2018/12/16

「今後50年間でロボットやコンピューターが人間のしている作業の大部分を取って代わる」9割近くは同意

2018-1207技術は人の苦労を軽減し、あるいは代替するために生み出され普及していく。昨今ではロボットやコンピューターの技術がその代表格で、さまざまな作業の手間を軽減し、人の代わりをしてくれるようになっている。それでは未来になるとどこまでこれらの新しい技術が、人にとって代わるようになると思われているのか。アメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerの調査【Despite Rising Economic Confidence, Japanese See Best Days Behind Them and Say Children Face a Bleak Future】を基に、日本における実情を確認していくことにする。

続きを読む "「今後50年間でロボットやコンピューターが人間のしている作業の大部分を取って代わる」9割近くは同意"

5時17分科学・技術, 経済・金融・市場・家計

2018/11/08

ロボットやコンピューターが人の仕事を代替する世の中で、人々の仕事を確保するために誰が責任を持つべきか

新技術は人の生活を豊かに、便利に、不可能なことを可能にするために生み出されるものだが、多分において同時に人の仕事を奪い、その人を不幸にする。昨今の新技術の代表格であるロボットやコンピューターは労働市場の構造を変え、多くの人の職を奪うのではとの懸念もある。それではこのような状況において、政府や学校、そして自分自身は対応の責任を負うべきなのだろうか。アメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年9月13日に発表した調査報告書【In Advanced and Emerging Economies Alike, Worries About Job Automation】を基に、諸国の人達の考えを確認していく。

続きを読む "ロボットやコンピューターが人の仕事を代替する世の中で、人々の仕事を確保するために誰が責任を持つべきか"

4時48分海外, 科学・技術

2018/11/07

ロボットやコンピューターが人の仕事を代替したら、貧富の差は拡大するのだろうか

技術革新は人の生活をより便利に、豊かに、できないこともできるようにするために行われる。しかしそれは同時に、これまで人がしてきた仕事を新技術が代替し、人の役割が失われることをも意味する。技術の進歩に伴う就業構造の変化に代表される、経済の構造の変化はいつの世にも生じていることだが、昨今のロボットやコンピューターなどの新技術は、社会にこれまでに無い大きな動きをもたらすのではないかと予想されている。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年9月13日に発表した調査報告書【In Advanced and Emerging Economies Alike, Worries About Job Automation】を基に、昨今の新技術の代表格であるロボットやコンピュータが人の仕事の多くを代替するようになると、どのような社会となるのか、諸国の人々の想像の実情を確認していく。

続きを読む "ロボットやコンピューターが人の仕事を代替したら、貧富の差は拡大するのだろうか"

5時7分海外, 科学・技術

「半世紀後にロボットやコンピューターが多くの仕事で人にとって代わる」世界の人達の思いをグラフ化してみる

技術革新は人の苦労を減らし不可能なことができるようにするために行われるが、それによって従来人がこなしていた仕事が新技術に奪われる、競争力で太刀打ちできなくなることが多々ある。利用者側の観点では便利になり快適さが増し低コストで利用できることになるが、それは同時に今までそれに従事していた人の仕事を奪うことにもなる。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2018年9月13日に発表した調査報告書【In Advanced and Emerging Economies Alike, Worries About Job Automation】を基に、昨今の技術革新の代表格であるロボットやコンピュータに関して、人の仕事を代替しうる立場となるのか否かについて、諸外国の人達がどのような考えを抱いているのかを確認していく。

続きを読む "「半世紀後にロボットやコンピューターが多くの仕事で人にとって代わる」世界の人達の思いをグラフ化してみる"

5時6分海外, 科学・技術

2018/11/06

米国の子供達のデジタル格差の実情をグラフ化してみる

情報取得のツールとして、今では日常生活において欠かせない存在となったインターネット。気軽さや機動力の観点ではスマートフォンがもっとも優れているが、本格的な調べものをする時や情報の精査の上では、パソコンの方が使いやすいことは否定できない。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerによる調査結果を基に、同国の子供達におけるインターネット接続やパソコンの利用環境の実情を確認していくことにする(【Nearly one-in-five teens can’t always finish their homework because of the digital divide】)。

続きを読む "米国の子供達のデジタル格差の実情をグラフ化してみる"

5時2分海外, 科学・技術

2018/07/20

温暖化、進んでる? 東京や大阪などの気温動向をグラフ化してみる(最新)

2018-0719昨今ではあまり話題に上らなくなったものの、現在でも進行中であるとされている地球温暖化。地球規模で無くとも「昔と比べて今の夏はもっと暑い」との感覚を覚える人は多いはず。冷房施設内での生活に慣れてきた、ヒートアイランド現象(緑地や水面の減少、アスファルトなどに覆われた地面の増大、人工物からの排熱の増大、風通しの悪化により温度が上昇する現象。【ヒートアイランド現象(気象庁)】)により都市部での気温上昇を体感する機会が増えてきたなど、さまざまな環境的要因があるものの、温度そのものが上昇しているのでは無いかと考えている人も多いはず。そこで今回は気象庁の公開データベースの値を用い、東京や大阪の長年にわたる平均気温を抽出してその動向を確認し、「昔と比べて今は暑くなった」のが錯覚なのか否かを確認していくことにした。

続きを読む "温暖化、進んでる? 東京や大阪などの気温動向をグラフ化してみる(最新)"

5時5分防災・減災・気象, 科学・技術

2017/10/23

ファストフードや保険業、エンジニア…米国でロボットやコンピューターに取って代わられそうな仕事とは?

2017-1014新技術は生産性を押し上げ、人の生活をより快適なものにするのが一般的なイメージだが、実態としてはそれだけでなく、人が今までしていた仕事を奪うことも多々ある。新技術の代表格として認識されているロボットやコンピューターのさらなる普及で、どのような仕事が取って代わられると思われているのだろうか。アメリカ合衆国の実情を、同国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月4日に発表した、技術と人々の暮らしに関わる調査結果【Automation in Everyday Life】を元に確認していく。

続きを読む "ファストフードや保険業、エンジニア…米国でロボットやコンピューターに取って代わられそうな仕事とは?"

5時23分海外, 科学・技術

支持政党別で大きく異なる米国のロボットやコンピューターへの仕事代替に対する姿勢

新技術の代表格であるロボットやコンピューターが人の従事する仕事を取って代わるようになるに連れて、様々な影響が生じ変化が現れるようになる。人々はその影響変化にどのような意見を持っているのか。アメリカ合衆国では支持政党別で大きな意見の違いがあるようだ。その実情を同国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月4日に発表した、技術と人々の暮らしに関わる調査結果【Automation in Everyday Life】を元に確認していく。

続きを読む "支持政党別で大きく異なる米国のロボットやコンピューターへの仕事代替に対する姿勢"

5時21分海外, 科学・技術

2017/10/22

人の仕事がロボットやコンピューターに任せられるようになったら…色々な問題と夢への思い、その米国事情

新技術の開発と普及は、社会の様々な面に大きな影響をもたらすようになる。元々技術は人の行動を(主によい方向に)変えるために開発されたものだから、影響が生じるのは当然ではあるが、直接関係する領域だけでなく、連鎖反応的に多様な方面の変化が生じることもある。昨今の新技術の代表格であるロボットやコンピューターが、今以上に進歩を続け普及が進み、人の仕事の多くをそれらが代替するようになったら、どのような問題が発生すると認識されているのだろうか。アメリカ合衆国の事情を、同国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月4日に発表した、技術と人々の暮らしに関わる調査結果【Automation in Everyday Life】を元に確認していく。

続きを読む "人の仕事がロボットやコンピューターに任せられるようになったら…色々な問題と夢への思い、その米国事情"

5時21分海外, 科学・技術

人の仕事の多くが新技術に取って代わられる、米国におけるその実現度合いへの思い

技術進歩は日々行われ、生活や仕事環境も大きな変化を生じていく。自分が従事していた仕事がある日コンピューターに奪われ、お役御免になるかもしれない。新しい技術は多くの人に恩恵を与えるものの、同時に自分の立ち位置を失う人が生じることになる。現在人がこなしている仕事のどれほどが、ロボットやコンピューターのような新技術に取って代われると考えられているのか、アメリカ合衆国の事情を、同国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月4日に発表した、技術と人々の暮らしに関わる調査結果【Automation in Everyday Life】を元に確認していく。

続きを読む "人の仕事の多くが新技術に取って代わられる、米国におけるその実現度合いへの思い"

5時19分海外, 科学・技術

2017/10/21

米国では若年層の6%は新技術の導入で職を失った経験がある

新しい技術の開発と普及で、人々はより生産性を高め、安全性を確保し、快適な就業環境の中で仕事ができるようになる。しかしそれは同時に、人が手掛けていた部分を機械に任せられることを意味し、そこで働く人の職を奪うことにもなる。新技術の導入で失職や賃金減を経験した人はどれほどいるのだろうか。アメリカ合衆国の事情を、同国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月4日に発表した、技術と人々の暮らしに関わる調査結果【Automation in Everyday Life】を元に確認していく。

続きを読む "米国では若年層の6%は新技術の導入で職を失った経験がある"

5時7分海外, 科学・技術

2017/10/17

新技術は自分の仕事にプラスとなるか否か、米国事情を学歴別に確認する

新技術の開発と普及により、仕事は大きな変化を遂げる。例えば漫画家はペン描きから専用の描き込みソフトでの製作に、事務の計算はそろばんから電卓、そしてパソコンを用いたものへと変わっていく。新技術は仕事にどのような影響を与えていると人々は考えているのか、プラスになると実感しているのか。アメリカ合衆国の事情を学歴別に、同国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月4日に発表した、技術と人々の暮らしに関わる調査結果【Automation in Everyday Life】を元に確認していく。

続きを読む "新技術は自分の仕事にプラスとなるか否か、米国事情を学歴別に確認する"

5時14分海外, 科学・技術

2017/10/16

技術の発展は自分の仕事にどのような影響を与えているのか、米国就業者の思いをグラフ化してみる

技術の発展は人々の生活を大きく変えていく。より快適に、より安全に、より効率的に、より無駄なく、より高速に成果を生み出すために開発された技術や道具は、仕事の様相を一変させることも少なくない。今回はアメリカ合衆国の民間調査会社Pew Research Centerが2017年10月4日に発表した、技術と人々の暮らしに関わる調査結果【Automation in Everyday Life】を元に、同国における就業者の思いを確認していく。

続きを読む "技術の発展は自分の仕事にどのような影響を与えているのか、米国就業者の思いをグラフ化してみる"

5時0分海外, 科学・技術

2014/05/03

常に世界から取り残される自分…ラグを実世界で体験してみる

living with lagオンラインゲームで遊んでいる人なら、あるいはネット上で限定品の通販をした人なら一度ならずとも経験のあるはずの「ラグ」。厳密には「タイムラグ(Time Lag)」と表し、自分自身の行動や環境上の変化・入力に対し、コンピューター上の反応に遅延が生じることを意味する。時報と共に入力したはずなのにデータ上では数秒遅れており、限定品を買いそびれてしまう、ゲーム上で華麗に回避行動をしたはずなのにいつの間にか直撃を受けていた……良くある話であり、今や「よくある事象」ととらえている人も少なくない。その「ラグ」をリアルな世界で実体験してしまう実証実験が行われ、話題を集めている(【トリガー記事:ラグと共に過ごす...もし自分が数秒遅れの実体験の中で生活するとしたら】)。

続きを読む "常に世界から取り残される自分…ラグを実世界で体験してみる"

10時0分科学・技術, 広告手法

2014/05/01

あったらいいな、こんな未来技術・米若年層は移動系がお好み

実際にどのようなものが実現化するかは別として、未来を描く科学技術の体現化を夢見て、出来ればいいな、使ってみたいなと夢想する人は多いはず。映画に登場する未来的品々にあこがれを抱いた経験は、誰もが一度ならずともあるに違いない。今回はアメリカの大手調査機関【Pew Research Center】が2014年4月17日に発表した調査結果から、アメリカの人たちが考えている「これは使ってみたい、欲しいな」と思う未来的技術・アイテムについて見ていくことにする(【発表リリース:U.S. Views of Technology and the Future】)。

続きを読む "あったらいいな、こんな未来技術・米若年層は移動系がお好み"

15時0分海外, 科学・技術

すべて良くなるとは限らない…実現したらマズイかなとアメリカで思われている科学技術たち

科学技術の進歩発展は概して生活の向上を目指してなされるものであり、それが体現化されれば人々の生活はより豊かになる、というのが大義名分。しかし実際には必ずしもその原則が当てはまらない事例も数多く存在する。また、万人にプラスとなるような技術も存在しない。今回はアメリカの大手調査機関【Pew Research Center】が2014年4月17日に発表した調査結果から、どちらかといえば否定的に考えられている「実現化されるかもしれない科学技術」についてチェックを入れることにする(【発表リリース:U.S. Views of Technology and the Future】)。

続きを読む "すべて良くなるとは限らない…実現したらマズイかなとアメリカで思われている科学技術たち"

11時30分海外, 科学・技術

今後50年間で「物質転送技術が可能に」と思う米成人は4割

アメリカの大手調査機関【Pew Research Center】は2014年4月17日、技術革新と人々の生活に関する調査結果を発表した。それによれば同国成人においては、「科学技術の革新は人々の生活をより良いものにしてくれる」と考えている人はほぼ6割居ることが分かった。逆に悪化させると懸念する人は3割に留まっている。また具体的な技術として今後半世紀のうちに物質転送技術の開発に成功すると考えている人は、全体の4割近くに登っている(【発表リリース:U.S. Views of Technology and the Future】)。

続きを読む "今後50年間で「物質転送技術が可能に」と思う米成人は4割"

8時10分海外, 科学・技術

2014/01/03

アメリカ人の3分の1のみがダーウィンの進化論を信じている

米民間調査機関【Pew Research Center】は2013年12月30日付で、同国内における人間の進化についての考え方を調査した報告書【Public’s Views on Human Evolution】を公開した。それによると米成人のうち33%は進化論そのものに否定的で、この世の始まりから人類やその他の生物は今と同じ姿をしていたと考えていることが分かった。60%は進化論を信じているが、いわゆるチャールズ・ダーウィンが提唱する自然環境の変化に伴う淘汰によって進化が生じたとする「自然選択説による進化論」を信じている人は、進化論を信じている人の半数程度でしかなく、残りの大半は「神的な偉大なる存在」が進化を導いたと考えている。

続きを読む "アメリカ人の3分の1のみがダーウィンの進化論を信じている"

10時0分海外, 科学・技術

2013/04/01

「3Dプリンタで一つだけ写真・動画を基に造形できる」さて何を作りたい?

Crayon creaturesMM総研は2013年3月27日、国際大学グローバル・コミュニケーション・センターと共同で行った、3Dプリンティングや3Dプリンタに対する消費者の潜在需要に関する調査の分析結果を発表した。それによると調査対象母集団においては、3Dプリンタの内容を知っている人は1割強でしかなかったが、概要を説明すると興味を覚える人は過半数に達することが分かった。さらに興味がある人に「自分の手持ちの写真やビデオを元に、一つだけ立体造形できるとしたら、何を作りたいか」と聞いたところ、「家族・子供・親友など、大切な人との写真」を挙げた人がもっとも多く、2割を超えていた。単一回答形式で分散した結果が出ており、3Dプリンタに関する需要は多様化しているようだ(【発表リリース:3Dプリンティングの消費者潜在ニーズ調査】)。

続きを読む "「3Dプリンタで一つだけ写真・動画を基に造形できる」さて何を作りたい?"

15時45分時節, 科学・技術

2013/03/29

3Dプリンタに興味がある人5割強、オリジナル品で作りたいものはインテリア・生活雑貨・フィギュア

3Dプリンタ FORM 1: An affordable, professional 3D printerMM総研は2013年3月27日、国際大学グローバル・コミュニケーション・センターと共同で行った3Dプリンティング・プリンタに対する消費者の潜在需要に関する調査・分析結果を発表した。それによると調査対象母集団においては、3Dプリンタの内容を知っている人は1割強に留まったものの、概要を説明した上で興味を覚える人は過半数に達していることが分かった。さらに興味がある人に「オリジナルなモノを作る場合、何を作ってみたいか」と聞いたところ、「インテリアや生活雑貨、食器」を挙げた人がもっとも多く、3割を超えていた。単一回答にも関わらず回答は比較的分散しており、3Dプリンタの多様な需要が予想できる結果となっている(【発表リリース:3Dプリンティングの消費者潜在ニーズ調査】)。

続きを読む "3Dプリンタに興味がある人5割強、オリジナル品で作りたいものはインテリア・生活雑貨・フィギュア"

14時45分時節, 科学・技術



(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN