2023/02/05

トルコでは対象年齢の28.7%がニート…ニート比率の国際比較(最新)

2023-0118「ニート(NEET(Not in Employment、 Education or Training)、就業、就学、 職業訓練のいずれもしていない人)」は若年層の就労困難さや社会様式の実情を推し量れる存在として知られている。日本では毎年内閣府の「子供・若者白書(旧青少年白書)」でその実情を知ることができるが、他国ではどれほどのニートが存在するのだろうか。OECD(経済協力開発機構)の公開値を基に確認する。

続きを読む "トルコでは対象年齢の28.7%がニート…ニート比率の国際比較(最新)"

3時0分OECD(金融), 逐次新値反映記事

2023/02/04

【更新】直近四半期の総売上1492.04億ドル、営業利益率1.8%、AWSの総売上比14.33%…アマゾンドットコムの売上推移など(最新)

2023-0203アマゾン文房具や書籍、各種玩具、さらには飲料食料品や大型動物の実物大模型に至るまで、多彩な商品を取り扱い、条件が合えば注文翌日どころか当日に商品を入手できる通販サービス「アマゾン」。その浸透ぶりに「konozama」をはじめ多種多様な造語もごく普通に使われるようになったが、今や多くの人にとって欠かせないインフラの立ち位置にある事実は、誰一人として否定はできない。今回はそのアマゾンに関して、日本国内だけではなく世界全体の同社における財務状態の推移を眺めることにした。

続きを読む "【更新】直近四半期の総売上1492.04億ドル、営業利益率1.8%、AWSの総売上比14.33%…アマゾンドットコムの売上推移など(最新)"

10時24分海外企業決算動向, 逐次新値反映記事

日本はOECD諸国内で一番公務員比率が低い…公務員数が多いか少ないかの実情(最新)

2023-0118公的機関に所属し職務を執り行う人を公務員と呼んでいる。社会の維持のための公務を継続して行うためには欠かせない存在ではあるが、公費で雇われていることから経済の観点で色々と論議の対象となる。今回はOECD(経済協力開発機構)の公開値を基に、OECD加盟国における公務員の数の実情を確認していくことにする。

続きを読む "日本はOECD諸国内で一番公務員比率が低い…公務員数が多いか少ないかの実情(最新)"

2時44分OECD(金融), 逐次新値反映記事

2023/02/03

直近四半期の総売上1492.04億ドル、営業利益率1.8%、AWSの総売上比14.33%…アマゾンドットコムの売上推移など

文房具や書籍、各種玩具、さらには飲料食料品や大型動物の実物大模型に至るまで、多彩な商品を取り扱い、条件が合えば注文翌日どころか当日に商品を入手できる通販サービス「アマゾン」。その浸透ぶりに「konozama」をはじめ多種多様な造語もごく普通に使われるようになったが、今や多くの人にとって欠かせないインフラの立ち位置にある事実は、誰一人として否定はできない。今回はそのアマゾンに関して、日本国内だけではなく世界全体の同社における財務状態の推移を眺めることにした。

続きを読む "直近四半期の総売上1492.04億ドル、営業利益率1.8%、AWSの総売上比14.33%…アマゾンドットコムの売上推移など"

13時0分海外企業決算動向, noindex

日本が「小さな政府」であることの実情をグラフで確認(最新)

2023-0118先行記事【一般政府歳出の国際比較】でOECD(経済協力開発機構)の公開データベース【OECD.Stat】の公開値を基に、日本が対GDP比において一般政府(中央政府だけでなく地方政府や公的な社会保障基金を合わせた公的機関の総体)の歳出が小さく、いわゆる「小さな政府」状態であることについて触れた。今回は歳入面も併せ、その実情を確認していくことにする。

続きを読む "日本が「小さな政府」であることの実情をグラフで確認(最新)"

2時55分OECD(金融), 逐次新値反映記事

昔と比べて約3倍も…節分の恵方巻きの購入性向の昔と今の実情(最新)

2023-0124先行記事【節分の恵方巻きの購入性向(最新)】において、【「家計調査」】の公開値を用い、節分の日に食べる恵方巻きの購入性向の実情を確認した。今回はそれに関連する話として、昔と今とでは恵方巻きの購入性向に違いがあるのか否かを見ていくことにする。

続きを読む "昔と比べて約3倍も…節分の恵方巻きの購入性向の昔と今の実情(最新)"

2時53分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

2023/02/02

節分当日に買われている…節分の恵方巻きの購入性向(最新)

2023-0123節分の日に恵方を向き、無言で食べ切るとよいことが起きる、願い事がかなうとして、風習化の傾向がある恵方巻き。一方でスーパーやコンビニの過剰入荷と売れ残り品の廃棄問題も社会問題化している。今回は総務省統計局の定点調査である【「家計調査」】の公開値を用い、節分の日における恵方巻きの購入性向の実情を確認することにした。

続きを読む "節分当日に買われている…節分の恵方巻きの購入性向(最新)"

3時1分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

日本は29.7%…法人税率の国際比較(最新)

2023-0117経済行動の単位は大まかに個人と企業に区分することができる。税金や社会保障などの国民負担もその単位で課せられることが多い。今回はOECD(経済協力開発機構)の公開値を基に、OECD加盟国限定ではあるが、企業における国民負担のうち租税に該当する法人税について、税率の観点から諸外国の実情を確認していくことにする。

続きを読む "日本は29.7%…法人税率の国際比較(最新)"

2時58分OECD(金融), 逐次新値反映記事

日本は対GDP比4.3%…法人税額の国際比較(最新)

2023-0116経済行動の単位は大まかに個人と企業に区切ることができる。税金や社会保障などの国民負担もその単位で課せられることが多い。今回はOECD(経済協力開発機構)の公開データベース【OECD.Stat】の公開値を基に、OECD加盟国限定ではあるが、企業における国民負担のうち租税に該当する法人税などについて、諸外国の実情をその国のGDPと税額との比率の観点から確認していくことにする。

続きを読む "日本は対GDP比4.3%…法人税額の国際比較(最新)"

2時56分OECD(金融), 逐次新値反映記事

2023/02/01

2022年は3634スクリーン、今世紀は漸増中だが頭打ちか…70年近くの間の映画館数の変化(最新)

2023-0201庶民の娯楽の代名詞的存在の一つ、映画館における映画観賞。独特の雰囲気の中で巨大なスクリーン上に展開される映像は、老若男女を問わず心を弾ませ、ときめかせてくれるもの。一方、インターネット技術の進歩と家庭用テレビの大型化・高解像度化、さらにはスマートテレビ化に伴い、映画鑑賞の観点における映画館の存在意義は確実に変化を示し、荒波の環境下にある。今回は一般社団法人日本映画製作者連盟が定期的に更新、公開している【日本映画産業統計】を基に、最新のデータに基づいた、日本の映画館数などの動向を確認していくことにする。

続きを読む "2022年は3634スクリーン、今世紀は漸増中だが頭打ちか…70年近くの間の映画館数の変化(最新)"

12時51分長期価格・数値推移, 逐次新値反映記事

直近では個人所得税18.7%、法人所得税11.7%、資産税8.1%、消費税20.9%…日本の国民負担率の詳細推移(最新)

2023-0116先に【国民負担率の国際比較】でOECD(経済協力開発機構)の公開データベース【OECD.Stat】の公開値を基に、社会全体を維持するために租税や社会保障として徴収される金銭的な負担(国民負担)の国際的な比較を行った。今回は日本に焦点を当てて、その詳細な実情と経年推移を確認していくことにする。

続きを読む "直近では個人所得税18.7%、法人所得税11.7%、資産税8.1%、消費税20.9%…日本の国民負担率の詳細推移(最新)"

2時59分OECD(金融), 逐次新値反映記事

日本は個人所得税18.5%・法人所得税12.8%…国民負担率の内訳の国際比較(最新)

2023-0116先行記事【国民負担率の国際比較】において、OECD(経済協力開発機構)の公開データベース【OECD.Stat】の公開値を基にOECD加盟国における国民負担率の実情を確認した。その記事では国民負担を租税負担と社会保障負担の合算としてのみ表現したが、今回は租税負担の部分をもう少し詳しく区分した上で、その実情を確認していく。

続きを読む "日本は個人所得税18.5%・法人所得税12.8%…国民負担率の内訳の国際比較(最新)"

2時56分OECD(金融), 逐次新値反映記事

2023/01/31

コロナ禍で各国とも急激な増加…一般政府歳出の国際比較(最新)

2023-0116先行記事【国民負担率の国際比較】において、OECD(経済協力開発機構)の公開データベース【OECD.Stat】の公開値を基にOECD加盟国における国民負担率の実情を確認したが、その中で日本は対GDP比において国民負担率が低く、結果として一般政府(中央政府だけでなく地方政府や公的な社会保障基金を合わせた公的機関の総体)の金銭的な規模が小さなものとなっている、いわゆる「小さな政府」状態であることについて触れた。今回は一般政府の支出、つまり歳出側からその実情を確かめることにする。

続きを読む "コロナ禍で各国とも急激な増加…一般政府歳出の国際比較(最新)"

2時55分OECD(金融), 逐次新値反映記事

日本の社会保障負担率は対GDP比で13.4%…国民負担率の国際比較の推移(最新)

2023-0115先行記事【日本は33.2%…国民負担率の国際比較(最新)】において、OECD(経済協力開発機構)の公開データベース【OECD.Stat】の公開値を基にOECD加盟国における国民負担率の実情を確認した。今回は同じ公開値を用いてG7など主要国の国民負担率の推移を見ていくことにする。

続きを読む "日本の社会保障負担率は対GDP比で13.4%…国民負担率の国際比較の推移(最新)"

2時53分OECD(金融), 逐次新値反映記事

2023/01/30

日本は33.2%…国民負担率の国際比較(最新)

2023-0114消費税や社会保険料の料率や金額の動向が定期的に話題に上るが、これは生活に直結するお金関連の話だからに他ならない。これらの国、社会全体のための個人や組織の金銭的負担は、他国と比べてどのような水準にあるのだろうか。今回はOECD(経済協力開発機構)の公開データベース【OECD.Stat】の「Public Sector, Taxation and Market Regulation」内「Taxation」にある【「Revenue Statistics - OECD Member Countries」】の公開値を基に、OECD加盟国における実情を確認していくことにする。

続きを読む "日本は33.2%…国民負担率の国際比較(最新)"

2時49分OECD(金融), 逐次新値反映記事

小学生の平均おこづかい額は430.3円(最新)

2023-0111大人同様に小学生にも欲しいものはたくさんあるが、そのすべてが手に入るわけではない。毎月保護者からもらうおこづかいをやりくりして、本当に欲しいものを買うことになる。小学生は毎月のおこづかいとしてどれぐらいの金額をもらい、何に使っているのだろうか。今回は学研教育総合研究所が公開している「小学生の日常生活・学習に関する調査」の結果から、その実情を確認する(【白書シリーズWeb版】)。

続きを読む "小学生の平均おこづかい額は430.3円(最新)"

2時47分学研教育総合研究所白書, 逐次新値反映記事

2023/01/29

自宅が8割超…小学生は普段どこで遊ぶ・過ごすことが多いのか(最新)

2023-0111小学生は遊び盛り。小学校での授業が終わると、公園や友達の家、さらには学校にとどまって遊ぶことが多いイメージがある。近所に小学校がある人は、授業が終わっているであろう夕方の時分に、自宅に帰らずに学校の校庭などで遊んでいる小学生の姿をよく目にしているのではないだろうか。今回は学研教育総合研究所が公開している「小学生の日常生活・学習に関する調査」の結果から、小学生が放課後にどこで遊ぶ・過ごすことが多いのか、その実情について確認する(【白書シリーズWeb版】)。

続きを読む "自宅が8割超…小学生は普段どこで遊ぶ・過ごすことが多いのか(最新)"

2時55分学研教育総合研究所白書, 逐次新値反映記事

2023/01/27

小学生が考える「将来役に立つと思う教科」とは(最新)

2023-0111小学校では多様な教科を学ぶことになるが、小学生側が選択しているわけではない。中には将来役に立つこともないであろうと考え、学ぶ目的意識が欠けた中で、押し付けられるような印象の中で学んでいるかもしれない。今回は学研教育総合研究所が公開している「小学生の日常生活・学習に関する調査」の結果から、小学生自身が考える「学校の授業で将来役に立つと思う教科」の実情について確認する(【白書シリーズWeb版】)。

続きを読む "小学生が考える「将来役に立つと思う教科」とは(最新)"

3時1分学研教育総合研究所白書, 逐次新値反映記事

小学生女子が将来つきたい職業、トップはパティシエ(最新)

2023-0111小学校に通う年頃になると、社会の仕組みのあれこれを学び、将来の自分の姿をイメージするようになる。その小学生は将来どのような職業につきたいと考えているのだろうか。学研教育総合研究所が公開している「小学生の日常生活・学習に関する調査」の結果から、小学生女子の実情について確認する(【白書シリーズWeb版】)。

続きを読む "小学生女子が将来つきたい職業、トップはパティシエ(最新)"

2時59分学研教育総合研究所白書, 逐次新値反映記事

2023/01/26

小学生男子が将来つきたい職業、トップはネット配信者(最新)

2022-0111小学校という義務教育の教育機関に通うようになり、社会の仕組みのあれこれを学び、将来の自分の姿をイメージするようになる小学生。その小学生は将来どのような職業につきたいと考えているのだろうか。学研教育総合研究所が公開している「小学生の日常生活・学習に関する調査」の結果から、小学生男子の実情について確認する(【白書シリーズWeb版】)。

続きを読む "小学生男子が将来つきたい職業、トップはネット配信者(最新)"

3時1分学研教育総合研究所白書, 逐次新値反映記事



(C)2005-2023 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS