2017/04/17

利用者1割強、利用本数40本強、金額は1万2000円強…有料動画配信の実情をグラフ化してみる(2017年)(最新)

映像や音楽の市場を大きく変質させ、エンタメ部門に新たな旋風を巻き起こす技術・サービスとして、急速に浸透しつつあるのが有料動画配信。個別の作品をデータ単位で買い取る、あるいはレンタルソフトのように短期間視聴できるスタイルだけでなく、クラウドサービスのように特定作品を視聴する権利を得られる「半永久視聴権」の販売や、一定期間は特定の枠組み内で好きな映像が観放題の定額サービスも展開され、急速にその利用者を積み増ししている。今回は日本映像ソフト協会が2017年4月11日付で発表した、日本の映像ソフト協会そのものやソフト関連の実地調査結果を絡めた白書【映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査】の最新版「概要」をもとに、有料動画配信サービスの周辺状況を確認していくことにする。

続きを読む "利用者1割強、利用本数40本強、金額は1万2000円強…有料動画配信の実情をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時17分日本映像ソフト協会, 逐次新値反映記事

販売ビデオを支えるコア層・ビデオソフトの販売実態をグラフ化してみる(2017年)(最新)

エンタメ系市場は特に特定対象へのロイヤリティ(忠誠心)が高い一部のコアな顧客によって勢いづけられ、支えられている事例が多い。コア層が作品を盛り上げ、口コミをすることで中堅層やライトユーザーにまで火がつき、大いに市場が拡大する事例も少なくない。今回はそのような市場を支える購入性向の高いコア層とビデオソフトの販売実態について、日本映像ソフト協会が2017年4月11日付で公開した白書【映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査】の最新版などから、確認していくことにする。

続きを読む "販売ビデオを支えるコア層・ビデオソフトの販売実態をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時14分日本映像ソフト協会, 逐次新値反映記事

2017/04/16

映像ソフト市場の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)

インターネットメディアの普及と回線の高速化、映像技術の進歩に配信サービスの加速的充実などから、昨今では物理メディアにおけるエンタメ部門のセールスが思わしくないとの話を多方面で見聞きする。音楽業界、CD・DVD部門がその最たるものだが、映像ソフト(ビデオソフト、DVDやBD(ブルーレイディスク、以下同)、さらには有料動画)でも状況に大きな変わりはない。今回は日本映像ソフト協会が2017年4月11日付で発表した、日本の映像ソフト協会そのものやソフト関連の実地調査結果を絡めた白書【映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査】の最新版「概要」をもとに、日本の「映像ソフト市場」の推移を確認していくことにする。

続きを読む "映像ソフト市場の推移をグラフ化してみる(2017年)(最新)"

5時14分日本映像ソフト協会, 逐次新値反映記事

2016/06/09

利用者約1割、利用本数50本近く、金額は1万2000円強…有料動画配信の実情をグラフ化してみる(2016年)

映像や音楽の市場を大きく変質させ、エンタメ部門に新たな旋風を巻き起こす技術・サービスとして、急速に浸透しつつあるのが有料動画配信。個別の作品をデータ単位で買い取る、あるいはレンタルソフトのように短期間視聴できるスタイルだけでなく、クラウドサービスのように特定作品を視聴する権利を得られる「永久視聴権」の販売や、一定期間は特定の枠組み内で好きな映像が観放題の定額サービスも展開され、急速にその利用者を積み増ししている。今回は日本映像ソフト協会が2016年4月27日付で発表した、日本の映像ソフト協会そのものやソフト関連の実地調査結果を絡めた白書【映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査】の最新版「概要」をもとに、有料動画配信サービスの周辺状況を確認していくことにする。

続きを読む "利用者約1割、利用本数50本近く、金額は1万2000円強…有料動画配信の実情をグラフ化してみる(2016年)"

4時0分日本映像ソフト協会, noindex

2016/06/02

洋画も邦画も日本のアニメも観たい…有料動画配信サービスの利用者の内情をグラフ化してみる(2016年)(最新)

日本映像ソフト協会が2016年4月27日付で公開した白書【映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査】の最新版を基に【映像ソフト市場の推移をグラフ化してみる】で状況の精査を行ったが、今白書では2013年分から新しい要素として「有料動画配信」が加わり、さらに直近の2015年では対象サービスが大幅に拡充している。これは同サービスが誤差などとして無視できる範囲を超える市場規模を有してきたからに他ならない。現状ではいかなる人達が用い、内容の選択をしているのだろうか。その実情を垣間見れるデータをいくつか抽出していくことにする。

続きを読む "洋画も邦画も日本のアニメも観たい…有料動画配信サービスの利用者の内情をグラフ化してみる(2016年)(最新)"

5時1分日本映像ソフト協会, 逐次新値反映記事

2016/05/16

映像ソフト市場の推移をグラフ化してみる(2016年)

インターネットメディアの普及と回線の高速化、映像技術の進歩に配信サービスの加速的充実などから、昨今では物理メディアにおけるエンタメ部門のセールスが思わしくないとの話を多方面で見聞きする。音楽業界、CD・DVD部門がその最たるものだが、映像ソフト(ビデオソフト、DVDやBD(ブルーレイディスク、以下同)、さらには有料動画)でも状況に大きな変わりはない。今回は日本映像ソフト協会が2016年4月27日付で発表した、日本の映像ソフト協会そのものやソフト関連の実地調査結果を絡めた白書【映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査】の最新版「概要」をもとに、日本の「映像ソフト市場」の推移を確認していくことにする。

続きを読む "映像ソフト市場の推移をグラフ化してみる(2016年)"

10時0分日本映像ソフト協会, noindex

2015/05/21

無料で満足な人多数…有料動画配信サービスの内情を探る(2015年)(最新)

映像や音楽の市場を大きく変質させる新たな技術・サービスとして、急速に浸透しつつあるのが有料動画配信サービス。個別の作品をデータ単位で買い取る、あるいはレンタルソフトのように短期間視聴できるスタイルだけでなく、クラウドサービスのように特定作品を視聴する権利を得られる「永久視聴権」の販売や、一定期間は特定の枠組み内で好きな映像が観放題の定額サービスも展開され、急速にその利用者を積み増ししている。今回は日本映像ソフト協会が2015年4月28日付で発表した、日本の映像ソフト協会そのものやソフト関連の実地調査結果を絡めた白書【映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査】の最新版「概要」をもとに、有料動画配信サービスの周辺状況を確認していくことにする。

続きを読む "無料で満足な人多数…有料動画配信サービスの内情を探る(2015年)(最新)"

8時25分日本映像ソフト協会, 逐次新値反映記事

2015/05/19

映像ビデオ市場の推移をグラフ化してみる(2015年)

インターネットメディアの普及と回線の高速化、映像技術の進歩に配信サービスの充実性などから、昨今では物理メディアにおけるエンタメ部門のセールスが思わしくないとの話を多方面で見聞きする。音楽業界、CD・DVD部門がその最たるものだが、映像ソフト(ビデオソフト、DVDやBD(ブルーレイディスク、以下同))でも状況に大きな変わりはない。今回は日本映像ソフト協会が2015年4月28日付で発表した、日本の映像ソフト協会そのものやソフト関連の実地調査結果を絡めた白書【映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査】の最新版「概要」をもとに、日本の「映像ビデオ市場」の推移を確認していくことにする。

続きを読む "映像ビデオ市場の推移をグラフ化してみる(2015年)"

11時0分日本映像ソフト協会, noindex

2014/04/28

有料動画配信サービスの利用者の内情をグラフしてみる(2014年)(最新)

日本映像ソフト協会が2014年4月22日付で公開した白書【映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査】の最新版を基に【映像ビデオ市場の推移をグラフ化してみる】をはじめ複数の解説・精査記事を展開したが、今白書では2013年分から新しい要素である「有料動画配信サービス」が加わっている。これは同サービスが誤差などとして無視できる範囲を超える市場規模を有してきたからだが、現状ではどのような人達が用い、行動性向を有しているのだろうか。その実情を垣間見れるデータをいくつか抽出していくことにする。

続きを読む "有料動画配信サービスの利用者の内情をグラフしてみる(2014年)(最新)"

15時30分日本映像ソフト協会, 逐次新値反映記事

自宅はテレビやパソコン、外ではスマホ・映像サービスの使用機器をグラフ化してみる(2014年)(最新)

文字列で構成される文章より、動きの無い画像より、魅力的で心をとらえやすいのが音声と動画で構成される映像サービス。無料・有料を問わずのテレビ番組や各種動画配信サービスでそれらの映像を楽しむことができる。昔は映像サービスの提供媒体といえばテレビ位のものだったが、今ではパソコンにポータブルDVD・BD(ブルーレイディスク)プレイヤー、そしてスマートフォンにカーナビなど、多種多様な機器が用意されている。今回は日本映像ソフト協会が2014年4月22日付で公開した白書【映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査】の最新版などから、映像サービスを視聴する際の使用機器について確認をしていくことにする。

続きを読む "自宅はテレビやパソコン、外ではスマホ・映像サービスの使用機器をグラフ化してみる(2014年)(最新)"

14時30分日本映像ソフト協会, 逐次新値反映記事

販売ビデオを支えるコア層・ビデオソフトの販売実態をグラフ化してみる(2014年)

エンタメ系市場は特に特定対象へのロイヤリティ(忠誠心)が高い一部のコアな顧客によって勢いづけられ、支えられているという事例が多い。コア層が作品を盛り上げ、口コミをすることで中堅層やライトユーザーにまで火がつき、大いに市場が拡大する事例も少なくない。今回はそのような市場を支える購入性向の高いコア層とビデオソフトの販売実態について、日本映像ソフト協会が2014年4月22日付で公開した白書【映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査】の最新版などから、確認していくことにする。

続きを読む "販売ビデオを支えるコア層・ビデオソフトの販売実態をグラフ化してみる(2014年)"

11時0分日本映像ソフト協会, noindex

ビデオソフトのレンタル動向をグラフ化してみる(2014年)(最新)

気に入った映像ソフトを購入し、手元に残して何度となく繰り返し視聴するほどまでの愛着は無いものの、テレビ放送などでの展開を待つのは惜しいほどには気に入っている、早く観たい映画やドラマなど、あるいは一度じっくり観れば十分と考えている作品では、レンタルを使うという手段がある。映像コンテンツ業界では収益源の一つとして欠かせない存在ではあるが、昨今は調子があまり良くないとの話を見聞きし、実際市場規模も縮小傾向にある。今回は日本映像ソフト協会が2014年4月22日付で公開した、日本の映像ソフト業界そのものやソフト関連の実地調査結果を絡めた白書【映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査】の最新版をもとに、ビデオソフトの購入・レンタル動向を確認していくことにする。

続きを読む "ビデオソフトのレンタル動向をグラフ化してみる(2014年)(最新)"

8時30分日本映像ソフト協会, 逐次新値反映記事

2014/04/27

ビデオソフトの購入動向をグラフ化してみる(2014年)(最新)

趣味趣向の多様化や新しい受信メディアの登場(インターネット関連)に伴い、物理メディアとして提供されるDVD・BD(ブレーレイディスク)による映像ソフトの市場規模は年々減少を続けている。それではそれら物理メディアによるビデオソフトの購入・レンタル利用者達は、どのような購入性向を示しているのだろうか。今回は日本映像ソフト協会が2014年4月22日付で発表した、日本の映像ソフト業界そのものやソフト関連の実地調査結果を絡めた白書【映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査】の最新版をもとに、ビデオソフトの購入・レンタル動向を確認していくことにする。

続きを読む "ビデオソフトの購入動向をグラフ化してみる(2014年)(最新)"

20時0分日本映像ソフト協会, 逐次新値反映記事

2014/04/26

映像ビデオ市場の推移をグラフ化してみる(2014年)

インターネットメディアの普及と回線の高速化、映像技術の進歩に配信サービスの充実性などから、昨今では物理メディアにおけるエンタメ部門のセールスが思わしくないとの話を多方面で見聞きする。音楽業界、CD・DVD部門がその最たるものだが、映像ソフト(ビデオソフト、DVDやBD(ブルーレイディスク、以下同))でも状況に大きな変わりはない。今回は日本映像ソフト協会が2014年4月22日付で発表した、日本の映像ソフト業界そのものやソフト関連の実地調査結果を絡めた白書【映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査】の最新版をもとに、日本の「映像ビデオ市場」の推移を確認していくことにする。

続きを読む "映像ビデオ市場の推移をグラフ化してみる(2014年)"

10時0分日本映像ソフト協会, noindex

2013/05/09

無料動画はYouTubeが一番、ニコ動が二番…無料配信・有料放送契約サービスの加入動向をグラフ化してみる(2012年分反映版)

先日まで【映像ビデオ市場の推移をグラフ化してみる(2012年分反映版) 】をはじめいくつかの記事で、日本映像ソフト協会が2013年4月17日に発表した、映像ソフト(ビデオソフト、DVDやBD(ブルーレイディスク、以下同))に関する2012年の動向をまとめた市場調査報告書【ビデオソフト市場規模及びユーザー動向調査 2012(PDF)】を元に、昨年掲載の記事の各種情報の更新と再分析を行った。今年の報告書では従来の掲載項目に加え、ビデオソフトの市場とは直接関係はないものの、成長過程にあり、競合サービスとして見過ごせない「映像サービス」の視聴状況などを対象とした調査結果も新規に盛り込まれている。そこで今回は【テレビが8割強、無料映像配信サービスが5割…普段使っている映像サービスをグラフ化してみる(2012年分反映版)】に続き、無料の映像配信利用サービス、及び有料放送契約加入サービスの利用状況を確認していくことにする。

続きを読む "無料動画はYouTubeが一番、ニコ動が二番…無料配信・有料放送契約サービスの加入動向をグラフ化してみる(2012年分反映版)"

7時55分日本映像ソフト協会, noindex

2013/05/08

テレビが8割強、無料映像配信サービスが5割…普段使っている映像サービスをグラフ化してみる(2012年分反映版)

先日まで【映像ビデオ市場の推移をグラフ化してみる(2012年分反映版) 】など、日本映像ソフト協会が2013年4月17日に発表した、映像ソフト(ビデオソフト、DVDやBD(ブルーレイディスク、以下同))に関する2012年の動向を網羅した市場調査報告書【ビデオソフト市場規模及びユーザー動向調査 2012(PDF)】を元にした昨年掲載の記事の情報更新と再分析を行った。今年の報告書ではビデオソフトの市場とは直接関係はないものの、競合サービスとして見過ごせない「映像サービス」の視聴状況に関する調査結果も新たに盛り込まれている。そこで今回も含めて2回に分けて、この結果を確認していくことにする。

続きを読む "テレビが8割強、無料映像配信サービスが5割…普段使っている映像サービスをグラフ化してみる(2012年分反映版)"

11時30分日本映像ソフト協会, noindex

2012/04/24

販売ビデオを支えるコア層・ビデオソフトの販売実態をグラフ化してみる(2011年分反映版)

ビデオ購入【日本映像ソフト協会】は映像ソフト(ビデオソフト、DVDやBD(ブルーレイディスク))業界に関する動向情報・市場調査の結果を「ビデオソフト市場規模及びユーザー動向調査」というレポート名で、毎年公開・報告している。今回はその中から、販売ビデオを支えるコア層・ビデオソフトの販売実態をグラフ化した記事を更新する形で、コア層ともヘビーユーザーとも表現できる、一年間に多くのビデオソフトを購入する人たちと、ビデオ販売部門との関係についてグラフ化し、状況を眺めて行くことにする。同業界の動向の一端を推し量れるはずだ(【ビデオソフト市場規模及びユーザー動向調査 2011(PDF)】)。

続きを読む "販売ビデオを支えるコア層・ビデオソフトの販売実態をグラフ化してみる(2011年分反映版)"

6時50分日本映像ソフト協会, noindex

2012/04/23

ビデオソフトのレンタル動向をグラフ化してみる(2011年分反映版)

映像ソフト(ビデオソフト、DVDやBD(ブルーレイディスク))業界に関する動向を推し量れる、【日本映像ソフト協会】が毎年発表している市場調査情報「ビデオソフト市場規模及びユーザー動向調査」には、多種多様なデータが盛り込まれている。今回はその中から、ビデオソフトのレンタル動向を精査した過去の記事を更新する形で、直近の2011年におけるビデオソフトのレンタル動向を中心にデータをグラフ化し、状況を眺めて行くことにする。同業界の動向の一端を推し量れるはずだ(参照資料:【ビデオソフト市場規模及びユーザー動向調査 2011(PDF)】)。

続きを読む "ビデオソフトのレンタル動向をグラフ化してみる(2011年分反映版)"

6時50分日本映像ソフト協会, noindex

2012/04/22

ビデオソフトの購入動向をグラフ化してみる(2011年分反映版)

映像ソフト(ビデオソフト、DVDやBD(ブルーレイディスク))業界に関する動向を推し量れる、【日本映像ソフト協会】が毎年発表している市場調査情報「ビデオソフト市場規模及びユーザー動向調査」には、多種多様なデータが盛り込まれている。今回はその中から、直近の2011年におけるビデオソフトの購入動向を中心にデータをグラフ化し、状況を眺めて行くことにする。同業界の動向の一端を推し量れるはずだ(【ビデオソフト市場規模及びユーザー動向調査 2011(PDF)】)。

続きを読む "ビデオソフトの購入動向をグラフ化してみる(2011年分反映版)"

19時30分日本映像ソフト協会, noindex

2012/04/20

映像ビデオ市場の推移をグラフ化してみる(2011年分反映版)

日本映像ソフト協会は2012年4月12日、映像ソフト(ビデオソフト、DVDやBD(ブルーレイディスク))に関する2011年の動向を網羅した市場調査報告書【ビデオソフト市場規模及びユーザー動向調査 2011(PDF)】を発表した。今回はその報告書を元に、以前2010年分のデータを元に分析した記事のうち、映像ビデオ市場の推移をグラフ化したものの情報更新版を構築することにした。

続きを読む "映像ビデオ市場の推移をグラフ化してみる(2011年分反映版)"

6時50分日本映像ソフト協会, noindex



(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN