戸建とマンション、住むのならどっち? そしてその理由は……

2009/06/21 10:17

庭付き一戸建てイメージマイボイスコムは2009年5月24日までに、マンションのブランドに関するアンケートの調査結果を発表した。それによると価格や間取りなど諸条件がほぼ同じ場合、一戸建てとマンションのどちらに住みたいかという問いに対し、6割以上の人が「一戸建て」と答えていたことが分かった。理由としては「庭を造れる」「管理組合などが無い」など、自由度の高いライフスタイルを満喫できる項目への評価が高い。一方「マンション」派では、セ「キュリティの高さ」を選んだ理由の筆頭に挙げている(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2009年5月1日から5日の間にインターネット経由で行われたもので、有効回答数は1万4858人。男女比は46対54で年齢階層比は30代35%・40代30%・50歳以上20%など。

「一国一城の主(あるじ)」という言い回しにもあるように、賃貸ではなく買い取りの住宅を保有することは、多くの男性(そして女性にとっても)夢であり憧れでもある。住宅の保有スタイルとしては「一戸建て」「マンション」の2タイプが主流。そこで、価格や間取り、駅からの距離、その他の仕様や立地などの条件がほぼ同じだと仮定した場合、どちらを選ぶか聞いてみたところ、64.9%もの人が「一戸建て」と回答した。やはり「憧れの我が家」は「庭付き一戸建て」というイメージが強いようだ。

住んでみたい住居形態
住んでみたい住居形態

「一戸建て」「マンション」を選んだ人それぞれに、それらを選んだ理由を複数回答で質問し、それらの住宅スタイルのメリット・長所を確認すると、「一戸建て」では「庭を造ることができる」が、「マンション」では「セキュリティが充実している」がトップについた。

住んでみたい住居形態とその理由
住んでみたい住居形態とその理由

2割超え、つまり5人に1人以上が同意する回答を赤で囲ってみたが、「一戸建て」が自由度の高さや他人からのしがらみを避けることが出来る項目、「マンション」は設備環境上の項目を重視・長所と見ているのが分かる。それぞれの住宅スタイルにおける上位ポイントは、もう片方の住宅の項目とトレードオフ状態にある場合が多く、何かを得るためには何かを妥協・我慢しなければならない様子がうかがえる。

マンション内装イメージ逆にいえば、例えば「マンション」が「一戸建て」の特徴・長所を取り入れることができれば、「一戸建て」を望む人のニーズをも「マンション」で充足することが可能となる。駐車場を住民には無料で開放したり、個々が庭を造れるような仕組みを設けたり、ペットの飼育を許可するなどが考えられる。逆に「一戸建て」では例えば「価格が手ごろ」「セキュリティの充実」などを考慮すれば、さらに人気が高まるかもしれない。もちろんそれぞれのスタイルにおける上位要望項目を満たした上で、の話だが(例えばセキュリティを充実させるがために庭の無い一戸建てを作っても、「マンションの方がいいや」ということになってしまう)。

【進む二極化・境界線は「20万円・70平方メートル」-東京23区内の賃貸住宅家賃事情】でも触れているが、賃貸・買取を問わず不動産物件においては「適正価格・適性規模の住居物件」が好まれる傾向が強まっている。不動産提供会社側としても、一戸建て・マンションの購入希望者のニーズを適切に把握した上で、それをかなえるような物件の提供に努めていくべきだろう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー