29か月連続プラス! マクドナルドの2009年5月売上は前年同月比でプラス4.9%

2009/06/11 07:24

マクドナルドイメージ[マクドナルド(2702)]は2009年6月10日、同年5月の営業成績を発表した。それによると売上高は前年同月比でプラス4.9%・既存店ベースでプラス3.1%となり、2008年5月以来13か月連続のプラスを記録した。また、月次の売上レコードは2007年1月以降29か月連続・全店売上高前年同月比は40か月連続のプラスとなったという(【発表ページ】)。

スポンサードリンク


マクドナルド月次営業成績(前年同月比、2007年1月-)
マクドナルド月次営業成績(前年同月比、2007年1月-)

リリースによると5月のゴールデンウィーク期間には、ビーフハンバーガーを特別価格で提供する「ゴールデンハンバーガーウィーク」キャンペーンを実施。さらに定額給付金1万2000円相当で2万円分ほどのマクドナルド商品と引き換えられる「景気をつかもう」商品券を販売するなど、客単価を引き上げる商品の展開が売り上げ増に寄与している。ただし雨の日が多かったこともあり、客数はマイナス2.3%とマイナスを見せている。

過去3年の月次推移を見ると、客数の伸びが少しずつ、特に去年秋以降鈍化しているのが確認できる。しかしそれと同時に、さまざまなキャンペーンを打つことで客単価を引き上げることに成功、最終的に売上を底上げ出来た様子が確認できる。先の【100円でマックのおなじみメニューたち、買えるチャンスが2時から到来】でも触れているように、お客の閑散期にキャンペーンを打つことで来客数の増加と効率化(稼働率の低い時間帯を少なくする)を図る姿勢と共に、まことに巧みな戦略を持っているといえよう。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー