【更新】誰もが自動車保険の加入を考えさせられる広告

2009/08/19 06:42

誰もが自動車保険の加入を考えさせられる広告イメージ当方(不破)は自動車免許を取得しているものの、いわゆる「ペーパードライバー」でほとんど運転したことは無い。当然関連する保険には入っていないが、そんな立場でも「万が一のことを考えたら、自動車保険って大切だよな」と思わずにはいられない広告を[COLORIBUS]で見かけることができた。高速道路のパーキングエリアによく展示されている、事故車の写真などのような直接的なイメージではない。しかし「はっ」とさせられる、非常に出来の良いもの。ここに紹介してみることにする。

スポンサードリンク


「こんなことは絶対に起こりません」
「こんなことは絶対に起こりません」

一瞬「なんだこりゃ?」と頭に疑問符が浮かぶカット。左側の車道から右側の歩道に向けて、自動車がハンドルを切りそこなった時のブレーキ痕(こん)が映っている。しかし良く見直すと、そのブレーキ痕は歩道脇の樹木をまたいでつけられている。画面奥手に跡が続いているということは、この自動車は衝突せずに無事に後部に抜けて行った……ということだ。スパイものの自動車のように、真ん中からぱかっと割れて樹木をうまく避けたのだろうか。そうでもなければ、こんなことはありえない。

漫画のスキーシーンや追いかけっこのドタバタシーンでもありがちな情景だが、画面右下にあるように、「こんなことは絶対に起こらない(LIKE IT NEVER HAPPENED)」。だからこそ、Wagstaffe社の自動車保険に入りましょう、というメッセージが強いインパクトを見ている人に植え付けることになる。「ちょっとした気づき」「疑問を起こさせるビジュアルで注視」「さりげなく添えられた文章で驚きと、伝えたいことの確認を与える」という三段階で見ているものの注目を集める。

アニメの1シーンのような情景も、キャッチコピー一つで深いメッセージを伝えるものとなる。
アニメの1シーンのような情景も、キャッチコピー一つで深いメッセージを伝えるものとなる。

これはカナダで昨年8月に展開されたもので、他にもコンクリートブロック製の建物・街灯などのパターンが確認されている。大人はもちろん、子供でも「あ……」と思わせる、非常にうまい、色々と「考えさせられる」広告といえよう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー