ついに「テレビよりインターネット」の世代登場・年齢差がきわだつメディアへの接触時間(2009年)

2009/06/27 18:32

メディア環境研究所は2009年6月23日、毎年2月に実施している「メディア定点調査」の最新版「メディア定点調査・09」の抜粋編を発表した。それによるとメディア全体の接触時間は、高齢者ほど長い傾向があることが明らかになった。しかしメディア毎の接触時間は年齢階層毎に大きな違いを見せており、「20代男性はテレビ以上にパソコンでネットに接続している」「10代女性はデジタルメディアへの接触時間が長いことで、全年齢層でもっとも長い時間メディアに接している」など、昨今のメディア事情を顕著に表す特異な傾向が多数見られる結果となっている(【発表ページ】)。

スポンサードリンク


今調査は郵送調査方式で行われ、2009年2月6日に発送、2月19日投函を締め切りとしたもの。東京・大阪・高知の三地区を対象にRDD(Random Digit Dialing)方式で選ばれた15-69歳の男女に対し調査票が計2204通送付され、1919通が回収された。デジタル手段ではなく、郵送方式で調査が行われたこと、調査実施期日が今年の2月であることから、比較的片寄りの無い、昨今の状況を表したデータといえる。なお、特記無き限りデータは基本的に東京地区のものである。

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌の既存4大メディアと、パソコン・携帯電話それぞれからのインターネット接続の計6つに限定したメディアの接触時間の総計は、2009年においては323.9分/日という結果が出ている。また、性別・年齢階層別に見ると、60代男性がもっとも長く373.2分、女性に限定すると15-19歳の371.7分が最長の値を見せている。

年齢・性別メディア接触時間(一日あたり、分)
年齢・性別メディア接触時間(一日あたり、分)

全般的には男女とも20-40代の壮年層の時間が比較的短く、10代及び50代の時間が長めの傾向が見られる。特に男性は20代以降、歳を重ねる毎に時間が延びている。また、10代の時間が長いのは、ひとえに携帯電話からのインターネット接続時間が他年齢階層と比べてきわめて長いことによるもの。

これを各メディア毎の時間配分で区分すると、様々な特徴が見えてくる。

年齢・性別メディア接触時間(一日あたり、分)(クリックして拡大表示)
年齢・性別メディア接触時間(一日あたり、分)(クリックして拡大表示)

・男女とも20代まで、特に15-19歳は携帯電話の利用が大きな割合を占めている。
・パソコンの利用率は男性より女性の方が長い。仕事での活用場面が多いからか。
・テレビ視聴時間は男性が20代、女性は20代がもっとも短く、以降年齢経過と共に増えていく。また、男性よりも女性の方が長い傾向。
・ラジオは30代以降利用時間が長くなる。60代では男女とも約1時間に達している。
・男女とも歳の経過と共に、全体に占める既存4大メディアの割合が増え、新メディアの割合、時間が減る。40代-50代が「世代間ギャップ」のライン。
・男性20代、女性30代の「テレビ離れ」が目立つ。
・女性10代のメディア接触総時間は女性の中ではもっとも長い値を示している。携帯電話経由のネット接続に1日1時間半強も接続しているのが原因。
・20代男性ではパソコン経由のネット接続単独で、テレビの視聴時間を上回っている。
・女性10代ではパソコンと携帯電話のネット接続総時間がテレビとほぼ同じ値を示しており、早ければ来年にも逆転現象が起きる可能性が高い。

以前ヤフーバリューインサイトが公開した自主調査の結果【10代は動画投稿サイトが大好き!! 年齢階層別に見た「従来四大メディア」と新情報メディアのせめぎ合い】【動画投稿サイトVSテレビ! 主要メディアの立ち位置変化を年齢順で見てみる】などでも「若年層はデジタルメディア、高齢層は既存4大メディアへの注力が大きい」ことが指摘されていたが、それが改めて裏付けられた形だ。

・若年層はパソコンやケータイ経由の
ネットアクセス時間が長い。
→デジタルメディアに慣れ親しむ。
・高齢者はテレビや新聞などの
既存4大メディアの利用時間が長い。
→旧来メディアが浸透。
また今年のデータに限ると、(いくつかのメディアで報じられたように)20代男性において「テレビの視聴時間<パソコン経由のインターネット使用時間」というデータが確認できた。要は「テレビを見るよりネットをする時間が長い」ということだ。10代においては(メディアに触れる機会そのものが自分でコントロールできない場合もあり)まだテレビの影響力が強いが、若年層のテレビ離れ・デジタルメディアへの傾注が加速している形だ。

特に注目されている20代男性のメディア接触時間を、全体接触時間に占める割合でグラフ化すると、この層における既存4大メディア離れがよく分かる。

20代男性におけるメディア接触時間(一日あたり、全体接触時間に占める割合)
20代男性におけるメディア接触時間(一日あたり、全体接触時間に占める割合)

女性に限定すれば、社会人となる20代までは携帯電話への注力時間が非常に長いため全体数を押し上げ、全年齢層でもっとも長い値を示す結果となった。しかしこれも20代に入ると(社会人になることから)極端に短くなり、全体が押し下げられてしまっている。携帯電話に対する注力度の高さが、同年齢における男性との違いの特徴ともいえる。

もう一つ気になる点を挙げるとすれば、若年層、特に男性20代「テレビ離れ」。とりわけ20代男性は2時間を切っており、60代男性と比べると約半分でしかない。今年はついにパソコン経由のインターネット接続時間にすら負けてしまった。流行に敏感な女性10代も、パソコン・携帯電話の利用時間は去年から大幅に増加。ついに今年は双方を足した時間がテレビとほぼ同じにまで達している。流行に敏感であると同時に流行を形成しうる彼女たちが、テレビからパソコン・携帯電話の方を向くようになった時、パソコンや携帯電話、そしてテレビに携わる人たちは、どのような姿勢を見せるのだろうか。



表直下の箇条書きでも触れているが、メディア接触時間の傾向の変化は40代から50代を境界線として生じている。携帯電話経由のインターネット接続時間が良い指針となるだろう。そしてこれは、世間一般に言われるところの「近頃の若い者は」「これだから歳寄りは」という類の、普通の「世代間ギャップ(ジェネレーションギャップ)」とはまた別の差異があるようにすら見える。

【高齢者もケータイでネット世界にダイブする】にもあるように近頃では高齢者も携帯電話でインターネットに注力する人が増えている。しかし全体的にはインターネットが普及しはじめた10年ほど前から今現在までに、それらのデジタル・ネットメディア(新メディア・新世代メディア)を受け入れるだけの柔軟性が(・を持つ年齢で)あったか無いかが「ギャップ」を生み出している感が強い。

例えば「パソコンや携帯電話、インターネットの普及」がこの10年の間に大規模に進んだとする(本当は個々においてもっと細かな違いがある)。つまり現時点において、一人一人において最大でも10年間しか「新世代のメディア」と接触できないわけだ。

現在40歳の人なら10÷40=25%、50歳なら10÷50で20%。これまでの人生のうち、それぞれこの割合の時間しか、新メディアに接触していないわけで、多数派を占める「旧来メディア」への注力が強いのもうなづける。ところが現在20歳の人なら10÷20=50%、30歳なら10÷30=33.3%と、自分の人生においてかなりの時間を「新世代のメディア」に触れて過ごしたことになる。高齢者と比べて「慣れ」て当然といえる。

新世代メディアの展開を10年と仮定した時の、各年齢における「自分の人生全体における新世代メディアとの接触年数」(概念図)
新世代メディアの展開を10年と仮定した時の、各年齢における「自分の人生全体における新世代メディアとの接触年数」(概念図)

もちろんわずか20%しか触れていない50歳でも「新世代メディア」について熟知し、理解する人もいれば、50%も触れている20歳でもまったく理解できない人もいる。個人差はどんな世代にでもある。しかしながら全体的に、自分の人生においてどれだけの時間「新世代メディア」と触れたかにより、許容・拒絶の違いが生じるのも、ある程度は仕方が無いのかもしれない。


■関連記事:
【「テレビの時間」高齢者は若者の2倍! 年齢で大きく異なるメディアへの接触時間(2008年データにおける同様の分析)】

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー