2019/08/08

4マスはすべてがマイナス、インターネットは6.1%のプラス(経産省広告売上推移:2019年7月発表分)(最新)

経産省広告売上推移経済産業省は2019年8月8日、「特定サービス産業動態統計調査」の2019年6月分における速報データ(暫定的に公開される値。後ほど確定報で修正される場合がある)を、同省公式サイトの該当ページで公開した。その内容によれば2019年6月の日本全体の広告業全体における売上高は前年同月比でマイナス1.0%となり、減少傾向にあることが分かった。今件記事シリーズで精査対象の広告種類5部門(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・インターネット広告)では新聞・雑誌・テレビ・ラジオはマイナス、インターネット広告はプラスを示した。下げた部門では雑誌が一番下げ幅は大きく、マイナス15.5%を示している(【発表ページ:経済産業省・特定サービス産業動態統計調査】)。

続きを読む "4マスはすべてがマイナス、インターネットは6.1%のプラス(経産省広告売上推移:2019年7月発表分)(最新)"

13時59分経産省広告業推移, 逐次新値反映記事

2019/07/09

4マスではラジオがプラス、インターネットは4.1%のプラス(経産省広告売上推移:2019年7月発表分)

経済産業省は2019年7月9日、「特定サービス産業動態統計調査」の2019年5月分における速報データ(暫定的に公開される値。後ほど確定報で修正される場合がある)を、同省公式サイトの該当ページで公開した。その内容によれば2019年5月の日本全体の広告業全体における売上高は前年同月比でマイナス2.8%となり、減少傾向にあることが分かった。今件記事シリーズで精査対象の広告種類5部門(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・インターネット広告)では新聞・雑誌・テレビはマイナス、ラジオとインターネット広告はプラスを示した。下げた部門では雑誌が一番下げ幅は大きく、マイナス12.8%を示している(【発表ページ:経済産業省・特定サービス産業動態統計調査】)。

続きを読む "4マスではラジオがプラス、インターネットは4.1%のプラス(経産省広告売上推移:2019年7月発表分)"

14時0分経産省広告業推移

2019/07/01

どちらが優勢か…新聞広告とインターネット広告の「金額」推移をグラフ化してみる(最新)

2019-0628当サイトでは【定期更新記事:経産省広告売上推移(経済産業省・特定サービス産業動態統計調査)】にあるように、経済産業省の特定サービス産業動態統計調査を基にした広告費動向を定期的に追いかけ、グラフを生成し、その内容、つまり従来型4マスメディア(テレビ・新聞・ラジオ・雑誌)の広告とインターネット広告の動向を精査している。その中で、かつて新聞広告とインターネット広告は金額的にほぼ同じ、むしろ新聞広告の方が大きな市場規模を有していたが、昨今ではその立場は逆転し、インターネット広告が優位な状態にある。今回は広告市場の変貌を端的に推し量れるこの立ち位置の変化にスポットライトを当て、移り変わりの流れを確認していくことにする。

続きを読む "どちらが優勢か…新聞広告とインターネット広告の「金額」推移をグラフ化してみる(最新)"

5時18分経産省広告業推移, 逐次新値反映記事

2019/06/10

4マスではテレビがプラス、インターネットは5.1%のプラス(経産省広告売上推移:2019年6月発表分)

経済産業省は2019年6月10日、「特定サービス産業動態統計調査」の2019年4月分における速報データ(暫定的に公開される値。後ほど確定報で修正される場合がある)を、同省公式サイトの該当ページで公開した。その内容によれば2019年4月の日本全体の広告業全体における売上高は前年同月比でプラスマイナスゼロ%となり、横ばいの傾向にあることが分かった。今件記事シリーズで精査対象の広告種類5部門(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・インターネット広告)では新聞・雑誌・ラジオはマイナス、テレビとインターネット広告はプラスを示した。下げた部門では雑誌が一番下げ幅は大きく、マイナス6.0%を示している(【発表ページ:経済産業省・特定サービス産業動態統計調査】)。

続きを読む "4マスではテレビがプラス、インターネットは5.1%のプラス(経産省広告売上推移:2019年6月発表分)"

14時0分経産省広告業推移

2019/05/13

4マスではすべてがマイナス、インターネットは8.3%のプラス(経産省広告売上推移:2019年5月発表分)

経済産業省は2019年5月15日、「特定サービス産業動態統計調査」の2019年3月分における速報データ(暫定的に公開される値。後ほど確定報で修正される場合がある)を、同省公式サイトの該当ページで公開した。その内容によれば2019年3月の日本全体の広告業全体における売上高は前年同月比でマイナス1.1%となり、減少傾向にあることが分かった。今件記事シリーズで精査対象の広告種類5部門(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・インターネット広告)では新聞・雑誌・ラジオ・テレビはマイナス、インターネット広告はプラスを示した。下げた部門では雑誌が一番下げ幅は大きく、マイナス10.9%を示している(【発表ページ:経済産業省・特定サービス産業動態統計調査】)。

続きを読む "4マスではすべてがマイナス、インターネットは8.3%のプラス(経産省広告売上推移:2019年5月発表分)"

13時0分経産省広告業推移, noindex

2019/04/09

4マスではすべてがマイナス、インターネットは8.2%のプラス(経産省広告売上推移:2019年4月発表分)

経済産業省は2019年4月9日、「特定サービス産業動態統計調査」の2019年2月分における速報データ(暫定的に公開される値。後ほど確定報で修正される場合がある)を、同省公式サイトの該当ページで公開した。その内容によれば2019年2月の日本全体の広告業全体における売上高は前年同月比でマイナス1.9%となり、減少傾向にあることが分かった。今件記事シリーズで精査対象の広告種類5部門(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・インターネット広告)では新聞・雑誌・ラジオ・テレビはマイナス、インターネット広告はプラスを示した。下げた部門では雑誌が一番下げ幅は大きく、マイナス9.5%を計上している(【発表ページ:経済産業省・特定サービス産業動態統計調査】)。

続きを読む "4マスではすべてがマイナス、インターネットは8.2%のプラス(経産省広告売上推移:2019年4月発表分)"

14時0分経産省広告業推移, noindex

2019/03/26

どちらが優勢か…新聞広告とインターネット広告の「金額」推移をグラフ化してみる

当サイトでは【定期更新記事:経産省広告売上推移(経済産業省・特定サービス産業動態統計調査)】にあるように、経済産業省の特定サービス産業動態統計調査を基にした広告費動向を定期的に追いかけ、グラフを生成し、その内容、つまり従来型4マスメディア(テレビ・新聞・ラジオ・雑誌)の広告とインターネット広告の動向を精査している。その中で、かつて新聞広告とインターネット広告は金額的にほぼ同じ、むしろ新聞広告の方が大きな市場規模を有していたが、昨今ではその立場は逆転し、インターネット広告が優位な状態にある。今回は広告市場の変貌を端的に推し量れるこの立ち位置の変化にスポットライトを当て、移り変わりの流れを確認していくことにする。

続きを読む "どちらが優勢か…新聞広告とインターネット広告の「金額」推移をグラフ化してみる"

4時0分経産省広告業推移, noindex

2019/03/18

30年あまりにわたる広告費推移をグラフ化してみる(下)…ネット以外動向概況編(特定サービス産業動態統計調査)(最新)

2019-0308経済産業省が2019年2月18日付で公開した、特定サービス産業動態統計調査の年次ベースの時系列表における最新データを基に、日本における広告費の動向を精査している。今回はインターネット「以外」の広告費動向について、中長期的な動きを確認していくことにする(【経産省広告売上推移(経済産業省・特定サービス産業動態統計調査)】)。

続きを読む "30年あまりにわたる広告費推移をグラフ化してみる(下)…ネット以外動向概況編(特定サービス産業動態統計調査)(最新)"

4時53分経産省広告業推移, 逐次新値反映記事

30年あまりにわたる広告費推移をグラフ化してみる(上)…4マス+ネット動向編(特定サービス産業動態統計調査)(最新)

2019-0308経済産業省は2019年2月18日、特定サービス産業動態統計調査の収録データにおいて、年次ベースの時系列表の更新を行った。当サイトでは同データのうち広告費の主要項目について月次ベースのものを逐次【経産省広告売上推移(経済産業省・特定サービス産業動態統計調査)】として分析しているが、今回は年単位における中長期的な動きを確認していくことにする。

続きを読む "30年あまりにわたる広告費推移をグラフ化してみる(上)…4マス+ネット動向編(特定サービス産業動態統計調査)(最新)"

4時51分経産省広告業推移, 逐次新値反映記事

2019/03/12

4マスでは新聞とテレビがプラス、インターネットは1割超のプラス(経産省広告売上推移:2019年3月発表分)

経済産業省は2019年3月12日、「特定サービス産業動態統計調査」の2019年1月分における速報データ(暫定的に公開される値。後ほど確定報で修正される場合がある)を、同省公式サイトの該当ページで公開した。その内容によれば2019年1月の日本全体の広告業全体における売上高は前年同月比でプラス3.9%となり、増加傾向にあることが分かった。今件記事シリーズで精査対象の広告種類5部門(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・インターネット広告)では雑誌・ラジオはマイナス、新聞・テレビ・インターネット広告はプラスを示した。下げた部門では雑誌が一番下げ幅は大きく、マイナス9.4%を計上している(【発表ページ:経済産業省・特定サービス産業動態統計調査】)。

続きを読む "4マスでは新聞とテレビがプラス、インターネットは1割超のプラス(経産省広告売上推移:2019年3月発表分)"

14時0分経産省広告業推移, noindex

2019/02/08

4マスはすべてマイナス、インターネットはプラス継続(経産省広告売上推移:2019年2月発表分)

経済産業省は2019年2月8日、「特定サービス産業動態統計調査」の2018年12月分における速報データ(暫定的に公開される値。後ほど確定報で修正される場合がある)を、同省公式サイトの該当ページで公開した。その内容によれば2018年12月の日本全体の広告業全体における売上高は前年同月比でマイナス2.0%となり、減少傾向にあることが分かった。今件記事シリーズで精査対象の広告種類5部門(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・インターネット広告)では新聞、雑誌、テレビ、ラジオはマイナス、インターネット広告はプラスを示した。下げた部門では新聞が一番下げ幅は大きく、マイナス9.7%を計上している(【発表ページ:経済産業省・特定サービス産業動態統計調査】)。

続きを読む "4マスはすべてマイナス、インターネットはプラス継続(経産省広告売上推移:2019年2月発表分)"

14時0分経産省広告業推移, noindex

2019/01/15

4マスはテレビのみプラス、インターネットはプラス継続(経産省広告売上推移:2019年1月発表分)

経済産業省は2019年1月15日、「特定サービス産業動態統計調査」の2018年11月分における速報データ(暫定的に公開される値。後ほど確定報で修正される場合がある)を、同省公式サイトの該当ページで公開した。その内容によれば2018年11月の日本全体の広告業全体における売上高は前年同月比でプラス0.6%となり、増加傾向にあることが分かった。今件記事シリーズで精査対象の広告種類5部門(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・インターネット広告)では新聞、雑誌、ラジオはマイナス、テレビとインターネット広告はプラスを示した。下げた部門では雑誌が一番下げ幅は大きく、マイナス6.9%を計上している(【発表ページ:経済産業省・特定サービス産業動態統計調査】)。

続きを読む "4マスはテレビのみプラス、インターネットはプラス継続(経産省広告売上推移:2019年1月発表分)"

14時0分経産省広告業推移, noindex

2018/12/29

どちらが優勢か…新聞広告とインターネット広告の「金額」推移をグラフ化してみる

当サイトでは【定期更新記事:経産省広告売上推移(経済産業省・特定サービス産業動態統計調査)】にあるように、経済産業省の特定サービス産業動態統計調査を基にした広告費動向を定期的に追いかけ、グラフを生成し、その内容、つまり従来型4マスメディア(テレビ・新聞・ラジオ・雑誌)の広告とインターネット広告の動向を精査している。その中で、かつて新聞広告とインターネット広告は金額的にほぼ同じ、むしろ新聞広告の方が大きな市場規模を有していたが、昨今ではその立場は逆転し、インターネット広告が優位な状態にある。今回は広告市場の変貌を端的に推し量れるこの立ち位置の変化にスポットライトを当て、移り変わりの流れを確認していくことにする。

続きを読む "どちらが優勢か…新聞広告とインターネット広告の「金額」推移をグラフ化してみる"

11時0分経産省広告業推移, noindex

2018/12/12

4マスはすべてマイナス、インターネットはプラス継続(経産省広告売上推移:2018年12月発表分)

経済産業省は2018年12月11日、「特定サービス産業動態統計調査」の2018年10月分における速報データ(暫定的に公開される値。後ほど確定報で修正される場合がある)を、同省公式サイトの該当ページで公開した。その内容によれば2018年10月の日本全体の広告業全体における売上高は前年同月比でマイナス3.5%となり、減少傾向にあることが分かった。今件記事シリーズで精査対象の広告種類5部門(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・インターネット広告)では新聞、雑誌、テレビ、ラジオはマイナス、インターネット広告はプラスを示した。下げた部門では新聞が一番下げ幅は大きく、マイナス19.6%を計上している(【発表ページ:経済産業省・特定サービス産業動態統計調査】)。

続きを読む "4マスはすべてマイナス、インターネットはプラス継続(経産省広告売上推移:2018年12月発表分)"

10時0分経産省広告業推移

2018/11/13

4マスはすべてマイナス、インターネットはプラス継続(経産省広告売上推移:2018年11月発表分)

経済産業省は2018年11月13日、「特定サービス産業動態統計調査」の2018年9月分における速報データ(暫定的に公開される値。後ほど確定報で修正される場合がある)を、同省公式サイトの該当ページで公開した。その内容によれば2018年9月の日本全体の広告業全体における売上高は前年同月比でマイナス0.3%となり、減少傾向にあることが分かった。今件記事シリーズで精査対象の広告種類5部門(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・インターネット広告)では新聞、雑誌、テレビ、ラジオはマイナス、インターネット広告はプラスを示した。下げた部門では雑誌が一番下げ幅は大きく、マイナス12.0%を計上している(【発表ページ:経済産業省・特定サービス産業動態統計調査】)。

続きを読む "4マスはすべてマイナス、インターネットはプラス継続(経産省広告売上推移:2018年11月発表分)"

14時0分経産省広告業推移, noindex

2018/10/11

4マスはすべてマイナス、インターネットはプラス継続(経産省広告売上推移:2018年10月発表分)

経済産業省は2018年10月11日、「特定サービス産業動態統計調査」の2018年8月分における速報データ(暫定的に公開される値。後ほど確定報で修正される場合がある)を、同省公式サイトの該当ページで公開した。その内容によれば2018年8月の日本全体の広告業全体における売上高は前年同月比でマイナス2.6%となり、減少傾向にあることが分かった。今件記事シリーズで精査対象の広告種類5部門(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・インターネット広告)では新聞、雑誌、テレビ、ラジオはマイナス、インターネット広告はプラスを示した。下げた部門では雑誌が一番下げ幅は大きく、マイナス15.3%を計上している(【発表ページ:経済産業省・特定サービス産業動態統計調査】)。

続きを読む "4マスはすべてマイナス、インターネットはプラス継続(経産省広告売上推移:2018年10月発表分)"

14時0分経産省広告業推移, noindex

2018/09/23

どちらが優勢か…新聞広告とインターネット広告の「金額」推移をグラフ化してみる

当サイトでは【定期更新記事:経産省広告売上推移(経済産業省・特定サービス産業動態統計調査)】にあるように、経済産業省の特定サービス産業動態統計調査を基にした広告費動向を定期的に追いかけ、グラフを生成し、その内容、つまり従来型4マスメディア(テレビ・新聞・ラジオ・雑誌)の広告とインターネット広告の動向を精査している。その中で、かつて新聞広告とインターネット広告は金額的にほぼ同じ、むしろ新聞広告の方が大きな市場規模を有していたが、昨今ではその立場は逆転し、インターネット広告が優位な状態にある。今回は広告市場の変貌を端的に推し量れるこの立ち位置の変化にスポットライトを当て、移り変わりの流れを確認していくことにする。

続きを読む "どちらが優勢か…新聞広告とインターネット広告の「金額」推移をグラフ化してみる"

4時0分経産省広告業推移, noindex

2018/09/10

4マスはすべてマイナス、インターネットはプラス継続(経産省広告売上推移:2018年9月発表分)

経済産業省は2018年9月10日、「特定サービス産業動態統計調査」の2018年7月分における速報データ(暫定的に公開される値。後ほど確定報で修正される場合がある)を、同省公式サイトの該当ページで公開した。その内容によれば2018年7月の日本全体の広告業全体における売上高は前年同月比でプラス2.6%となり、増加傾向にあることが分かった。今件記事シリーズで精査対象の広告種類5部門(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・インターネット広告)では新聞、雑誌、テレビ、ラジオはマイナス、インターネット広告はプラスを示した。下げた部門では雑誌が一番下げ幅は大きく、マイナス8.9%を計上している(【発表ページ:経済産業省・特定サービス産業動態統計調査】)。

続きを読む "4マスはすべてマイナス、インターネットはプラス継続(経産省広告売上推移:2018年9月発表分)"

14時0分経産省広告業推移

2018/08/08

4マスはテレビがプラス、インターネットは堅調続く(経産省広告売上推移:2018年8月発表分)

経済産業省は2018年8月8日、「特定サービス産業動態統計調査」の2018年6月分における速報データ(暫定的に公開される値。後ほど確定報で修正される場合がある)を、同省公式サイトの該当ページで公開した。その内容によれば2018年6月の日本全体の広告業全体における売上高は前年同月比でプラス0.3%となり、増加傾向にあることが分かった。今件記事シリーズで精査対象の広告種類5部門(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・インターネット広告)では新聞、雑誌、ラジオはマイナス、テレビとインターネット広告はプラスを示した。下げた部門では雑誌が一番下げ幅は大きく、マイナス10.1%を計上している(【発表ページ:経済産業省・特定サービス産業動態統計調査】)。

続きを読む "4マスはテレビがプラス、インターネットは堅調続く(経産省広告売上推移:2018年8月発表分)"

14時0分経産省広告業推移, noindex

2018/07/11

4マスはすべてがマイナス、インターネットは堅調続く(経産省広告売上推移:2018年7月発表分)

経済産業省は2018年7月10日、「特定サービス産業動態統計調査」の2018年5月分における速報データ(暫定的に公開される値。後ほど確定報で修正される場合がある)を、同省公式サイトの該当ページで公開した。その内容によれば2018年5月の日本全体の広告業全体における売上高は前年同月比でマイナス1.4%となり、減少傾向にあることが分かった。今件記事シリーズで精査対象の広告種類5部門(新聞・雑誌・ラジオ・テレビ・インターネット広告)では新聞、雑誌、テレビ、ラジオはマイナス、インターネット広告はプラスを示した。下げた部門ではラジオが一番下げ幅は大きく、マイナス9.1%を計上している(【発表ページ:経済産業省・特定サービス産業動態統計調査】)。

続きを読む "4マスはすべてがマイナス、インターネットは堅調続く(経産省広告売上推移:2018年7月発表分)"

4時0分経産省広告業推移, noindex



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN