2016/11/27

「男らしさ・女らしさは必要」同意は8割以上…意外かやっぱりか、結婚や家族に関する伝統的な考え方への支持度合い(最新)

社会的通年、倫理、道徳観、伝統的な考え方は、個々の地域や国、民族の長い歴史の間に培われてきた、経験則による知恵、ルールのようなもの。明文化されていることはあまりなく、それを破ることによる法的罰則もほとんど存在しないものの、半ば戒律のようなものとして守るべきものと認識されている。他方、社会情勢や周辺環境、自意識の変化などを受け、それらの伝統的な考え方を良しとしない意見も多々あるのは事実。今回は国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に発表した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」を基に、その伝統的考え方に関する認識の実態を確認していくことにする(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "「男らしさ・女らしさは必要」同意は8割以上…意外かやっぱりか、結婚や家族に関する伝統的な考え方への支持度合い(最新)"

5時13分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

2016/11/26

既婚女性が考える「自分の子供に受けさせたい教育程度」から見る大学信奉の度合い(最新)

先行記事【独身者が考える「自分の子供に受けさせたい教育程度」から見る大学信奉の度合い】において、国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に発表した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」を基に、独身者が自分が結婚した場合にできる子供に対し、どの程度の教育を受けさせたいかに関する心境を確認した。今回は同様の質問を既婚者の女性に対し行った結果を見ていくことにする。結婚を果たした人の子供に対する学歴への願いはどの程度なのだろうか(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "既婚女性が考える「自分の子供に受けさせたい教育程度」から見る大学信奉の度合い(最新)"

5時4分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

2016/11/25

独身者が考える「自分の子供に受けさせたい教育程度」から見る大学信奉の度合い(最新)

大学の授業料をはじめとしたさまざまな大学に関わる問題が生じているが、その原因要素の一つとして、少なからぬ人が実質的な義務教育課程・社会に出るために必要な最終学歴を大学と認識し、とにかく大学を卒業しないといけないとの発想があると指摘されている。現実問題として世間一般では、どの程度の「大学信奉」が生じているのだろうか。今回は国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に発表した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」を基に、現在未婚の人のうち結婚願望を持つ人における、将来自分が有するであろう子供にどの程度の教育を受けさせたいと考えているか、その心境を確認していく(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "独身者が考える「自分の子供に受けさせたい教育程度」から見る大学信奉の度合い(最新)"

11時38分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

祖母の子育て支援、その実情を探る(最新)

子供を産み育てる上でもっとも手間がかかり保護者の労力を必要とするのが、生まれてから数年の間。出産した母親自身の体力の回復も必要であり、同時に生まれた子供の世話も多大なものとなる。当然、父親をはじめとした周囲の配慮手助けも欠かせない。今回は国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に発表した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」を基に、子供が生まれてから3歳になるまでの間に、夫婦の母親(対象となる子供からは祖母に当たる存在)から子育ての手助けを受けたか否かに関して、その実情を確認していく(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "祖母の子育て支援、その実情を探る(最新)"

10時20分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

2016/11/21

未婚者が相手を選ぶその時に、考慮する点トップは「人柄」(最新)

男女が婚姻して結婚状態となるために、異性の相手を選ぶ際、さまざまな分析と判断がそれぞれの思考の中で行われることになる。何らかの形で知り合い交友関係を深めていく恋愛結婚でも、結婚相談所での出会いやお見合いにおける見合い結婚でも、その構図に変わりはない。今回は「未婚男女が結婚相手の条件として考慮・重視するポイント」について、国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に発表した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」を基に、その実情を確認していく(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "未婚者が相手を選ぶその時に、考慮する点トップは「人柄」(最新)"

5時20分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

2016/11/20

男性7割・女性6割は「現在交際中の異性無し」…未婚者の異性との交際状況を探る(最新)

男女が婚姻し結婚関係に至るには、何らかの形で交際期間が必要になる。いわゆる一目ぼれをした場合でも、その場で即時に結婚するはずは無い。現在独身状態にある人でも、少なからぬ人は異性と交際し、中には相手との結婚を考えている人もいる。今回は「未婚男女の異性との交際状態」について、国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に発表した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」を基に、現在独身(未婚)者における異性との交際状況の実情を確認していく(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "男性7割・女性6割は「現在交際中の異性無し」…未婚者の異性との交際状況を探る(最新)"

5時21分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

2016/10/17

結婚したいがアレが邪魔…未婚男女が頭を抱える、結婚のハードルとは?(最新)

結婚を望む独身者は多いが、食事や睡眠のように「したいと思えばすぐにできる」類のものではない。相手が存在する必要があるのはもちろん、他にもこえねばならないハードルは多い。今回は「未婚男女が頭を抱える、一年以内の結婚のハードル」について、国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に発表した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」を基に、その心境の現状と過去からの変化を確認していくことにする(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "結婚したいがアレが邪魔…未婚男女が頭を抱える、結婚のハードルとは?(最新)"

5時14分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

時代は専業主婦から家事と仕事の両立へ…未婚女性が望む結婚後のライフスタイルをグラフ化してみる(最新)

未婚女性が望む将来像の一つに挙げられるのが、婚姻を経た結婚生活。その結婚生活においても、専業主婦か兼業主婦か、子供を持つ・持たない、就業状態の変化など、さまざまな条件分けによる生活様式の違いがある。また結婚を選択せずに一生仕事を続けるとの選択もありえる。今回は「未婚女性が望む、理想の将来像と現実」について、国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に発表した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」を基に、その心境の現状と過去からの変化を確認していくことにする(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "時代は専業主婦から家事と仕事の両立へ…未婚女性が望む結婚後のライフスタイルをグラフ化してみる(最新)"

5時10分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

進む男性の「同い年」好み傾向…独身者の希望する相手との年齢差(最新)

異性の好き嫌いを示す表現の一つとして知られているのが「年上好み」「年下好み」のような、自分と比較した相手異性との年齢の差に関する性向。過去の経験や自分の性格から生じる認識、単純な世の中のトレンドからの影響など、理由は多種多様で複数の要因の結果である場合も多いが、独身者が好む異性の選別要素に、自分との年齢関係があることに違いは無い。今回は国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に発表した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」を基に、独身者における「結婚相手の年齢差に関する希望」の実情を確認していくことにする(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "進む男性の「同い年」好み傾向…独身者の希望する相手との年齢差(最新)"

5時7分出生動向基本調査

2016/10/16

全般的に未体験率増加へ…独身者の性行為体験済み率をグラフ化してみる(最新)

個人主義の広まりや性行動への解放感、社会的認識の変化などを受け、独身者における性行為は以前と比べ開放的であるとの解釈はよく見聞きする。他方、対人関係、特に異性との付き合いへの疎ましさを覚える、機会を得られない若年層の増加もあり、性行為への忌避感も増加しているのではとの指摘もある。今回は国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に発表した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」を基に、独身者における性行為の実情を確認していくことにする(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "全般的に未体験率増加へ…独身者の性行為体験済み率をグラフ化してみる(最新)"

5時7分出生動向基本調査

2016/10/15

「お金が無い」「異性とうまく付き合えない」上昇傾向 気になる独身…独身者が独身で留まっている理由とは?(詳細版)(最新)

先行記事【「まだ若い」じきに「相手が見つからない」…独身者が独身で留まっている理由とは? (最新)】で、国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に発表した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」を基に、独身の人が結婚せずに独身で留まっている理由について焦点を当てた。今回はその項目に関し、同調査の過去分で取得可能な値を逐次抽出し、年月の経過と共に生じた独身者の心理・心境の変化をかいま見ることにする(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "「お金が無い」「異性とうまく付き合えない」上昇傾向 気になる独身…独身者が独身で留まっている理由とは?(詳細版)(最新)"

5時18分出生動向基本調査

「まだ若い」じきに「相手が見つからない」…独身者が独身で留まっている理由とは? (最新)

先に掲載した記事【日本の「恋愛結婚」「見合い結婚」の推移をグラフ化してみる】を手始めに、国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に発表した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」を基に、結婚に関する考え方や、さらにはそれに連なる少子化との関連性について、その実情の確認をしている。今回は公開値の中から「未婚者が”結婚せずに独身生活に留まっている理由”」の確認をしていく。端々の理由はネタ話として会話などで挙がることはあるものの、統計的なものは目にすることはあまり無い、貴重な話に違いない(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "「まだ若い」じきに「相手が見つからない」…独身者が独身で留まっている理由とは? (最新)"

5時13分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

独身者が想う「独身生活の利点」、男女ともにますます「フリーダム」(最新)

先行記事【日本の「恋愛結婚」「見合い結婚」の推移をグラフ化してみる】を手始めに、国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に発表した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」を基に、結婚に関する考え方や、さらにはそれに連なる少子化との関連性に関してグラフによる視覚化を行い、世情動向の確認をしている。今回は公開値の中から「未婚者が”結婚せずに独身生活を続けることの利点”と考えている事柄」の確認をしていくことにする(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "独身者が想う「独身生活の利点」、男女ともにますます「フリーダム」(最新)"

5時10分出生動向基本調査

2016/10/14

独身者が想う「結婚の利点」って何だろう(最新)

【日本の「恋愛結婚」「見合い結婚」の推移をグラフ化してみる】を皮切りに、国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に発表した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量している「出生動向基本調査」の最新版となる「第15回出生動向基本調査」を基に、結婚に関する考え方や、さらにはそれに連なる少子化との関連性についてグラフによる視覚化を行い、世情動向の確認をしている。今回は公開値の中から「未婚者が”結婚することの利点”と考えている事柄」の確認をしていくことにする(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "独身者が想う「結婚の利点」って何だろう(最新)"

5時16分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

2016/10/13

未婚男女の結婚意欲を詳しくグラフ化してみる(最新)

先に【独身者の結婚意思の変化をグラフ化してみる】で国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に公式サイトにて公開した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」の調査結果(独身者対象の調査と夫婦対象調査の双方)をもとに、結婚の観点から少子化の要因の一部をかいま見た。今回は同じ調査報告書の公開値を用い、「未婚者の生涯の結婚意識」と、その中の回答項目「いずれは結婚するつもり」の詳細区分(「一年以内に結婚したい」など)別回答結果を掛け合わせ、未婚者の結婚意識の細分化を試みることにする(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "未婚男女の結婚意欲を詳しくグラフ化してみる(最新)"

5時18分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

「”いずれ結婚するつもり”。ならば一年以内は?」から考える晩婚化傾向(最新)

先に【独身者の結婚意思の変化をグラフ化してみる】で国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に公式サイトにて公開した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」の調査結果(独身者対象の調査と夫婦対象調査の双方)をもとに、独身者の結婚意識の観点から少子化の要因の一部をかいま見た。今回は同じ調査報告書を基に、「結婚意識を持つものの、一年以内に結婚する意思は無い人」、言い換えれば結婚を先延ばしする人の動向についてチェックを入れることにする(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "「”いずれ結婚するつもり”。ならば一年以内は?」から考える晩婚化傾向(最新)"

5時15分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

2016/10/12

結婚を望む人は約9割…独身者の結婚意思の変化をグラフ化してみる(最新)

原則的に男女間の契約様式の一つとして、共に生活し一つの世帯を持つ事を宣言し、社会・法律の上で夫婦であるとの立場で生活するとの表明を成し法律関係を結ぶこと、夫婦になることを結婚と呼んでいる(「婚姻」も似た意味を持つが、結婚後の夫婦関係をも意味する)。現在独身にあるものは、結婚についていかなる意識を有しているのだろうか。国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に公式サイトにて公開した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」の調査結果(独身者対象の調査と夫婦対象調査の双方)をもとに、独身者の思惑を確認していく(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "結婚を望む人は約9割…独身者の結婚意思の変化をグラフ化してみる(最新)"

5時18分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

欲しい子供の男女の組合せは? 理想の子供の男女構成をグラフ化してみる(最新)

子供を持ちたいと考えている夫婦において、具体的な人数以外に、男女の組み合わせに関して希望するケースも少なくない。すべて男子が良い、男女合わせて、女子がすべてなどなど。世間話の中では持ち上がることもある「夫婦が欲っする子供の男女の組み合わせ」に関して、今回は国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に公式サイトにて公開した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」の調査結果(独身者対象の調査と夫婦対象調査の双方)をもとに、世間一般の意見を集約し、その実情を確認していく(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "欲しい子供の男女の組合せは? 理想の子供の男女構成をグラフ化してみる(最新)"

5時15分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

一人目の子供が産まれた後、仕事は? 第一子出産前後の就業経歴をグラフ化してみる(最新)

女性は出産をする前後相当期間において、出産のための準備や心身の安全確保のためなどの理由で、安静が強く求められる。産前・産後休業が制度化されているのも、その休みが必要不可欠との認識に基づくものに他ならない。それでは実際に、出産をする前後で夫婦世帯における女性の就業状況はどのような変化を見せているのだろうか。国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に公式サイトにて公開した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」の調査結果(独身者対象の調査と夫婦対象調査の双方)をもとに、確認していくことにする(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "一人目の子供が産まれた後、仕事は? 第一子出産前後の就業経歴をグラフ化してみる(最新)"

5時12分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事

2016/10/11

理想と予定、子供の数の推移をグラフ化してみる…(下)理想数まで子供を持たない理由(最新)

先行する記事【理想と予定、子供の数の推移をグラフ化してみる…(上)理想数と予定数推移(最新)】において、国立社会保障・人口問題研究所が2016年9月15日に公式サイトにて公開した、日本国の結婚や夫婦の出生力の動向などを長期的に調査・計量する「出生動向基本調査」の最新版「第15回出生動向基本調査」の調査結果(独身者対象の調査と夫婦対象調査の双方)をもとに、夫婦間における理想とする子供数、そして現実問題として予定している子供数の動向を確認した。今回はそれをベースとし、理想数よりも予定数が少ない夫婦において、なぜそのような選択をしているのか、その理由を見ていくことにする(発表リリース:【第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)】)。

続きを読む "理想と予定、子供の数の推移をグラフ化してみる…(下)理想数まで子供を持たない理由(最新)"

5時26分出生動向基本調査, 逐次新値反映記事



(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN