炭酸の王者の権威ゆるがず・「もっともよく飲む炭酸飲料」トップはおなじみの…

2009/07/27 07:27

炭酸飲料イメージマイボイスコムは2009年7月21日、炭酸飲料に関する調査結果を発表した。それによると調査母体においては、アルコール飲料を除いた市販の炭酸飲料でもっとも良く飲まれる炭酸飲料は「コカ・コーラ」で全体の2割強に達していた。類似飲料の「コカ・コーラ ゼロ」を合わせると実に4割近くの人が「ベスト炭酸飲料」にコーラを選んでいることになる(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2009年7月1日から5日にかけて行われたもので、有効回答数は1万4904人。男女比は46対54で、年齢階層比は30代36%・40代30%・50歳以上19%など。

コンビニやスーパーの冷蔵飲料棚を見ると、実に多種多彩な炭酸飲料が発売されていることが分かる。毎度おなじみのもあれば、あっという間に消え去っていくものなど、彼らの製品寿命は千差万別。生物の進化を見ているようですらあり、ずっと眺めていても飽きがこない。

さてそれでは、ビールなどのアルコール系炭酸飲料を除いた一般の炭酸飲料において、過去3か月に飲まれたもの、そして「もっともよく飲む」炭酸飲料は、それら無数の種類のうち、どれに当たるのだろうか。「その他」という項目はあるものの選択肢の中から選ぶという少々恣意的な問い方ではあるが、結果としては両問いともトップには「コカ・コーラ」がついている。さすが炭酸飲料の王者、といったところか。

3か月以内に飲んだことがある/もっともよく飲む炭酸飲料
3か月以内に飲んだことがある/もっともよく飲む炭酸飲料

カロリーゼロをうたう「コカ・コーラ ゼロ」も合わせると、「三か月以内に飲んだことがある」人は(累計で)7割に達し、「もっともよく飲む炭酸飲料」では38.8%という計算。炭酸飲料を飲む人の4割近くは「コカ・コーラ系の炭酸が一番好き」と回答していることになる。

三ツ矢サイダーイメージ意外なのはコカ・コーラのライバルたる「ペプシコーラ」そしてそのカロリーオフ系飲料「ペプシネックス」の得票があまり多くないこと。また、長年の歴史が人気を支えているからか、「三ツ矢サイダー」「C.Cレモン」の人気が高い。さらに「もっともよく飲む炭酸飲料」の多くも、昔ながらの商品が多く、「新作の炭酸は何度か飲まれるものの、個々において定番化・ベストドリンクになる機会はめったにない」傾向があることが分かる。

たとえばカロリーが気になるという観点では、単にカロリーゼロ・オフよりも魅力的に見える、先日【あの「ヘルシア」が炭酸飲料に・「ヘルシア スパークリング」発売開始】でも紹介した「ヘルシアスパークリング」。飲んだ経験がある人は5.2%にも達しているが、「一番よく飲む」は1.1%しかいない。ルーキーとしてのインパクトはあるが、実力派として定番化するだけの胆力には欠ける、といったところだろうか。ただし時間の経過とともに定着する可能性があるだけに、発売間もなくにしてある程度の「ベストドリンク」票を得た商品については、注目する必要はある。

ちなみに色々な意味で話題を集めた「ペプシしそ」は、「飲んだことがある」は5.2%に達しているものの、「もっともよく飲む」の割合は0.1%にすぎない。残念ながら定着は難しそうである。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー