「アメリカで一番健康に悪い」のらく印を押されたドライブスルーの食品

2009/07/10 05:07

Carl's Jr. Double Six Dollar Burgerイメージ以前【「アメリカで一番健康に悪い」のらく印を押された食品たち】【アメリカでもっとも不健康なドリンク】などで、アメリカの健康志向系青年誌「Men's Health」において自虐的、あるいは反面教師的な意味合いから紹介された、アメリカで広く流通しているさまざまな「不健康食品」たち。掲載後も定期的に同雑誌サイトではさまざまな観点から「健康的」あるいは「不健康的」な食品・ドリンクたちを紹介し、多くの人を驚かせている。今回紹介するのはそのうちの一つ、日本でもそれなりに普及している「ドライブスルー」で購入できる、アメリカでもっとも不健康な食品である(【Men's Health:The Worst Drive-Thru Foods in America】)。

スポンサードリンク


Sonic Minute Maid Cranberry Juice Slushイメージ元記事では「ドライブスルーで購入できる」という条件のもと、「自称健康的な食品」「チーズバーガー」「チキン」「クリスピーチキンサンドイッチ」「デザート」など、多種多様な(ファストフードの)不健康な食品たちをピックアップしている。例えば「ドリンク」ならSonic Minute Maid Cranberry Juice Slush(サイズは大)。【栄養成分表】などによれば、カロリーは450キロカロリー、そして含有砂糖量は124グラム。12.4グラム、の間違いではない。元記事では「ソーダ3杯分」と分かりやすい表現をしている。普通の角砂糖は大粒で6グラム程度だから、それが約21個分の砂糖を含むという計算。

そして「アメリカでもっとも一番健康に悪い」と太鼓判を押されたのがこちら。「Carl's Jr. Double Six Dollar Burger with Medium Natural cut Fries and 32 oz Coke」。【Carl's Jr.】がオススメ(!?)する巨大ハンバーガーだ。

「Carl's Jr. Double Six Dollar Burger (with Medium Natural cut Fries and 32 oz Coke)」
「Carl's Jr. Double Six Dollar Burger (with Medium Natural cut Fries and 32 oz Coke)」(【写真元:JapanNewbie.com】)

マクドナルドのシンプルなハンバーガー10個分イメージ元記事やCarl's Jr.などによれば、このドでかいハンバーガーには1ポンド(450グラム)の牛肉を使用しており、添え物のフライドポテト・コーラを合わせて、2618キロカロリー・144グラムの脂肪分・2.9グラムのナトリウム(=約7.4グラムの塩分)が含まれている計算になる。マクドナルドのシンプルなハンバーガーのカロリーが大体250キロカロリーだから、このドライブスルーセットを一食分たいらげると「ハンバーガー10個分」のカロリーを摂取する計算になる。ビックマック(550キロカロリー)なら約5個分。あまり想像したくない栄養分といえる。

「ドライブスルー」というと、自動車に乗ったままで食事を購入できる便利さから、食事の内容についてはあまり気にしないことが多い。「疲れたからちょっとぜいたくに……」とばかりに今回の「Carl's Jr. Double Six Dollar Burger with Medium Natural cut Fries and 32 oz Coke」を注文すると、とんでもないカロリーを口にしてしまうわけだ。

日本ではさすがにこのような「豪快」なものにはお目にかかれないが、驚き具合では似たようなものもあるかもしれない。今件は「他山の石」ということで知っておくと共に、自分が口にする食品のカロリーをはじめとする栄養成分について、考え直すきっかけとして役立てると良いだろう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー