まるで空を飛んでいるような、世界最強のテニスコート

2009/08/16 09:40

バージュ・アル・アラブ・ホテルのテニスコートイメージ長方形のコートの中で高速のボールを相手エリアに打ち合う、スピーディーなラリーが見ていて楽しいテニス競技。他のボール競技と比べると比較的使用面積が狭いので、テニスコートそのものを見かける機会は多く、それだけにごく普通のコートは日常生活に溶け込んでいる、ともいえる。テニスをする人にはどこのコートでプレイしても、さほど気にはならないし、記憶にも残らないだろう。しかしこんな場所でテニスをしたら、誰もが一生の思い出に残るに違いない、世界最強のテニスコートが【Toxel.com】で紹介されていた。例の石油バブル時代に膨大な外貨を稼いで観光資源の創生に力を入れたドバイに作られた、数々の高層建築物の一つ、「(バージュ・アル・アラブ・ホテル)Burj Al Arab hotel」のテニスコートだ。

スポンサードリンク



大きな地図で見る
バージュ・アル・アラブ・ホテルの全景


テニスコートの様子を伝える動画。……絶景かな、絶景かな。
テニスコートの様子を伝える動画。……絶景かな、絶景かな。

「バージュ・アル・アラブ・ホテル」はリンゴの切れ端のような、ヨットの帆のような形をした全室スイートの超高級ホテル。人工島の上に建てられており、ドバイ国際空港からは40キロほどの距離にある。高さは321メートルで商用ホテルとしては世界最高峰。フランスのエッフェル塔より高く、エンパイアステートビルより60メートル低い程度。チェックインを「直接各部屋で行う」(レセプションが無い)など、王侯貴族のようなひと時を過ごすことができる。

さて問題のテニスコートは、動画にもあるように同ホテルの最上部近くに張り出すように設置されている。一見するとレーダーかソーラーパネル、フライパン、あるいは古代の投射機にも見えるが、これはれっきとしたテニスコート。コートそのものの高さは地上211メートルの位置にある。


「バージュ・アル・アラブ・ホテル」ご自慢のテニスコート
「バージュ・アル・アラブ・ホテル」ご自慢のテニスコート

一応外周部には落下防止用の金網が用意してあるようだが、その金網自身の(コートに対する)高さもあまり高いものではなく、その場にいる本人らには「宙に浮いたテニスコート」に思えるに違いない。まるで世界の七不思議の一つ、「バビロンの空中庭園」のようですらある。

一応金網で落下防止の手は打ってある。が……やはり怖い。
一応金網で落下防止の手は打ってある。が……やはり怖い。

「居心地は最強かもしれないけど、テニスそのものはしにくくない?」という心配もある。実際動画でも強風にあおられてボールがうまく打てなかったり、挙句の果てに外の見晴らしの方が気になり、コートの外に向けてボールを打ち出すというイタズラをする始末。もちろん本来はこんなことをしてはいけないので、念のため。

「豪華の限りを尽くした」「世界最強」という表現にマッチするテニスコートであり、テニス好きなら一度は足を踏み入れたい場所ともいえる。しかし元記事のコメントに目を通す限り(「何これおバカで危険だぞ」「バカげてる」「落ちるのが怖いな」)、「傍から見る分には良いが、自分が足を運ぶのは勘弁こうむりたい」という意見も多いようだ。……実際当方も高所恐怖症なため、ご遠慮願いたいところではある(笑)。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー