夏バテの防止のために食べるもの 男性にんにく・女性は……

2009/07/18 09:54

夏バテイメージ【キリンホールディングス(2503)】は2009年7月17日、「夏の過ごし方」に関する調査結果を発表した。それによると、いわゆる「夏バテ」の防止のために積極的に食べるものとしてもっとも人気の高い食品は「にんにく」であることが分かった。男女別で見ると男性は「にんにく」の人気が高い一方で、女性は「梅干」や「トマト」が上位についている。口臭などを気にしての結果かもしれない(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2009年6月29日から7月1日、インターネット経由で20歳以上の男女に対して行われたもので、有効回答数は4919人。男女比・年齢階層比などは非公開。

急激な気候の変化や、じっとしているだけでも暑さと発汗などで体力を消耗してしまうこと、その暑さからついつい食生活がおざなりになることなどを起因としておきうる「夏バテ」。当方も今年7月初旬に【不破雷蔵のネフローゼ闘病記(ココログ版)】などで触れているように激しいめまいに襲われたが、これもあるいは「夏バテ」の一種だったのかもしれない。そう考えると、非常に怖いものがある。

「夏バテ」を防ぐには体調監理や無理な体への負荷の軽減など、さまざまな対処法があるが、その中でもよく行われるのが「食生活方面からの対策」。具体的には「精のつくもの・スタミナをはじめとする各種栄養素を豊富に含むものを食べ、夏の激しい気候に対処できるようにする」というもの。そこで「夏バテ防止のために積極的に食べるものは何か」と複数回答で聞いたところ、もっとも多い回答が寄せられたのは「にんにく」だった。

夏バテ防止に積極的に食べるものは何ですか?(複数回答、※マークは順位が低いためデータ公開無し)
夏バテ防止に積極的に食べるものは何ですか?(複数回答、※マークは順位が低いためデータ公開無し)

「にんにく」「うなぎ」など、俗に「スタミナがつくもの」の代表格として知られているものが上位についている。それと共に「梅干」「トマト」「お酢」などのすっぱい物系の食品、「納豆」「しょうが」「ゴーヤー」など、昔から知られている「夏バテ防止用の栄養素がたっぷり含まれた、健康な食品」も見受けられる。

男子はスタミナ系
女子はすっぱい系で
夏バテ対策
男女別で見ると、男性が「にんにく」「うなぎ」などコテコテ系・ボリューム感にあふれた食材が上位についているのに対し、女性は「梅干」「トマト」などヘルシー系・すっぱい系のものが上位に見受けられる。例えば男子には、女子に無い「焼肉」「山芋」が入っているし、女子では男子には上位10位以内に無い「お酢」が第5位についているなどの違いが見られる。また「にんにく」が第3位なのは、「口臭を嫌って」なのかもしれない



うな丼イメージ同じ夏バテ防止の食材でも、男子と女子では大いなる違いがある。「夏バテ防止メニュー」を用意するにしても、男女の好き嫌い・傾向にあわせたものを作る必要があるだろう。

また、これらの食材ばかり大量に食べていれば必ず夏バテを防げるわけでもない。あくまでもこれらは「よく食べる食材」であり「よく効く食材」ではないことに注意されたい。また、「にんにくとうなぎ、梅干ばかり食べていれば夏を乗り切れる」といった、過分な摂取も禁物。過ぎたるは及ばざるが如し、である。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー