2014/05/07

オンラインのみプラスだが成長鈍化続く…米新聞社広告費動向(2014年)(最新)

当サイトではアメリカの新聞協会「Newspaper Association of America(NAA)」の公式発表データを基に同国新聞業界における広告費動向の精査を逐次行っているが、2012年第4四半期分を最後に同協会では公式サイト上におけるデータ公開を不定期化し、記事の更新がままならない状態が続いていた。そこで【新聞はそれでも一番…米ニュースメディアの売上規模を比較してみる(SNM2014版)】などいくつかの記事で取り上げた、アメリカの調査機関Pew Resarch Centerが今年の3月に発表した【State of the News Media 2014】を再確認したところ、NAAをソースとするアメリカの新聞広告費に関する年次データにおいて、最新値となる2013年分までのものが確認できた。2012年分以前のものに関して過去データと突き合わせ、各値において整合性が取れたことから、今回はこの値を基に、各種値を最新値である2013年分にまで更新し、アメリカの新聞における広告動向の精査を行うことにする。

続きを読む "オンラインのみプラスだが成長鈍化続く…米新聞社広告費動向(2014年)(最新)"

15時30分米新聞社広告費(年次), SNM

2012/03/25

オンライン成長止まり7%プラスに、紙媒体はマイナス圏で低迷のまま…米新聞社広告費動向(2012年発表)

先日から【タブレット機でニュースを読む人は約1割…アメリカのニュース取得状況をグラフ化してみる】などで、アメリカの調査機関【Pew Research Center】発によるアメリカのニュースメディア事情についての記事を展開している。その過程で同国の新聞動向を調べ直していたところ、アメリカの新聞広告の売上推移を2010年分までグラフ化した記事で取り上げた新聞周りのデータに関し、(部数は未だに2009年までだが)広告費はようやく2011年のものが反映されていた。そこで今回は広告費の年次データを更新し、最新状況のチェックを入れることにする。

続きを読む "オンライン成長止まり7%プラスに、紙媒体はマイナス圏で低迷のまま…米新聞社広告費動向(2012年発表)"

6時40分米新聞社広告費(年次), noindex

2011/03/21

リーマンショックの反動でオンラインはプラス11%、紙媒体はマイナス圏から脱出できず…米新聞社広告費動向(2011年発表)

一か月ほど前にアメリカの新聞広告の売上推移をグラフ化した記事(2009年分まで)で、変動の激しいアメリカの新聞業界の動向をかいま見ることができる、同国の新聞広告の売上推移について分析を行った。当時は2009年分のデータまでしか公開されていなかったのだが、先日確認したところ、部数はまだ2009年分であるものの、広告費は2010年のものが反映されていた。そこで今回は広告費のデータを更新し、最新状況のチェックを入れてみることにする。

続きを読む "リーマンショックの反動でオンラインはプラス11%、紙媒体はマイナス圏から脱出できず…米新聞社広告費動向(2011年発表)"

12時0分米新聞社広告費(年次), noindex

2011/02/07

オンライン広告もマイナス12%に、紙媒体は軒並み2割超減…米新聞社広告費動向(2010年発表)

先日、以前に海外のメディア関連情報サイトeMarketerに掲載されたデータを基に執筆した、アメリカの新聞広告の売上推移をグラフ化して内容を精査した記事に対し【最近のデータはどのような推移を見せているのか】という間接的な問い合わせをいただいた。日本の新聞に関しては【1年間で103万部減……新聞の発行部数などをグラフ化してみる(2010年分・新聞業界全体版)】などで定期的に更新しているのだから、色々な意味で先を進んでいるアメリカの新聞業界においても追いかけるべきだと実感。そこで今回は最新のデータを探した上で「アメリカの新聞広告の売上推移をグラフ化してみる」の内容を更新すると共に、もう少し他の角度からもグラフを生成することにした。

続きを読む "オンライン広告もマイナス12%に、紙媒体は軒並み2割超減…米新聞社広告費動向(2010年発表)"

7時19分米新聞社広告費(年次), noindex

2009/04/21

景気後退の波はオンラインもマイナスに陥れる…米新聞社広告費動向(2009年発表)

日本の新聞社の経営が悪化しているという話は、【未上場で有名な企業の業績をグラフ化してみる……(3)日経新聞などの各新聞社】をはじめとして、主に財務面や購読者数の面からこれまでにも何度か取り上げている。欧米では日本以上に状況は進展(悪化)しており、著名な新聞社が休刊に追い込まれたりオンラインに場を移したり、伝統をかなぐり捨てて広告を展開する事態に陥っている(【アメリカ有力紙NYTが「聖域」の1面広告を解禁】)。日本の新聞各社も後追いするかもしれない、アメリカの新聞業界における広告売上の推移が【eMarketer】に紹介されていたので、今回はこれをグラフ化することにした。アメリカの新聞広告市場動向そのものを知るだけでなく、将来日本との類似点を探る上での資料になる可能性もあるからだ。

続きを読む "景気後退の波はオンラインもマイナスに陥れる…米新聞社広告費動向(2009年発表)"

4時45分米新聞社広告費(年次), noindex



(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN