別れた恋人の連絡先、ケータイに残す? 消しちゃう!?

2009/05/31 10:49

元彼の連絡先を消そうかどうか考えているイメージネプロジャパンは2009年5月29日、携帯電話利用に関するアンケート調査の結果を発表した。それによると、調査母体においては「別れた恋人の連絡先を自分の携帯電話から消去するか残しておくか」について、意見が真っ二つに分かれていることが分かった。ただし性別・年齢階層別では明らかな差異が出ており、それぞれの立ち位置での「ケータイの元彼・元彼女の連絡先」に対する想い入れの違いが見て取れる(【発表リリース、PDF】)。

スポンサードリンク


今調査は2009年5月8日、各主力携帯電話キャリア上「ザ★懸賞」サイト上で行われたもので有効回答数は4596人。男女比は45対55、年齢階層比は19歳以下2%・20代27%・30代43%・40歳以上28%。携帯電話の懸賞サイト上のアンケートであることから、携帯のコアユーザーを調査母体としていることを考慮しておく必要がある。

自分の携帯電話に彼氏・彼女の連絡先を入れておくのは当然だが、二人の関係が破局に終わった場合、そのデータはどうすべきか。別れた後も平穏な知人・友人関係を維持する、維持できるのなら連絡先は残しておくべきだが、そうでない場合はきれいさっぱりと忘れる、関係を断ち切るために消してしまうのも一つの手。今調査では「全体としては」消す・残すが真っ二つに分かれる結果となった。

別れた恋人の連絡先は?
別れた恋人の連絡先は?

興味深いのは性別・年齢階層別ではっきりとした差異が出ていること。男女別では女性の方が男性より11ポイント「消去する」人の割合が多い。「男女の別れでは女性がきっぱりと想いを断ち切れる一方、男性は尾を引く」という話をよく聞くが、そのパターンがここにも現れている。

また、年齢階層別では若年層ほど「残しておく」割合が多い。10代の三分の二は「残しておく」一方、50歳以上になると4割にしか過ぎない。若年層ほど「恋人関係は恋人関係、ケータイの連絡先としての存在はまた別」と、割り切れる場合が多いのかもしれない。また、歳を経るに連れて「恋人」の重みが増すがため、別れた時の関係の断ち切りたさも違ってくるのだろう。さらには「恋仲の関係(だった)」ことと「携帯電話上の連絡先リストそのもの」との重みが、年齢によって違ってくることもありうる(若い人ほど携帯電話のウエイトが高く、連絡先の記録そのものが「お宝」的な立ち位置となるため)。

最終的に残すか消すかは個人の自由。気にすることが無ければ残しておけばいいし、きれいスッパリ想いを断ち切りたいのなら消してしまうのが一番。ただ、今後のこと(何らかの事情で連絡を取らねばならないなど)を考えると、例えば特別のフォルダーをつくり(可能ならばロックをかけて)、そこに保全しておくのが無難。これなら普段は目に付かないし間違い電話をかけることもない。そして万一連絡が必要な時には利用できるからだ。

……もちろん新しい彼氏・彼女が出来た時には、(変に勘ぐられないよう)登録名などを再考察するか、事前に説明しておく必要があるのだけれども。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー