ゲームソフトランキング更新、あのタイトルの独走まだまだ続く

2009/08/03 07:20

メディアクリエイトが発表した2009年7月20日-7月26日の【週間ソフト・ハードセルスルーランキング】によれば、今回計測週のトップの座についたのは、先週に続きメガトン級新作『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』だった。国民的ロールプレイングゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズのナンバリングタイトル(本家タイトル)としての名に恥じぬセールスを続け、今回計測週分で販売数も300万本を突破。前作『VIII』の累計販売数343万本余りを超えるのも時間の問題と思われる。すれ違い通信による追加機能がネット上を中心に話題を集め始めており、まだまだ本数の伸びは期待できそう。

スポンサードリンク


第二位にはゲームのようなゲームで無いようなエンタテインメントソフト『トモダチコレクション』がランクイン。先月から順位を2つも上げている。WiiでもおなじみのアバターことMiiを創り、彼らの生活を見守っていくという人間観察型ソフト。ゲームとは一味違ったタイプのソフトだが、細かい・難しいことを考えなくとも気軽に楽しめるハードルの低さが受けているようだ。あるいは人間の本性の一つ「のぞき見・他人の行動に対する好奇心」がソフトの魅力の根底にあるのかもしれない。

第三位には先週と変わらないポジションをキープした『Wii Sports Resort』がランクイン。新コントローラーオプションの「Wiiモーションプラス」で南国リゾートのスポーツを楽しむ、リアルアクティブゲーム。こちらも『トモダチコレクション』同様に、お手軽さが受けているのだろう。

第四位には新作の『ペンギンの問題X 天空の7戦士』がランクイン。雑誌『コロコロコミック』で連載中の同名漫画をゲーム化したもので、今作が第二作目。オリジナルストーリーの中で、ペンギン小学生「木下ベッカム」を操り、色々なペンギンを探し出して戦っていくというもの。ワイヤレスプレイ・ダウンロードプレイにも対応しており、自分で育てたペンギン(ベッカム)を戦わせることもできる。

今回計測週もやはり『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』が独走中。300万本販売も達し、さらにもう100万本を上乗せしそうな勢いですらある。評価は相変わらず賛否両論だが、多彩な意見が交わされるのもまた、ヒットセラーの証しともいえよう。

スポンサードリンク


関連記事



▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2018 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー