食器だなが動物園になりそうなマグカップ

2009/05/27 06:27

upside down animal mugイメージ先日【海外でどれだけレゴが愛されているかが分かる商品たち】で世界に広がるレゴアイテムの輪を紹介した際、少々気になるマグカップが目に留まった。アイディアとしてはシンプルなものだが、実際に使用される場面を頭に思い浮かべると、ついニンマリとしてしまう可愛らしさを持つものだ。その海外サイトでの名前は「upside down animal mug(逆さにすると動物の顔になるマグカップ)」という(【該当ページ】)。

スポンサードリンク



upside down animal mug。
upside down animal mug。

見た目はごく普通の、底の部分に造形が見えるマグカップ。しかしその底の部分が猫やパンダ、豚などの顔になっていて、彼らの耳と鼻の三点が支えとなりしっかりと自立する仕組み。そして、マグカップに限らずカップ系の食器を棚などにしまっておく際はひっくり返して並べるわけだが、そのようにして並べると、動物たちがずらりと立ち並ぶインテリアに早代わりというあんばい。サイズは75×98ミリで、黒猫以外にパンダ、豚(そして後述するが他にクマやコアラ)が確認できる。

アニマルFACEマグカップイメージマグカップを洗って棚に並べておく時に、逆さにして内部に水気が残らないようにしなければならないのは分かるが、描かれている絵柄もひっくり返ってしまう。ビジュアル的に今ひとつもったいない感が強い。しかしこの「upside down animal mug」なら、普段使わない時にもインテリアとして楽しむことができる。単なるマグカップをインテリアの立ち位置に格上げさせる、素晴らしいアイディアといえよう。

なおこのマグカップ、当初チェックした時には海外産かと思っていたが、説明文に「These porcelain mugs from Japan’s Decole-(これらの陶器製マグカップは日本のデコール社のもので)」という表記があり調べたところ、「アニマルFACEマグカップ」という名前で『アマゾン』や『楽天市場』で確認ができた。海外だと20ドル(2000円)ほどだが、日本では1つ1000円以下で購入可能。気になる人はチェックを入れてみるとよいかもしれない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー