2017/09/19

婚姻率・離婚率変移をグラフ化してみる(1899年以降版)(最新)

2017-0918先行記事【乳児・新生児の死亡率変移をグラフ化してみる(1899年以降版)】で、先日発表された人口動態調査の記録などを元に、1世紀強に渡る乳児・新生児の死亡率変移のグラフ化を行い、医療技術や生活環境の進歩を一側面から精査した。今回はそれと同じ人口動態調査の値を基に、婚姻率・離婚率の動向について、中期的な視点から確認し、状況の精査を行うことにする(【発表ページ:平成28年(2016)人口動態統計(確定数)の概況)】)。

続きを読む "婚姻率・離婚率変移をグラフ化してみる(1899年以降版)(最新)"

5時17分婚姻離婚率(人口動態統計), 逐次新値反映記事

2017/09/17

高齢者人口3514万人で過去最多、総人口比は27.7%に(2017年・敬老の日)

総務省統計局は2017年9月17日、翌日の9月18日に敬老の日を迎えるにあたり、各種統計から見た日本の高齢者動向をまとめたレポートを発表した。その内容によれば日本の65歳以上(高齢者)の人口は2017年9月15日時点で3514万人となり、総人口比は27.7%となることが分かった。総人口に占める割合が1/4を超えたのは2014年から継続して4年目連続となり、前年からさらに人口・割合共に数字を上乗せし、過去最高となった(【発表リリース:統計トピックスNo.103 統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)−「敬老の日」にちなんで−】)。

続きを読む "高齢者人口3514万人で過去最多、総人口比は27.7%に(2017年・敬老の日)"

18時6分子供・成人・敬老の日, 逐次新値反映記事

2017/09/16

実店舗とネット店舗の相互利用な使い方、してる?

インターネットで気軽に通販が利用できるようになった昨今だが、実店舗での在庫確認をインターネットから行え、実店舗に足を運んだ際に買い損ないが無いようにするとの使い方もできる店舗もある。また、自分の事情からネット通販で購入した商品を実店舗で受け取る場合もありうる。このように、ネット店舗などの「オンライン(Online)」側と、実店舗の「オフライン(Offline)」側の購買活動が相互に連携したり融合するような仕組み、スタイルのことを「O2O」と呼んでいる。今回は2017年7月28日に総務省から発表された2017年版の情報通信白書の内容をもとに、日米英国におけるO2Oの利用傾向をいくつかの形式から確認していくことにする(【発表リリース:平成29年「情報通信に関する現状報告」(平成29年版情報通信白書)の公表】)。

続きを読む "実店舗とネット店舗の相互利用な使い方、してる?"

5時19分情報通信白書, 逐次新値反映記事

2017/09/15

一人暮らしの女性の決断? 男女別単身世帯の分譲マンション比率をグラフ化してみる(最新)

2017-0914先行記事【単身世帯の居住スタイルをグラフ化してみる】において、総務省統計局の住宅に関わる定点調査「住宅・土地統計調査」の公開値を元に、単身世帯における住居スタイルの実情(持家か借家か、一戸建てか共同住宅かの違い)を確認した。その際に40歳前後において「持家・一戸建て」(要は分譲マンションの類)該当者率の特異な値の上昇について触れた。今回はその部分を男女別の動向から詳しく見ていくことにする。

続きを読む "一人暮らしの女性の決断? 男女別単身世帯の分譲マンション比率をグラフ化してみる(最新)"

5時2分住宅・土地統計調査

2017/09/08

小学生や中学生の数の推移をグラフ化してみる(最新)

2017-0907高齢出産の関係で最近では少しながらも出生率は上昇を示しているものの、【日本の出生率と出生数をグラフ化してみる】などのデータにもある通り、日本では中長期的に見ると少子化が進んでいる。人口そのものの減少はもちろんだが、若年層向けの市場縮小との観点で、多くの関連産業がその現実を直視し、業績変化の理由の一つとして少子化を掲げている。それでは具体的に、子供達の人数はどのような変化を見せているのだろうか。今回は小学生や中学生の数の推移を通し、その移り変わりを見ていくことにした。

続きを読む "小学生や中学生の数の推移をグラフ化してみる(最新)"

4時56分学校基本調査, 逐次新値反映記事

大学生の就職状況をグラフ化してみる(最新)

2017-0907文部科学省の定点観測的調査の一つ【学校基本調査】を基にした大学進学率に関する精査記事【大学進学率をグラフ化してみる】の中で、直近の不況時期において、大学進学率が低下の動きを示していたこと、その低下の原因のひとつに「就職活動で『大学卒業』ブランドの効力が落ちてきた」実情があるとの解説をした。そこで今回は、その大学生における就職状況を確認していくことにする。

続きを読む "大学生の就職状況をグラフ化してみる(最新)"

4時53分学校基本調査, 逐次新値反映記事

大学進学率をグラフ化してみる(最新)

2017-0907義務教育(小中学校)以外の教育機関の教育費の無償化問題や、大学の経営問題など、高等教育のあり方についてさまざまな面で状況の変化が起き、再検討の機会が与えられている。「良い大学、そして良い就職先」との子供の進路に関する言い回しも、必ずしも正しいとは言い切れないとの指摘もされるようになった。さらに大学を「就職に有利になるから」との理由で半ば義務教育的なものとして認識し、それを根源として各種の主張を成す人もいる。今回はそれらも含め、大学関連の話を語る際には欠かせない、そもそも論としての「大学進学率」をまとめておくことにする。

続きを読む "大学進学率をグラフ化してみる(最新)"

4時51分学校基本調査, 逐次新値反映記事

2017/09/07

戦後の学歴別就職状況の推移をグラフ化してみる(最新)

2017-0906昨今においては正規・非正規雇用による雇用環境の違いや離職率の差異もあり、単純に就職状況の良し悪しだけで雇用情勢を推し量ることは難しくなりつつある。とはいえ、雇用されている状況と失業との間には大きな隔たりがあることに違いは無く、就職できているか否かは今なお労働市場、さらには経済情勢に関する重要な指針であることもまた事実。今回はその就職動向について戦後の動向を公的データを基に、最終学歴別に見ていくことにする。

続きを読む "戦後の学歴別就職状況の推移をグラフ化してみる(最新)"

5時8分学校基本調査, 逐次新値反映記事

幼稚園児数の推移などをグラフ化してみる(最新)

2017-0906経済だけでなく社会文化をはじめ各方面に影響を与える社会現象として、昨今において特に注目されている少子化問題。さらに既婚女性の兼業問題も合わせ、乳幼児の幼稚園・保育所(園)への通園率・数の変移が大いに気になるところ。今回はその疑問を解消すべく、文部科学省のデータを基に、幼稚園児の動向を確認しておくことにした。

続きを読む "幼稚園児数の推移などをグラフ化してみる(最新)"

5時5分学校基本調査, 逐次新値反映記事

Facebookの地域別利用会員数などをグラフ化してみる(最新)

2017-0906世界最大規模の登録会員数を誇り、会員数を人口に置きかえれば世界最大の巨大大陸とも表現できる、ソーシャルメディアの最高峰Facebook。そのFacebookの利用状況について、インターネット関連の各種情報を集約した【InternetWorldStats.com】の公開データ【FACEBOOK USERS IN THE WORLD】を基に、複数の切り口から浸透状況を確認することにした。

続きを読む "Facebookの地域別利用会員数などをグラフ化してみる(最新)"

5時3分IWS, 逐次新値反映記事

2017/09/06

世界地域別インターネットの普及率などをグラフ化してみる(最新)

2017-0905人類史上これまでに例を見ない高速高密度広範囲の情報伝達網を形成しつつあるインターネット。先進諸国では今やごく普通のインフラと化し、社会そのものがインターネット無しでは成立しえない状態にあることは、誰にも否定のしようが無い。それでは世界全体ではインターネットの普及率はどのような状況となっているのだろうか。【InternetWorldStats.com】のデータを基に、直近の現状を探ることにした。

続きを読む "世界地域別インターネットの普及率などをグラフ化してみる(最新)"

5時16分IWS, 逐次新値反映記事

インターネットで使われている言語の普及率をグラフ化してみる(最新)

2017-0905今や世界中にその網を張り巡らせ、パソコンやモバイル端末に限らず多種多様な機器によって利用されているインターネット。言葉通り「世界をまたにかけている」情報網であるが、それは地域毎の言語による違いを認識する機会が生じることを意味する。ブラウザに未対応の言語で構成されたページへアクセスして文字化けばかりの状況に遭遇したり、幸いにも対応していたため閲覧はできるが、まるで異世界の言葉が並ぶコンテンツを目にした機会がある人は多いはず。また動画共有サイトで興味をひくサムネイルだがタイトルや解説が読めない言語で書かれており、難儀した経験は誰にも一度や二度ならずあるだろう。今回はインターネット界隈で用いられている言語の利用状況、シェアについて、【InternetWorldStats.com】の今件該当項目となる【INTERNET WORLD USERS BY LANGUAGE Top 10 Languages】で確認をしていくことにする。

続きを読む "インターネットで使われている言語の普及率をグラフ化してみる(最新)"

5時14分IWS, 逐次新値反映記事

米国で読書離れやテレビ離れは進んでいるのだろうか(最新)

2017-0905先行記事【米国の日常生活の内訳を時間配分でのぞいてみる】で、アメリカ合衆国労働省労働統計局が定点観測的に調査を行いその結果を発表している、同国の国民の生活様式に関わるデータをもとに、大人の日々の日常生活や就業者の実数などさまざまな実情を確認した。今回は公開値をもとに、同国の趣味趣向の変化が生じているのか否かについて、テレビ観賞やゲームなどへの時間配分の点から精査を行うことにする(【U.S. Bureau of Labor Statistics】)。

続きを読む "米国で読書離れやテレビ離れは進んでいるのだろうか(最新)"

5時12分米労働統計局, 逐次新値反映記事

2017/09/05

9月に入り秋の足音も…熱中症による搬送者数は1週間で1410人(2017年8月28日-9月3日)

総務省消防庁は2017年9月5日、同年8月28日から9月3日の一週間における熱中症搬送人数が1410人(速報値)であることを発表した。今年分は5月1日から熱中症による搬送人数の調査を始めており、消防庁が掌握している累計人数は5万0612人(速報値)となっている。初診時に熱中症を起因とする死亡者は1人が、3週間以上の入院加療が必要な重症判定を受けた人は30人が確認されている(【消防庁:熱中症情報ページ】)。

続きを読む "9月に入り秋の足音も…熱中症による搬送者数は1週間で1410人(2017年8月28日-9月3日)"

10時0分熱中症搬送状況, noindex

米国における小さな子供が居る大人の日常生活を時間配分でグラフ化してみる(最新)

2017-0904先行記事【米国の日常生活の内訳を時間配分でのぞいてみる】で、アメリカ合衆国労働省労働統計局が定点観測的に調査を行いその結果を発表している、同国の国民の生活様式に関わるデータをもとに、大人の日々の日常生活を主要行動の時間配分の観点から確認した。今回はそれと同じようなスタイルで、幼い子供がいる大人の生活の実情を見ていくことにする(【U.S. Bureau of Labor Statistics】)。

続きを読む "米国における小さな子供が居る大人の日常生活を時間配分でグラフ化してみる(最新)"

5時13分米労働統計局, 逐次新値反映記事

テレビは平日2時間半、休日3時間強…米国のプライベートな遊びの実情を時間配分から確認する(最新)

2017-0903アメリカ合衆国労働省労働統計局では労働者の労働に関わる実情を中心に、同国の国民の生活様式を多様な切り口から定点観測的に調査し、その結果を逐次更新する形で公開している。今回はその公開データを元に、同国の15歳以上の大人に関する行動性向のうち、テレビ鑑賞や運動ようなプライベートにおける遊びの内面を、時間配分の観点で確認していくことにする(【U.S. Bureau of Labor Statistics】)。

続きを読む "テレビは平日2時間半、休日3時間強…米国のプライベートな遊びの実情を時間配分から確認する(最新)"

5時11分米労働統計局, 逐次新値反映記事

平日の平均就労時間は7.99時間…米国の就業者の実情をグラフ化してみる(最新)

2017-0903アメリカ合衆国労働省労働統計局では労働者の動向を中心に、同国の国民の生活実状を多様な切り口から定点観測的に調査し、その結果を逐次更新する形で公開している。今回はその公開データを元に、同国の就業者の実情をいくつかの数字で確認していくことにする(【U.S. Bureau of Labor Statistics】)。

続きを読む "平日の平均就労時間は7.99時間…米国の就業者の実情をグラフ化してみる(最新)"

5時9分米労働統計局, 逐次新値反映記事

2017/09/04

防衛・安全保障への対策は実のところどれほど望まれているのだろうか(最新)

2017-0902自国を他国の侵略、武力行使から守り、秩序を維持するのに欠かせないのが自衛力となる軍事力。安全保障のために存在するだけでも意義のある実行力であり、抑止力でもある。その防衛や安全保障の施策を、国民はどれほど望んでいるのだろうか。内閣府が2017年8月28日に発表した、定点観測的に調査を行っている「国民生活に関する世論調査」の最新版となる2017年版などから確認していく(【発表リリース:国民生活に関する世論調査】)。

続きを読む "防衛・安全保障への対策は実のところどれほど望まれているのだろうか(最新)"

5時18分国民生活に関する世論調査, 逐次新値反映記事

米国の日常生活の内訳を時間配分でのぞいてみる(年齢階層区分など詳細版)(最新)

2017-0903先行記事【米国の日常生活の内訳を時間配分でのぞいてみる】において、アメリカ合衆国労働省労働統計局の公開データを元に、同国の大人たちにおけるライフスタイルの実情を主要行動別の時間配分の観点から確認した。今回は当人の年齢階層や学歴の仕切り分けから、その実情の違いを見ていくことにする(【U.S. Bureau of Labor Statistics】)。

続きを読む "米国の日常生活の内訳を時間配分でのぞいてみる(年齢階層区分など詳細版)(最新)"

5時16分米労働統計局, 逐次新値反映記事

米国の日常生活の内訳を時間配分でのぞいてみる(最新)

2017-0903アメリカ合衆国労働省労働統計局では定期的に同国の国民の日常生活や就業状況などに関して多方面からの調査を成し、その統計結果を逐次公開情報として提供している。今回はその公開情報を用い、同国の大人たちが普段どのようなライフスタイルで生活しているのか、時間配分の上から確認していくことにする(【U.S. Bureau of Labor Statistics】)。

続きを読む "米国の日常生活の内訳を時間配分でのぞいてみる(最新)"

5時14分米労働統計局, 逐次新値反映記事



(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN