【更新】「たばこを吸うなんて迷惑だ!」が6割・嫌煙家の反発は相当なもの

2009/05/25 06:33

愛煙家と嫌煙家イメージリサーチ会社のアイブリッジは2009年5月12日、喫煙に関する調査結果を発表した。それによると、調査母体のうち喫煙者はいわゆる「嫌煙家」に対し「良いと思う」という印象がもっとも強く4割を超えているのに対し、非喫煙者は「禁煙者」に対し「迷惑だ」と考えている人が6割を超えていることが明らかになった。喫煙者は嫌煙家をはじめとして非喫煙者に対してひかえめな面もあるに対し、禁煙者による喫煙者への反発心は相当なものがあると思われる([発表リリース])。

スポンサードリンク


今調査は2009年4月17日から20日までの間、JR首都圏駅を利用している東京都・神奈川県�雕覿霧�・千葉県・茨城県在住の人を対象に、インターネット経由で行われたもので、有効回答数は800人。喫煙者・禁煙者の比率は1対1、男女比・年齢階層比は非公開。

喫煙・禁煙問題について論議が起きると、喫煙者・非喫煙者(特に嫌煙者)の間で感情論的なやりとりが多々交わされるようになる。それでは喫煙者・非喫煙者はそれぞれ互いをどのように思っているのか(喫煙者からは非喫煙者の中でもとりわけたばこが嫌いな「嫌煙家」に対する感情)答えてもらったところ、喫煙者の嫌煙家への思いは「良いと思う」がもっとも多く42.3%だった。

嫌煙家のことをどう思うか(喫煙者回答)
嫌煙家のことをどう思うか(喫煙者回答)

喫煙者のことをどう思うか(非喫煙者回答)
喫煙者のことをどう思うか(非喫煙者回答)

「良い(と思う)」の回答が「別にそういう主張があってもかまわないのでは」という放任的な意味なのか、「自分の主張とは相反することだが、素晴らしい意見だ」という積極的是認の意味なのかなど、「良い」という回答には色々な解釈ができるが、ともあれ相手を否定するものでないことだけは確かだ。その意見が「喫煙者の嫌煙者への思い」ではトップについているのに対し、「非喫煙者の禁煙者への思い」ではわずか5.5%しかない。

非喫煙者の反発が強いのは
自分が吸わなくとも周囲の
副流煙で同じ影響を受けるから
別項目では非喫煙者限定で「喫煙していない理由」についても尋ねているが、トップには「健康に悪いから」が8割強、そして次いで「たばこの煙が嫌だから」が7割近くで並んでいる。非喫煙者がとりわけ喫煙者を嫌うのは、喫煙が喫煙者だけの問題ではなく、副流煙などによる周囲への影響も多分にあるからなのだろう。言い換えれば「自分は非喫煙者でも禁煙者がそばにいると、自分も(嫌っている)喫煙をしてしまう。他人の喫煙に巻き込まれるのは勘弁ならない」ことが原因だと思われる。副流煙問題がまったく無ければ、たばこ・喫煙者もここまで非喫煙者に敬遠されることもなかったはずだ。

もし仮に、副流煙の問題が発生しない、しかも味わいなどがこれまでのものとまったく変わりの無いたばこが発明されれば、喫煙者・非喫煙者双方から歓迎されるに違いない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー