なぜか気になる、ちょっとおかしな壁かけたち

2009/08/04 04:40

ちょっとおかしな壁かけイメージ廊下や寝室、玄関口などにさり気なく配してある壁掛け。通常は単なるフックやドアのノブのような形をしていて、傘やコート、帽子などをひっかけ、言葉通り「壁にかける」のに役立つものだが、その形状をじっくりと見定めている人はさほど多くあるまい。【ODDEE.com】ではそのような、日常生活に溶け込みがちな壁かけたちに魂を吹き込み、使う人にインパクトと笑いを提供するような品々を紹介している。今回はそれらの壁かけから、当サイトでも紹介できそうなものをいくつかピックアップしてみることにしよう。

スポンサードリンク


Kikkerland Back-Up Man Wall Hookなど3種類
Kikkerland Back-Up Man Wall Hookなど3種類

まず最初は、ストレッチをしている人たちを形どった壁かけ。一応『アメリカのアマゾン(Kikkerland Back-Up Man Wall Hook)』で購入可能。価格は20ドル(2000円)強。ストレッチというよりは、水泳の飛び込み競技の最中の人のように見えてならない。

「なんかください」「こっち来て」的な手首のフック
「なんかください」「こっち来て」的な手首のフック

きわめてリアルな手首の形をしたフック。価格は75ドル(7500円)。リアルなのもそのはずで、デザイナーのAllen氏の手首を元に形どったものだという(【販売元】)。色々な意味で気になる、というよりはびっくりさせられそうな感じ。蛍光インクで色を塗ろうものなら、夜中にぼんやりと手首が浮かび上がって…(笑)。

Giant Pushpin。どでかい壁ピンフック
Giant Pushpin。どでかい壁ピンフック

比較的まとも、というより有用に見えるのがこの壁ピンフック。壁やコルクボード向けによく使われる壁ピンをそのまま巨大化したもの。【大きい事は良い事だ! 誰もが驚く巨大オブジェクトたち】ほどの巨大化ではないが、普段使用しているアイテムを大きくすると、また別の効用が見えてくる好例。黒、赤、白の3色が用意されていて、価格は【販売元】によると1つ7.95ドル(800円)。

ゲームのスティックな壁フック
ゲームのスティックな壁フック

最後は「なるほど」と思わせる、ゲーム好きな人にもお勧めの「ゲームスティックフック」。要はビデオゲーム・アーケードゲームのゲームスティックを、そのまま壁フックにしたもの。【元記事はこちら】。右端に発射(?)ボタンがさり気なく配してあるのがニクい演出。アーケードゲーム系の備品を販売している店なら、このスティック部分のみを別売りしているはずだから、それを木材に埋め込めば、誰でも自作はできるはず。



壁に突っ込むワンちゃんイメージ元記事では他にも、どちらかといえばゲテモノ的なもの(右写真にあるような、ワンちゃんたちが壁に突っ込んだような形の壁掛け)や、見て驚くというより「スリリング」的なびっくりを体験させるような壁かけが紹介されている。一発芸としては良いかもしれないが、常日頃使うアイテムとしては趣味が悪いため、今回は意図的に選考から除外させてもらった。

壁かけの類は一度設置すると、何か特殊な状況下でない限り、付け替えることはない。自分が住んでいる限り、ずっと使われ続ける。それだけに、いつ見ても笑えるような、センスある作品を選びたいものだ。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー