2014/10/16

子育て燃え尽き症候群から逃れるために

子供が生まれ育児が必要となると、特に女性は多忙な日々を迎えることになる。通常の家事の作業量が増えるのに加え、育児がそこに加わり、消費されるリソースは増える。兼業主婦で職についているのならなおさらで、家事・育児と仕事にはさまれ、責任感やストレスで精神的に追い詰められてしまうこともある。この情緒不安定な状況はたとえ本人が隠していても多分に子供にも伝わるものであるし、さらには体現化し、自分自身に、あるいは子供に向けられることもある。【アメリカ小児学会(AAP、the American Academy of Pediatrics)】【HealthDay】を介し、主婦に起きうるこの現象(いわゆる「子育て燃え尽き症候群」)を避けるためのアドバイスを施している。

続きを読む "子育て燃え尽き症候群から逃れるために"

15時29分教育・育児, 医療・保険・健康

2014/10/15

入院の際にお願いしたいこと、トップはやはり「食事を美味しく」

長期間日常生活から隔離されることになる入院生活では、経験の有無を問わず、さまざまな不安を抱き、その不安の解消を望み、願望を持つことになる。それらの望みについて、ライフネット生命保険が2014年9月25日に発表した「入院に関する調査結果」で確認すると、最上位についた項目は「食事が美味しいのが望まれる」だった。6割近い人が食事(病院食)の美味しさを求めていた。女性に限れば2/3に達している(【発表リリース:入院に関する調査】)。

続きを読む "入院の際にお願いしたいこと、トップはやはり「食事を美味しく」"

8時21分医療・保険・健康

2014/10/14

「もし入院するのなら…」入院未体験者が不安に思うこととは?

テレビや漫画など、さらには実体験者の話を見聞きし、入院するとどのような状況に陥るのか、またいかなる準備が必要なのかは十分に知識として知っていても、いざ自分自身がそのポジションに立つと、色々と改めて気が付くことが出てくることになる。また、知識として知った上で、その負担の大きさに愕然とし、入院という状況に不安・心配を覚える人も多い。それでは入院未体験者は、入院に関してどのような点を心配しているのだろうか。ライフネット生命保険が2014年9月25日に発表した「入院に関する調査結果」から、その実態を確認していく(【発表リリース:入院に関する調査】)。

続きを読む "「もし入院するのなら…」入院未体験者が不安に思うこととは?"

11時36分医療・保険・健康, 飲食品・料理

2014/10/12

「感謝、圧倒的感謝」入院して初めて分かる・気が付くあれこれ

原因となる病気や怪我の内容にもよるが、入院した場合は大抵において、大きく自由を束縛され、場合によっては病室の外にも満足に出られなくなる。これまでの日常生活とは大きくかけ離れた不自由さ、環境の変化に戸惑い、そしてさまざまな事への想いを馳せる機会を得ることになる。それでは実際に入院経験者は入院生活を続けていく中で、どのようなことを想い、気が付くことになったのだろうか。ライフネット生命保険が2014年9月25日に発表した「入院に関する調査結果」から、その実態を確認していくことにする(【発表リリース:入院に関する調査】)。

続きを読む "「感謝、圧倒的感謝」入院して初めて分かる・気が付くあれこれ"

14時30分医療・保険・健康

2014/10/10

こんなこと マジでホントにあるんだな 入院を経た 貴重な体験

多くの人にとっては入院は稀有な出来事。日常生活では得られないさまざまな体験をすることになる。また退院してからもその入院時の経験を引きずる形で、これまでに無い状況に遭遇し、対応を迫られることもある。今回はそのような、入院経験の中でレア的な体験をした人の実情について、ライフネット生命保険が2014年9月25日に発表した「入院に関する調査結果」から確認していくことにする(【発表リリース:入院に関する調査】)。

続きを読む "こんなこと マジでホントにあるんだな 入院を経た 貴重な体験"

8時29分医療・保険・健康

2014/10/09

入院中・退院後のあるある話、もっとも困ったのは?

ライフネット生命保険は2014年9月25日、入院に関する調査結果を発表した。それによると調査対象母集団のうち入院経験者において、入院中や退院後に困ったことでもっとも多くの人が経験した・同意できることとして挙げられたのは「体力が落ちた」だった。3割強の人が同意を示している。次いで「(入院中は)暇、やることが無かった」、「お風呂に毎日入れない」「食事が美味しくなかった」などが続いている(【発表リリース:入院に関する調査】)。

続きを読む "入院中・退院後のあるある話、もっとも困ったのは?"

8時36分医療・保険・健康

2014/09/20

ペットを飼う利点、皆がうなずく「いやされる」

リサーチバンクが2014年9月10日に発表したペットに関する調査結果によると、調査対象母集団の3割近くが現在の居住地でペットを飼育しているという。それではそのペット保有者は、一体どのような利点をペット飼育で覚えているのだろうか。もっとも多くの人、飼育者の実に8割強は「癒(いや)し」にあると答えている(【発表リリース:ペットに関する調査】)。

続きを読む "ペットを飼う利点、皆がうなずく「いやされる」"

10時12分動物, 医療・保険・健康

2014/09/16

徹夜明けの朝、きゅっと一本飲み干したい栄養・エナジードリンクは?

元々はサラリーマンなどの滋養強壮、栄養補給などが主な期待効果として挙げられ、対象層もそれらが中心だった栄養ドリンク・エナジードリンク。受験戦争華やかな時期には子供達の間でも飲まれるようになり、さらに昨今は若年層を中心に、炭酸飲料の新しい方向付け的な価値観のもと、急速に新しいブランドの商品浸透が進んでいる。今回はそれら栄養・エナジードリンクの利用目的の一つとして多くの人が実経験しているであろう、「徹夜明けの朝」との状況下で飲みたいと思う品目について、ネットエイジアが2014年9月5日に発表した調査結果から確認していくことにする(【発表リリース:栄養ドリンク・エナジードリンクに関する調査2014】)。

続きを読む "徹夜明けの朝、きゅっと一本飲み干したい栄養・エナジードリンクは?"

15時15分飲食品・料理, 医療・保険・健康

2014/09/13

やっぱりね、一番多くの人に飲まれている栄養・エナジードリンクはオロナミンC

海外からの輸入品や代理販売品の増加に伴い、一気に拡大活性化しつつある、栄養・エナジードリンク市場。特に若年層向けのオシャレでセンスあるパッケージを有するエナジードリンク系飲料は、今やコンビニでも普通の飲料水と同じように並べられており、需要の高まりを再認識させられる。今回はネットエイジアが2014年9月5日に発表した調査結果から、もっとも多くの人が飲んでいる栄養・エナジードリンクについて探りを入れていくことにする(【発表リリース:栄養ドリンク・エナジードリンクに関する調査2014】)。

続きを読む "やっぱりね、一番多くの人に飲まれている栄養・エナジードリンクはオロナミンC"

14時0分飲食品・料理, 医療・保険・健康

2014/09/08

高齢者の過度の少食、絶食傾向に周囲の人が気が付く方法

多くの人にとって食事は栄養素を補充する、健康的な肉体を維持するために必要不可欠な行動であるばかりでなく、ストレス解消や満足感を得るための、精神的な意味でのエネルギー補充の行動であり、日々のルーチンワークの上で欠かせない存在に他ならない。しかしながら食事という行為に用いる労力は小さくなく、また噛む力や味覚の減退、さらには食事内容の制限や食欲そのものの減退により、特に高齢者は時として、食事そのものを取らなかったり、少量で済ませて必要不可欠な分量を口にしない事例が生じる。当然、食事による栄養摂取の量が減る状況は、心身共に、とりわけ高齢者はその影響を受け得る。【米家庭医学会(AAFP:The American Academy of Family Physicians)】では【HealthDay】を介し、高齢者が栄養状態に関して悪化している兆候として、次のような現象を挙げている。このような気配が該当する高齢者に見られた場合、栄養状態の悪化、特に食事の上での問題が発生しているかもしれない、ということである。

続きを読む "高齢者の過度の少食、絶食傾向に周囲の人が気が付く方法"

15時30分出産・高齢化・寿命, 医療・保険・健康

2014/09/07

エナドリをどんな時、どこで買って飲むのだろう?

ネットエイジアは2014年9月5日、栄養ドリンク・エナジードリンクに関する調査結果を発表した。それによると過去にこれらのドリンクを飲んだ経験がある人から成る調査対象母集団においては、飲用する機会としてもっとも多くの人が挙げた場面は「疲れを感じた時」だった。また購入場所としては「ドラッグストア・薬局」がもっとも多く、次いで「コンビニ」「スーパー」が続いている(【発表リリース:栄養ドリンク・エナジードリンクに関する調査2014】)。

続きを読む "エナドリをどんな時、どこで買って飲むのだろう?"

14時0分飲食品・料理, 医療・保険・健康

2014/08/20

中堅層以上が抱く「高齢者」のイメージとは

一般的には60代以上の人達を指す「高齢者」という言葉。そこからは単なる年齢の違いに加え、さまざまな連想を抱くことになる。それではその「高齢者」の領域に自身がもうすぐ達する人、あるいはそう遠くないうちに届く人達は、その言葉にどのようなイメージを持っているのだろうか。内閣府が2014年6月13日に発表した、高齢期に向けた「備え」に関する意識調査の結果から確認をしていくことにする(【発表リリース:高齢期に向けた「備え」に関する意識調査】)。

続きを読む "中堅層以上が抱く「高齢者」のイメージとは"

11時30分出産・高齢化・寿命, 医療・保険・健康

2014/06/15

子供にお薬を与える時の注意事項

薬薬には大きく分けると医者などによって処方された処方せん医薬品(処方せんが無いと薬局で処方してもらえない)と、処方せんが無くとも買える一般用のお薬「一般用医薬品」との二種類がある(日本ではさらに発売できる店舗や購入時の情報提供の義務などの区分で、第一種から第三種までの仕切りがある。また医薬部外品なども「薬」の一種といえる)。それらのお薬を子供に間違った方法などで服用させてしまい、状況を一層悪化させてしまうことが無いよう、【米家庭医学会(AAFP:The American Academy of Family Physicians)】では【HealthDay】を介し、いくつかのアドバイスを施している。

続きを読む "子供にお薬を与える時の注意事項"

20時0分医療・保険・健康, 教育・育児

2014/06/13

チープでもヘルシーな軽食の選択方法とは?

成長過程にある子供の時分では一日三食ではとても足りず、おやつどきをはじめとした時間帯に間食、軽食を取りたくなるもの。しかし「お腹が空いたら」で始まる某CMのように、小腹がすくたびにチョコレート菓子を口に含み満腹感を得ていたのでは、学生ではまだ十分な金額をまかなえないお財布の中身は空っぽになり、栄養価の上でも偏りが懸念される。【栄養・栄養学アカデミー(The Academy of Nutrition and Dietetics)】【HealthDay】を介し、簡単に用意が可能で経済的にも好ましく、時間も取らずに食することができる軽食のアイディアを提案している。

続きを読む "チープでもヘルシーな軽食の選択方法とは?"

15時30分飲食品・料理, 医療・保険・健康

2014/06/03

炎上、プライベート問題、悪口、荒らし…ソーシャルメディアと高校生の悩み事

先行記事【「足跡」機能は大きな悩みのタネ…高校生のソーシャルメディア利用実態、悩みや負担を探る】にある通り、ソーシャルメディアを利用する高校生においては、知り合いとの意志疎通の中で、目の前にいるかのようなリアクションを求めてしまう、さらには求められると思い、そのプレッシャーが大きい実状について触れた。今回は同様の条件下で、ソーシャルメディアに限らずインターネット利用全般でも注意される事項や起きうる事象に関して、どこまで負担を感じているかなどを見ていくことにする(【発表リリース:「高校生のスマートフォン・アプリ利用とネット依存傾向に関する調査」<速報>を追加しました】)。

続きを読む "炎上、プライベート問題、悪口、荒らし…ソーシャルメディアと高校生の悩み事"

8時30分ソフト・ウェブサービス, 医療・保険・健康

2014/06/01

子供の指しゃぶりを治すにはどうすればいいのだろう

子供が良く見せるしぐさ、クセの一つに「指(特に親指)を吸う、くわえる、しゃぶる」がある。母親の母乳を吸う代わり、あるいは精神的な安定のツール・行動として自分の指を使っているという説があり、幼い頃においては特に注意すべきものでは無い。しかし歳を経て、例えば幼稚園に入学する時分となってもそのクセが抜けないままでいるのは、少々問題とする意見も多い。【アメリカ小児学会(AAP、the American Academy of Pediatrics)】【HealthDay】を介し、歳を経ても指しゃぶりのクセが治らない事例について、次のような提案をしている。

続きを読む "子供の指しゃぶりを治すにはどうすればいいのだろう"

20時0分教育・育児, 医療・保険・健康

2014/05/29

歩きスマホの実経験6割強、やってることはメールや地図、通話

歩きスマホ歩行中、特に他人が行きかう場面で歩きながらスマートフォンを操作する行為を「歩きスマホ」と呼び、昨今では社会問題視されている。読書しながら、あるいは携帯ゲーム機を操作しながらの歩行同様に周囲への状況把握がしにくくなり、他人と衝突、あらぬ場所に足を踏み入れる、注意が耳に入らずにトラブルに巻き込まれるなどの事案が多数発生しているからだ。特にスマートフォンはその魅力から操作時の注力度合いは著しく、他の「ながら行動」以上に周囲への注意がそがれてしまうため、リスクは高いものとなる。この「歩きスマホ」について調査をした結果が先日ライフメディアのリサーチバンクから発表されたが、それによれば調査対象母集団のうちスマートフォンを所有している人の6割強が「歩きスマホ」の経験があるとし、その過半数ではその際にメールや地図、通話機能を利用しているという(【発表リリース:歩きスマホに関する調査】)。

続きを読む "歩きスマホの実経験6割強、やってることはメールや地図、通話"

11時30分モバイル, 医療・保険・健康

2014/04/20

なるほど納得、献血をした後の注意事項とは?

医療行為に必要となる血液を確保するため、主要駅の駅前などに献血車両が駐車し、献血活動が行われることがある。昨今ではプロモーションに多種多様なキャラクタが用いられ、タイアップ企画も展開され、献血後のお礼にも地域によってバラエティに富んだものが用意されるようになり、社会貢献をしたことへの満足感以上の充実を得ることができる。その献血について、アメリカの赤十字社(The American Red Cross)では【Health Day】を介し、献血後の留意事項をいくつか提示している。

続きを読む "なるほど納得、献血をした後の注意事項とは?"

20時0分医療・保険・健康

2014/04/02

携帯ネットで気落ちや自己嫌悪、女子高生は3/5が「今でもある」

多くの子供達にとって携帯電話(一般携帯電話とスマートフォンの双方)はパソコン以上に、自分自身が自由に操作できるインターネットへの窓口となる。その携帯電話を通じて見聞きし足を踏み込んだネットの世界に、驚き歓喜し様々な経験を得るのはもちろんだが、同時に嫌なことを見聞きしたり、他人とのやりとりに疲れたり、過度の情報の波に埋もれるなど多種多様な理由から、気分が落ち込み、さらには自己嫌悪に陥ることもある。今どきの子供達はどの程度、そのようなネットによる体験をしているのだろうか。2014年3月10日にデジタルアーツが発表した【未成年の携帯電話・スマートフォン使用実態調査】の結果から、現状を確認していくことにする。

続きを読む "携帯ネットで気落ちや自己嫌悪、女子高生は3/5が「今でもある」"

11時30分モバイル, 医療・保険・健康

2014/04/01

注意され成績が落ちて寝不足で…高校生が実感した、携帯使い始めてからのヤバいこと

携帯電話(一般携帯電話とスマートフォン双方)の面白さ、熱中しやすさは誰もが認めるところで、自制心に欠ける子供はついつい夢中になりすぎてしまう。当然日常生活に色々な支障が生じるようになる。それでは具体的に、どのような面で問題を起こし、トラブルを抱えるようになるのか。2014年3月10日にデジタルアーツが発表した【未成年の携帯電話・スマートフォン使用実態調査】の結果から、高校生を中心に、その実態を確認していくことにする。

続きを読む "注意され成績が落ちて寝不足で…高校生が実感した、携帯使い始めてからのヤバいこと"

15時30分モバイル, 医療・保険・健康



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS