日本の「ケータイメール」好きは特異例!? アジアの若者たちの携帯電話利用傾向をグラフ化してみる

2009/06/14 08:38

携帯電話でメールイメージインターネットの各種技術や社会の対応は「海外、特に欧米が数年先んじていて、日本がそれに続く」という進化スタイルをとる場合が多いが、携帯電話においてはその立ち位置が逆転している。「携帯電話の市場動向は日本が先行し、他の諸外国はそれに続く」観点でも、日本の携帯電話の動向は世界各国から注目されている。「もし今後もその傾向が続くとしたら」という仮定のもと、【eMarketer】では日本を含めたアジア諸国の携帯電話の各種機能利用率を提示し、「電子メールにもっと注目すべきだ」と主張している。

スポンサードリンク


次のグラフのデータは[調査会社シノベイト]が行った調査結果によるもの。2008年第4四半期において8-24歳の若年層が過去30日間で利用した、携帯電話の機能についての回答。

2008年第4四半期における携帯電話機能の利用率(8-24歳、過去30日において)
2008年第4四半期における携帯電話機能の利用率(8-24歳、過去30日において)

アジアの周辺他国と比べると、ショートメッセージの割合が低く、各種ダウンロードやサイトへのアクセス、そして何よりも「電子メールのやりとり」が抜きん出て高いことが分かる。日本でショートメッセージの利用率が低く電子メールが逆に高いのは、【アメリカの携帯電話における各機能の利用度をグラフ化してみる】でも説明したように、携帯電話の進化過程などの事情から「ショートメッセージと同じような使われ方で電子メールが普及した」から。ただ、そのような事情をもってしても72%という値は特異に見える。

このデータを受けてeMarteterでは「今後他国でも電子メールの利用者が急増するので、今から(特にマーケティング部門で)注目した方が良いよ」とアドバイスすると共に、スパム行為に対する警告もしている。これは【2009年5月発表のgooリサーチの結果】を引用してのものだが、携帯電話における迷惑メールには9割以上が不快感を持っていることが分かる。

携帯電話の迷惑メールをどう感じるか
携帯電話の迷惑メールをどう感じるか

各キャリアのフィルタ機能の向上、法整備や規制強化などで一時期と比べて携帯電話あてのスパムメールはずいぶん減ったが、皆無になったわけではない。それだけに、着信した迷惑メールに対する不快感も並々ならぬものがあるのだろう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー