2019/01/23

やや値を落とし、販売量は増加…田中貴金属、2018年通期における投資用金地金などの取引量を発表

2019-0123田中貴金属は2019年1月22日、同社における2018年通期(1月から12月)の投資用金地金、プラチナ地金の販売量と買取量の数値などを発表した。その内容によれば金価格はドル高の進行とともに下落を続け、年平均の日本国内小売価格は前年比で33円安の4543円/グラムとなった。また(田中貴金属側による)金の販売量は増加し前年比で35.7%の増となった。金の買取量は20.7%減少している(【田中貴金属公式サイト】)。

続きを読む "やや値を落とし、販売量は増加…田中貴金属、2018年通期における投資用金地金などの取引量を発表"

11時28分田中貴金属・金取引, 逐次新値反映記事

アメリカ合衆国から見た一般の日米協力・相互理解関係の推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0110外務省は2018年12月28日に同省の公式サイトにおいて、アメリカ合衆国における対日世論調査の結果を公開した。その内容によれば調査対象母集団においては、2017年度時点で一般的な日米協力関係の状態・現状に対し、「良好」「極めて良好」の評価をした人は一般人で69%・有識者で66%に達していることが分かった。また日米両国民の相互理解度では、1990年度代以降は上昇傾向にあるが、2013年度以降に限ると一般人で下落する動きを示している(【発表リリース:平成29年度海外対日世論調査】)。

続きを読む "アメリカ合衆国から見た一般の日米協力・相互理解関係の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時17分外務省対日世論調査, 逐次新値反映記事

日本が一番中国二番…アメリカ合衆国のアジア地域諸国に対するパートナー意識の重要度推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0110外務省が2018年12月28日付で発表した、アメリカ合衆国における対日世論調査の結果によると、調査対象母集団のうち一般人では、アジア地域でもっとも重要なパートナーと認識している国は日本であるとの意見を持つ人が最多割合を占め、33%に達していることが分かった。次いで中国の18%、韓国の11%と続いている。有識者では日本33%、中国31%の順となった。個々の国への選択理由については、日本が政治的、貿易・経済的結びつきの点が大きいのに対し、中国では圧倒的に貿易・経済関係や人口などの国の特質を挙げる人が多数を占めている(【発表リリース:平成29年度海外対日世論調査】)。

続きを読む "日本が一番中国二番…アメリカ合衆国のアジア地域諸国に対するパートナー意識の重要度推移をグラフ化してみる(最新)"

5時14分外務省対日世論調査, 逐次新値反映記事

アメリカ合衆国の日本への一般人信頼度87%・有識者は86%に(最新)

2019-0110外務省は2018年12月28日、アメリカ合衆国における対日世論調査の結果を発表した。それによると調査対象母集団においては、一般人の87%・有識者の86%が「日本は信頼できる友邦である」と認識していることが分かった(【発表リリース:平成29年度海外対日世論調査】)。

続きを読む "アメリカ合衆国の日本への一般人信頼度87%・有識者は86%に(最新)"

5時11分外務省対日世論調査, 逐次新値反映記事

2019/01/22

子供達のアトピー性皮膚炎の状況推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0108大人と比べて子供達が発症しやすい疾患の一つにアトピー性皮膚炎がある。発症の要因は多様なものが考えられるが、特定の原因や根源から治療を行う医療方法はまだ見つかっていない。また発症した場合にはかゆみを伴うため、当事者に大きな肉体的・精神的な圧迫となる。この病症に関する子供達の発症状況を、文部科学省が2018年12月21日に発表した2018年度版の【「学校保健統計調査」】の速報値から確認していくことにする。

続きを読む "子供達のアトピー性皮膚炎の状況推移をグラフ化してみる(最新)"

5時23分学校保健統計調査, 逐次新値反映記事

2019/01/20

1.9%ポイント前年同期から改善、過去最高水準に…大学生の2018年12月1日時点での就職内定率は87.9%に

2019-0120厚生労働省は2019年1月20日、2018年度(平成30年度、2018年4月1日から2019年3月31日)における大学や短期大学、高等専門学校、専修学校の新卒者就職状況に関する最新調査結果を公開した。その発表資料によれば2018年12月1日時点の大学卒業予定者の就職内定率(就職希望者に対する就職内定者の割合)は87.9%となり、昨年同時期と比べ1.9%ポイントの増加(改善)が見られたことが明らかになった(【平成30年度大学等卒業予定者の就職内定状況(12月1日現在)を公表します 大学生の就職内定率は87.9%と、調査開始以降同時期で過去最高】)。これは同時期におけるデータが取得可能な1996年3月(末)卒業者以降の記録の中では、2018年3月(末)卒業者が2017年12月1日時点で計上した86.0%を超え、もっとも高い値となる。

続きを読む "1.9%ポイント前年同期から改善、過去最高水準に…大学生の2018年12月1日時点での就職内定率は87.9%に"

11時23分就職率(厚労省), 逐次新値反映記事

2019/01/19

子供達の視力の現状をグラフ化してみる(最新)

2019-0108先行する形で【子供達の視力の推移をグラフ化してみる】において、文部科学省が2018年12月21日に発表した2018年度版の【「学校保健統計調査」】の速報値を基に、子供たちの視力の推移を確認した。今回はある意味で推移よりも気になる人もいるであろう、直近分となる2018年度の視力の実情を、多方面から見ていくことにする。

続きを読む "子供達の視力の現状をグラフ化してみる(最新)"

5時13分学校保健統計調査, 逐次新値反映記事

子供達の視力の推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0107文部科学省は2019年12月21日、2018年度版の【「学校保健統計調査」】の速報値を発表した。これは幼稚園から高校生にいたるまでの、各種身体的測定結果、病症の状況などを定期的に集計しているもので、子供の最新の育成状況や中長期的な健康状態の推移を推し量れるものである。今回は発表されたデータの中から、子供の視力関連について各種値を抽出し、現状と状況の移り変わりについて確認をしていくことにする。

続きを読む "子供達の視力の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時10分学校保健統計調査, 逐次新値反映記事

2019/01/18

子供達のむし歯の状況推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0107文部科学省は2018年12月21日付で、2018年度版となる【「学校保健統計調査」】の速報値を同省公式サイトで公開した。今調査は幼稚園から高校生までにおける、各種身体的測定結果、病症の状況などを定期的に集計しているもので、子供達の健康状態を多方面から推し量れる有意義な報告内容となっている。今回は最新の2018年度分だけで無く、取得できる過去のデータも併せ、子供達のむし歯(う歯)の状況の推移についてグラフを生成し、状況精査を行うことにした。

続きを読む "子供達のむし歯の状況推移をグラフ化してみる(最新)"

5時17分学校保健統計調査, 逐次新値反映記事

子供達のむし歯の現状をグラフ化してみる(最新)

2019-0107文部科学省は2018年12月21日付で同省公式サイトなどにおいて、2018年度版の【「学校保健統計調査」】の各種速報値を発表した。今回はこの公開値を基に、子供達のむし歯(う歯)の現状を確認していくことにする。幼稚園から高校生自身の人はもちろん、それらの年頃の子供がいる保護者にとっても、気になる値に違いない。

続きを読む "子供達のむし歯の現状をグラフ化してみる(最新)"

5時15分学校保健統計調査, 逐次新値反映記事

子供達の喘息(ぜんそく)の状況推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0106文部科学省では2018年12月21日に、幼稚園から高校生までにおける各種身体的測定結果や病症の状況などを定期的に集計している【「学校保健統計調査」】の2018年度版速報値の公開を行った。今回はその公開値を基に、子供達の喘息(ぜんそく)に関する直近、および過去からの状況の変化に関して確認をしていくことにする。

続きを読む "子供達の喘息(ぜんそく)の状況推移をグラフ化してみる(最新)"

5時12分学校保健統計調査, 逐次新値反映記事

2019/01/17

小中学生の長期欠席者数をグラフ化してみる(最新)

2019-0105多くの子供にとって学校は楽しい場所であり、日常生活の多分を占める居場所でもあり、多くの経験を得る機会である。しかしながら病気やケガ、家庭内の事情で休まねばならない場合も生じてくる。また中にはさまざまな理由で通学そのものを望まず、長期にわたり欠席してしまう子供もいる。今回は多様な理由で長期にわたり学校(小中学校)を休んでしまう子供の状況、「理由別長期欠席児童生徒数」の推移を精査することにした。

続きを読む "小中学生の長期欠席者数をグラフ化してみる(最新)"

5時10分学校基本調査, 逐次新値反映記事

小中学校のクラス人数推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0105かつて学生だった人達において、自分自身が小中学校に通っていたころを思い出して欲しいのだが、1クラスの人数はどれぐらいだっただろうか。恐らくは30人から40人、あるいは50人位のクラス人数を経験した人もいるかもしれない。しかし昨今ではクラス構成人数は大いに減少し、20人台から30人台が普通。子供を有する保護者の立場にある人は、その子供から実情を知っているので当たり前の話でしかないが、知る機会が無い人には驚きの内容といえる。今回はその「小学校・中学校の1クラスあたりの平均人数の推移」について、文部科学省など公的機関の公開値を基に、現状を探っていく。

続きを読む "小中学校のクラス人数推移をグラフ化してみる(最新)"

5時6分学校基本調査, 逐次新値反映記事

2019/01/16

入居率は9割強…賃貸住宅の入居率状況をグラフ化してみる(2018年12月発表分)(最新)

2018-1224賃貸住宅に住んでいる人なら誰もが一度や二度は気にしたことがある、自分が住んでいる物件の空き室の有る無し。一つ二つならば今後どのような人が入ってくるのかが楽しみとなるが、あまりにも空き室が多いと防犯や管理の点、そして物件の所有者が建て替えを模索しているのではと不安を覚えてしまうもの。また空き室からは賃料を得られないため、物件の所有者、管理者側の観点ではもちろんマイナスの材料となる。今回は賃貸住宅の管理会社で構成される協会「日本賃貸住宅管理協会」が半年ごとに同協会公式サイトにて発表している【賃貸住宅市場景況感調査(日管協短観)】を基に、賃貸住宅物件の入居率の状況を確認していくことにする。

続きを読む "入居率は9割強…賃貸住宅の入居率状況をグラフ化してみる(2018年12月発表分)(最新)"

5時28分賃貸住宅景況感調査, 逐次新値反映記事

2019/01/15

首都圏が上昇基調…賃貸住宅の成約家賃動向をグラフ化してみる(2018年12月発表分)(最新)

2018-1224賃貸住宅の管理会社で構成される協会「日本賃貸住宅管理協会」では半年ごとに同協会公式サイトにて、【賃貸住宅市場景況感調査(日管協短観)】を更新・公開している。その最新版「賃貸住宅景況感調査日管協短観・2018年度上期(2018年4-9月)」が2018年12月付で公開された。今回はこの公開値などを基に、賃貸住宅管理会社が管理する物件で賃貸契約が成約した際の、家賃の動向について状況の確認をしていくことにする。

続きを読む "首都圏が上昇基調…賃貸住宅の成約家賃動向をグラフ化してみる(2018年12月発表分)(最新)"

5時10分賃貸住宅景況感調査, 逐次新値反映記事

2か月以上の家賃滞納率、1.3%…賃貸住宅の平均家賃滞納率をグラフ化してみる(2018年12月発表分)(最新)

2018-1224賃貸住宅の管理会社による協会「日本賃貸住宅管理協会」がほぼ半年ごとに更新・公開している【賃貸住宅市場景況感調査(日管協短観)】の最新版として、2018年12月付で「賃貸住宅市場景況感調査(日管協短観)・2018年度上期(2018年4-9月)」が発表された。今回はそのレポートの中から、賃貸住宅管理会社が管理する物件における「家賃の滞納状況」を確認し、現状の精査を行うことにする。

続きを読む "2か月以上の家賃滞納率、1.3%…賃貸住宅の平均家賃滞納率をグラフ化してみる(2018年12月発表分)(最新)"

5時8分賃貸住宅景況感調査, 逐次新値反映記事

全国平均で礼金0.96か月、関西圏では1.25か月…賃貸住宅の敷金・礼金や入居条件交渉の変化をグラフ化してみる(2018年12月発表分)(最新)

2018-1224賃貸住宅の管理会社による協会「日本賃貸住宅管理協会」が約半年の間隔で定期的に更新・公開している、協会員を対象としたアンケート調査結果【賃貸住宅市場景況感調査(日管協短観)】について、その最新版「賃貸住宅市場景況感調査(日管協短観)・2018年度上期(2018年4-9月)」が、2018年12月に更新されていることが確認できた。その値を基に今回は、「賃貸住宅管理会社が管理する物件における敷金礼金の現状」「入居者が入居契約交渉時に行う敷金礼金関連の交渉状況」について状況の精査を行うことにする。借り手と貸し手の力関係を間接的にではあるが推し量ることができよう。

続きを読む "全国平均で礼金0.96か月、関西圏では1.25か月…賃貸住宅の敷金・礼金や入居条件交渉の変化をグラフ化してみる(2018年12月発表分)(最新)"

5時6分賃貸住宅景況感調査, 逐次新値反映記事

2019/01/14

高齢者は長期居住傾向…賃貸住宅の平均居住年数をグラフ化してみる(2018年12月発表分)(最新)

2018-1223賃貸住宅の管理会社で構成される協会「日本賃貸住宅管理協会」では、半年毎のペースで【賃貸住宅市場景況感調査(日管協短観)】の更新版を公開している。その最新版となる「賃貸住宅市場景況感調査(日管協短観)・2018年度上期(2018年4-9月)」が2018年12月付で公開されたのをきっかけに、各種賃貸住宅の最新市場動向の確認を行っている。今回は賃貸住宅管理会社が管理する物件における、「居住者の平均居住年数」に関して現状の精査を行うことにする。

続きを読む "高齢者は長期居住傾向…賃貸住宅の平均居住年数をグラフ化してみる(2018年12月発表分)(最新)"

5時23分賃貸住宅景況感調査, 逐次新値反映記事

新築・既存ともに物件増加…賃貸住宅会社の物件の増減をグラフ化してみる(2018年12月発表分)(最新)

2018-1220賃貸住宅の管理会社から成る業界団体「日本賃貸住宅管理協会」が半年単位で公式サイトにて更新公開している、同業界の白書的な調査結果【賃貸住宅市場景況感調査(日管協短観)】の最新版「賃貸住宅市場景況感調査(日管協短観)・2018年度上期(2018年4-9月)」が、2018年12月付でお披露目された。今回はその公開値を基に、賃貸住宅管理会社が管理する新築・既存物件、それぞれの増減について、グラフ化と現状の確認をしていくことにする。

続きを読む "新築・既存ともに物件増加…賃貸住宅会社の物件の増減をグラフ化してみる(2018年12月発表分)(最新)"

5時20分賃貸住宅景況感調査, 逐次新値反映記事

2019/01/13

学生のみ減少派が増加派を超える…賃貸住宅会社への来客層の変化をグラフ化してみる(2018年12月発表分)(最新)

2018-1220賃貸住宅の管理会社によって構成されている業界協会「日本賃貸住宅管理協会」が半年ごとに更新公開している【賃貸住宅市場景況感調査(日管協短観)】の最新版「賃貸住宅市場景況感調査(日管協短観)・2018年度上期(2018年4-9月)」が2018年12月に更新・公開された。その公開値を基に、賃貸住宅市場をさまざまな視点で、管理会社サイドのデータから推し量っている。今回は賃貸住宅管理会社に足を運ぶ客数の変化を確認していくことにする。賃貸住宅の需要動向が間接的ながらも把握できよう。

続きを読む "学生のみ減少派が増加派を超える…賃貸住宅会社への来客層の変化をグラフ化してみる(2018年12月発表分)(最新)"

5時21分賃貸住宅景況感調査, 逐次新値反映記事



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN