チョコっと割っても磁石のままな板チョコマグネット

2009/05/20 07:39

Chocolate Bar Refrigerator Magnetイメージ【「黒字ドットコム」の今を探る……その2】【テトリスに手裏剣にフォトショップ……面白ユカイな磁石たち】にもあるように、海外(欧米)では日本以上に冷蔵庫の扉部分につける磁石を娯楽として楽しむ傾向が強い。中には磁石をアートのパーツとして考え、さまざまなアイディアを盛り込んで楽しませてくれる。そんな磁石の一つとして先日【Toxel.com】で紹介されていた磁石は「見た目は驚き、使ってなるほど!」と二度楽しめるものだった。

スポンサードリンク



Chocolate Bar Refrigerator Magnet。直訳すると「チョコレートバーみたいな冷蔵庫用磁石」
Chocolate Bar Refrigerator Magnet。直訳すると「チョコレートバーみたいな冷蔵庫用磁石」

見た目はそのまんま板チョコ。しかし実は磁石で出来ている。それだけなら結構ありがちな話だが、その板チョコ磁石、ホンモノの板チョコ同様にパキリと割ってそれぞれのブロックを小さな磁石として使用することもできる。もちろん一度割ったらそれまでで元の一枚板には戻せないが、用途によって大きさを調整できる優れものの磁石ともいえる。

ちなみに価格は1枚18ドル(約1800円)。あまりにもチョコそっくりで小さく分割できることもあり、子どもの誤飲には十分注意を要する。

チョコマグネットイメージ発想的にはコロンブスの卵的なもので、もしかしたら日本でも……と思って『楽天市場で探したところ』、4ブロック分とミニサイズなものの、価格もお値打ちな「チョコマグネット」を見つけることができた。サイズは34×44×13ミリと小さめ。小じゃれたプレゼントには向いているかもしれない。また、「割れなくてもチョコレートの形をした磁石なら何でも良い」というのなら、アマゾンにもいくつか見つけることができる。

海外ほど活用する頻度は多く無いだろうが、平坦なばかりの冷蔵庫の扉に寂しさを感じたら、これら「面白楽しい磁石」を使ってみるのもアリかもしれない。

スポンサードリンク




▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー