を取得する」の2つの観点から、諸外国の思惑を確認していくことにする。

続きを読む "「信頼できる情報の取得」「素早く情報取得」のためどのメディアを利用するか、その国際比較をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

5時21分情報通信白書

2016/08/27

格安スマートフォンの短所、利用しない理由とは(2016年)(最新)

日本でも最近話題に登り利用する人が増えてきた「格安スマートフォン」、いわゆる格安スマホ。仮想移動体通信事業者(MVNO)によって提供されるSIMカードを白ロム端末やSIMロックフリー端末に用いてスマートフォンとして使用する端末だが、長短所を兼ね備えているため、スマートフォンを利用したい人の間でも選択の判断は大いに分かれている。それでは利用しない人、短所を有していると思っている人は、具体的にどの点に不満を持っているのだろうか。総務省が2016年8月17日に公式ウェブ上で公開した、2016年版の【情報通信白書】に関して、各種グラフなどの詳細値が確認できるHTML版を元に、その実情を確認していく。

続きを読む "格安スマートフォンの短所、利用しない理由とは(2016年)(最新)"

10時36分情報通信白書

異様に高い日本の従来型携帯電話利用率…諸外国の私的利用による携帯電話などの利用率をグラフ化してみる(2016年)(最新)

従来型携帯電話からスマートフォンに携帯電話の主流が移るのと共に、携帯電話の生活への密着性や社会への影響力は大きな変化を遂げ、その領域を拡大しつつある。また、パソコンとの中間的な立場にあるタブレット型端末も、独自のポジションを占め、スマートフォンほどではないが確実に普及を進めている。今回は総務省が2016年8月17日に公式ウェブ上で公開した、2016年版の【情報通信白書】に関して、各種グラフなどの詳細値が確認できるHTML版を元に、日本と諸外国におけるそれらの端末の、私的における利用状況を確認していくことにする。

続きを読む "異様に高い日本の従来型携帯電話利用率…諸外国の私的利用による携帯電話などの利用率をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

5時22分情報通信白書

2016/08/26

世界各国の完全自動走行車に対する認識と利用意向をグラフ化してみる(2016年)(最新)

総務省が2016年8月17日に公式ウェブ上で公開した、2016年版の【情報通信白書】に関して、各種グラフなどの詳細値が確認できるHTML版では、情報通信に関係して国内外の情勢を、現状やこれまで、そして将来予想の時系列にて把握できる資料が盛り込まれている。今回はその中から、自動走行車の認知度や利用意向について見ていくことにする。

続きを読む "世界各国の完全自動走行車に対する認識と利用意向をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

13時5分情報通信白書

世界の固定ブロードバンドと移動体通信サービスの契約の現状と未来予想をグラフ化してみる(2016年)(最新)

総務省が2016年8月17日に公開した、2016年版の【情報通信白書】の各種グラフなどの詳細値が確認できるHTML版では、現状やこれまで、そして将来に渡る情報通信に関係する国内外の情勢を、多方面から把握できる資料が盛り込まれている。今回はその中から、世界全体における固定ブロードバンドや移動体通信サービスの契約状況について、現状と未来予想を見ていくことにする。

続きを読む "世界の固定ブロードバンドと移動体通信サービスの契約の現状と未来予想をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

11時17分情報通信白書, 逐次新値反映記事

2016/08/25

逐次閲覧・視聴から定額制へ…世界の動画・音楽配信動向の現状と今後をグラフ化してみる(2016年)(最新)

総務省が2016年8月17日に発表した2016年版の【情報通信白書】の詳細値が確認できるHTML版では、昨今、そして将来に渡る情報通信に係わる国内外の情勢を、多方面から把握できる資料が盛り込まれている。今回はその中から、世界全体における動画配信や音楽配信の市場動向について見ていくことにする。

続きを読む "逐次閲覧・視聴から定額制へ…世界の動画・音楽配信動向の現状と今後をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

11時13分情報通信白書, 逐次新値反映記事

ネットショッピングの時にレビューはどこまで影響するのか(2016年)(最新)

インターネットの普及浸透で大きく生活を変えたサービスの一つが、ネットを経由して商品・サービスを注文できるインターネットショッピング(ネットショッピング)。手数料や配送先制限の問題もあるが、大よそ日本中のどこからでも注文ができ、望みの商品の注文を行い、届けてもらうことができる。仕組み的には電話を用いた注文とさほど変わりないのだが、インターネットを利用することで注文が気軽に行え商品検索・比較がし易く、そして他の利用者などの意見を容易に確認できるのがメリット。今回は総務省が2016年8月17日に発表した2016年版の【情報通信白書】の詳細値が確認できるHTML版をもとに、ネットショッピングにおいてレビューがどこまで影響しうるか、その実情を確認していくことにする(【発表リリース:平成28年「情報通信に関する現状報告」(平成28年版情報通信白書)の公表】)。

続きを読む "ネットショッピングの時にレビューはどこまで影響するのか(2016年)(最新)"

4時57分情報通信白書

2016/08/24

音楽や動画の視聴サービスの利用と有料・無料の関係(2016年)(最新)

総務省は2016年8月17日、2016年版の【情報通信白書】の詳細値が確認できるHTML版を公開した(【発表リリース:平成28年「情報通信に関する現状報告」(平成28年版情報通信白書)の公表】)。今回はその掲載データの中から独自調査をもとにした、音楽や動画の視聴サービスの利用状況と、有料・無料における利用性向について確認をしていく。

続きを読む "音楽や動画の視聴サービスの利用と有料・無料の関係(2016年)(最新)"

15時50分情報通信白書

2015/08/31

LINEは6割、Facebookは8割、ツイッターは2割が実名利用…主要ソーシャルメディアの利用状況(2015年)

先行記事【世代で大きく異なるソーシャルメディアでの情報拡散の基準(2015年)】などで総務省が2015年7月28日に発表した最新版の【情報通信白書】(【発表リリース:平成27年「情報通信に関する現状報告」(平成27年版情報通信白書)の公表】)で用いられている「社会課題解決のための新たなICTサービス・技術への人々の意識に関する調査研究」の結果を元に、ロボットの利用願望やソーシャルメディアの利用実態などを確認した。今回はその調査において判明した、現状における主要ソーシャルメディアの利用状況を見ていくことにする。調査要項の詳細は先行記事の【ウェアラブルデバイスによる健康管理サービスの需要をグラフ化してみる】を参照のこと。

続きを読む "LINEは6割、Facebookは8割、ツイッターは2割が実名利用…主要ソーシャルメディアの利用状況(2015年)"

11時19分情報通信白書

2015/08/28

世代でこれだけ大きく違う、ソーシャルメディアの常識認知度(2015年)

先行記事【世代で大きく異なるソーシャルメディアでの情報拡散の基準(2015年)】などでも触れているが、携帯電話、特にスマートフォンの普及とソーシャルメディアの利用率の向上は、情報の伝達、意思疎通の観点で、人類史上かつてない領域へと人々をいざなうこととなった。その急速な進展ぶりに、少なからすの人はこれまでの常識との整合性に戸惑い、肯定を躊躇し、あるいは実感として習得することができず、結果としてトラブルに対面する事案が多数発生している。今回は総務省が2015年7月28日に発表した最新版の【情報通信白書】(【発表リリース:平成27年「情報通信に関する現状報告」(平成27年版情報通信白書)の公表】)を元に、ソーシャルメディアの特性に関する認知度を、世代別に確認していくことにする。

続きを読む "世代でこれだけ大きく違う、ソーシャルメディアの常識認知度(2015年)"

14時27分情報通信白書

世代で大きく異なるソーシャルメディアでの情報拡散の基準(2015年)

気軽に不特定多数に向けて情報の発信ができるのがインターネットの長所の一つだが、その長所のハードルをさらに低くする役割を果たしているのがソーシャルメディア。利用者の増加とと共に情報のやり取り、コミュニケーションの形や概念は従来の手段と大きく様式を変えていき、これまでに無い、既存の発想では想いもよらない現象が生じることも少なくない。今回は総務省が2015年7月28日に発表した最新版の【情報通信白書】(【発表リリース:平成27年「情報通信に関する現状報告」(平成27年版情報通信白書)の公表】)を元に、ソーシャルメディア上で不特定多数に向けた情報発信(拡散)に関して、その認識の実態を確認していくことにする。

続きを読む "世代で大きく異なるソーシャルメディアでの情報拡散の基準(2015年)"

11時30分情報通信白書

用途によって異なる「希望するロボットのかたち」(2015年)

技術の進歩発展に伴い、ロボットはより身近に、多方面で生活に浸透をしていくようになる。人間ができないこと、手間や時間がかかることをロボットに代理させることで、より多くの成果を生み出したり、人に余裕を持たせることができるようになる。今後もさらにさまざまな形でロボットは人々の生活に組み込まれていくだろう。それでは使う側となる人間は、どのような形状をロボットに求めているのだろうか。総務省が2015年7月28日に発表した最新版の【情報通信白書】(【発表リリース:平成27年「情報通信に関する現状報告」(平成27年版情報通信白書)の公表】)を元に、子育て支援・コミュニケーション・介護用と3用途におけるロボットの形状に係わる需要を確認していくことにする。

続きを読む "用途によって異なる「希望するロボットのかたち」(2015年)"

8時10分情報通信白書

2015/08/27

介護ロボット利用意向、介護する側・される側(2015年)

高齢化に伴い絶対人数、対人口比で増加することが予想されるのが介護問題。社会リソースの十分な配分が必要となるが、そのリソースをどこから計上するか、人材の絶対的な不足など、問題点は山積している。その問題の解決・打開策の一つとして打ち出されているのが、ロボット技術の活用。今回は総務省が2015年7月28日に発表した最新版の【情報通信白書】(【発表リリース:平成27年「情報通信に関する現状報告」(平成27年版情報通信白書)の公表】)を元に、介護ロボットに係わる需要を確認していくことにする。

続きを読む "介護ロボット利用意向、介護する側・される側(2015年)"

14時33分情報通信白書

ウェアラブルデバイスによる健康管理サービスの需要をグラフ化してみる(2015年)

元々デジタル機器の類を身体に装着して身体の機能補助を成したり拡充する概念を体現化したウェアラブルデバイスは、SF作品の類で良く用いられている。昨今ではGoogleのグーグルグラスやAppleのApple Watchなどで話題を呼んだが、広域な概念で考えればペットの埋め込み式チップなども該当する(常日頃から肌身離さず身に着けるとの観点ではスマートフォンなども当てはまるかもしれない)。各種機器の小型化・省電力化、スマートフォンなどの普及に伴うデータの集積の容易化、そしてデータの蓄積や分析技術などで、かつては夢物語でしかなかった機能を有する機器が、実商品として開発され、展開し始めている。今回はウェアラブルデバイスの最大の特徴「常日頃から装着・利用している」の点を活用する形で、もっとも重要視される機能、健康管理に関して、その需要の現状を、総務省が2015年7月28日に発表した最新版の【情報通信白書】(【発表リリース:平成27年「情報通信に関する現状報告」(平成27年版情報通信白書)の公表】)から確認していくことにする。

続きを読む "ウェアラブルデバイスによる健康管理サービスの需要をグラフ化してみる(2015年)"

11時32分情報通信白書

2015/08/26

子守から学習教材へ…小学生以下の子供に情報通信端末を利用させる理由とは(2015年)

大人同様子供を取り巻く環境について考えた場合、この10年位の間に大きく変化したのが、情報通信端末との関わり合い。大人が用いても非常に便利で役立つ道具だが、子供にとっても画期的なアイテムに違いは無い。しかし同時に前例の無い道具なだけに、どのような対処をすれば良いのか、いかなる思惑で子供に利用させているのか、保護者により多種多様であり、他人の状況が大いに気になるところ。今回は総務省が2015年7月28日に発表した最新版の【情報通信白書】(【発表リリース:平成27年「情報通信に関する現状報告」(平成27年版情報通信白書)の公表】)を元に、小学生以下の子供に情報通信端末を利用させている保護者が、どのような目的・意図で使わせているのかを確認していくことにする。

続きを読む "子守から学習教材へ…小学生以下の子供に情報通信端末を利用させる理由とは(2015年)"

11時18分情報通信白書



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS