2018/12/10

「ポケットモンスター Let's Go!」が3週連続トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/11/26-2018/12/02)

そろそろ年賀状の作成も始めねばいけないと思う今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、前回週に続き任天堂の新作「ポケットモンスター Let's Go!ピカチュウ/イーブイ」(Nintendo Switch)がついた。1998年にゲームボーイ用ソフトとして発売された「ポケットモンスター ピカチュウ」のNintendo Switch向けへのリメイク版。Nintendo Switchそのものが据置型と表現できるか否かは微妙なところだが、実は「ポケットモンスター」シリーズでは初の据置型ゲーム機向けのタイトルではある。プレイヤーはピカチュウあるいはイーブイを相棒とし、他のポケモンと対峙していく。「ポケモンGO」との連動性があり、同アプリを楽しんでいる人には楽しさも倍増する仕組みとなっている。従来の「ポケットモンスター」のタイニー版的なポジションで、そのスタイルには賛否両論がある。累計セールスは90万本を超え、間もなくミリオンに達しそう。

続きを読む "「ポケットモンスター Let's Go!」が3週連続トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/11/26-2018/12/02)"

5時0分ゲームランキング

2018/12/03

「ポケットモンスター Let's Go!」が2週連続トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/11/19-2018/11/25)

こたつの上でみかんを食べつつ怠惰な時間を過ごしたくなる今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、前回週に続き任天堂の新作「ポケットモンスター Let's Go!ピカチュウ/イーブイ」(Nintendo Switch)がついた。1998年にゲームボーイ用ソフトとして発売された「ポケットモンスター ピカチュウ」のNintendo Switch向けへのリメイク版。Nintendo Switchそのものが据置型と表現できるか否かは微妙だが、実は「ポケットモンスター」シリーズでは初の据置型ゲーム機向けのタイトルではある。プレイヤーはピカチュウあるいはイーブイを相棒とし、他のポケモンと対峙していく。「ポケモンGO」との連動性があり、同アプリを楽しんでいる人には楽しさも倍増する仕組みとなっている。従来の「ポケットモンスター」のタイニー版的なポジションで、そのスタイルには賛否両論がある。

続きを読む "「ポケットモンスター Let's Go!」が2週連続トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/11/19-2018/11/25)"

5時0分ゲームランキング

2018/11/26

「ポケットモンスター Let's Go!」が初登場トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/11/12-2018/11/18)

みかんが美味しい季節になってきたと実感できる今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、任天堂の新作「ポケットモンスター Let's Go!ピカチュウ/イーブイ」(Nintendo Switch)がついた。1998年にゲームボーイ用ソフトとして発売された「ポケットモンスター ピカチュウ」のNintendo Switch向けへのリメイク版。Nintendo Switchそのものが据置型と表現できるか否かは微妙だが、実は「ポケットモンスター」シリーズでは初の据置型ゲーム機向けのタイトルではある。プレイヤーはピカチュウあるいはイーブイを相棒とし、他のポケモンと対峙していく。「ポケモンGO」との連動性があり、同アプリを楽しんでいる人には楽しさも倍増する仕組みとなっている。従来の「ポケットモンスター」のタイニー版的なポジションで、そのスタイルには賛否両論がある。

続きを読む "「ポケットモンスター Let's Go!」が初登場トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/11/12-2018/11/18)"

5時0分ゲームランキング

2018/11/19

「ルイージマンション」が初登場トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/11/05-2018/11/11)

顔を洗う水の冷たさとともに冬の到来をしみじみと感じることができる今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、任天堂の新作「ルイージマンション」(3DS)がついた。2001年にニンテンドーゲームキューブ用として発売された同名タイトルのリメイク版で、プレイヤーはルイージを操作してお化けを吸い込むことが出来る掃除機オバキュームを使い、不思議な屋敷に住むお化けを退治しながらマリオを探していく。原作と比べゲームモードの拡張(2人で遊ぶモード)、システム関連の拡張、アイテムの追加、お化けとの再戦機能などが実装されている。初週感想は高安まちまち。ベースが昔のソフトであるだけに、その古臭さに難を覚える人も多い。

続きを読む "「ルイージマンション」が初登場トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/11/05-2018/11/11)"

5時0分ゲームランキング

2018/11/12

「コール オブ デューティ ブラックオプス 4」がトップ返り咲き…ゲームソフトランキング更新(2018/10/29-2018/11/04)

防寒具を押し入れから出し、年賀状の印刷を始める人も多いであろう今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの新作「コール オブ デューティ ブラックオプス 4」(PS4)がついた。名作FPS「コール オブ デューティ」シリーズのうちブラックオプスシリーズの最新作に該当する作品。キャンペーンモードは廃止されたが、代わりにマルチプレイである一定の条件をクリアしていくとストーリーを動画で確認していくことができるという仕組みとなっている。バトルロイヤル的なブラックアウトモードも実装されている。発売から第4週目に突入したが感想はおおよそ堅調。このままの勢いが続けば、累計本数は50万本に届くかもしれない。初心者にはキツい難易度との意見もちらほらあるが、それほど多い意見では無い。CEROレーティングは「Z」なので購入時には注意が必要。

続きを読む "「コール オブ デューティ ブラックオプス 4」がトップ返り咲き…ゲームソフトランキング更新(2018/10/29-2018/11/04)"

5時0分ゲームランキング

2018/11/05

「レッド・デッド・リデンプション2」が初登場トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/10/22-2018/10/28)

カレンダーの残りページも数少なくなってきた今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、ロックスター・ゲームスの新作「レッド・デッド・リデンプション2」(PS4)がついた。西部劇の世界を描いたオープンワールド形式のアクションアドベンチャーゲームで、プレイヤーはギャングの一員の立場から法執行官や賞金稼ぎの追及の手を逃れながら生きていく。初週感想は高安まちまち。ビジュアルには優れているものの、操作性に難があり、快適性の上で首を傾げるところがあるとの話。なおCEROレーティングは「Z」(18歳以上のみ対象)なので注意が必要。

続きを読む "「レッド・デッド・リデンプション2」が初登場トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/10/22-2018/10/28)"

5時0分ゲームランキング

2018/10/29

「コール オブ デューティ ブラックオプス4」が発売2週目もトップに…ゲームソフトランキング更新(2018/10/15-2018/10/21)

使い捨てカイロが大量に店先に並び始め、冬の足音を覚えさせる今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、前回週に続きソニー・インタラクティブエンタテインメントの新作「コール オブ デューティ ブラックオプス 4」(PS4)がついた。名作FPS「コール オブ デューティ」シリーズのうちブラックオプスシリーズの最新作に該当する。キャンペーンモードは廃止されたが、代わりにマルチプレイである一定の条件をクリアしていくとストーリーを動画で確認していくことができるという仕組みとなっている。代わりにバトルロイヤル的なブラックアウトモードが実装されている。発売から第2週目に突入したが感想はおおよそ堅調。初心者にはキツいとの意見もちらほらあるが、それほど多い意見では無い。CEROレーティングは「Z」なので購入時には注意が必要。

続きを読む "「コール オブ デューティ ブラックオプス4」が発売2週目もトップに…ゲームソフトランキング更新(2018/10/15-2018/10/21)"

4時0分ゲームランキング

2018/10/22

「コール オブ デューティ ブラックオプス4」が初登場トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/10/08-2018/10/14)

そろそろ来年のカレンダーも店先に並び始め、年の暮れが迫りくる実情を再確認させられる今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの新作「コール オブ デューティ ブラックオプス 4」(PS4)がついた。名作FPS「コール オブ デューティ」シリーズのうちブラックオプスシリーズの最新作に該当する。キャンペーンモードは廃止されたが、代わりにマルチプレイである一定の条件をクリアしていくとストーリーを動画で確認していくことができるという仕組みとなっている。代わりにバトルロイヤル的なブラックアウトモードが実装されている。初週感想はおおよそ堅調。初心者にはキツいとの意見もちらほら。なおCEROレーティングは「Z」なので購入時には注意が必要。

続きを読む "「コール オブ デューティ ブラックオプス4」が初登場トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/10/08-2018/10/14)"

5時0分ゲームランキング

2018/10/15

「スーパーマリオパーティー」が初登場トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/10/01-2018/10/07)

外から伝わってくる料理の香りを覚えながら「秋深し隣は何を食う人ぞ」と詠んでしまう今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、任天堂の新作「スーパー マリオパーティ」(Nintendo Switch)がついた。パーティーゲームの集大成的な「マリオパーティー」のNintendo Switch版で、ハードの特性を活かしたさまざまな要素が新たに盛り込まれている。ミニゲームを連続してプレイし競うオンライン専用モード「オンラインアスロン」も実装されている。初週感想は高安まちまち。オンラインモードの感想がいまいち、ゲームの難易度が低すぎるなどの不評もちらほらあるが、シンプルで楽しみやすいとの意見も多い。

続きを読む "「スーパーマリオパーティー」が初登場トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/10/01-2018/10/07)"

4時0分ゲームランキング

2018/10/09

「無双OROCHI 3」が初登場トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/09/24-2018/09/30)

平成最後の年だからといって、色々な意味で当たり年にすることは無いだろうと思う今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、コーエーテクモゲームスの新作「無双OROCHI 3」(PS4)がついた。歴史を再現したちぎっては投げ的アクションゲーム「無双」シリーズのシステムを用いた、ファンタジー色の強い作品「無双OROCHI」シリーズの最新作。登場人物も世界観も「真・三國無双」と「戦国無双」がごちゃ混ぜになっている。いわば「スーパーロボット大戦」の「無双」版のようなもの。「3」ともなれば今シリーズ特有のファンも多く、プレイした感想も固定ファンゆえのものが多い。アクション性は評価が高いが、ストーリーが今一つとの意見多し。なお第4位には同じ「無双OROCHI 3」のNintendo Switch版がついている。

続きを読む "「無双OROCHI 3」が初登場トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/09/24-2018/09/30)"

5時0分ゲームランキング

2018/10/01

スパイダーマンが3週連続トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/09/17-2018/09/23)

今年は大雨に台風に地震と天災の当たり年だけど平成最後の年だからかなと思う今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、前週に続きソニー・インタラクティブエンタテインメントの新作「Marvel's Spider-Man(マーベル スパイダーマン)」(PS4)がついた。プレイヤーはスパイダーマンの立場から広大な都市ニューヨークを駆け巡りながら犯罪と戦う、オープンワールド式のアクションゲーム。映画などで活躍するスパイダーマンのアクション同様に、自在に摩天楼内を飛び交えるプレイを堪能でき、爽快感の極みを覚えさせる。発売から第3週に突入したがプレイヤーの感想はおおむね堅調。街中を徘徊するだけでも楽しいとの口コミが広まり、さらに人気に拍車をかけている。ショップでも品切れ報告が相次いでおり、まだしばらく上位にいそうな感はある。

続きを読む "スパイダーマンが3週連続トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/09/17-2018/09/23)"

5時0分ゲームランキング

2018/09/25

スパイダーマンが2週連続トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/09/10-2018/09/16)

夜の虫の声が風流さを覚えさせる今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、前週に続きソニー・インタラクティブエンタテインメントの新作「Marvel's Spider-Man(マーベル スパイダーマン)」(PS4)がついた。プレイヤーはスパイダーマンの立場から広大な都市ニューヨークを駆け巡りながら犯罪と戦う、オープンワールド式のアクションゲーム。映画などで活躍するスパイダーマンのアクション同様に、自在に摩天楼内を飛び交えるプレイを堪能でき、爽快感の極みを覚えさせる。発売から第2週に突入したがプレイヤーの感想はおおむね堅調。街中を徘徊するだけでも楽しいとの口コミが広まり、さらに人気に拍車をかけている。ショップでも品切れ報告が相次いでおり、まだしばらく上位にいそうな感はある。

続きを読む "スパイダーマンが2週連続トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/09/10-2018/09/16)"

5時0分ゲームランキング

2018/09/18

マーベルの新作がトップ君臨…ゲームソフトランキング更新(2018/09/03-2018/09/09)

秋深し隣もゲームをする人ぞ、的な詩を詠みたくなる今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの新作「Marvel's Spider-Man(マーベル スパイダーマン)」(PS4)がついた。プレイヤーはスパイダーマンの立場から広大な都市ニューヨークを駆け巡りながら犯罪と戦う、オープンワールド式のアクションゲーム。映画などで活躍するスパイダーマンのアクション同様に、自在に摩天楼内を飛び交えるプレイを堪能でき、爽快感の極みを覚えさせる。初週感想はおおむね堅調。街中を徘徊するだけでも楽しいとの口コミが広まり、さらに人気に拍車をかけている。「遊ぶ映画」というコピーがネット上で広まっているが、言い得て妙ではある。

続きを読む "マーベルの新作がトップ君臨…ゲームソフトランキング更新(2018/09/03-2018/09/09)"

4時0分ゲームランキング

2018/09/10

ウイイレ新作トップ…ゲームソフトランキング更新(2018/08/27-2018/09/02)

平成最後の夏は随分と記憶と記録に残りそうなものとなりそうだなと実感する人も多いであろう今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、コナミデジタルエンタテインメントの新作「ウイニングイレブン2019」(PS4)がついた。世界累計販売本数1億本を超える、サッカーゲーム「ウイニングイレブン」シリーズの最新作で、今作ではグラフィックのさらなる洗練化、スキルの導入による各選手の個性の表現、リーグやスタジアムなどの追加、活躍した選手の技術向上などが特徴。初週評価は賛否両論。オンライン機能が実装されているが、オフラインでのプレイを推奨する声が多い。

続きを読む "ウイイレ新作トップ…ゲームソフトランキング更新(2018/08/27-2018/09/02)"

5時0分ゲームランキング

2018/09/03

サバイバルなゲームがトップに…ゲームソフトランキング更新(2018/08/20-2018/08/26)

夏休みが終わったけれどまだまだ延長戦を楽しんでいたい気分の人も多いであろう今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、スパイク・チュンソフトの新作「コナン アウトキャスト」(PS4)がついた。オープンワールドタイプの世界観の中でサバイバルを行うアクションゲームで、作成方面でも自由度が高いのも特徴。ただし敵対動物や敵性の人物がいるという非常に厳しい環境の中でのサバイバルのため、生き抜くことも容易ではない。さらに敵性人物を隷属させ、アイテムを作らせることすらできる。CEROレーティングは「Z」のため購入時には注意が必要。初週感想は高安まちまち。プレイヤーを選ぶゲームとの評価が多い。

続きを読む "サバイバルなゲームがトップに…ゲームソフトランキング更新(2018/08/20-2018/08/26)"

4時0分ゲームランキング

2018/08/27

定番タイトルずらりと…ゲームソフトランキング更新(2018/08/13-2018/08/19)

そろそろ夏休みも終わりということで宿題の整理に追われている人も多いであろう今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、マイクロソフトの新作「Minecraft」(Nintendo Switch)がついた。ブロック的な世界で探索をして色々な情景を作り上げたり、地面を掘り進めて敵と戦っていく。2017年5月に配信版として展開された「Minecraft: Nintendo Switch Edition」のアップグレード版で、「Switch Edition」を持っていた人は無料でアップグレードを受けることができる。ワールドサイズは無制限となり、XboxOne版、スマートフォン版、Windows10版とのクロスマルチプレイも可能に。マリオがマイクラの世界に登場するスーパーマリオマッシュアップも同梱されている。

続きを読む "定番タイトルずらりと…ゲームソフトランキング更新(2018/08/13-2018/08/19)"

4時0分ゲームランキング

2018/08/20

「龍が如く3」初登場でトップに…ゲームソフトランキング更新(2018/08/06-2018/08/12)

お盆も過ぎてそろそろ涼しくなってきてくれないかなという願望を太陽に向けたくなる今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、セガゲームスの新作「龍が如く3」(PS4)がついた。2009年に発売された「龍が如く」シリーズの「3」を高解像度・高フレームレート化した上でプレイステーション4版として移植したもの。東京と沖縄を舞台に、それぞれの街の雰囲気までも表現した、リアルな街並みでの任侠劇を描く。評価は高安まちまち。

続きを読む "「龍が如く3」初登場でトップに…ゲームソフトランキング更新(2018/08/06-2018/08/12)"

4時0分ゲームランキング

2018/08/13

「世界樹の迷宮X(クロス)」が初登場トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/07/30-2018/08/05)

相次ぐ台風の上陸とむせるような暑さの到来で体調不良感を覚える人も多いであろう今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、アトラスの新作「世界樹の迷宮X(クロス)」(3DS)がついた。ダンジョン探索型のRPGで、古き良きスタイルを踏襲した分かりやすい仕組みが導入されている。「X(クロス)」には過去の同シリーズをクロスオーバーしたという意味合いも持たせており、シリーズ作品のエッセンスを多数導入した集大成的一品。初週感想はおおむる堅調。ボリューム感には好感触を持つ人が多いが、難易度の高さに悲鳴を上げている人も見受けられる。

続きを読む "「世界樹の迷宮X(クロス)」が初登場トップに…ゲームソフトランキング更新(2018/07/30-2018/08/05)"

5時0分ゲームランキング

2018/08/06

「ロックマンX アニバーサリー コレクション1+2」がトップに…ゲームソフトランキング更新(2018/07/23-2018/07/29)

8月に入りまだまだ暑さが続く今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、カプコンの新作「ロックマンX アニバーサリー コレクション1+2」(PS4)がついた。「ロックマンX」シリーズの「X」から「X8」までの8作品をPS4に移植したリバイバル版で、歴代ボスが襲い掛かる「Xチャレンジモード」や、多彩な資料を実装した「ミュージアムモード」も実装されている。またグラフィックもパワーアップしている。初週感想はおおむね堅調。ただ、移植の際にセーブ機能の追加などが欲しかったとの苦評も見受けられる。

続きを読む "「ロックマンX アニバーサリー コレクション1+2」がトップに…ゲームソフトランキング更新(2018/07/23-2018/07/29)"

5時0分ゲームランキング

2018/07/30

「太鼓の達人」のスイッチ版がトップ君臨…ゲームソフトランキング更新(2018/07/16-2018/07/22)

あまりにもの暑さに酷暑や豪暑なる言葉が脳内を駆け巡る今日この頃。メディアクリエイト発表の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、該当週のセールスランキングの最上位には、バンダイナムコエンターテインメントの新作、「太鼓の達人 Nintendo Switchば-じょん!」(Nintendo Switch)がついた。演奏に合わせて太鼓を叩くリズミカルアクションゲームの代表作「太鼓の達人」のNintendo Switchで、今作ではJoy-Conをバチに見立てて振る「フリフリ演奏」がポイントとなっている。また、多人数プレイも可能で、最大4人までの同時プレイが可能。初週感想は少々微妙。プレイ感覚の難儀性や、ダウンロードの遅さなど、品質面での苦言が多々見受けられる。収録曲の難易度が低く、やりがいがないとの意見もある。

続きを読む "「太鼓の達人」のスイッチ版がトップ君臨…ゲームソフトランキング更新(2018/07/16-2018/07/22)"

4時0分ゲームランキング



(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN