2014/02/15

ギリシャ、キプロスは沈静化するも、ウクライナの火種は強まる(国債デフォルト確率動向:2014年2月)

国債・公債などの債券の破たんリスク度合いを示す指針の一つである「CDS(Credit default swap)」を基に、逐次算出されている国・地域の国公債のデフォルト確率を表す指標「CPD」。当サイトでは財政・債務の点でリスクが高い国々の動向や経済情勢の目安としてこのCPDを用いるため、毎月定期的(毎月15日)に上位国(=高リスク国)の動向、さらにはそれを手がかりに周辺環境の確認を行っている。今回は本日、2014年2月15日に取得した値をグラフ化し、現状の精査を行う。

続きを読む "ギリシャ、キプロスは沈静化するも、ウクライナの火種は強まる(国債デフォルト確率動向:2014年2月)"

14時0分CPD推移



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー|Twitter|FacebookPage|Mail|RSS