2022/11/08

日本では現金と預金が54.7%…主要国の家計資産の構成比率(最新)

2022-1027当サイトでは【日米家計資産推移】にある通り、日本銀行が定期的に発表している「資金循環の日米欧比較」を基に、日本とアメリカ合衆国、そして欧州全体の一般的な家計における、金融資産の内情を精査し、その違いを確認している。それぞれの経済状況に加え、国・地域の金融システムの相違や民族性などがよく現れており、非常に興味深い内容となっている。今回は同様のお財布事情を知るため、OECD(経済協力開発機構)の公開データベース【Household accounts】を用い、いくつかの国を選択し、「資金循環の日米欧比較」の公開値と同様に、各国の平均的な家計の金融資産の構成比率について確認していくことにする。

続きを読む "日本では現金と預金が54.7%…主要国の家計資産の構成比率(最新)"

2時58分OECD(金融), 逐次新値反映記事

2022/11/07

中国は1日で914万バレルの石油が不足…日米中の石油事情(最新)

2022-1024先行記事【世界各国の石油生産・輸入・輸出量(最新)】において、【アメリカ合衆国のエネルギー情報局(EIA:Energy Information Administration)】による【公開データベース】の取得値を元に、主要国の石油事情を複数面で確認した。今回はその中から特に注目したい日本、アメリカ合衆国、そして中国の動向に関して、もう少しチェック期間を伸ばし、複数の視点で眺めてみることにする。

続きを読む "中国は1日で914万バレルの石油が不足…日米中の石油事情(最新)"

2時55分EIA, 逐次新値反映記事

2022/11/06

輸入量トップは中国で4.84兆立方フィート…世界各国の天然ガス埋蔵・生産・輸出入量(最新)

2022-1024【アメリカ合衆国のエネルギー情報局(EIA:Energy Information Administration)】【公開データベース】には、主要エネルギー資源の各国における埋蔵量や生産量、輸出入量など数多くのデータが収録されている。今サイトではこのデータベースの値を基に、「原油(石油)」「天然ガス」「石炭」の主要3資源の最新状況などを逐次確認し、確認している。今回は現時点における最新の天然ガス関連の動向に関して、いくつかの切り口から状況をまとめていくことにする。

続きを読む "輸入量トップは中国で4.84兆立方フィート…世界各国の天然ガス埋蔵・生産・輸出入量(最新)"

2時55分EIA, 逐次新値反映記事

2022/11/05

消費量トップは中国の42.41億トン…世界各国の石炭埋蔵・採掘・輸出入量(最新)

2022-1023当サイトでは【アメリカ合衆国のエネルギー情報局(EIA:Energy Information Administration)】【公開データベース】の値を基に、世界各国の主要エネルギーの生産・消費・輸出入動向をまとめている。今回はその各値を基に、石油や天然ガスとともに注目を集め、多方面で用いられている石炭に関して、国際的な実情を複数の面から確認する。

続きを読む "消費量トップは中国の42.41億トン…世界各国の石炭埋蔵・採掘・輸出入量(最新)"

2時47分EIA, 逐次新値反映記事

最大生産国はアメリカ合衆国で日産1898万バレル…世界各国の石油生産・輸入・輸出量の実情(最新)

2022-1023多様なエネルギー資源が開発されている現在でもなお、化石燃料の代表格で産業、経済、さらには人々の社会生活そのものを支える柱となっているのが石油(原油)。その石油の各国における生産量や輸出量・輸入量の動向は複数の調査機関や公的機関が精査し、公開している。今回は【アメリカ合衆国のエネルギー情報局(EIA:Energy Information Administration)】による【公開データベース】の提供値を基に、現在確認できる範囲の状況をチェックしていくことにする。

続きを読む "最大生産国はアメリカ合衆国で日産1898万バレル…世界各国の石油生産・輸入・輸出量の実情(最新)"

2時44分EIA, 逐次新値反映記事

2022/11/04

直近四半期の総売上1271.01億ドル、営業利益率2.0%、AWSの総売上比16.16%…アマゾンドットコムの売上推移など(最新)

2022-1104アマゾン文房具や書籍、各種玩具、さらには飲料食料品や大型動物の実物大模型に至るまで、多彩な商品を取り扱い、条件が合えば注文翌日どころか当日に商品を入手できる通販サービス「アマゾン」。その浸透ぶりに「konozama」をはじめ多種多様な造語もごく普通に使われるようになったが、今や多くの人にとって欠かせないインフラの立ち位置にある事実は、誰一人として否定はできない。今回はそのアマゾンに関して、日本国内だけではなく世界全体の同社における財務状態の推移を眺めることにした。

続きを読む "直近四半期の総売上1271.01億ドル、営業利益率2.0%、AWSの総売上比16.16%…アマゾンドットコムの売上推移など(最新)"

12時38分海外企業決算動向, 逐次新値反映記事

出版・事業部門以外は減少…新聞社従業員の部門別推移(最新)

2022-1022当サイトでは日本国内における新聞業界の動向について、主に2つのルートから定点観測をしている。一つが日本ABC協会発表の主要新聞社の販売動向。そしてもう一つが日本新聞協会が年ペースで更新している新聞業界全体の各種指標。そのうち後者において、業界全体の売上と従業員に関するデータの更新が確認された。そこで今回は新聞社の従業員数に係わる現状を精査していくことにする。

続きを読む "出版・事業部門以外は減少…新聞社従業員の部門別推移(最新)"

3時0分新聞協会発表値(年次), 逐次新値反映記事

前年度比マイナス0.9%…新聞業の売上高動向(最新)

2022-1022当サイトでは大きく2つのルートから日本の新聞業界の動向を俯瞰的に推し量り、解説記事を展開している。一つが半年ペースで更新される日本ABC協会発表の主要新聞社の販売動向。もう一つが日本新聞協会が年ペースで更新する、新聞業界全体の各種指標。そのうち後者において、業界全体の売上と従業員に関するデータの更新(2021年度分の反映)が確認された。そこで今回は売上全体の推移を中期的な視点から眺めていくことにする。

続きを読む "前年度比マイナス0.9%…新聞業の売上高動向(最新)"

2時57分新聞協会発表値(年次), 逐次新値反映記事

2022/11/03

テレビ番組をリアルタイムで観ている人の割合やその時間に変化はあるのだろうか(最新)

2022-1018インターネットの普及とその窓口となるデジタル系端末、特にスマートフォンの利用率上昇に伴い、人の娯楽、中でも映像を観るタイプの娯楽の選択肢は大きな増加を示す形となった。「ながら利用」はあるものの、リアルタイムで放映されるテレビ番組にとって、テレビ受像機を直接占有される据置型家庭用ゲーム機と比べればダイレクトにではないが、インターネットを用いた多用な行動は、確実に人の娯楽教養の時間消費においてライバル視される存在となっている。それではテレビ番組を観る人は減少をしているのだろうか。観ている人における視聴時間に変化はあるのだろうか。総務省情報通信政策研究所が2022年8月26日に発表した「令和3年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」などの調査結果をもとに、その実情を確認していく(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

続きを読む "テレビ番組をリアルタイムで観ている人の割合やその時間に変化はあるのだろうか(最新)"

2時54分情報通信政策研究所, 逐次新値反映記事

20-50代は実質的にほぼ全員がスマートフォン利用者…従来型とスマホ、携帯電話それぞれの利用率の推移(最新)

2022-1018先行する記事【パソコンは平日35.1%の人が利用…パソコンや従来型携帯電話、スマートフォンなどの利用状況を確認してみる(最新)】などで、総務省情報通信政策研究所が2022年8月26日に発表した「令和3年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」などの調査結果を基に、携帯電話(従来型携帯電話とスマートフォン双方。以下同)などの利用状況を確認した。今回は直近版となる2021年分の調査結果だけでなく、過去の調査結果も併せ、経年における利用率の推移を確認していくことにする(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

続きを読む "20-50代は実質的にほぼ全員がスマートフォン利用者…従来型とスマホ、携帯電話それぞれの利用率の推移(最新)"

2時51分情報通信政策研究所, 逐次新値反映記事

2022/11/02

観ているのはほぼ8割、そのうちタブレット型端末メインが3割近く…子供たちのネット動画視聴動向を探る(最新)

2022-1018インターネット回線の高速化と動画再生技術の飛躍的な進歩、スマートフォンの普及に伴い、かつて双方向性のテレビ電話的なものとして未来技術の一つに挙げられた、機動力が高く利用者が自在に操作できる、利用ハードルの低い動画視聴エンターテインメントが、スマートフォンと動画配信・共有サイトによって現実のものとなりつつある。それに伴い、保護者が環境を提供することにより、幼少時の子供たちも動画を楽しむ機会が増えている。今回は総務省情報通信政策研究所が2022年8月26日に発表した「令和3年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」などの調査結果を基に、その実情を確認していくことにする(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

続きを読む "観ているのはほぼ8割、そのうちタブレット型端末メインが3割近く…子供たちのネット動画視聴動向を探る(最新)"

2時48分情報通信政策研究所, 逐次新値反映記事

YouTube、ニコ動、Instagram、Snapchat、そしてTikTok…主要ソーシャルメディアなどの利用状況の変化(動画・画像編)(最新)

2022-1017先行記事【LINE、Facebook、Twitter、そしてmixi…主要ソーシャルメディアなどの利用状況の変化(最新)】において、総務省情報通信政策研究所が2022年8月26日に発表した「令和3年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」などの調査結果を基に、数年間にわたる主要ソーシャルメディアなどの利用状況を確認した。そこではFacebookやTwitterなどのテキストメインのサービスを対象としたが、同調査では画像や動画を中心にしたソーシャルメディアに関しても、同様に経年による調査が実施されている。そこで今回は動画や画像中心のソーシャルメディアに関して、取得可能な限りの経年による利用動向を精査していくことにする(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

続きを読む "YouTube、ニコ動、Instagram、Snapchat、そしてTikTok…主要ソーシャルメディアなどの利用状況の変化(動画・画像編)(最新)"

2時45分情報通信政策研究所, 逐次新値反映記事

2022/11/01

LINE、Facebook、Twitter、そしてmixi…主要ソーシャルメディアなどの利用状況の変化(最新)

2022-1017この数年でコミュニケーションの様式を大きく変化させた要因の一つに挙げられるのがソーシャルメディア。スマートフォンと相互作用する形で普及率はうなぎのぼりとなり、さまざまな社会・経済方面にも影響を与えている。今回は総務省情報通信政策研究所が2022年8月26日に発表した「令和3年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」などの調査結果をもとに、数年間にわたる主要ソーシャルメディアなどの利用状況を確認していくことにする(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

続きを読む "LINE、Facebook、Twitter、そしてmixi…主要ソーシャルメディアなどの利用状況の変化(最新)"

2時51分情報通信政策研究所, 逐次新値反映記事

関心、自分の生活との比較、騒いでよくなるか…政治への思いを探る(最新)

2022-1017国民全体に対するさまざまな施策を国家単位で執り行う活動や、その施策そのもの、さらにはそれらを成すためのさまざまな様式、意識決定などをまとめて政治と呼んでいる。その政治に対し、人々はどの程度関心を持ち、いかなる想いを抱いているのか。今回は総務省が2022年8月26日に情報通信政策研究所の調査結果として発表した「令和3年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」の公開値を基に、政治にまつわる4項目の結果を抽出し、その実態を確認していく(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

続きを読む "関心、自分の生活との比較、騒いでよくなるか…政治への思いを探る(最新)"

2時49分情報通信政策研究所, 逐次新値反映記事

2022/10/31

日本は8位、自由判定…インターネット上の自由度(最新)

2022-103121世紀を迎えてからまだ20年強しか経過していないが、インターネットは今世紀に浸透普及した技術の中でも、もっとも大きな変化を世界に与え、これまでにない情報伝達ツールとして歴史に刻まれるに違いない。情報の概念は大きく覆され、価値も意義も一変し、多様な方面に多大な利便と革新をもたらすことになった。それとともに便利極まり無いインフラでもあるインターネットに関し、自由に利用できるか否かに注目が集まっている。情報のやり取りは多分に諸刃の剣であり、自由な利用を好まない勢力もあるからだ。今回は国際NGOフリーダム・ハウス(Freedom House)が毎年精査発表しているインターネット上の自由度に関する報告書の最新版「Freedom on the Net 2022」を基に、世界各国のインターネット上の自由度の状況を確認していくことにする(【発表報告書一覧ページ:Reports】)。

続きを読む "日本は8位、自由判定…インターネット上の自由度(最新)"

8時33分FH自由ランキング, 逐次新値反映記事

5つの視点からメディアへの信頼度を年齢階層別に確認してみる(最新)

2022-1017先行する記事【国内の政治や経済問題の情報源として、各メディアはどこまで信頼されているのだろうか】などで、総務省が2022年8月26日に情報通信政策研究所の調査結果として発表した「令和3年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」の公開値を基に、いくつかのジャンルに係わるニュースを取得する際に、人々がどのような情報源を信頼しているかを検証した。今回は調査で取り上げられている5つのジャンルについて、信頼度、そしてそもそも論としてそのメディアをニュース取得源として用いているか否かを確認していくことにする(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

続きを読む "5つの視点からメディアへの信頼度を年齢階層別に確認してみる(最新)"

2時44分情報通信政策研究所, 逐次新値反映記事

2022/10/30

東アジアの外交問題に関するニュースの情報源として、各メディアはどこまで信頼されているのだろうか(最新)

2022-1017新興諸国の経済発展と、一部の国による軍事面も含めた意欲的・積極的・高圧的な外交施策に伴い、東アジアの緊張はこれまでにない高まりを示している。その動向は対岸の火事ではなく、日本自身にも大きな影響を及ぼす、さらには関係のある事案も多数含まれており、一人一人が情報の収集に興味関心を持つのは当然の話。今回は総務省が2022年8月26日に情報通信政策研究所の調査結果として発表した「令和3年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」の公開値を基に、この東アジアの外交問題に関するニュースを取得する際に、主要メディアは情報源としてどれほど信頼されているのかについて確認していくことにする(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

続きを読む "東アジアの外交問題に関するニュースの情報源として、各メディアはどこまで信頼されているのだろうか(最新)"

3時19分情報通信政策研究所, 逐次新値反映記事

海外ニュースの情報源として、各メディアはどこまで信頼されているか(最新)

2022-1017インターネットによって情報に関する距離感は一部地域をのぞいてほぼ意味をなくし、国際化の進展に伴い他国の情勢が自国に影響を及ぼす可能性がますます増大する昨今。海外のさまざまな状況を伝える海外ニュースへの聞き耳は、これまで以上に感度を高くする必要が求められている。今回は総務省が2022年8月26日に情報通信政策研究所の調査結果として発表した「令和3年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」の公開値を基に、この海外ニュースを取得する際に、主要メディアは情報源としてどれほど信頼されているのかについて確認していくことにする(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

続きを読む "海外ニュースの情報源として、各メディアはどこまで信頼されているか(最新)"

2時57分情報通信政策研究所, 逐次新値反映記事

2022/10/29

国内の政治や経済問題の情報源として、各メディアはどこまで信頼されているのだろうか(最新)

2022-1016先行記事【新聞一番テレビが二番…メディアへの信頼度、テレビと新聞の高さ継続(最新)】において、総務省が2022年8月26日に情報通信政策研究所の調査結果として発表した「令和3年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」の公開値を基に、各ニュースメディアに対して人々がどの程度信頼をおいているのかを確認した。しかし実際には伝えられるニュースのジャンルにより、各メディアへの信頼の度合いも違ってくる。そこで今回は日本国内の政治や経済問題の情報源として、各メディアがどの程度信頼されているのかに関して確認をしていくことにする(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

続きを読む "国内の政治や経済問題の情報源として、各メディアはどこまで信頼されているのだろうか(最新)"

2時50分情報通信政策研究所, 逐次新値反映記事

男女で異なるテレビとの付き合い方…年齢階層別・男女別の時間帯別テレビ利用実情(最新)

2022-1016先行記事【平日だけでなく休日もテレビがお友達な高齢層…年齢階層・時間帯別テレビの利用状況(最新)】で年齢階層別におけるテレビの観賞動向を確認したが、その後【平日は女性の方が多く、長い…男女別・年齢階層別のテレビ視聴動向(最新)】にもある通り、男女間で大きな差異が生じていることが明らかになった。そこで今回は総務省が2022年8月26日に情報通信政策研究所の調査結果として公式サイトで発表した「令和3年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」の公開値を基に、テレビのリアルタイム視聴に関し、時間帯別に利用状況を確認していくことにする。どの時間帯でどれほどの人がテレビを観ているかについて、男女差はどの程度、どのような形で生じているのだろうか(【情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査】)。

続きを読む "男女で異なるテレビとの付き合い方…年齢階層別・男女別の時間帯別テレビ利用実情(最新)"

2時48分情報通信政策研究所, 逐次新値反映記事



(C)2005-2022 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS