【更新】他の家との違いをアピールできる、素適でホレちゃう玄関マットたち

2009/08/07 05:20

インベーダーなマットイメージアパートやマンションなどの共同住宅ならともかく、一戸建ての家なら大抵見かける「ドアマット」「玄関マット」。外歩きで泥などがついた靴の汚れを取り払い、玄関・室内に持ち運ばないようにするための工夫なのだが、「普通のマットじゃ他の家と同じでつまんない!」とばかりに、アメリカのアマゾンでは実に創造的で来訪者を楽しませてくれる、センスあふれるマットたちが販売されている。今回は【ODDEE.com】で紹介されていた、そんなイカすマットの中からいくつかをピックアップしてみることにしよう。

スポンサードリンク


「うふ、良い下着してますね」
「うふ、良い下着してますね」

直訳すると「良い下着してますね-」。要は玄関マットの視点で、来訪する女性のスカートを下から見ている、というマット側の主張をそのままメッセージにしたもの。ちょっとしたジョークで来訪者をニヤリとさせてくれる。『米アマゾン(Wow! Nice Underwear ... Humorous Durable Doormat)』で16.95ドル(1700円)。

マンホールな玄関マット
マンホールな玄関マット

一目で分かる、マンホールの形をしている玄関マット。写真にあるように、コンクリートむき出しの玄関に置くと臨場感満点。『米アマゾン』で24.38ドル(約2400円)。写真はニューヨーク市の下水道マンホールを模したものだが、他にもイギリスのロンドン、フランスのパリバージョンなどが販売されている。

「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」なマット
「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」なマット

一見普通の「よく来たね(Come in)」メッセージ付きなマットなのだが、家の中から外に出る人が読むと「Go Away(早く出てけ)」と読める、逆さ文字になっている玄関マット。銀行のATMコーナーなどに設けられている自動音声の挨拶「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」のようなものだが、置く方向さえ間違えなければすべての来訪客に「よく来たね」、全離宅客に「早く居ね」とのメッセージを告げられる。少々乱暴な言葉遣いだが、巧みに配された逆さ文字に「ああ、なるほど」と驚かされるに違いない。『米アマゾン』で24.95ドル(約2500円)。


インベーダーな玄関マット
インベーダーな玄関マット

最後は今や懐かしの、インベーダーな玄関マット。誰かが上に乗るとセンサーが反応し、インベーダーのLEDがアニメーションをしながら来訪客を歓待してくれる。電池が必要なはずなのだが…[米アマゾン]ではその表記は無し(別所で単4電池4本と確認)。価格は39.95ドル(約4000円)。



「最後の一歩!(FINISHI)」な玄関マットイメージ元記事では他にも、「パラシュート降下イベントの『目標地点』な玄関マット」「最後の一歩!(FINISH)」な玄関マットなどが紹介されている。また、アマゾンのリンク先から類似商品をたどると、国際連合のマークや地図上の経緯を示したものなど、実にアイディアに満ちあふれた玄関マットたちが存在していることが分かる。

普段は言葉通り「足蹴(あしげ)」にし、気にも留めない玄関マット。しかしこれらクリエイティブなものたちを目の前にすれば、きっと足を止め、ちょっとした楽しさと世帯主のセンスを感じながら、ドアをノックすることができるだろう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー