2017/11/25

子育て中の女性のスマートフォンなどの利用実情をグラフ化してみる(最新)

2017-1118育児は子供への注力時間が長期に渡ること、しかも常に何かをしているわけでは無く事実上の監視の時間が長いことから(警備員と似ているとの表現もある)、身体面だけでなく精神的な疲労も大きなものとなる。ところが昨今ではスマートフォンを育児のさ中に使うことで、不足している育児関連の情報を取得できるだけでなく、精神面でのストレス対策に大いに役立つとの話がある。今回は総務省統計局が2017年7月14日以降順次結果を発表している2016年社会生活基本調査の結果を基に、幼い子供を持つ夫婦世帯の妻における、スマートフォンやパソコンなどのインターネット使用の動向から、育児中の女性のスマートフォンの利用実態を確認していく(【平成28年社会生活基本調査】)。

続きを読む "子育て中の女性のスマートフォンなどの利用実情をグラフ化してみる(最新)"

5時9分社会生活基本調査, 逐次新値反映記事

2017/11/24

小中高校生は平日にインターネットで何をしているのだろうか(最新)

2017-1118パソコンやスマートフォンの普及でインターネットへのアクセスは極めて容易なものとなり、大人はもちろん子供でも様々な恩恵を受け、サービスを楽しむことができるようになった。他方、子供達はその多くが就学中で、平日の日中は学校へ通い、自宅に戻ってからも学業に励む必要性が多分にあり、インターネットの利用を堪能する時間はさほど無い。しかし実情としては多くの子供達が平日でもインターネットを使用している。その具体的な利用時間帯や何をしているのかについて、総務省統計局が2017年7月14日以降順次結果を発表している2016年社会生活基本調査の結果を基に確認していく(【平成28年社会生活基本調査】)。

続きを読む "小中高校生は平日にインターネットで何をしているのだろうか(最新)"

4時56分社会生活基本調査, 逐次新値反映記事

プライベートでスマホやパソコンを用いてインターネットを使っているのはどの時間帯なのかをグラフ化してみる(最新)

2017-1116パソコンもスマートフォンも基本的にインターネットに接続することで、多様な需要に応える「インターネット接続端末」としての使用が行われている。インターネット網の整備により、人々はこれらの端末を介して多大な恩恵を受けることができるようになった次第。それでは具体的に、いかなる時間帯で使われているのだろうか。学業や仕事では無く、プライベートにおける使用実情を、総務省統計局が2017年7月14日以降順次結果を発表している2016年社会生活基本調査の結果を基に確認していく(【平成28年社会生活基本調査】)。

続きを読む "プライベートでスマホやパソコンを用いてインターネットを使っているのはどの時間帯なのかをグラフ化してみる(最新)"

4時55分社会生活基本調査, 逐次新値反映記事

2017/11/16

一番夜更かししているのはどの層? 年齢階層別就寝時刻をグラフ化してみる(最新)

2017-1115特殊な事情が無い限り人は夜になれば眠くなり、床に就く。しかし寝る時刻は人によって違いを見せる。その実情を男女、曜日(平日と土曜、日曜)、さらには年齢階層別に、総務省統計局が2017年7月14日以降順次結果を発表している2016年社会生活基本調査の結果を基に確認していく(【平成28年社会生活基本調査】)。

続きを読む "一番夜更かししているのはどの層? 年齢階層別就寝時刻をグラフ化してみる(最新)"

5時1分社会生活基本調査

仕事するほど寝る時間も遅くなる…男女・曜日・就業状態別就寝時刻をグラフ化してみる(最新)

2017-1115就寝時刻は人の元々の性質だけでなく、ライフスタイルによっても大きな違いが生じる。特に仕事からの帰りが遅い人は、必然的に寝る時間も遅くなりがち。今回は総務省統計局が2017年7月14日以降順次結果を発表している2016年社会生活基本調査の結果を基に、就寝時刻の実情を確認していく(【平成28年社会生活基本調査】)。

続きを読む "仕事するほど寝る時間も遅くなる…男女・曜日・就業状態別就寝時刻をグラフ化してみる(最新)"

4時59分社会生活基本調査

女性の夕食時間、一番遅いのは? 年齢階層別夕食開始時刻をグラフ化してみる(最新)

2017-1115一日の食事の締めでもあり、一家だんらんの場としても重要な夕食。用意する時間をある程度取れることもあり、料理をする人には腕を振るう場ともなる。その夕食を取り始める時刻は、人によってどのような違いが生じているのだろうか。今回は総務省統計局が2017年7月14日以降順次結果を発表している2016年社会生活基本調査の結果を基に、その実情を確認していく(【平成28年社会生活基本調査】)。

続きを読む "女性の夕食時間、一番遅いのは? 年齢階層別夕食開始時刻をグラフ化してみる(最新)"

4時57分社会生活基本調査

2017/11/15

男性より女性、無職な人ほど早めに夕食を取る傾向(最新)

2017-1114夕食は一日の食事の中でも一番豪華な料理を楽しむことができ、また家族団らんの場としても重要な時間に違いない。今回は男女、就業状態、そして直近と5年前における夕食の開始時刻の変移を確認する。生活様式で大きく変化するため、あくまでも同一属性内の平均的な値ではあるが、ライフスタイルの動向を知る上で傾向を知るのは有意義に違いない(【平成28年社会生活基本調査】)。

続きを読む "男性より女性、無職な人ほど早めに夕食を取る傾向(最新)"

5時21分社会生活基本調査, 逐次新値反映記事

大学生が一番怠惰!? 年齢階層別の起床時刻をグラフ化してみる(最新)

2017-1114起床時間に関して「お年寄りは早起き」「大学生は起床時刻をはじめ時間にルーズ」とはよく耳にする話だが、実態としてはどのようなものなのだろうか。今回は総務省統計局が2017年7月14日以降順次結果を発表している2016年社会生活基本調査の結果を基に、年齢階層別の起床時間の実情を、平日と土日それぞれについて確認していくことにする(【平成28年社会生活基本調査】)。

続きを読む "大学生が一番怠惰!? 年齢階層別の起床時刻をグラフ化してみる(最新)"

5時19分社会生活基本調査, 逐次新値反映記事

起床時刻の男女間、そしてこの5年の間の変化ぶりをグラフ化してみる(最新)

2017-1114ライフスタイルによって起床時間は人それぞれ。見方を変えれば起床時間の動向を見ることで、人々のライフスタイルを推し量ることができる。今回は総務省統計局が2017年7月14日以降順次結果を発表している2016年社会生活基本調査の結果を基に、男女それぞれの、平日と土日における起床時間の実情を確認していくことにする(【平成28年社会生活基本調査】)。

続きを読む "起床時刻の男女間、そしてこの5年の間の変化ぶりをグラフ化してみる(最新)"

5時17分社会生活基本調査, 逐次新値反映記事

2017/11/11

共働きか否かを問わず増加する夫の育児時間(最新)

2017-1110共働き世帯の増加と共に、注目を集めているのが夫の家事、特に育児への(さらなる)参加。夫側の就労上の事情も多々あるが、国際比較の上でも日本において夫の育児時間は短いとの指摘があり、妻の負担減のためにも夫に今まで以上の育児への参加を求める声が挙がっている。それでは実情として、夫の育児時間はどのような実情にあるのだろうか。総務省統計局が2017年7月14日以降順次結果を発表している2016年社会生活基本調査の結果を基に確認していくことにする(【平成28年社会生活基本調査】)。

続きを読む "共働きか否かを問わず増加する夫の育児時間(最新)"

5時27分社会生活基本調査, 逐次新値反映記事

共働きか否かで大きく変わる妻の家事時間(最新)

2017-1110専業主婦と共働き世帯の主婦を比較すると、当然専業主婦の方が家事に費やせる時間は多く取れることになる。実際にはどれほどの違いが生じているのだろうか。今回は総務省統計局が2017年7月14日以降順次結果を発表している2016年社会生活基本調査の結果を基に、その実情を確認していくことにする(【平成28年社会生活基本調査】)。

続きを読む "共働きか否かで大きく変わる妻の家事時間(最新)"

5時25分社会生活基本調査, 逐次新値反映記事

2017/11/10

高齢層は若年層の数倍…年齢階層別に見た休養や4マス接触などの自由時間動向をグラフ化してみる(最新)

2017-1109プライベートな時間の過ごし方は人それぞれだが、心身共に休みを取るとの観点では一番選ばれるであろうのが休養やくつろぎ。そしてテレビやラジオ、新聞、雑誌といった従来型の大手マスメディアの利用も、自分の時間を過ごすのには手軽で心も体も落ち着かせる時間の取り方として、多くの人が堪能している。今回は総務省統計局が2017年7月14日以降順次結果を発表している2016年社会生活基本調査の結果を用いて、それらの自由時間の過ごし方の実情を多方面から確認していくことにする(【平成28年社会生活基本調査】)。

続きを読む "高齢層は若年層の数倍…年齢階層別に見た休養や4マス接触などの自由時間動向をグラフ化してみる(最新)"

5時20分社会生活基本調査, 逐次新値反映記事

2017/11/08

正社員58.8%、パート・アルバイト29.2%…日本の雇用形態の現状をグラフ化してみる(最新)

2017-1107総務省統計局が2017年7月14日以降順次結果を発表している2016年社会生活基本調査では、多種多様な切り口から人々の生活様式を知れる調査が行われ、その結果が公開されている。今回はその公開データを用い、雇用者の実情を多方面から確認していくことにする(【平成28年社会生活基本調査】)。

続きを読む "正社員58.8%、パート・アルバイト29.2%…日本の雇用形態の現状をグラフ化してみる(最新)"

5時10分社会生活基本調査, 逐次新値反映記事

男女で寝ている時間はどちらが短い? 睡眠時間の動向をグラフ化してみる(最新)

2017-1107呼吸や食事同様、生命活動の維持には欠かせないのが睡眠。数日の徹夜もできると豪語する人もいるが、身体に大きな負荷が生じていることに変わりはなく、また眠らずに生活を維持することは不可能。人々は日々どの程度の時間を睡眠に費やしているのだろうか。今回は総務省統計局が2017年7月14日以降順次結果を発表している2016年社会生活基本調査から、平均睡眠時間の実情を確認していく(【平成28年社会生活基本調査】)。

続きを読む "男女で寝ている時間はどちらが短い? 睡眠時間の動向をグラフ化してみる(最新)"

5時8分社会生活基本調査, 逐次新値反映記事

2017/11/07

平日と土日で大きく異なる人の時間別行動…時間帯別に見た行動者率をグラフ化してみる(最新)

2017-1106日々の生活は曜日によって大きな違いを見せる。多くの人は月曜から金曜の平日には学業や就業にいそしむ時間が多分で、プライベートな時間はあまり取れない。土曜日や日曜日は大よその人が休みとなり、自分の望む行動に割ける時間が多くなる。また、土曜日と日曜日でも翌日が休みか否かの違いがあるため、自由時間の取り方が異なる人も多い。今回は総務省統計局が2017年7月14日以降順次結果を発表している2016年社会生活基本調査から、平日・土曜日・日曜日それぞれの平均的な人々の1日における行動の変化を「行動者率」(調査対象者全体に占める行動者の割合)から確認していく(【平成28年社会生活基本調査】)。

続きを読む "平日と土日で大きく異なる人の時間別行動…時間帯別に見た行動者率をグラフ化してみる(最新)"

5時18分社会生活基本調査, 逐次新値反映記事

「歳をとるとよく眠る」は本当か…平均的な一日の生活時間配分をグラフ化してみる(最新)

2017-1106いかなる人にも1日に与えられた時間は24時間でしかない。その時間を睡眠や食事、学業や仕事、その他さまざまな仕事に割り当てて日々を過ごしていくことになる。世間一般では「歳をとると睡眠時間が増える」「若年層ほど早食い」とのイメージがあるが、統計的に正しい話なのだろうか。総務省統計局が2017年7月14日以降順次結果を発表している2016年社会生活基本調査から、その実情を確認していく(【平成28年社会生活基本調査】)。

続きを読む "「歳をとるとよく眠る」は本当か…平均的な一日の生活時間配分をグラフ化してみる(最新)"

5時15分社会生活基本調査, 逐次新値反映記事

2017/11/06

パチンコも読書もする人減少中…種類別・趣味娯楽をする人の変化をグラフ化してみる(最新)

2017-1105人は衣食住を充足すればそれで日々の暮らしにすべて満足するわけではなく、自分の趣味趣向にあわせて多様な娯楽を楽しむ時間を過ごすことで、はじめて生活の充実を確認することができる。人々はどのような趣味や娯楽をたしなんでいるのか、総務省統計局が2017年7月14日以降順次結果を発表している2016年社会生活基本調査から、その実情を確認していく(【平成28年社会生活基本調査】)。

続きを読む "パチンコも読書もする人減少中…種類別・趣味娯楽をする人の変化をグラフ化してみる(最新)"

5時14分社会生活基本調査, 逐次新値反映記事

スポーツをする人約7割、ウォーキングが一番人気(最新)

2017-1105日々の生活の中でジョギングやマラソン、水泳、ゴルフなどのように意図的に体を動かしで心身の鍛錬を行うことをスポーツと呼んでいる。人々は普段からどのようなスポーツにいそしんでいるのだろうか。総務省統計局が2017年7月14日以降順次結果を発表している2016年社会生活基本調査から、その実情を確認していく(【平成28年社会生活基本調査】)。

続きを読む "スポーツをする人約7割、ウォーキングが一番人気(最新)"

5時12分社会生活基本調査, 逐次新値反映記事

2017/11/05

震災によるボランティア活動の活性化実態をグラフ化してみる(最新)

総務省統計局が2017年7月14日以降順次結果を発表している2016年社会生活基本調査では、人々の行動様式を多様な観点から確認することができる。今回はその公開データにおいて、ボランティア活動への取り組みのうち、2011年3月に発生した東日本大地震・震災によるものと考えられる、「災害に関係した活動」の行動者率の特異的な動きについて見ていくことにする(【平成28年社会生活基本調査】)。

続きを読む "震災によるボランティア活動の活性化実態をグラフ化してみる(最新)"

5時7分社会生活基本調査, 逐次新値反映記事

ボランティア活動の実態をグラフ化してみる(最新)

総務省統計局は2017年7月14日に発表した「生活行動に関する結果」を皮切りに、2016年社会生活基本調査の結果を逐次発表している。今調査は1976年以降5年おきに行われているもので、1日の生活時間の配分と過去年間における主な活動状況などを調べている。そしてその結果は仕事と生活の調和の推進や男女共同参画社会の形成、少子高齢化対策などの各種行政施策の基礎資料として役立てられることになる。今回はその中から、ボランティア活動への取り組み具合について見ていくことにする(【平成28年社会生活基本調査】)。

続きを読む "ボランティア活動の実態をグラフ化してみる(最新)"

5時5分社会生活基本調査, 逐次新値反映記事



(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN