禁煙せずにはいられなくなるような広告たち

2009/06/30 05:15

禁煙広告イメージ先に【非常にシンプルで禁煙をアピールできる広告】で非常にシンプルかつ効果的に見える禁煙アピールの広告を紹介した。実はこの広告は元々、先日【ODDEE.com】で紹介してた「クリエイティブな禁煙キャンペーン広告10選(10 Most Creative Anti-Smoking Campaigns)」がトリガー記事だった。一つ目の案件があまりにも優れていたので、もっと細かい内容の紹介をしている場所を探し、単独で紹介したという次第。今回はその「What We See When You Smoke」以外のものの中から、勝るとも劣らない素晴らしい禁煙キャンペーン広告をいくつか選りすぐって紹介することにしよう。

スポンサードリンク


タバコの吸殻入れに「目」の模様が。写真のように火を消すことで……
タバコの吸殻入れに「目」の模様が。写真のように火を消すことで……

吸殻入れの上部が目の模様をしている。写真のように火をもみ消す行為をすると、目を傷つけているように見えてしまう。そして容器には「喫煙は視力低下の原因になります。喫煙しましょう」のメッセージが。言葉だけでなく、利用者のアクションそのものが結果的にメッセージ性を持たせている。ちなみに「喫煙と視力低下」の因果関係については【ノバルティス ファーマのリリース「喫煙と「眼の病気」の関係性、知っているのはわずか2割未満」】などをご参照あれ。

タバコ型のサンドバッグ。メッセージは「喫煙と戦え」
タバコ型のサンドバッグ。メッセージは「喫煙と戦え」

むしろ子供が喜びそうなサンドバッグ。仕様はそのまま普通のサンドバッグだが、見た目がタバコの形状をしている。そしてメッセージプレートには「喫煙と戦え」。タバコの形をしたサンドバッグにパンチングを続けることで、タバコとの決別をイメージできる、という仕組み。

「止まれ」の標識がタバコ。二重の意味を持つ標識になっている。
「止まれ」の標識がタバコ。二重の意味を持つ標識になっている。

ブラジルで展開された喫煙キャンペーンの一場面。「止まれ」の標識がタバコの形をしている。交通標識としての「止まれ」と喫煙を「止めよう」の二重の意味をかけている。

最後はODDEE.comのリンク先で見つけた「はっ」とさせられる禁煙広告。場所は【INVESTOR SPOT】

喫煙室の天井に……
喫煙室の天井に……

がん患者救済協会が屋外の喫煙コーナーにあえて設けた屋根。天井には「土葬で埋葬される立場」からの視界が描かれている。喫煙コーナーでタバコを吸う行為は、墓場への距離を縮めますよ、というメッセージがこめられている。



保全「現場」には証拠のタバコが……イメージ元記事には他にも、世界禁煙デー(5月31日)にドバイで展開された広告(写真右、いわゆる「現場保全」の場所に「事件の証拠」としてタバコが保全されている)など、見た人をハッとさせるようなものが数多く紹介されている。単に「禁煙禁煙」と言葉を繰り返すより、クリエイティブな作品を通じてメッセージを添えた方が、与える影響・効用も大きいに違いない。

日本ではあまりこのような広告は見かけないが、本腰を入れて禁煙を展開したいのなら、力押しをするだけでなく、このような「からめ手」を使うのも良いと考えるのだが、どうだろうか。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー