ダイエット情報、どこで入手する!? ネットユーザーでもトップは…

2009/08/10 08:00

ダイエット情報収集イメージマイボイスコムは2009年7月21日、ダイエットに関する調査結果を発表した。それによると、ダイエットに関する情報の情報源としてもっとも多用されているのは「健康特集のTV番組」であることがわかった。5人に2人強の人がそのように答えている。その他雑誌や他のテレビ番組、家族や友人など口コミ・既存メディアからの情報入手に傾注する人が多く、インターネット経由の情報はあまり参考にしていないようにも見える(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2009年7月1日から5日にかけてインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1万4943人。男女比は46対54、年齢階層比は30代35%・40代30%・50歳以上19%など。

ダイエットに関する情報は今やちまたに満ちあふれている。それでは逆に、ダイエットに興味関心のある人は、どのような媒体からダイエット関連情報を入手する機会が多いのだろうか。情報を提供する側ではなく受信する側に尋ねたところ、もっとも多い回答は「健康特集TV番組」で44.3%にも達していた。

ダイエットに関する情報を得るのはどういったところからか(複数回答)
ダイエットに関する情報を得るのはどういったところからか(複数回答)

元々調査母体の23.7%が自分の体型を気にしていない、34.9%は過去にダイエットをしたことがないと回答しており、3割近くが「特に情報を得ていない」としても何ら不思議はない。興味のないこと、必要のないことをわざわざ情報収集する人もめったにいないからだ。

ダイエットについては
ネット情報よりも口コミや
雑誌の情報の方が
分かりやすく信頼できる!?
それらの人を除いた、情報収集をしている人の中では「健康特集TV番組」がダントツのトップ。【「バナナダイエット」が市場に与えた影響をグラフ化してみる】でも触れたが、テレビにおけるダイエット関連番組が市場に与える影響は無視できないものがあり、それが改めて裏付けされた形だ。誰もが知っている、あるいは身近にいるように見える芸能人・キャスターたちが口をそろえてその効果を絶賛すれば、ついつい自分も試してみたくなるというものである。

興味深いのは今調査がインターネット経由で行われているにも関わらず、ネット系の項目よりも既存媒体(物理的媒体)や直接他人からの口コミに情報源を求める人が多いということ。少なくとも情報量についてはインターネットを介した方が多いはずだが、口コミや紙媒体の方が的が絞りやすく、(ダイエットに関しては)信頼性がおける、ととうことなのだろうか。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー