経験者は1割・学生は4人に1人が「憧れ」!?…「遅刻遅刻ぅ!」とパンをくわえて家を出るシーン

2009/07/06 07:46

パンをくわえて……イメージネットリサーチのDIMSDRIVEは2009年7月2日、パンに関するアンケートの結果を発表した。それによると、いわゆる「慌てて出勤・登校する」描写として用いられる「パンを口にくわえたまま家を出る」状況を経験したことがある人は1割程度にのぼっていることが分かった。さらに「したことはないがしてみたい」という人は、学生に限れば4人に1人に達するなど、「定番の描写」が憧れのシーンでもあることがうかがえる(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2009年4月30日から5月14日の間にインターネット経由で行われたもので、有効回答数は7563人。男女比は50.7%対49.3%、年齢階層比は30代33.8%・40代30.6%・50代16.3%など。

食パンモードの綾波レイイメージ朝寝坊などで食事を摂る時間も無く、でも空腹のままではよろしくないということで、食パン(大抵はジャムなどの塗りモノ付)一枚を口にくわえ、そのまま出勤・通学するシーン。「時間が無い」状況を描写する手法として多くの漫画や小説、アニメやドラマなどで用いられる。出勤・通学の少なからずで電車やバスなどの公共交通機関を用いることや、コンビニや売店の普及で現在ではあまりありえない状況ではある。しかし同時に(そのシーンを用いるアニメやドラマなどでは)「角を曲がったところで異性とぶつかり、それが二人の出会いに……」などという状況も「ありがちなパターン」として描写されるため、ひそかに期待している人も多いかもしれない。最近新装映画版で話題の『エヴァンゲリオン』でもテレビ放送時の最終回で、同様のシーンが登場しているので、「ああ、あんな状況か」と思い起こす人も多いだろう。

それでは、曲がり角で異性と衝突するかどうかは別として、遅刻しそうになってパンをくわえたまま家を出たことはあるか否かについて尋ねたところ、「ある」と回答した人は10.1%に登っていた。……意外に多いようだ。

(「遅刻する!!」などのシチュエーションで)パンをくわえて家を出たことはありますか。
(「遅刻する!!」などのシチュエーションで)パンをくわえて家を出たことはありますか。

年齢階層・性別のデータが公開されていないのが残念だが、職業別では大きな差は無く、「1割経験者・8割経験無し・1割やってみたい」の区分であることが分かる。定年退職者がやや「やってみたい」率が低いが、これは年齢が60歳以上に限定されるからだろう。

一方、学生に目をやると25.6%もの人が「やってみたい」と答えている。何が悲しゅうて「遅刻しそうになってパンをくわえて家を出る」シーンを再現してみたいのか、ということになるが……ドラマなどで見かける「急いでいる状況」そのものを自分も体験してみたいという純粋な好奇心から、なのだろうか。それともやはり、上で説明したように「異性との衝突」のようなドラマティックな出会いに期待をしているのだろうか。いずれにせよ、幸せなお話ではある(笑)。

もちろん、曲がり角でぶつかるのが異性ならまだしも、自動車などならお話にならない。現実はそれほど甘くない。くれぐれも事故には気をつけるようにしよう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー