2019/07/08

海外情勢や消費税率引き上げへの不安…2019年6月景気ウォッチャー調査は現状下落・先行き上昇

2019-0708内閣府は2019年7月8日付で2019年6月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは前回月比で下落し44.0を示し、基準値の50.0を下回る状態は継続。先行き判断DIは前回月比で上昇して45.8となったが、基準値の50.0を下回る状態は維持されている。結果として、現状下落・先行き上昇の傾向となり、基調判断は「このところ回復に弱さがみられる。先行きについては、海外情勢等に対する懸念がみられる」と示された(3か月連続同じ)。2019年2月分までは「緩やかな回復基調が続いている」で始まる文言だったことから、景況感のネガティブさが4か月連続する形となっている。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【平成31年6月調査(令和元年7月8日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "海外情勢や消費税率引き上げへの不安…2019年6月景気ウォッチャー調査は現状下落・先行き上昇"

15時32分景気ウォッチャー, 逐次新値反映記事

2019/06/10

10連休の影響と、海外情勢や消費税率引き上げへの不安強まる…2019年5月景気ウォッチャー調査は現状下落・先行き下落

内閣府は2019年6月10日付で2019年5月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは前回月比で下落し44.1を示し、基準値の50.0を下回る状態は継続。先行き判断DIは前回月比で下落して45.6となり、基準値の50.0を下回る状態は維持されている。結果として、現状下落・先行き下落の傾向となり、基調判断は「このところ回復に弱さがみられる。先行きについては、海外情勢等に対する懸念がみられる」と示された(前回月と同じ)。2019年2月分までは「緩やかな回復基調が続いている」で始まる文言だったことから、景況感のネガティブさが3か月連続する形となっている。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【平成31年5月調査(令和元年6月10日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "10連休の影響と、海外情勢や消費税率引き上げへの不安強まる…2019年5月景気ウォッチャー調査は現状下落・先行き下落"

16時0分景気ウォッチャー, noindex

2019/05/14

海外情勢への懸念や消費税率引き上げへの不安強まる…2019年4月景気ウォッチャー調査は上昇・先行き下落

内閣府は2019年5月14日付で2019年4月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは前回月比で上昇し45.3を示し、基準値の50.0を下回る状態は継続。先行き判断DIは前回月比で下落して48.4となり、基準値の50.0を下回る状態は維持されている。結果として、現状上昇・先行き下落の傾向となり、基調判断は「このところ回復に弱さがみられる。先行きについては、海外情勢等に対する懸念がみられる」と示された。2019年2月分までは「緩やかな回復基調が続いている」で始まる文言だったことから、景況感のネガティブさが前回月に続き2か月連続する形となっている。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【平成31年4月調査(平成31年5月14日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "海外情勢への懸念や消費税率引き上げへの不安強まる…2019年4月景気ウォッチャー調査は上昇・先行き下落"

15時0分景気ウォッチャー, noindex

2019/04/08

大型連休や改元への期待の一方で海外情勢への懸念や消費税率引き上げへの不安…2019年3月景気ウォッチャー調査は下落・先行き下落

内閣府は2019年4月8日付で2019年3月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは前回月比で下落し44.8を計上し、基準値の50.0を下回る状態は継続。先行き判断DIは前回月比で下落して48.6となり、基準値の50.0を下回る状態は維持されている。結果として、現状下落・先行き下落の傾向となり、基調判断は「このところ回復に弱さがみられる。先行きについては、海外情勢などに対する懸念もある一方、改元や大型連休などへの期待がみられる」と示された。前回月までは「緩やかな回復基調が続いている」で始まる文言だったことから、景況感がネガティブさを見せる形となっている。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【平成31年3月調査(平成31年4月8日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "大型連休や改元への期待の一方で海外情勢への懸念や消費税率引き上げへの不安…2019年3月景気ウォッチャー調査は下落・先行き下落"

16時0分景気ウォッチャー, noindex

2019/03/08

10連休へ向けた期待と消費税率引き上げへの不安と…2019年2月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き下落

内閣府は2019年3月8日付で2019年2月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは前回月比で上昇し47.5を計上したが、基準値の50.0を下回る状態は継続。先行き判断DIは前回月比で下落して48.9となり、基準値の50.0を下回る状態となっている。結果として、現状上昇・先行き下落の傾向となり、基調判断は「緩やかな回復基調が続いている。先行きについては、海外情勢等に対する懸念もある一方、改元や大型連休等への期待がみられる」と示された。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【平成31年2月調査(平成31年3月8日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "10連休へ向けた期待と消費税率引き上げへの不安と…2019年2月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き下落"

15時0分景気ウォッチャー, noindex

2019/02/08

中国の電子商取引法の施行が影響を及ぼす…2019年1月景気ウォッチャー調査は現状下落・先行き上昇

内閣府は2019年2月8日付で2019年1月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは前回月比で下落し45.6を計上、基準値の50.0を下回ることとなった。先行き判断DIは前回月比で上昇して49.4となったが、基準値の50.0を下回る状態は継続する形となった。結果として、現状下落・先行き上昇の傾向となり、基調判断は「緩やかな回復基調が続いているものの、一服感がみられる。先行きについては、海外情勢等に対する懸念もある一方、改元や大型連休などへの期待がみられる。」と示された。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【平成31年1月調査(平成31年2月8日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "中国の電子商取引法の施行が影響を及ぼす…2019年1月景気ウォッチャー調査は現状下落・先行き上昇"

15時0分景気ウォッチャー, noindex

2019/01/11

国際情勢の不透明感と株価の下落は景況感の重しにつながる…2018年12月景気ウォッチャー調査は現状下落・先行き下落

内閣府は2019年1月11日付で2018年12月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは前回月比で下落し48.0を計上、基準値の50.0を下回ることとなった。先行き判断DIは前回月比で下落して48.5となり、基準値の50.0を下回る形となった。結果として、現状下落・先行き下落の傾向となり、基調判断は「緩やかな回復基調が続いているものの、一服感がみられる。先行きについては、海外情勢や金融資本市場の動向等に対する懸念がみられる」と示された。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【平成30年12月調査(平成31年1月11日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "国際情勢の不透明感と株価の下落は景況感の重しにつながる…2018年12月景気ウォッチャー調査は現状下落・先行き下落"

15時0分景気ウォッチャー, noindex

2018/12/10

コスト高や米中貿易摩擦への懸念継続するも年末年始へのイベント期待高まる…2018年11月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き上昇

内閣府は2018年12月10日付で2018年11月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは前回月比で上昇し51.0を計上、基準値の50.0を上回ることとなった。先行き判断DIは前回月比で上昇して52.2となり、基準値の50.0を超える状態は維持する形となった。結果として、現状上昇・先行き上昇の傾向となり、基調判断は「緩やかに回復している。先行きについては、コストの上昇、通商問題の動向等に対する懸念もある一方、年末年始のイベントなどへの期待がみられる」と示された。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【平成30年11月調査(平成30年12月10日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "コスト高や米中貿易摩擦への懸念継続するも年末年始へのイベント期待高まる…2018年11月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き上昇"

15時0分景気ウォッチャー, noindex

2018/11/08

米中貿易摩擦への懸念…2018年10月景気ウォッチャー調査は上昇・先行き下落

内閣府は2018年11月8日付で2018年10月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは前回月比で上昇し49.5を計上、基準値の50.0は割り込む状態が継続。先行き判断DIは前回月比で下落して50.6となったが、基準値の50.0超は維持する形となった。結果として、現状上昇・先行き下落の傾向となり、基調判断は「緩やかな回復基調が続いている。先行きについては、コストの上昇、通商問題の動向等に対する懸念もある一方、年末商戦等への期待がみられる。」と示された。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【平成30年10月調査(平成30年11月8日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "米中貿易摩擦への懸念…2018年10月景気ウォッチャー調査は上昇・先行き下落"

15時0分景気ウォッチャー, noindex

2018/10/09

災害で軟調…2018年9月景気ウォッチャー調査は下落・先行き下落

内閣府は2018年10月9日付で2018年9月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは前回月比で下落し48.6を計上、基準値の50.0は割り込む状態が継続。先行き判断DIは前回月比で下落して51.3となったが、基準値の50.0超は維持する形となった。結果として、現状下落・先行き下落の傾向となり、基調判断は「緩やかな回復基調が続いている。先行きについては、コストの上昇、通商問題の動向などに対する懸念もある一方、災害からの復旧などへの期待がみられる」と示された。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【平成30年9月調査(平成30年10月9日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "災害で軟調…2018年9月景気ウォッチャー調査は下落・先行き下落"

15時0分景気ウォッチャー, noindex

2018/09/10

嵐の前の静けさ…2018年8月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き上昇

内閣府は2018年9月10日付で2018年8月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは前回月比で上昇し48.7を計上、基準値の50.0は割り込む状態が継続。先行き判断DIは前回月比で上昇して51.4となり、基準値の50.0を超える形となった。結果として、現状上昇・先行き上昇の傾向となり、基調判断は「緩やかな回復基調が続いている。先行きについては、人手不足、コストの上昇などに対する懸念もある一方、秋物商戦や受注増等への期待がみられる」と示された。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【平成30年8月調査(平成30年9月10日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "嵐の前の静けさ…2018年8月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き上昇"

15時0分景気ウォッチャー, noindex

2018/08/04

豪雨の影響大きく…2018年7月景気ウォッチャー調査は現状下落・先行き下落

内閣府は2018年8月8日付で2018年7月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは前回月比で下落し46.6を計上、基準値の50.0は割り込む状態が継続。先行き判断DIは前回月比で下落して49.0となり、基準値の50.0を割り込む形となった。結果として、現状下落・先行き下落の傾向となり、基調判断は「緩やかな回復基調が続いているものの、平成30年7月豪雨によるマインド面の下押しもあり、引き続き一服感がみられる。先行きについては、人手不足、コストの上昇、平成30年7月豪雨の影響等に対する懸念もある一方、引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」」と示された。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【平成30年7月調査(平成30年8月8日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "豪雨の影響大きく…2018年7月景気ウォッチャー調査は現状下落・先行き下落"

15時0分景気ウォッチャー, noindex

2018/07/10

ワールドカップの影響があちこちで。燃料費の高騰や人手不足も…2018年6月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き上昇

内閣府は2018年7月9日付で2018年6月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは前回月比で上昇し48.1を計上、基準値の50.0は割り込む状態が継続。先行き判断DIは前回月比で上昇して50.0となり、基準値の50.0と同じ値に。結果として、現状上昇・先行き上昇の傾向となり、基調判断は「緩やかな回復基調が続いているものの、一服感がみられる。先行きについては、人手不足、コストの上昇等に対する懸念もある一方、引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」」と示された。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【平成30年6月調査(平成30年7月9日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "ワールドカップの影響があちこちで。燃料費の高騰や人手不足も…2018年6月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き上昇"

9時0分景気ウォッチャー, noindex

2018/06/08

連休中の一部地域の悪天候が足を引っ張る、人手不足は影響さまざま…2018年5月景気ウォッチャー調査は現状下落・先行き下落

内閣府は2018年6月8日付で2018年5月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは先回月比で下落し47.1を計上、基準値の50.0は割り込む状態が継続。先行き判断DIは先回月比で下落して49.2となり、基準値の50を割り込み形に。結果として、現状下落・先行き下落の傾向となり、基調判断は「緩やかな回復基調が続いているものの、一服感がみられる。先行きについては、人手不足、コストの上昇等に対する懸念もある一方、引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」と示された。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【平成30年5月調査(平成30年6月8日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "連休中の一部地域の悪天候が足を引っ張る、人手不足は影響さまざま…2018年5月景気ウォッチャー調査は現状下落・先行き下落"

15時0分景気ウォッチャー, noindex

2018/05/10

年度替わりの値上げが痛手、人手不足も相変わらずだが…2018年4月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き上昇

内閣府は2018年5月10日付で2018年4月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは先回月比で上昇し49.0を計上したが、基準値の50.0は割り込む形となった。先行き判断DIは先回月比で上昇して50.1となり、基準値の50を超える形に。結果として、現状上昇・先行き上昇の傾向となり、基調判断は「緩やかな回復基調が続いている。先行きについては、人手不足、コストの上昇等に対する懸念もある一方、引き続き受注、設備投資などへの期待がみられる」と示された。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【平成30年4月調査(平成30年5月10日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "年度替わりの値上げが痛手、人手不足も相変わらずだが…2018年4月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き上昇"

15時0分景気ウォッチャー, noindex

2018/04/09

米国の保護主義的政策への不安強まる。人手不足やコスト上昇への懸念継続…2018年3月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き下落

内閣府は2018年4月9日付で2018年3月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは先回月比で上昇し48.9を計上し、基準値の50.0を割り込む形となった。先行き判断DIは先回月比で下落して49.6となり、基準値の50を割り込む形に。結果として、現状上昇・先行き下落の傾向となり、基調判断は「緩やかな回復基調が続いている。先行きについては、人手不足、コストの上昇、海外情勢等に対する懸念もある一方、引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」と示された。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【平成30年2月調査(平成30年4月9日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "米国の保護主義的政策への不安強まる。人手不足やコスト上昇への懸念継続…2018年3月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き下落"

16時0分景気ウォッチャー, noindex

2018/03/08

天候要因がマイナス影響。人手不足やコスト上昇への懸念継続…2018年2月景気ウォッチャー調査は現状下落・先行き下落

内閣府は2018年3月8日付で2018年2月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは先回月比で下落し48.6を計上し、基準値の50.0を割り込む形となった。先行き判断DIは先回月比で下落して51.4となったが、基準値の50超えは維持される形に。結果として、現状下落・先行き下落の傾向となり、基調判断は「天候要因等により一服感がみられるものの、緩やかな回復基調が続いている。先行きについては、人手不足やコストの上昇に対する懸念もある一方、引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」と示された。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【平成30年1月調査(平成30年3月8日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "天候要因がマイナス影響。人手不足やコスト上昇への懸念継続…2018年2月景気ウォッチャー調査は現状下落・先行き下落"

15時0分景気ウォッチャー, noindex

2018/02/09

天候要因が影響してか現状下落、先行き下落。人手不足やコスト上昇への懸念継続…2018年1月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き上昇

内閣府は2018年2月8日付で2018年1月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは先回月比で下落し49.9を計上し、基準値の50.0を割り込む形となった。先行き判断DIは先回月比で下落して52.4となったが、基準値の50超えは維持される形に。結果として、現状下落・先行き下落の傾向となり、基調判断は「天候要因等により一服感がみられるものの、緩やかな回復基調が続いている。先行きについては、人手不足やコストの上昇に対する懸念もある一方、引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」と示された。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【平成30年1月調査(平成30年2月8日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "天候要因が影響してか現状下落、先行き下落。人手不足やコスト上昇への懸念継続…2018年1月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き上昇"

5時0分景気ウォッチャー, noindex

2018/01/12

現状下落、先行き下落。人手不足やコスト上昇への懸念継続…2017年12月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き上昇

内閣府は2018年1月12日付で2017年12月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは先月比で下落し53.9を計上したが、基準値の50.0を超える状態は維持。先行き判断DIは先月比で下落して52.7となったが、基準値の50超えは維持される形となった。結果として、現状下落・先行き下落の傾向となり、基調判断は「緩やかに回復している。先行きについては、人手不足やコストの上昇に対する懸念もある一方、引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」と示された。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに併せて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も併せ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【平成29年12月調査(平成30年1月12日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "現状下落、先行き下落。人手不足やコスト上昇への懸念継続…2017年12月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き上昇"

15時0分景気ウォッチャー, noindex

2017/12/08

現状上昇、先行き下落。人手不足やコスト上昇への懸念継続…2017年11月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き下落

内閣府は2017年12月8日付で2017年11月時点となる景気動向の調査「景気ウォッチャー調査」の結果を発表した。その内容によれば現状判断DIは先月比で上昇し55.1を計上し、基準値の50.0を超える状態は維持。先行き判断DIは先月比で下落して53.8となったが、基準値の50超えは維持される形となった。結果として、現状上昇・先行き下落の傾向となり、基調判断は「緩やかに回復している。先行きについては、人手不足やコストの上昇に対する懸念もある一方、引き続き受注、設備投資等への期待がみられる」と示された。なお2016年10月分からは季節調整値による動向精査が発表内容のメインとなり、それに合わせて過去の一定期間までさかのぼる形で季節調整値も合わせ掲載されている。今回取り上げる各DIは原則として季節調整値である(【平成29年11月調査(平成29年12月8日公表):景気ウォッチャー調査】)。

続きを読む "現状上昇、先行き下落。人手不足やコスト上昇への懸念継続…2017年11月景気ウォッチャー調査は現状上昇・先行き下落"

14時0分景気ウォッチャー, noindex



(C)2005-2019 ガベージニュース/JGNN