ジュースの取り合いで兄弟げんかも無くなる!? 積み上げ可能な冷蔵庫「Flatshare Fridge」

2009/07/17 05:20

Flatshare Fridgeイメージ人間の発想力は時として他人にちょっとした驚きとさらなる思考、そして賛美の気持ちをかき立てることがある。先日【Toxel.com】で掲載された、ある家電のコンセプトモデルは、まさに「驚きと賛美」に当てはまるような発想のものだった。具体的には【Flatshare Fridge】と呼ばれるもの。Toxel.comでの表現「Stackable Refrigerator」(積み重ね可能な冷蔵庫)を用いた方が分かりやすいだろうか。

スポンサードリンク


Flatshare Fridge。積み重ね式の冷蔵庫
Flatshare Fridge。積み重ね式の冷蔵庫

一番下の金庫のような部分が冷蔵庫の基礎(ベースステーション)となる部分。この上に最高で4つの冷蔵庫パーツを、まるで『テトリス』のように組み合わせて使うことができる。各パーツの上部には持ち運びのためのハンドルがついていて、移動もカンタン。

この冷蔵庫を考えたのはオーストリアのウィーン美術大学の学生Stefan Buchberger氏。彼は元々複数のルームメイトとひとつの部屋に住んでいたが、冷蔵庫が共有だったため色々なトラブルに遭遇(いわゆる場所取りや「他人の食材の横取り」、さらには実験で使う「食品と同居することをはばかられる品々」の存在だろう)。この問題を解決するため、このようなパーツ方式の冷蔵庫を考案したのだという。

Flatshare Fridge全体像
Flatshare Fridge全体像

元々は「利用者一人一人の使用領域を確定する」ために考えられたパーツ式の冷蔵庫だが、解説によると色々なタイプのパーツを用意すれば、生活スタイルに応じて臨機応変に冷蔵庫を形成することができる。例えば野菜を多く使う家庭なら野菜ケースを複数積み重ねればOK。最近一部で流行の「冷凍庫の体積が大きい冷蔵庫」も、冷凍室パーツを複数積み重ねることですぐに完成。

例えば野菜室のパーツをこんな感じに……イメージまた、一人暮らしをしている時にはベースステーション+冷蔵庫パーツのみ、結婚したら冷凍庫パーツと冷蔵庫パーツを追加。子供が産まれたら冷蔵庫パーツをもうひとつ追加、という感じで「家族と共に成長する冷蔵庫」的な使い方も出来よう。

なお画像も文章の説明も無いが、どうやら電源はベースステーションから一括供給されるようだ。恐らく各パーツ単独では稼動できないのだろう。

コメント欄には「横にも重ねられるといいな(ベースステーションの問題があるから現状では無理)」など、さらなるアイディアなどが語られている。製品化はまだ先だろうが、是非とも実現化してほしいアイディアといえる。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー