2022/10/06

日雇い、短期、そして自営業…雇用期間や形態別の平均世帯所得金額(最新)

2022-0916厚生労働省が2022年9月9日に発表した令和3年版(2021年版)の「国民生活基礎調査の概況」では、多くの視点から国民生活の基本事項を確認することができる。今回はその公開資料を基に、雇用期間や形態別の平均世帯所得の動向を確認していくことにする。雇用契約期間による所得の違いは、実態としてどの程度生じているのだろうか(【発表ページ:令和3年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "日雇い、短期、そして自営業…雇用期間や形態別の平均世帯所得金額(最新)"

2時51分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

厳しさつのる「子供がいる世帯」の生活感…児童あり世帯の生活意識の変化(最新)

2022-0916先に【5割台が「厳しい」意識…生活意識の変化実情(最新)】で、厚生労働省が毎年実施、その結果を発表している【国民生活基礎調査】の公開値をベースとして、「生活意識の状況」の変化のグラフ化を行い状況を精査した。今項目では「全体値」の他に「高齢者世帯」「児童のいる世帯」などに限定した公開値もあり、こちらも経年動向を取得できる。そこで今回は「児童のいる世帯」に焦点を当てて、生活意識の動きを見ていくことにする。

続きを読む "厳しさつのる「子供がいる世帯」の生活感…児童あり世帯の生活意識の変化(最新)"

2時48分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2022/10/05

生活意識は全体と比べややゆとり…高齢者の生活意識の変化(最新)

2022-0915先に【5割台が「厳しい」意識…生活意識の変化実情(最新)】において、厚生労働省が毎年実施し結果を発表している【国民生活基礎調査】の結果をもとに「生活意識の状況」の変化について状況の精査を行った。今項目では他に「高齢者世帯」「児童のいる世帯」など、世帯条件を限定した設問もあり、こちらも経年データを取得確認できる。そこで今回は「高齢者世帯」にスポットライトをあてて、生活意識の変化を見ていくことにする。

続きを読む "生活意識は全体と比べややゆとり…高齢者の生活意識の変化(最新)"

2時42分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2022/10/04

世帯平均所得は564.3万円…世帯あたりの平均所得金額推移(最新)

2022-0915厚生労働省は2022年9月9日に、平成3年版(2021年版)の「国民生活基礎調査の概況」を発表した。この調査は国民生活の基本事項を調べ、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で行われているが、日本における市民生活の実情を把握できる多彩なデータが盛り込まれている。今回はその中から「世帯単位での平均所得金額」を確認し、その動向について精査していくことにする(【発表ページ:令和3年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "世帯平均所得は564.3万円…世帯あたりの平均所得金額推移(最新)"

2時43分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

5割台が「厳しい」意識…生活意識の変化実情(最新)

2022-0914厚生労働省は2022年9月9日に同省公式サイト上で、令和3年版(2021年版)となる「国民生活基礎調査の概況」を発表した。今調査は国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で行われているが、多彩な方面から日本の社会生活の実情を確認することができるものとなっている。今回はその中から「生活の苦しさ・ゆとりさの意識」に関して尋ねた結果をまとめ、生活感についての現状と過去からの推移を精査する(【発表ページ:令和3年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "5割台が「厳しい」意識…生活意識の変化実情(最新)"

2時40分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2022/10/03

男性21.4%・女性53.2%は非正規…就業者の正規・非正規社員率(最新)

2022-0914厚生労働省は2022年9月9日、令和3年版(2021年版)の「国民生活基礎調査の概況」を発表した。今件調査は国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で行われており、多彩な方面から日本の社会生活の実情を確認することができる。今回はその中から「役員以外の就業者における、正規・非正規社員比率」に関して具体的値を算出してグラフ化を行い、状況の把握を試みることにする(【発表ページ:令和3年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "男性21.4%・女性53.2%は非正規…就業者の正規・非正規社員率(最新)"

2時45分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2022/09/30

EUの懸念事項はインフレ・物価高、34%が懸念を表明(最新)

2022-0928欧州連合欧州委員会(European Commission)は2022年9月に、同会が毎年2回定点観測的に行っているEU全体における世論調査「Standard Eurobarometer」の最新版となる第97回分の結果を発表した。それによると、現在EU全体の最大の懸念として挙げられたのはインフレ・物価高に関する問題で、全体の34%が懸念を表明していた。国際情勢、エネルギー供給がそれに続いている。移民問題の懸念は急激な高まりを示し2015年11月分でピークに達したが、その後は減少。今回調査分では6番目の懸念となっている(【発表リリース:Standard Eurobarometer 97】)。

続きを読む "EUの懸念事項はインフレ・物価高、34%が懸念を表明(最新)"

2時48分EU調査, 逐次新値反映記事

2022/09/29

1000万世帯を超えなお増加中…共働き世帯の現状(最新)

2022-0913厚生労働省は2022年9月9日に同省公式サイトおよび総務省統計局のデータベースe-Statにおいて、令和3年版(2021年版)の「国民生活基礎調査の概況」を発表した。今件調査は国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で行われているもので、日本の社会環境の概要を把握できるデータが数多く盛り込まれている。今回はその中などから「共働き世帯の増減」などについて確認をしていくことにする。日本では核家族化の進行と消費性向や可処分所得の変化に伴い、共働きはごく普通のライフスタイルとなりつつあるが、現状ではどこまで浸透しているのだろうか(【発表ページ:令和3年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "1000万世帯を超えなお増加中…共働き世帯の現状(最新)"

3時0分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

増える「子供無し世帯」「一人親と子供のみ世帯」…核家族の中身の推移(最新)

2022-0913厚生労働省では2022年9月9日に、令和3年版(2021年版)となる「国民生活基礎調査の概況」を公開した。これは国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画、運用に必要となる資料を収集する目的で実施されているもので、誰もが自由にその内容を確認できる。今回はその公開値を基に、「核家族の具体的な構成状況」を各種計算の上でグラフ化し、状況の推移を推し量ることにする。日本の世帯構成でも主流を占める核家族は、具体的にはどのような構成なのだろうか(【発表ページ:令和3年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "増える「子供無し世帯」「一人親と子供のみ世帯」…核家族の中身の推移(最新)"

2時57分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2022/09/28

増える核家族と単身世帯…種類別世帯数の推移(最新)

2022-0913厚生労働省では2022年9月9日付で、令和3年(2021年)版となる「国民生活基礎調査の概況」を発表した。この調査は国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画、運用に必要な資料を収集する目的で行われており、詳細なレベルで日本国内における世帯の現状を数量的に知ることができる。今回はその中から「核家族や単独家族など、内部構成別の世帯数推移」に関して各種計算の上グラフ化を行い、中長期的な家族構造の変化を推し量ることにした。よく見聞きする「核家族」「単身世帯」の状況推移を詳しく知ることができる次第である(【発表ページ:令和3年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "増える核家族と単身世帯…種類別世帯数の推移(最新)"

2時58分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2022/09/27

3人までの世帯は8割超…構成人数別世帯数の推移(最新)

2022-0913日本国内に住む人たちの家族構成状況を詳しく確認できる公的データの一つとして、2022年9月9日に最新データとなる令和3年版(2021年版)が発表された、厚生労働省の「国民生活基礎調査の概況」がある。今回はその公開データを基に、構成人数別に世帯数の推移を見極めていくことにした。元々少子化・小世帯人数化が進んでいることは多様な調査結果から明らかにされているが、その実情をより詳しく知ることができる次第である(【発表ページ:令和3年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "3人までの世帯は8割超…構成人数別世帯数の推移(最新)"

3時0分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2022/09/26

仕事ありの母親は3/4強・2001年比で23.4%ポイント増…末子の年齢別「仕事ありの母親の割合」(最新)

2022-0912厚生労働省は同省公式サイトで2022年9月9日に、令和3年版(2021年版)となる「国民生活基礎調査の概況」を発表した。この調査は国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で行われ、毎年1回更新・公開されている。今回はその中から「末子の年齢階層別に見た、仕事を持つ母親の割合」について、状況の把握・精査を行うことにする。子供を抱えた共働き世帯の現状はいかなるものとなっているのだろうか(【発表ページ:令和3年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "仕事ありの母親は3/4強・2001年比で23.4%ポイント増…末子の年齢別「仕事ありの母親の割合」(最新)"

2時50分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2022/09/25

お一人な高齢者、女性は男性の1.80倍…高齢者世帯数の推移(最新)

2022-0912厚生労働省は2022年9月9日に同省公式サイトおよび総務省統計局のデータベース「e-Stat」において、令和3年(2021年)版となる「国民生活基礎調査の概況」を発表した。この調査は国民生活の基本事項を調べ、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で行われているものだが、今回はその中から「高齢者(65歳以上)”のみ、あるいはこれに加えて18歳未満の未婚の人”がいる世帯の具体的な家族構成分布」について確認を行うとともに、その状況を推し量ることにした。例えば「高齢者のみの単身世帯」には男性のみと女性のみの事例が考えられるが、男性と女性ではどちらが多いのだろうか、その実情を知ることができよう(【発表ページ:令和3年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "お一人な高齢者、女性は男性の1.80倍…高齢者世帯数の推移(最新)"

2時57分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2022/09/24

増える独り身・高齢者のみ世帯…高齢者がいる世帯の構成割合(最新)

2022-0912厚生労働省は2022年9月9日付で、平成3年(2021年度)版「国民生活基礎調査の概況」を同省公式サイト上などに公開した。国民生活の基本事項を定期的に調査しデータ化したものだが、今回はその中から「高齢者(65歳以上)がいる世帯の家族構成分布」の推移について、状況の確認を行うことにした。高齢者のみの世帯、さらには高齢者のみの単身世帯の増加が社会問題化している昨今だが、その実情を知ることができよう。特に高齢者のみの単身世帯に関しては、社会の上での孤立化にとどまらず、いわゆる「孤独死」問題も合わせ、留意する必要がある値といえる(【発表ページ:令和3年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "増える独り身・高齢者のみ世帯…高齢者がいる世帯の構成割合(最新)"

2時56分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2022/09/23

世帯平均人数は2.37人…平均世帯人数と世帯数の推移(最新)

2022-0912厚生労働省は2022年9月9日、令和3年(2021年)版の「国民生活基礎調査の概況」を発表した。これは国民生活の基本事項を調査し、各行政の企画や運用に必要な資料を収集する目的で行われているものだが、資料性の高いデータが豊富に盛り込まれており、精査に値する内容のものである。今回はその中から「平均世帯人数と世帯数の推移」の長期的動向をグラフ化し、状況の変化を確認することにした。単身世帯(一人身世帯、単独世帯)の増加に伴い平均的な世帯あたりの人数は減少傾向にあるとの話はよく耳にするが、その実態を把握できる結果が出ている(【発表ページ:令和3年 国民生活基礎調査の概況】)。

続きを読む "世帯平均人数は2.37人…平均世帯人数と世帯数の推移(最新)"

2時58分国民生活基礎調査, 逐次新値反映記事

2022/09/18

高齢者人口3627万人で過去最多、総人口比は29.1%に(2022年・敬老の日)

2022-0918総務省統計局は2022年9月18日、翌日の9月19日に敬老の日を迎えるにあたり、各種統計から見た日本の高齢者動向をまとめたレポートを発表した。その内容によれば日本の高齢者(65歳以上)の人口は2022年9月15日時点で3627万人となり、総人口比は29.1%となることが分かった。総人口に占める割合が1/4を超えたのは2013年から継続して10年目連続となり、前年からさらに人口・割合ともに数字を上乗せし、過去最高となった(【発表リリース:統計トピックスNo.132 統計からみた我が国の高齢者−「敬老の日」にちなんで−】)。

続きを読む "高齢者人口3627万人で過去最多、総人口比は29.1%に(2022年・敬老の日)"

17時23分子供・成人・敬老の日, 逐次新値反映記事

契約総数2億8270万件…携帯電話の契約数の実情(最新)

2022-0905今や日常生活には欠かせない存在となった携帯電話。一人で複数台の契約をして使いこなしている人も少なくない。それでは実態として、現在どれぐらいの携帯電話が契約されているのだろうか。総務省が2022年7月5日付で公開した、2022年版となる最新の【情報通信白書】の内容を用い、その実情を確認していく(【発表リリース:令和4年「情報通信に関する現状報告」(令和4年版情報通信白書)の公表】)。

続きを読む "契約総数2億8270万件…携帯電話の契約数の実情(最新)"

2時51分情報通信白書, 逐次新値反映記事

2022/09/16

シニアのスマートフォンしぐさ、メールに通話にネット検索(最新)

2022-0911ソニー生命保険は2022年9月8日、シニア(50-79歳対象)に対する生活意識の調査結果を発表した。それによると調査対象母集団において、スマートフォンでもっとも多くの人が日頃行っている事柄(使っている機能)はメールとメールだった。7割台後半の人がスマートフォンでは日頃から通話とメールを利用している。次いでインターネット検索、ニュース閲覧、メッセージアプリと続いている(【シニアの生活意識調査2022】)。

続きを読む "シニアのスマートフォンしぐさ、メールに通話にネット検索(最新)"

2時52分SL-シニアの生活意識調査, 逐次新値反映記事

VRヘッドセットは1250万台の出荷…世界のスマートスピーカーやAR・VRの市場規模実情(最新)

2022-0905インターネットがインフラ的な立ち位置となり日常生活では欠かせない存在となったことで、それを前提にしたさまざまな新しい技術や道具が開発され、市場への提案が行われ、普及し始めている。昨今ではそれらの新技術による新商品として注目を集めているのが、スマートスピーカー(AIスピーカー)や、ARやVRと呼ばれる疑似現実技術による商品。今回は総務省が2022年7月5日付で公開した、2022年版となる最新の【情報通信白書】の内容を用い、世界全体における昨今と近未来のスマートスピーカーやAR・VRの市場規模などの実情を確認していく(【発表リリース:令和4年「情報通信に関する現状報告」(令和4年版情報通信白書)の公表】)。

続きを読む "VRヘッドセットは1250万台の出荷…世界のスマートスピーカーやAR・VRの市場規模実情(最新)"

2時49分情報通信白書, 逐次新値反映記事

スマホは13.4億台・3729億円の出荷…世界のスマートフォンやタブレット型端末の市場規模実情(最新)

2022-0905ここ数年のインターネットに関連する情勢を大きく変えた要因として、間違いなくトップに挙げられるのはスマートフォンの普及。通信インフラの整備が前提となるが、個人ベースで大量の情報の取得や公開が容易になっただけでなく、音声や映像も自在に操れるようになり、それらの機能を活用した多様なアプリケーションの普及で、利便性は相乗的に大きなものとなる。まさに未来の総合情報端末的なポジションを占める存在が、容易に使える時代となったと表現しても過言では無い。今回は総務省が2022年7月5日付で公開した、2022年版となる最新の【情報通信白書】の内容を用い、世界全体における昨今と近未来のスマートフォン、そしてスマートフォンと比べて大型で利用スタイルが室内寄りではあるが、スマートフォン同様に大きな注目を集めているタブレット型端末の市場規模や出荷台数の実情を確認していく(【発表リリース:令和4年「情報通信に関する現状報告」(令和4年版情報通信白書)の公表】)。

続きを読む "スマホは13.4億台・3729億円の出荷…世界のスマートフォンやタブレット型端末の市場規模実情(最新)"

2時47分情報通信白書, 逐次新値反映記事



(C)2005-2022 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS