2020/04/05

米類・パン類・麺類の動き…世帯単位での主食3「系統」の購入性向推移をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)

2020-0317先に総務省統計局が2020年2月7日にデータ更新(2019年・年次分反映)を行った【家計調査(家計収支編)調査結果】の各種公開値を基に、【お米とパンと麺類と…世帯単位での主食3品目の購入性向推移をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))】において、主要内食系食品の米・パン・麺類の購入頻度と支出額の動向を確認した。今回はその際に文末で触れた、「米やパン、麺類に関して、内食だけでなく、中食や外食の類まで含めた場合、各値はどのような動きを示すか」について考察していくことにする。

続きを読む "米類・パン類・麺類の動き…世帯単位での主食3「系統」の購入性向推移をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)"

5時28分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

2020/04/04

年金生活をしているお年寄り世帯のお金のやりくりをグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)

2020-0317定年退職を果たし、これまでの蓄財と年金で生活をしている高齢者層の家計事情は、案外知る機会が少ない。節約の対象や趣味への消費、仕送り額など個々の項目の動向は分かっても、家計全体としてどのようなやりとりが行われているのか、多くの人にとっては秘密のベールの向こう側の話。就業による収益が収入のメインとなる現役就労世帯とは大きな違いがあることが予想されるだけに、興味は尽きるところを知らない。そこで今回は、総務省統計局が2020年2月7日にデータ更新(2019年・年次分反映)を行った【家計調査(家計収支編)調査結果】を頼りに、高齢者世帯でありがちな構成世帯「単身無職」「夫婦のみの無職世帯」の2パターンにスポットライトをあてて、家計の収支に関する実情を探っていくことにした。

続きを読む "年金生活をしているお年寄り世帯のお金のやりくりをグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)"

5時45分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

2020/04/03

回転寿司を利用した時にいくら払うか(最新)

2020-0402回転寿司の長所の一つとして挙げられるのは、自分で食べるネタだけでなく量を調整でき、支払い料金をある程度コントロールできる点。皿の色によって料金に違いが生じる店もあるが、おおよそ取った皿数で自分の食べた分の料金を概算できる。それでは実際に、回転寿司を利用した時にはどれぐらいの金額を支払っているのだろうか。自分自身はともかく他人の事情は知りにくい、回転寿司利用時の支払額について、マルハニチロが2020年3月30日に発表した回転寿司に関する消費者実態調査から、その実情を探ることにする(【発表リリース:回転寿司に関する消費者実態調査2020】)。

続きを読む "回転寿司を利用した時にいくら払うか(最新)"

5時7分マルハ-回転寿司, 逐次新値反映記事

回転寿司で食べる皿数、地域による違いはありやなしや(最新)

2020-0402目の前を次々に通り過ぎるネタの中から、好きなものを好きなだけ食べられるのが回転寿司の魅力には違いない。その魅力あふれる回転寿司で普段食べる皿数には、地域による違いがあるのだろうか。今回はマルハニチロが2020年3月30日に発表した回転寿司に関する消費者実態調査から、その実情を探ることにする(【発表リリース:回転寿司に関する消費者実態調査2020】)。

続きを読む "回転寿司で食べる皿数、地域による違いはありやなしや(最新)"

5時5分マルハ-回転寿司, 逐次新値反映記事

回転寿司デート経験者は約5割(最新)

2020-0401昨今のメニュー拡充、ファミレス化傾向に伴い、これまで以上に訪店ハードルが下がり、門戸が広がった感のある回転寿司店。当然、男女間のデートの場として用いたいと発想する人もいる。いわゆる「回転寿司デート」なるものを経験した人はどれほどいるのか、そしてその場ではどのような行為に気遣う必要があるのか。今回はマルハニチロが2020年3月30日に発表した回転寿司に関する消費者実態調査から、その実情を探ることにする(【発表リリース:回転寿司に関する消費者実態調査2020】)。

続きを読む "回転寿司デート経験者は約5割(最新)"

5時2分マルハ-回転寿司, 逐次新値反映記事

2020/04/02

回転寿司店を選ぶ条件、ネタが新鮮、種類が多い、それよりも…(最新)

2020-0401居住地域や通勤環境次第では複数チェーン店の回転寿司店へ足を運ぶことができる幸運な人もいる。その場合、どの店を訪れるべきか、色々と考えをめぐらすことになる。最終的に決断し、店の選択をする際に、どのような観点を判断基準にするのだろうか。マルハニチロが2020年3月30日に発表した回転寿司に関する消費者実態調査から、回転寿司店選択の際に振り分け条件とする項目、見方を変えれば回転寿司店に求められている要素について、確認していくことにする(【発表リリース:回転寿司に関する消費者実態調査2020】)。

続きを読む "回転寿司店を選ぶ条件、ネタが新鮮、種類が多い、それよりも…(最新)"

5時40分マルハ-回転寿司, 逐次新値反映記事

回転寿司店のサイドメニューは何皿食べる?(最新)

2020-0401ここ数年の間に生じた回転寿司店界隈で大きな変化の一つとして挙げられるのが、サイドメニューの充実。元々それなりに子供客など向けのスイーツや寿司以外の軽食は用意されていたものの、寿司メインのこだわりから「寿司も食べられるファミレス的な外食店でもいいではないか」との割り切りを持ったのか、大規模な方針転換を各チェーン店とも実施。今ではサイドメニューだけでも立派に食事を完結できるほどの充実ぶりとなっている。今回はマルハニチロが2020年3月30日に発表した回転寿司に関する消費者実態調査から、回転寿司店におけるサイドメニューの利用状況を確認していくことにする(【発表リリース:回転寿司に関する消費者実態調査2020】)。

続きを読む "回転寿司店のサイドメニューは何皿食べる?(最新)"

5時38分マルハ-回転寿司, 逐次新値反映記事

「とりあえず」はよく食べる、一番人気はあのネタ…回転寿司ネタ選択事情(最新)

2020-0331食欲を思う存分、そして自在に満たすことが回転寿司で許されるなら、お皿の色(価格)を気にせずに自分の好きなネタを何度でも繰り返し注文し食べることだろう。しかし実際にはお財布事情や品揃え、ネタの組み合せなど色々な制約があり、自分の好きなネタばかりを食べるわけにはいかない。またその「自分の好きなネタ」自身、人によって好みは異なるため、すべての人が同じネタを一番好む事態もありえない。今回はマルハニチロが2020年3月30日に発表した回転寿司に関する消費者実態調査から、普段最初・最後に食べることが多いネタ、さらには普段よく食べている・食べたいけれど多様な事情で我慢することが多いネタに関して見ていくことにする(【発表リリース:回転寿司に関する消費者実態調査2020】)。

続きを読む "「とりあえず」はよく食べる、一番人気はあのネタ…回転寿司ネタ選択事情(最新)"

5時36分マルハ-回転寿司, 逐次新値反映記事

2020/04/01

回転寿司店での平均利用枚数、利用頻度…9年間の変化を探る(最新)

2020-0331【利用者3/4強、そのうち月一以上は3割後半…回転寿司の利用実態(最新)】をはじめ複数の記事で、マルハニチロが2020年3月30日に発表した調査結果【回転寿司に関する消費者実態調査2020】を基に、回転寿司に関する状況確認を行った。今回は同社の過去における同様の調査結果を抽出し、状況の経年推移を探っていくことにする。

続きを読む "回転寿司店での平均利用枚数、利用頻度…9年間の変化を探る(最新)"

5時16分マルハ-回転寿司, 逐次新値反映記事

気になる他人の食べた枚数、回転寿司であなたは何皿食べてます?(最新)

2020-0331今やお寿司だけでなく多彩なメニューが網羅され、それらを自在に取って好きなだけ食べることができる、食道楽にはパラダイスな存在の回転寿司店。お皿の種類や枚数で清算される合理的なシステムも人気要素の一つだが、自分が食べている皿数が他人と比べて多いのか少ないのか、気になる人もいることだろう。今回はマルハニチロが2019年3月27日に発表した【回転寿司に関する消費者実態調査2020】から、回転寿司利用者における、平均的な利用枚数を探っていくことにする。

続きを読む "気になる他人の食べた枚数、回転寿司であなたは何皿食べてます?(最新)"

5時14分マルハ-回転寿司, 逐次新値反映記事

利用者3/4強、そのうち月一以上は3割後半…回転寿司の利用実態(最新)

2020-0331おにぎりと並び日本風のファストフードとして知られている一方、食生活の変化や競合他サービスの領域拡大で苦戦を強いられ、多様な商品展開で起死回生を図る動きがみられる、回転寿司業界。現状ではどれほどの人が、どれ位の頻度で利用しているのだろうか。今回はマルハニチロが2020年3月30日に発表した【回転寿司に関する消費者実態調査2020】を基に、確認していくことにする。

続きを読む "利用者3/4強、そのうち月一以上は3割後半…回転寿司の利用実態(最新)"

5時12分マルハ-回転寿司, 逐次新値反映記事

2020/03/31

収入と税金の変化をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)

2020-0316総務省統計局が2020年2月7日にデータ更新(2019年・年次分反映)を行った【家計調査(家計収支編)調査結果】では、お金の出し入れを中心に世間一般の世帯動向を多様な方面から推し量ることができるデータを見い出すことができる。今回はこの公開値を用い、勤労者世帯(勤め人がいる世帯)における収入と税金の関係を、最新の2019年分だけでなく経年推移も併せて確認していくことにする。

続きを読む "収入と税金の変化をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)"

5時32分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

一人身のシニアは若者よりもコロッケが好き…年齢階層別・単身世帯のコンビニ系惣菜の支出比率をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)

2020-0316かつてはスーパーやデパートの食品売り場の花形だった、各種揚げ物などの惣菜。昨今ではコンビニ大手がこぞってフライヤーの機能拡大を図り各種揚げ物をはじめとしたおかず用の惣菜(カウンターフーズ)を充実させ、中食需要をさらに加速化させている。今回は総務省統計局が2020年2月7日にデータ更新(2019年・年次分反映)を行った【家計調査(家計収支編)調査結果】の中から、個人の消費性向が分かりやすい単身世帯にスポットライトを当て、フライ系を中心とした主要なコンビニ系(中食系)食材の状況を確認していくことにする。

続きを読む "一人身のシニアは若者よりもコロッケが好き…年齢階層別・単身世帯のコンビニ系惣菜の支出比率をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)"

5時29分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

ようかん、ゼリー、せんべい、キャンデーはシニアの方が好んで食べる…年齢階層別・単身世帯のお菓子支出比率をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)

2020-0316主にコンビニの独自ブランドにおけるデザートの開発と普及に伴い、この数年でお菓子は洋風・和風、さらには和洋折衷のものまで含め、これまで以上に多様なものが展開され、商品棚に彩りを添えることとなった。また商品の購買性向、店舗の来場客層の変化に対応させる形で、主に和菓子や和菓子風の味わいによる商品の進出が著しい。従来洋菓子のジャンルで著名なシリーズにも、続々と抹茶や餡子など和菓子風の味が登場している。それらお菓子周辺の環境変化により、消費者の購買実情はどのような動きを示しているのだろうか。総務省統計局が2020年2月7日にデータ更新(2019年・年次分反映)を行った【家計調査(家計収支編)調査結果】の中から、個人の消費性向がよくわかる単身世帯にスポットライトを当てて、その状況を確認していくことにする。

続きを読む "ようかん、ゼリー、せんべい、キャンデーはシニアの方が好んで食べる…年齢階層別・単身世帯のお菓子支出比率をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)"

5時27分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

2020/03/30

シニアは食パンが好き…年齢階層別・単身世帯の「食パン」「カップ麺」「ハンバーガー」などの支出比率をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)

2020-0315総務省統計局が2020年2月7日にデータ更新(2019年・年次分反映)を行った【家計調査(家計収支編)調査結果】の公開値を基に、複数の記事において、色々な属性の世帯における消費性向を支出金額や世帯購入頻度などの観点から推し量り、人々の日常生活の様相を確認している。今回は少々視線を変え、「単身世帯(一人暮らし)」に限定し、食パンやカップ麺などの食費全体(家計調査の項目では食料に該当)に対するウェイトを見ていくことにする。シンプルな食材の年齢階層別利用性向、そして各年い階層の一人暮らし世帯における食事性向の一部が透けて見えてはず。とりわけ今後問題視されるに違いない、一人暮らしのシニア層の食生活が気になるところである。

続きを読む "シニアは食パンが好き…年齢階層別・単身世帯の「食パン」「カップ麺」「ハンバーガー」などの支出比率をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)"

5時29分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

世帯年収別・カップ麺やインスタントラーメン、ハンバーガーへの支出金額の違いをグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)

2020-0315日常の食生活でごく普通に食卓に並ぶインスタント系(簡単に調理ができてお安めな食事群)、あるいはファストフード系(ファミレスなど比較的安価な外食)の食品は、同時に金銭的に厳しい時に多く食べられるイメージが強い。例えば誰もが一度や二度ならず「金銭的に厳しいのでカップ麺ばかりだ」「これから給料日まで毎日ハンバーガーとお付き合い」との表現を見聞きしたことがあるはず。それでは実際に、収入とそれら食品との購入性向との間には、何らかの関係が見受けられるのだろうか。今回は総務省統計局が2020年2月7日にデータ更新(2019年・年次分反映)を行った【家計調査(家計収支編)調査結果】を基に、その関係について検証をしていくことにする。

続きを読む "世帯年収別・カップ麺やインスタントラーメン、ハンバーガーへの支出金額の違いをグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)"

5時27分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

世帯単位での各種飲料の利用性向推移をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)

2020-0315食べ物とともに飲み物は人が生き続けるのには欠かせないものであり、日々摂取し消費していく対象でもある。当然、それらの商品は身近な存在に他ならない。普段は改めて意識することも無い、これらの飲み物に関して、総務省統計局が2020年2月7日にデータ更新(2019年・年次分反映)を行った【家計調査(家計収支編)調査結果】を基に、総世帯(単身世帯と二人以上世帯を合わせた、全部の世帯)における消費性向の現状や推移などを確認していくことにする。

続きを読む "世帯単位での各種飲料の利用性向推移をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)"

5時25分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

2020/03/29

エンゲル係数の推移をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)

2020-0316世帯単位における裕福さ、生活レベルの度合いを示す指標の一つとして「エンゲル係数」なるものがある。社会構造の変化とともに、一般世帯における生活内容実態との連動性は薄れつつあるが、今なおよく使われている値の一つ。今回は金銭面や商品・サービス購入頻度の面から人々の生活状況を推し量れる、総務省統計局が2020年2月7日に公開値の更新(2019年・年次分反映)を行った【家計調査(家計収支編)調査結果】をベースに、この「エンゲル係数の推移」を確認していくことにする。

続きを読む "エンゲル係数の推移をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)"

5時24分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

2020/03/28

世帯単位での外食などの利用性向推移をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)

2020-0314就業者の昼食や家族の団らんの場、気分転換のきっかけとしてなど、多様な場面で使われる外食。単に食事をする視点ならコストが高くつくことから、節約の対象となる場合も多い。見方を変えれば、景気動向に左右されやすい消費行動ともいえる。今回は外食の主な消費(利用)性向について、総務省統計局が2020年2月7日にデータ更新(2019年・年次分反映)を行った【家計調査(家計収支編)調査結果】を基に、その現状や経年推移について精査していくことにする。

続きを読む "世帯単位での外食などの利用性向推移をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)"

5時23分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事

2020/03/27

二人以上世帯で茶類とコーヒー飲料が大いに伸びる…単身・二人以上世帯での各種飲料利用性向をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)

2020-0314食事の際に飲み物は欠かせないが、一番容易に、しかも安価で手に入る「水」で済ますのは言葉通り味気ない。多くの場合、何らかのし好品を選んで調達し、あるいは素材から作り上げ、食事に一層の彩りを添えることになる。今回は各種飲料品のうち主要な品目としてコーヒー、コーヒー飲料、牛乳、お茶類、ミネラルウォーター、の5項目を取り上げ、総務省統計局が2020年2月7日にデータ更新(2019年・年次分反映)を行った【家計調査(家計収支編)調査結果】を基に、その消費における現状などを確認していくことにする。

続きを読む "二人以上世帯で茶類とコーヒー飲料が大いに伸びる…単身・二人以上世帯での各種飲料利用性向をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(最新)"

5時23分家計調査報告(年次), 逐次新値反映記事



(C)2005-2020 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS