お年寄りの携帯電話利用率4割以上・「家族割引き」がポイントか

2009/06/13 16:20

お年寄りと携帯電話イメージgooリサーチは2009年6月11日、高齢者の携帯電話利用に関する調査結果を発表した。それによると、60歳以上の親を持つ45歳の人においては、その親が携帯電話を持っている割合は4割以上に達していることが明らかになった。また、親が持っている携帯電話のキャリア(提供企業)はいわゆる「家族割引き」を活用するために、同じキャリアである傾向が強いことも判明した(【発表リリース】)。

スポンサードリンク


今調査は2009年4月13日から15日までの間、インターネット経由で60歳以上の父母を持つ45歳以上の男女を対象に行われたもので、有効回答数は1677人。男女比は50.4対49.6、年齢階層比は40代が53.3%・50代が46.7%。

【高齢者のネットライフはパソコンオンリー】【高齢者もケータイでネット世界にダイブする】にもあるように、高齢者は携帯電話を使ってインターネットへのアクセスはあまりしていない模様。それでは携帯電話の保有そのもの浸透はどれくらいなのだろうか。調査母体においては、父母とも4割強が「保有している」と回答した。

60歳以上の親の携帯電話の利用状況
60歳以上の親の携帯電話の利用状況

携帯電話を使ったインターネット利用率は極めて低いものの、携帯電話の保有率そのものは4割とかなり高めであることがわかる。また、親子で同じキャリアの携帯電話を持つパターンが過半数を占めているのも特徴。これについては「親があわせた」が大半だが「子どもがあわせた」も足すと7割前後が意図的にあわせという統計データが出ている。

ではなぜキャリアをあわせたのか。同じ機種なら機能を説明しやすい、親子ペアの利用が嬉しいなどの理由もあるだろうが、もっとも大きな要因として考えられるのが、「家族間割引きサービス」の存在。

家族間割引きサービスの利用状況(父母が携帯電話を保有している人のみ限定)
家族間割引きサービスの利用状況(父母が携帯電話を保有している人のみ限定)

家族間割引きサービスは「同一キャリアならば所定の手続きを行えば、家族間の通話やメールが無料、あるいは安くなる」というもの。当然、キャリアが違ってしまうとこの恩恵は受けられない。料金上で大きなお得感を得られるのが「キャリアあわせ」の要因のようだ。

携帯電話保有の高齢者のうち
家族間割引きを使っているのは
男性41.1%・女性51.9%。
60歳以上で携帯電話を持つ人の7割が「家族間割引き」を利用し、多くの人がお得感を得ているからといって、それがそのまま「家族間割引きの存在が高齢者の携帯電話保有の最大要因である」と言い切る事はできない。結果論として使ってみたのかもしれないし、そもそも親子で同じキャリアでなければ「家族間割引き」は利用できない。しかし逆算すると、携帯電話を保有する父親(高齢者の男性)のうち「家族間割引き」を利用しているのは171人で、携帯電話保有者全体416人の41.1%にも達する。母親の場合はそれぞれ327人・630人で51.9%と過半数を超える。

「家族間割引き」が高齢者の携帯電話保有を促進する、大きな要素となったことは間違いないだろう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー