安価・流行・趣味趣向……ケータイ愛用者がネット通販で買うものの傾向

2009/06/15 07:31

パソコンよりも携帯電話で通販イメージネットエイジアは2009年6月9日、モバイルのEコマースに関する意識調査結果の一部を公開した。それによると「携帯電話経由の調査母体」において、携帯電話を使いインターネット経由で商品を購入した人が、一番よく購入する種類の商品は「DVDやCD」であることが分かった。次いで「書籍」や「洋服」が上位に並んでおり、比較的安価で流行と関連性の強い趣味的な品物が購入されやすい傾向にあることが分かる(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2009年5月27日から28日にかけて携帯電話経由で行われたもので、有効回答数は800人。男女比は1対1、年齢階層比は10代・20代・30代・40代で均等割当。

【モバイルショッピングは浸透中、ただし利用額はまだ少額】などにもあるように、モバイル(携帯電話)を活用したインターネット通信販売(ネット通販)は深く静かに浸透しつつある。今調査は携帯電話経由で行われているため、多少フィルタがかかっているものの、全体では半数近く、パソコンをメインに使う人でも4割強の人が、携帯電話経由でネット通販の経験があると回答している。

携帯電話でのネット通販利用の経験
携帯電話でのネット通販利用の経験

【パソコンと携帯電話のネット利用時間、若年層・女性ほど「携帯の方が長い」傾向】で詳しくは説明しているが、パソコンよりも携帯電話を使ったインターネット利用時間が長い人の方が、当然ながら携帯電話でのネット通販利用経験率も高い。携帯電話経由・パソコン経由でしか購入できない商品をのぞけば、「どちらの利用をメインにしているか」≒「どちらでネット通販を利用するか」となりうるからだ。

それでは具体的に、どのような物品を携帯電話経由のネット通販で購入するのか。複数回答で尋ねたところ、もっとも多かったのは「DVDやCD」で実に4割以上。次いで「書籍」で34.6%にも及んでいる。回数は別として、携帯電話でネット通販をした経験のある人の2人に1人近くはDVDやCDを、3人に1人は書籍を購入したことがある計算になる。

携帯通販で購入したことがある商品(複数回答)
携帯通販で購入したことがある商品(複数回答)

似たような調査は過去に複数の別機関が行っているが(上記の「モバイルショッピングは浸透中-」など)、やはり購入アイテムは冒頭で触れたように

・金額は数千円くらいまで
・趣味趣向のための商品
・流行に深く係わり合いのある商品

の傾向が強い。これは【中高生のケータイ通販、代引・コンビニ決済がメインで平日の夜に多用】で触れているように、学生(や成人も含め)が帰宅後に携帯電話を利用している間に、ふと気になった商品があればすぐに「購入ボタン」を押して注文するパターンをはじめとして、「携帯電話で昨今の流行やニュースをチェックし、気になった商品は即時注文する」という購入性向によるものが多いことが容易に想像できる。

このような購入スタイルならば、購入回数も1回や2回に留まらず、「毎日のようにケータイでサイトを閲覧」「おっと、何か面白いものが流行ってる」「今なら買える……買ってみるかな」のパターンを繰り返すことは誰の目にも明らか。

携帯電話経由での商品購入回数
携帯電話経由での商品購入回数

携帯電話をメインに利用している人で、携帯経由でネット通販を利用したことのある人のうち、実に6割強までが「5回以上購入経験あり」と回答している。日常茶飯事、とまでは言わないまでも、携帯電話でのネット通販利用が「日常生活における行動の選択肢」としてごく当たり前のように用意されていることが分かる。



パソコンと携帯電話それぞれを利用したインターネットへのアクセスの最大の違いは、「手の内にあるか否か」にある。パソコンがどうしても身構えてしまう(慣れもあるが)のに対し、携帯電話はいつでもどこでもアクセスできるし、言葉通り「ふところに忍び込んで」いることから、身近さ・気軽さはパソコンの比ではない。アクセスの際のハードルが違うのだから、自然に商品購入のハードルも携帯電話経由の方が低いことになる。

パソコンはパソコンなりの便利さ・安心感があるので、ネット通販利用のすべてが携帯電話にとって変わることは無い。しかし今後ますます携帯電話のメリット・特性が活かされ、利用者が増え、市場規模は拡大していくに違いない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー